ノート パソコン コスパ。 おすすめのノートパソコン 2020年春【PC専門サイト】the比較

おすすめのノートパソコン 2020年春【PC専門サイト】the比較

ノート パソコン コスパ

こんなことができる!• インターネットの閲覧(調べもの)• YoutubeやVODなどの動画視聴• Office系を使った快適な作業• ブラウザゲームや2Dゲームなどの軽めのゲーム• クリエイター向きソフトの使用(Adobe系など) 正直、5万円以下のノートPCでも一般的な使用(インターネット・動画閲覧・文章作成)はできます。 しかし、快適度がまるで違います。 快適な作業環境を手に入れたいのであればやはり5万円以上で、ある程度のスペックが必要になります。 さらに、10万円以内という価格帯であればクリエイター向けソフト(Adobe Photoshop、Illustrator等)も動かせるようになるのも特徴ですね。 逆に苦手な事でいうと、動画編集においては少しパワー不足を感じる面がでてきたり3Dゲームなどはスペック的に厳しいです。 スペックで選ぶ 10万円以下といえども、価格やメーカーによってスペックが分かれます。 ですので、この価格帯でよく見る性能の中からおすすめのスペックを紹介していきます。 CPU性能について CPU おすすめ度 Intel Celeron Intel Core i3 Intel Core i5 AMD Ryzen 3 AMD Ryzen 5 CPUはパソコンの頭脳。 10万円以下で購入できるノートCPUのおすすめは 【Intel Core i5】と【AMD Ryen 5】です。 Intel Celeronは「Core」と「AMD」に劣るスペックなので快適な環境を手に入れたいなら 避けた方が賢明です。 AMDはCoreとあまり性能さはありませんが安いのが特徴。 信頼感強めの「 インテル Core」かコスパ高めの「 AMD Ryzen」か、どちらを選んでもぶっちゃけOKです。 こんな方におすすめ• 持ち運ぶことが多い方(通勤・通学にも)• Wi-Fi環境が無くても使えるLTE搭載モデルを探している方• Office付きノートPCを探している方 軽量でバッテリー駆動時間が9時間とモバイル性が非常に高いので毎日の通勤・通学にピッタリのノートPCです。 キーボードを含めても重量は「767g」と超軽量! さらに、LTE搭載モデルはWi-Fiがない環境でもインターネットが楽しめちゃいます。 おすすめは小さくてもパワフルに動く8GB、128GB SSDを搭載した上位モデルで LTE対応でも10万円以下に収まります! ただし、パワフルと言えどもメインでガンガン使っていきたい人にとってはパワー不足を感じる場面はあるでしょう。 さらに、構造上膝にのせて使えないというのも考慮しておいたほうが良いです。 HP ENVY 13 x360基本スペックと価格 モデル名 CPU メモリー ストレージ 価格(税抜) ベーシックモデル AMD Ryzen 3 2300U 8GB 256GB SSD PCIe) 69,500円 スタンダードモデル AMD Ryzen 5 3500U 8GB 256GB SSD PCIe) 76,500円 パフォーマンスモデル AMD Ryzen 7 3700U 16GB 512GB SSD PCIe) 94,500円 Ryzen 5を搭載したスタンダードモデルも良いですが、ハイスペックのパフォーマンスモデルも10万円以下でしてめちゃくちゃお買い得。 HP ENVY 13 x36は液晶が360度回転することで4つのスタイルで幅広くPCを活用できることで人気の2in1コンバーチブル型ノートPCです。 こんな方におすすめ• 持ち運ぶことが多い方(通勤・通学にも)• 価格を抑えつつ実用性のあるスペックのPCを探している方• ノートPCだけでなく、タブレットとしても使いたい方 先ずは一言、このノートPCはコスパが異常に良いのでマジでおすすめです。 カラーは「ナイトフォールブラック」「セラミックホワイト」「Wood Edition」で液晶は13. 28kgと持ち運びとしても優れています。 バッテリー駆動時間が 約14. 5時間と非常長いので1日使えて最高に便利。 こんな方におすすめ• コスパ抜群のノートPCをお探しの方• 動画編集・ライトなゲームを楽しみたい方• デザイン性の高いスタンダードノートPCをお探しの方 カラーは「セラミックホワイト」と「フォグブルー」の2タイプ。 で液晶は15. 光学ドライブはついていませんが、その他は15-cu0000の上位互換と言って良いでしょう。 全てのモデルで「 256GB SSD+1TB HDD」が標準搭載、上位モデルは専用グラフィクスの「 GeForce MX250」が搭載されてさらにパワフルに。 簡単な動画編集やライトなオンラインゲームであればこのスペックで十分楽しめますよ!.

