度々のご連絡失礼いたします。 重ね重ねの正しい使い方|ビジネスメールにおける重ね重ねの例文

謝罪に対して「とんでもないです」は失礼?

度々のご連絡失礼いたします

「度々」の意味と読み方 「度々」の読み方は「たびたび」が基本で、稀に「どど」「よりより」とも 「度々」の基本的な読み方は「 たびたび」です。 「たびたび」の他にも「 とど」や「 よりより」と読まれることもあります。 「 度々〈とど〉」は、「たびたび・しばしば」という意味合いで使用される言葉 「 度々〈よりより〉」は、「時々・おりおり」という副詞として使用される言葉です。 「度々」の意味は「何度同じことが繰返される様子」で、具体的な頻度の定義はなし 「度々」は、「 同じことが何度も繰り返される様子」を言い表した言葉です。 主に、相手に対して何度も同じことを繰り返してしまったということに対して申し訳ないという気持ちや、感謝の気持を伝える場面で使用され、 繰り返される頻度について具体的な定義はありません。 日常生活はもちろんのこと、ビジネスシーンなど幅広い場で使用される言葉です。 「度々」は、「度度」と表現されることもありますが、一般的には「度々」が使用されています。 「度々」の使い方と例文 「度々すいません」は「何度も繰り返し申し訳ありません」 「度々すいません」は、「 何度も繰り返し申し訳ありません」という意味で、同じ人に対して何度も迷惑をかけることを予め伝えたり、相手にお詫びをする場面でし使用されます。 例えば、「確認をしてほしい」いうお願いを一度したにもかかわらず、まだ確認をしてもらえていないという場合に、「度々すいませんが書類の確認をお願いいたします」というように使用すると、「繰り返し確認することをお願いして申し訳ないのですが」というニュアンスで謝罪の意味を込めたうえでお願いをすることができます。 つまり、「大変恐縮なのですが〜」といった クッション言葉と同じ使われ方をするということがわかります。 「すいません」は少々くだけた表現であるため、とくに目上の人に対して使用する場合など敬意を示すべき相手に対して使用する場合は、「度々申し訳ありません」というようにより丁寧な表現をするほうが適しています。 例文 「度々すいません。 もう1枚確認していただきたい資料があるのですがよろしいでしょうか」 「度々すいませんが、もう一度連絡をいただくようお願いしてもらえますか?」 「度々すいません、予算案に関する資料をもう一度見せていただけますか?」 「度々すいませんが、やはりハンドルの調子が悪いのでもう一度見てもらいたいのですが」 「度々お手数をおかけして」は「度々手間をかけさせてしまい」 「度々お手数をおけして」は「度々手間をかけさせてしまい〜…」というニアンスで使用されます。 「手数」は、「 ある物事を達成するために必要な労力、動作、手段の数」を意味します。 「ある物事」とは自分以外の第三者のために行う物事を指し、「かける」は「時間・費用・労力などをそのために使うこと」を意味していて、「〜を強いる」というニュアンスになります。 つまり、「度々お手数をおかけして」は、 相手に何度も時間や費用・労力といった手間をかけさせてしまうことにたいするお詫びの気持ちを伝える表現です。 例文 「度々お手数をおかけしてしまいますが、新しい決定事項については郵送していただけますか?」 「度々お手数をおかけしてしまいますが、今一度お間違えがないか、ご確認いただいてよろしいでしょうか」 「度々お手数をおかけして申し訳ありません、もう一度ご希望の日程をお伝えいただけるとありがたいです。 」 「度々恐れ入ります」は「何度も迷惑をかけ申し訳ありません」 「度々恐れ入ります」は、「 何度も迷惑をかけてしまい申し訳ない」という気持ちを言い表した表現です。 「恐れ入る」には「自分の悪かったことについて申し訳なく思う」「相手の厚意にたいして恐縮する」という意味があります。 相手に対して何度も繰り返し迷惑をかけることを申し訳なく感じ、恐縮している気持ちを「度々恐れ入ります」というような言い回しで依頼やお願いごとをする場面などで使用することができます。 「度々のご連絡失礼いたします/申し訳ございません」は「何度も連絡をしてしまい申し訳ありません」 「 失礼いたします」は、自分が何かをする場合に相手に断りを入れる意味で使用される言葉で、「失礼する」の謙譲語である「いたす」に丁寧語の「ます」をつけた表現です。 「 申し訳ございません」は、「相手にすまない気持ちで、弁解や言い訳のしようがない」「大変すまない」という意味で、相手に対して詫びる際に用いる表現になります。 「度々ありがとうございます」は「何度も繰り返しありがとうございます」 「度々ありがとうございます」は、「何度もありがとうございます」 重ね重ね相手にお気遣いいただいた場合のお礼の気持ちを伝える言葉です。 「度々ありがとうございます」は、「 何度もありがとうございます」という意味合いで、 重ね重ね相手にお気遣いいただいた場合のお礼の気持ちを伝える言葉です。 「度々……〜ありがとうございます」というような使い方をすることが多く、さらに丁寧な表現をする場合は「度々……〜いただきお礼申し上げます」といった表現を使用しましょう。 「度々の質問」は、 相手に何度も繰り返し質問をする場面で使用される言葉です。 同じ質問ではなくとも、同じ人に対して何度も何度も質問をすることは、相手にとって負担をかけてしまうことですし、うっとおしいと思われてしま可能性もあります。 例えば、新しい仕事を任されたばかりでわからないことがあるけれど、何度も先輩に質問するのは申し訳ないという場面で、「度々の質問で申し訳ないのですが・・・」というように使用することができます。 「度々の質問」は「何度も繰り返し質問をすること」 「度々」の類語 「度重なる」は、「 たびかさなる」と読みます。 「度重なる」の意味は「 何度も同じようなことが続いて起こる」です。 例文 ・度重なる失言が原因で、彼に対しての批判の意見が増えた。 ・度重なる失態をどうぞお許しください。 度重なる 「しばしば」は、 ある程度の期間をおいて、同じ行動や状態が何度も繰り返される様子を表現した言葉です。 「しばしば」は「度々」と同じように頻度にこれといった定義はありませんが、毎回ではなく時としてというような頻度で繰り返され事に対して使用します。 例文 ・彼は歌唱力があり、しばしばミュージカルに出演することもあった。 ・主人は基本的に定時で帰宅することができる職業ですが、しばしば帰りが遅くなることがある。 しばしば 「幾度となく」は、「 いくどとなく」と読みます。 「幾度」とは、「どのくらいの回数・何度・いくたび」という意味でのある言葉で、「幾度となく」で「何度も」という意味の表現になります、 例文 ・彼を説得するための話し合いが幾度となく繰り返されていた。 ・彼女は幾度となく私を助けてくれた大切な友人です。 「度々」の使用上の注意点 当たり前だが一回目では使えない 「度々」は、年度も繰り返される様子を言い表した言葉であるため、当たり前ではありますが 一回目で使えません。 例えば、初対面の人に対して「度々ありがとうございます」「度々失礼します」というような表現を突然使用すると「前に何かあったのだろうか・・・?」と思わせてしまうのです。 むやみやたらに使用できる言葉ではなので注意しましょう。 重ね言葉なので結婚式・葬儀などでは使えない 「度々」は、同じ意味の言葉を重ねた「重ね言葉」という言われる表現です。 「重ね言葉」は、 同じ言葉を重ねるといったことから「再婚」や「悲しい出来事の再来」を連想させてしまうため結婚式や葬儀で使用することは避けられています。 うっかり使用してしまうと、非常識だと思われかねませんので頭に入れておきましょう。

