高級 マンション。 5億円以上!本物の金持ち(超富裕層)が住む超高級マンション7選

サンシティ

高級 マンション

音楽が大好きなあなたに!家でも楽器が演奏できる充実の毎日を• 空を感じて見下ろす快感 素晴らしい眺望が魅力のタワーマンション• 部屋のスペースを有効活用!収納や寝室としても活用方法はいろいろ• 住まい探しでかかせない!全国の間取図、写真あり賃貸情報• リノベーション・リフォームで生まれ変わる、新しい発想で中古住宅を再生!• セキュリティが充実、女性好みの設備が整った快適な住まい• すぐに引越しがしたい人や事前に住み心地を確認したい人にオススメ• 購入用の分譲物件を賃貸用にしているからハイグレードで高品質• 主婦にとっては譲れない条件、一人暮らしの若者にも• 一人暮らしや仕事が忙しい人の強い見方、24時間営業で便利• 子どもや高齢者も安心。 総合病院まで800m以内の物件情報です。 セキュリティはお任せ!管理人常駐の物件特集• ベランダや外廊下には洗濯機を置きたくない方にはおすすめ• 賃貸情報は鮮度が大事!情報公開から7日以内の新着物件• 自分らしいお部屋をカスタマイズで実現!• 家賃・初期費用をカード決済にしてポイント獲得!• 期間限定な分、リーズナブルに借りられることも• 一時的な住まいを安く用意するなら• ビデオ通話で店舗に行くのと同じように賃貸の相談ができる! もっと見る 閉じる• 杉並区• 練馬区• 葛飾区• 武蔵野市• 三鷹市• 青梅市• 昭島市• 町田市• 日野市• 東村山市• 福生市• 狛江市• 東大和市• 東久留米市• 武蔵村山市• 多摩市• 羽村市• あきる野市• 西東京市• 西多摩郡瑞穂町• 西多摩郡日の出町• 西多摩郡檜原村• 西多摩郡奥多摩町• 大島支庁• 大島町• 利島村• 新島村• 神津島村• 三宅支庁• 三宅島三宅村• 御蔵島村• 八丈支庁• 八丈島八丈町• 青ヶ島村• 小笠原支庁• 東京都で気になる<高級賃貸マンション>を見つけたら、メールか電話でお問合せが可能です(無料)。 物件選びのノウハウや住み替えに役立つコンテンツ、便利な不動産用語集もあります。