次の

コスパが良いノートパソコン教えて!どれを選べばいいの?

ノート パソコン コスパ

家の中でもあまり置き場所を取らない• デスクトップパソコンと同じ程度の性能のノートパソコンを買おうとすると、値段が高くなる• 画面サイズが大きい• 持ち運ぶのは大変• ノートパソコンよりも置き場所を多くとる パソコンの家庭内での置き場所の問題 パソコン本体と液晶モニターが別々のデスクトップパソコンだと、それなりに場所をとります。 デスクトップパソコンにも「一体型パソコン」もあるので、その場合は液晶モニターを置く程度のスペースですみます。 ただ、一体型パソコンは拡張性(メモリやパーツを増やすこと)が弱いというデメリットもあります。 ノートパソコンは使い終わったらパパっとたたんでしまえば、 あまり邪魔にならないのがいいところです。 ノートパソコンは、パソコンを置く専用のスペースを確保しておかなくても、空いているテーブルなどに出して使ったりできますよね。 パソコンを外出先に持ち出すかどうか パソコンを基本的には家の中で使うけれど、 外に持ち出すことも考えているならノートパソコンがおすすめです。 ちなみに、ノートパソコンなら、家の外だけでなく、 家の中でも好きな場所に移動して使うことができるのも、人によってはメリットでしょう。 一方、 デスクトップパソコンは、大きくて重いですし、配線の問題もあるので、 持ち運ぶのは現実的ではありません。 というわけで、 選び方としては、下記のようになります。 パソコンを置くスペースも十分にある• パソコンを外に持ち出す予定があり・外でも使いたい• ほぼ自宅で使うノートパソコンなら、画面が大きい方がいい 自宅用のノートパソコンの選び方についてですが、 ノートパソコンを頻繁に外に持ち出すなら軽量の方がいいですが、 ほとんど自宅で使うなら、画面が大きい方が絶対にいいですよ。 家でゆったりコーヒーでも飲みながら、動画や映画を見るとき、 画面が大きい方が迫力がありますよね。 家庭用だからといっても、あまり小さい画面で映画を見るのも、なんだかガッカリですよね(笑) 最近はオンラインレンタルなども充実していて、レンタル屋さんにDVDを借りに行かなくても、インターネットにつながっていれば、見たい映画、ドラマ、アニメなどの動画をすぐに見ることができますもんね。 せっかく映画などが手軽に見られるのだったら、小さい画面よりも、大きな画面で見たほうが楽しいです。 また、画面サイズが大きいノートパソコンは、キーボードの部分も広いので、文字も打ちやすいというメリットもあります。 17インチ以上のノートパソコンも増えてきています 昔は画面の大きいノートパソコンと言えば15インチの画面サイズのものが主でしたが、最近は 17インチ以上のノートパソコンもたくさん発売されています。 自宅用にノートパソコンを購入されるのでしたら、 画面サイズが17インチ以上のノートパソコンがおすすめですよ。 動画やインターネットを見るなら、メモリ容量を気にして欲しい 画面サイズの他に、あともう1点おさえておいて欲しい点があります。 それはパソコンの メモリの容量です。 安いパソコンだとメモリが2GB(ギガバイト)のものもあったりするのですが、いくら家庭用だとは言え、 メモリが2GBは少なすぎです。 「動画やインターネットを見るくらいだったら、メモリ容量なんてそんなに大きくなくてもいいのでは?」 と考える方もいらっしゃるかもしれません。 ですが、メモリ容量って重要なんです。 インターネットの表示速度や、YouTubeの動画読み込みのスピードも、メモリが多い方が早いんですよ。 さすがにメモリ2GBだと少なすぎて動作に重さを感じると思いますので、最低でも4GBは欲しいところです。 下記でご紹介しているパソコンなら、どれでもメモリ容量を選んで注文できますので、最低4GB以上にして注文されることを激しくおすすめします。 