次の

「メールにて失礼いたします」の使い方は?ビジネス/挨拶/結び/名前

度々のご連絡失礼いたします

ご連絡ありがとうございます。 ご連絡いただきありがとうございます。 早速のご連絡ありがとうございます。 度々のご連絡失礼します。 度々のご連絡申し訳ございません。 何度も申し訳ございません。 ご連絡が遅くなり、大変申し訳ございません。 失礼ながら重ねて申し上げます。 先日はありがとうございました。 先日は貴重なお時間を頂戴しましてありがとうございました。 先日は貴重なお時間を頂きありがとうございました。 その節は大変お世話になりありがとうございました。 お久しぶりです。 ご無沙汰しております。 ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしですか。 しばらくご無沙汰しておりますが、お変わりありませんでしょうか。 依頼・お願いする際のメール冒頭挨拶 平素は格別のご愛願を賜り感謝いたします。 平素はご愛願を賜り、厚くお礼申しあげます。 平素は格別のご愛願を賜り、厚くお礼申し上げます。 平素はご愛願を賜り、誠にありがとうございます。 平素より何かとご配慮をいただき、ありがたくお礼申し上げます。 格別のご愛願を賜り、心よりお礼申し上げます。 格別のご愛願を賜り、社員一同心より感謝致しております。 毎々特段のご高配を賜り、深く感謝申し上げます。 いつもお心遣いいただき、誠にありがとうございます。 日頃よりご愛顧を賜わり、厚くお礼申し上げます。 日頃よりご愛願を賜わり、心から厚くお礼申し上げます。 日頃は格別のご厚情を賜り、心より感謝申し上げます。 日頃は一方ならぬご愛願を賜り、厚くお礼を申し上げます。 平素はお引き立て誠にありがとうございます。 いつもお引き立ていただき誠にありがとうございます。 日頃のお引立てありがとうございます。 毎度お引き立ていただき、厚くお礼申し上げます。 毎々のお引き立て、感謝の至りに存じます。 平素は格別のお引き立てをいただき、ありがとうございます。 平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。 平素は格別のお引立てを賜りまして、誠にありがとうございます。 平素は格別のご協力をいただき、誠にありがとうございます。