次の

【夢占い】マンションの夢の意味14選|高級マンション・高層マンション・最上階など状況別に夢診断

高級 マンション

高級マンションってどんなマンション? 高級マンションと呼ばれる物件は、立地のよさや部屋の広さ、設備のグレードの高さがほかのマンションとは違い、住まいとしての魅力にあふれています。 多くの人が「そこに住みたい」と思う理由があるからこそ、価格が高額であっても高い人気を維持していられるのです。 人々の憧れとなっている高級マンションとは、具体的にどんな特徴があるのでしょうか?高級マンションが持つ魅力について、詳しくご紹介していきます。 1980年代後半に流行した言葉で、購入価格が億を超えるマンション物件を指します。 昨今では、 都心の不動産価格の上昇とともに販売価格が1億円を超える物件は珍しくないものとなってきました。 もちろん、億ションではなくても、高級マンションと呼ばれる物件はたくさんあります。 高級マンションの価格としての明確な定義はありません。 グレードの高い仕様で建てられ、相応の価格として、地域の周辺物件と比べて高めの価格で販売(売買)されるマンションを高級マンションとして考えるようです。 立地がよく、間取りに対して部屋が広い 高級マンションは、立地のよさと、間取りに対しての部屋の広さに特徴があります。 立地の特徴としては、 利便性が高いうえに閑静な立地に建設されていること。 そのため、人気があり地価の高い立地になる傾向があります。 ほかにも都営地下鉄の都営浅草線や都営三田線、都営大江戸線などの都心部の人気の高い駅に点在しています。 具体的な駅名・地名の例を挙げるなら、港区の麻布十番や表参道、赤坂などは、みなさんもイメージしやすいかもしれませんね。 そのほか、市ヶ谷や恵比寿、広尾、中目黒、代々木、飯田橋、浜松町、永田町など歴史のある街も挙げられます。 また、街の開発が進む高輪や虎ノ門、さらにやはり人気の高い六本木や代官山、原宿など、地価の高い地域で挙げていけば、キリがないほどです。 加えて、駅からの近さも立地の特徴といえるでしょう。 人気の高い駅で、なおかつ駅からの距離が徒歩10分以内、なかには2分、1分といった駅近の物件も多くなっています。 また、高級マンションの特徴の1つである部屋の広さは、一般的なマンションと比べて大きな違いがあります。 たとえば、高級マンションでは200m2以上もある物件も珍しくありません。 特に、 間取りに対して面積が広い物件が多く、たとえば、3LDKで80m 2以上あるといったように 一般的なマンションに比べて、ゆったりとした間取り構成となっています。 ゆったりとした間取り構成となっている高級マンションでは、リビングが20畳以上あったり、主寝室が10畳以上あったり、キッチンにはアイランドキッチンが採用されているなど、価格に見合った居室面積とグレードの高い設備が用意されています。 タワーマンションなど付加価値の高いマンションに多い 立地や部屋の広さのほかにも、高級マンションの特徴としては一般的なマンションでは得られない付加価値があることが挙げられます。 たとえば、タワーマンション。 タワーマンションとは、建築業界では高さ60m以上、およそ20階以上の居住用のマンションを指します。 利便性の高い立地にあることに加え、高層の建物ならではの優れた眺望が魅力といえます。 居住者専用の共用施設や行き届いた管理サービスがあったり、防犯性の高いセキュリティが備わっていたりなど、たくさんの付加価値があることが高級マンションといわれる理由となっています。 立地だけでなく時代を超えて魅力あるデザイン性、優れた建物管理などの魅力によって、築年が経過しても資産価値が下がりにくい物件となっています。 多くの点で人を魅了する特徴を持っていることから、高級マンションといわれているのです。 本来のデザイナーズマンションは、著名な建築家などがコンセプトを持って設計した物件のことをいいます。 好立地にあり、洗練されたデザインの内外装やハイグレードの設備を備えていることから、こだわりのある高級マンションとして売買されます。 低層の建物や少し駅から離れた立地のこともありますが、その個性に惹かれる人から高い人気を得ています。 一体、どのような設備やサービスがあるのか、具体的に見ていきましょう! [ 1 ] ホテルのようなエクステリアとインテリア 高級マンションの施設は、「ホテルのようだ」と形容されることがあります。 建物の外観は洗練され、広々としたエントランスロビー、常駐のフロントはもちろん、庭園まであるマンションもあります。 まさにホテルのような外観と雰囲気を備えている物件も少なくありません。 テーブルやソファーも上質なインテリアが使用され、飾られているオブジェをはじめとした調度品も高級感にあふれています。 内廊下は、外気にさらされない屋内のスペースであるため、建物内の移動は天候を気にする必要がありません。 また、建物の外から部屋への出入りが見られることがないため、プライバシーが保てるというメリットもあります。 内装は、壁や床、照明に至るまで、それぞれに洗練された高級感のある素材やデザインで居住者を満足させてくれますよ。 たとえば 玄関は、スペースが広く、床の素材も高品質なものが採用さている傾向があります。 また、玄関近くにシューズインクローゼットが設置されており、たっぷりの収納が用意されている物件もみられます。 20畳や30畳以上のゆったりとしたスペースを確保したリビングダイニングが用意されています。 ウォークインクローゼット付きの10畳以上の寝室があったり、書斎やパウダールームがあったりなど、ゆとりある広さがあるからこその間取りになっているような物件もよく見受けられます。 デザイン性が高く、天然石をはじめ使用している素材が高級感にあふれているのも魅力的です。 手軽に生ゴミを処理できるディスポーザーや食後の片付けが楽な食器洗い乾燥機、一体型のコンベックなど、家事をサポートする設備を標準装備している物件もありますよ。 [ 2 ] コンシェルジュ常駐のフロント 高級マンションのフロントでは、入居者の要望に応える「コンシェルジュ」が常駐しているところもあります。 