自宅用におすすめのデスクトップパソコン 「HP Pavilion All-in-One 24」は、 テレビも見られる一体型デスクトップパソコンです。 スノーフレークホワイトは、テレビチューナーが付いていないので、テレビは見られません。 一体型パソコンなので、電源ケーブル1本つなぐだけで使えます。 ケーブル類がスッキリです(キーボードとマウスはワイヤレス)。 まさに、映画・動画・音楽などを楽しむのにピッタリ。 性能は高めなので、画像編集などクリエイティブな作業にも使えます。 HPのパソコンには、1年間の使い方サポートが付いてきますので、はじめてパソコンを買う方にもおすすめです。 マウスとキーボードは付属します。 Lenovo「IdeaCentre(アイデアセンター)720 ゲーミングエディション」は、シルバーのスタイリッシュなデスクトップPC。 前面のインターフェイスはマグネット式ドアに格納されているので、見た目が美しくスッキリしています。 このモデルは「ゲーミングエディション」の名の通り、 ゲーミングPCなのでスペックが高く、いろいろな用途で快適に使えます。 もちろん、純粋にゲームを遊ぶのに使えるのも魅力の1つです。 液晶ディスプレイは別売りです。 ディスプレイも一緒に購入することもできますし、別途買ってもOKです。 価格 101,706円(税込み)~ (2020年5月7日現在で、Eクーポン適用時の価格。 Eクーポンは下記の公式サイトに掲載されています。 「画面と細型フレーム」のみに見える外観なので、 部屋のインテリアに馴染むデザインです。 オプションで「テレビ機能」や「ブルーレイディスク・ドライブ」を付けたり、ハイスペックにカスタマイズ注文もできます。 富士通のパソコンなので、電話サポートなども付いてきますよ。 ぜひご利用ください。 ハイレゾ音源対応の 大きめな高音質スピーカーを搭載しています。 実際にサウンドを聴いてみましたが、やはり 音に深みがあり素晴らしい音でした。 音のよいスピーカー搭載のパソコンなら、こちらがオススメです。 特別割引クーポンがありますので、ぜひご利用ください。 6インチ液晶搭載で、大きめのノートPCです。 複数のモードを切り替えて使えるので、家族で使うのにあたり、いろいろな使い方ができます。 例えば、スタンドモードにすればリビングテーブルに置いて動画を見たりするのに便利です。 性能が高めなので、長く使っていけますし、 価格が高すぎずコストパフォーマンスがいいです。 実機レビューがありますので、参考にどうぞ。 一番安いモデルでも、• ハイスペックな第9世代インテルCore i7プロセッサ• 高速SSD• メモリ8GB以上• グラフィックス:GeForce GTX 1650 と、ハイスペックです。 パソコンの起動やアプリなども高速で気持よく使えます。 実機レビューがありますので、参考にどうぞ。 9mm 突起部含まず 重さ 約2. 5~2. 6kg バッテリー駆動時間 約6. 17インチだと、大きくて重いですから(車で持ち運ぶなら問題ありません)。 「画面サイズが大きい方がいいけれど、たまには外に持っていきたいから、持ち運びできる大きさがいい」 ということでしたら、15インチ台のノートパソコンがおすすめです。 15インチ程度のノートパソコンだと、2kg前後の重さ(2リットルのお茶のペットボトルくらいの重さ)があるので、重いといえば重いのですが、持ち運びできないことはありません。 15インチ台のおすすめノートパソコンは、下記でご紹介しています。 ただ、画面サイズが小さくなってしまうので、画面が大きいことによるメリットは捨てることになってしまいますが…。 13インチ台のノートパソコンには、重さ1kg以下のモデルも複数出ています。 13インチ台のおすすめノートパソコンは、下記でご紹介しています。 ノートパソコンについては、幅広く使えてコスパも高い「HP ENVY x360 15(AMD)」がおすすめです。