次の

「重ねて」の意味と使い方、お礼・お詫び・お願いの例文、類語、英語

度々のご連絡失礼いたします

【言葉の選び方 ポイント】 ・「ご多用中」「お忙しいところ」など、相手を慮る言葉を入れることでより丁寧な印象になります。 ・上記カッコ書きの「ご連絡して」は、入れても入れなくてもどちらでも大丈夫です。 また、より丁寧な言い方だと「ご連絡いたしまして」等があります。 ・ 「すみません」よりも「申し訳ございません」の方が丁寧な言葉なので、できれば「申し訳ございません」を使う方が良いでしょう。 (「すみません」は軽い表現でありビジネス文書では良くない、という意見もあります。 ) 「度々ご連絡してすみません」のタイミングとお詫びの文章量は? 何度も連絡することに関するお詫びですから、速やかに、開口一番(または文書の冒頭で)伝えるべきです。 今回のようなケースにおける論点としては、「目上の人に、何度も、時間も経ってないのに連絡する」のは如何なものか・・・というところですよね。 確かに大事なことを「一度で済まなかった」のは問題ですが、大事な用事だからこそ相手に正確に伝えなければなりません。 そして、それは早ければ早いほど良いはずです。 だから、連絡するという行為については後ろめたさを感じる必要はありません。 また、この文章の後、もう少し何度も連絡する必要があった経緯とか色々書いた方が良いのだろうか等と悩むかもしれませんが、お詫びといえども長く書かれてしまうと相手にとっては鬱陶しいものです。 そして、何の要件で何度も連絡してきたのか、相手は分からなくなってしまう可能性もあります。 ですから、 お詫び文章は一文程度にとどめて、伝えるべき本題に入る方が良いです。 【文例】 度々ご連絡いたしまして申し訳ございません。 先程お伝えした内容に不備がありましたので、再度ご連絡させていただきました。 (・・・以下伝えるべき内容・・・) ご連絡 という敬語を自分に使うのは変じゃないの? こういう文章を考える際、多くの人が「敬語」が間違っていないかと心配になるものです。 今回の場合は、「ご連絡」の「ご」を入れる必要があるのか、と悩むのですよね。 悩む理由の多くが、「連絡」が自分がする行為なのに「ご」を付けるのは変ではないか、と感じることです。 ですが、 この場合には「ご」を入れるのが正解です。 敬語には丁寧語、尊敬語、謙譲語の3種類があり、「ご」はその3種類ともあり得る接頭語なのです。 具体的には、以下のようになります。 もちろん最初にご紹介した言い方「度々ご連絡してすみません」や「度々ご連絡して申し訳ございません」等も使えますが、メール上でのやり取りということで、 「メールを何度もすみません」 「メールを何度もお送りして申し訳ございません」 「度々メールをお送りすることになり申し訳ございません」 このような表現もあります。 目上の人に対するメールですからやはり丁寧な敬語を使うべきですが、メールは手紙等の通信媒体と違い略式扱いだし、相手との関係次第では、あまりガチガチの敬語にしなくても大丈夫なこともあります。 また、以下のような表現もあります。 「五月雨式ですみません」 「五月雨式で申し訳ございません」 ちなみに、「五月雨式」は「さみだれしき」と読みますが、「一回で終わらず少しずつ繰り返し行う」とか「途切れ途切れ長く続く状態」というような意味になります。 五月雨は旧暦5月(現在の6月)に降る雨のことで、大雨でなく途切れ途切れダラダラ長く続くような雨を指します。 そこから、「五月雨式」という言葉が出てきました。 メールを何度もすみません、のタイミングと量は? メールの場合も電話や直接会って話す等の場合と同様に、連絡すべき事項については相手に速やかに伝えるべきです。 そして、「何度も連絡することに関するお詫び」も当然メールの冒頭で書きます。 【文例】 度々メールして申し訳ありません。 先程お送りしたメールの内容に不備がありましたので、再送させていただきます。 (・・・以下伝えるべき内容・・・) このように、度々メールすることのお詫びと、なぜ送ったかという一文を書いてから要件を書けば良いでしょう。 さいごに 目上の人に何度も連絡するのは失礼じゃないか、と悩むかもしれませんが、連絡することが失礼なのではなく、伝えるべき内容が足りなかったことの方が失礼だし大問題なのですよね。 そこで、気付いた時点で正しい内容を速やかに相手に伝えることが重要です。 そして、その際に当然、「何度も連絡することに対するお詫び」も伝えますが、肝心なことはその後の本題ですから、あまりお詫びに気を取られてしまわず、しっかりと何が足りなかったか、何を伝えたいのか、を相手に分かるようにすることこそ重要です。 そのためのお詫び文は今回ご紹介しましたが、ご自身と相手の方に合うと思うものを選んでお使いください。

次の