マンションによって異なりますが、代表的なコンシェルジュサービスには以下のようなものがあります。 ・はがきや切手の販売 ・郵便物の発送 ・ハウスクリーニングの手配 ・ポーターサービスの対応 ・ゴミ出しの代行 ・長期間外出時の室内換気やペットの世話などの対応 特に、最高級といわれるマンションになると、有名なホテルと提携し、施設だけでなく、毎日のルームクリーニングやリネンの交換などを利用できるところもあります。 ただし、サービスによって無償で提供されるものと、利用時に有料となるものがあり、マンションによってもその範囲が異なるようです。 集会室や会議室のほか、フィットネスジムやキッズルーム、展望ラウンジ、ゲストルーム、パーティールームといった一般的なマンションにはあまり見られない施設を備えています。 それらの施設を居住者が「専用」に利用できることは、高級マンションの大きな魅力の1つです。 マンションによっては、スパ(大浴場)やサウナ、託児施設、図書室、ラウンジバーまで併設しているところもあります。 [ 4 ] 防災・防犯への配慮 高級マンションは、防災や防犯への配慮が行き届いています。 まず、防災としては、建物に免振や制振工法を採用し、備蓄庫を設置するなど、 地震をはじめとした災害に対する備えが充実しています。 居住者の安全や安心への対応は当然のものとして、高額な資産としての建物も守るという意味からも災害への配慮がなされているのでしょう。 高級マンションでは、エントランスだけでなく、エレベーターホールやエレベーター内など複数カ所で鍵が必要なダブル、トリプルオートロックシステムを採用しているところがあります。 また、共用部分のさまざまな箇所に防犯カメラが設置されているだけでなく、24時間365日警備員が常駐している場合もありますよ。 ほかにも、セキュリティ会社と連携するなど外部からの侵入に対して徹底した配慮がなされています。 高級マンションを購入する前に知っておきたい注意点3つ 一般的なマンションに比べ贅沢な設備やサービスが採用されている高級マンションですが、住むうえで注意したい点もあります。 ここでは高級マンションの注意点をご紹介します。 管理費が高い場合がある 共用施設やサービスが充実しているので、それだけ維持費の負担も大きくなります。 コンシェルジュサービスや24時間常駐する警備や管理の人員を含めれば必要な人件費も大きくなります。 共有部分が充実している分、自分が使用しない施設が多い場合は、損した印象を持ってしまうこともあるでしょう。 とはいえ、高級マンションに住む方には、そうしたことをあまり気にされない方が多いようです。 時期的に人気のある施設は、利用したいときに利用できないというケースもあるようです。 高層階では外に洗濯物を干せない場合がある タワーマンションの高層階では、安全上の理由で洗濯物や布団などを外に干すことができない物件もあります。 高層階に住む場合には、そういったことも想定し、実際に洗濯物などが干すことができるのかを確認しておくようにしましょう。 また、タワーマンションならではの悩みといえば、朝の通勤時間帯に一時的にエレベーターの待ち時間が長くなるといったこともよくきかれます。 高級マンションは誰が買う・住むの? 高級マンションについて分かってくると、どんな人が住むのかも気になってきますよね。 高級マンションを購入するのは、収入の高い職業の人や資産家が多いということは、イメージできると思います。 企業経営者や個人事業主、上場企業の役員、弁護士や医師などといった人をイメージしているのではないでしょうか。 そうした人に限らず、 資金的に余裕のある方が、立地や利便性、住環境を追求した結果、高級マンションを選んでいるようです。 こうした人は、よりよい住環境に住みながら節税にも繋がるため、高級賃貸物件に住むこともあります。 というのは、高額な所得があり、賃料を経費として認められる人の場合、賃料を経費として処理することで節税したいと考えるためです。 高級マンションを購入するには? 高級マンションならではの魅力を知ることで、将来住んでみたいという人もいるでしょう。 では、もし高級マンションを購入するとなったら、そのときにどんな流れになるのでしょうか?具体的にご紹介しましょう。 購入までの流れ 高級マンションも一般的なマンションと購入する際の流れはほとんど変わりません。 新築か中古か、物件が完成しているのかこれから完成するのかなど、物件の条件によって若干流れが異なってきます。 いずれにしても、情報収集や物件探しなどは、早め早めに行っておくとよいでしょう。 主な流れは以下の通りです。 高級マンションに特化した物件サイトもありますので、ネットや雑誌で情報を収集するとよいでしょう。 また、物件を選ぶ際には、立地や間取り、予算など、具体的に希望するイメージを明確にしておくのもポイントです。 希望の物件が絞り込めたら、モデルルームの見学や実際の物件を見に行きましょう。 室内だけでなく周辺環境など、実際に目で見て肌で感じることが重要です。 住みたい物件が決まったら、購入の申し込み手続きを行います。 新築物件では、申込金などが必要になる場合もあるので事前に確認しておきましょう。 高級マンションの購入も一般の物件と同様に、一括支払いによる購入もできますが、住宅ローンの利用も可能です。 住宅ローンを利用する際には、ローンの審査が必要になります。 審査を経て、ローンの利用が承認されると売買契約へと進みます。 その後、住宅ローンの本審査を通過したら、金融機関とのローンの契約を結び、決済日に融資を受けて残代金の支払いを行い、鍵の引き渡しを受けます。 その後、晴れて入居することができるのです。 それが高級マンションとなればなおさらのことです。 後悔しないためにも、購入前の下見が重要になってきます。 新築物件ならモデルルーム、中古物件なら内見に行くことで、実際に自分が住むことを明確にイメージしながら、物件の状況を確認できますよ。 その魅力や特徴についてご紹介してきました。 これから先、マンションはもっと進化して、もっと驚きの環境が整備された高級マンションが誕生するかもしれませんね。

次の

5億円以上!本物の金持ち(超富裕層)が住む超高級マンション7選

高級 マンション

ハイグレードマンション、高級マンションの魅力 立地や間取り、環境、設備など、上質な暮らしが魅力的な5,000万円台以上の住戸があるハイグレードマンション・高級マンションをご紹介します。 レジデンスとは、高級分譲マンションが多く存在するタワーマンションや低層マンションなどのデザイナーズマンションに多く用いられる名称です。 最近ではタワーレジデンス、低層レジデンスやラグジュアリーマンションという表記も多く見かけられるようになりました。 ハイグレードマンション・高級マンションの最大の魅力はその立地にあります。 歴史ある土地や都心からのアクセスがよいベイエリアなど、土地そのものがブランドとしての力を持ったエリアに建ちます。 高級感を意識した外観や部屋の内装、エントランスなどの共用設備はもちろんのこと、見えないところにも技術とこだわりが施されたワンランク上の暮らしを望めます。 また、日中はコンシェルジュが常駐しているマンションも多く、安心かつ便利なサービスが利用できるのもハイグレードマンション・高級マンションの大きな魅力。 立地条件のよい環境にありながら、広々とした内装と豊富な設備やサービスを備えた充実の住まいです。 ハイグレードマンション・高級マンションの特集ページです。 アットホーム 新築マンションPLEASEでは、高級マンションから低層マンションまで幅広く紹介しており、豊富な物件の中から住みたい新築マンションを通勤時間・専有面積・間取りなど様々な条件で絞り込むことで簡単に比較ができます。 また、リゾートマンションや1人暮らし用のワンルームマンションなど特徴的な物件情報も多数取り揃えています。 人気の新築分譲マンションをお探しの方は、こまめに物件の情報をチェックすることをおすすめいたします。 新しいマンションの情報をいち早く受け取りたい方は、新着お知らせメールをご登録ください。 アットホーム 新築マンションPLEASEはあなたの物件探しをサポートいたします。

次の