次の

格安・激安!新品で2~4万円台の安いノートパソコンおすすめ機種【2020年】

ノート パソコン コスパ

いまどきのノートPCは、CPUがCore i5でメモリーは8GB、ストレージは256GB SSDの組み合わせが一番人気です。 鉄板構成のノートPCは仕事でPCをバリバリ使う人だけでなく、PC初心者にもおすすめです。 高性能なだけに値段も高いかと思うかもしれませんが、実は最近はそこまで高くはありません。 以前は10万円近くでしたが近ごろは7~8万円台あたりも多く、なかには5万円台の安い機種もあります。 正しくは「 初心者こそ鉄板構成のノートPCを使うべき」です。 PCに慣れた人ならともかく、なぜ初心者に高性能なノートPCが必要なのでしょうか。 それは、性能が低いことが原因のトラブルやストレスを未然に防ぐためです。 PCの低価格モデルは「エントリーモデル」と呼ばれていますが、この「エントリー entry 」とは「入り口」のこと。 つまりこれからPCを始める初心者のための入門用モデル、という意味があります。 スポーツや趣味の世界でも安い道具は入門用とされていますが、それと同じです。 PCの状態を確認している様子。 性能の低いPCでは処理時に時間がかかり、そのぶん待ち時間が長くなります また初心者だと気が付かないうちに重い 高負荷で時間がかかる 処理を実行してしまうことがあります。 待ち時間がとんでもなく長くなる上に、場合によってはパソコンが反応しなくなることも。 こんなときに電源を落としたりすると作業中の内容が失われてしまったり、タイミングが悪いと故障の原因になりかねません。 よく知らないまま低スペックのパソコンを使うとトラブルが起こりやすいのです。 トラブルの可能性はゼロではありませんが、安い入門用のパソコンよりもグッと下がります。 これはCPUとメモリー、ストレージの品質が、パソコン全体の性能に強く影響するため。 ここをしっかり押さえておけば、不具合で困る場面は少ないでしょう。 安くて性能の低いパソコンはエントリー向け 入門用 とされていますが、しっかり使いこなすには相当な知識やテクニックが必要です。 トラブルで余計な時間をかけたりストレスでイライラするのがイヤなら、高性能な鉄板構成のパソコンを選んでください。 Core i5はどのくらいの性能なの? ここからは少し技術的なことについて解説します。 パソコン初心者の方は読み飛ばしていただいても構いません。 インテル製CPUにはさまざまな種類がありますが、そのなかでCore i5は中位クラスに相当します。 と言っても性能も中くらいというわけではなく、どちらかと言えば上位より。 一般用途向けのノートPCではCore i9はほとんど使われないため、実質Core i7に次ぐナンバー2という位置付けです。 インテル製CPUの分類 Core i7、i9 上位 とにかく性能重視 Core i5 中位 性能と価格のバランスを重視 Core i3 下位 計算性能よりも価格の安さを重視 Celeron、Pentium 最下位 とにかく安さ重視 2020年3月時点でよく使われているCore i5は以下の5種類です。 それぞれ微妙に性能が異なりますが、上から順位に性能が高いと考えていいでしょう。 なおCore i5-8250Uより前のCPUは性能がガクッと落ちるのでおすすめしません。 具体的には2017年8月以前のモデルはやめておいたほうが無難です。 現在の主流なCore i5 Core i5-1035G4 第10世代 Ice Lake。 Iris Plusを内蔵したグラフィックス強化版。 Surface Pro 7などで使用されている Core i5-1035G1 第10世代 Ice Lake。 グラフィックス性能がやや高い Core i5-10210U 第10世代 Comet Lake。 今後の主流となる可能性が高い Core i5-8265U 第8世代Whisky Lake。 現時点ではもっとも使われている Core i5-8250U 第8世代Kaby Lake-R。 2017~2018年の主流だった CPU性能を計測するベンチマークテストでは、Core i5はCore i7に迫る結果が出ています。 一部ではCore i7を上回る結果も。 ベンチマークテストはPC本体の冷却性能やチューニングよって大きく変わるため一概には言えませんが、 Core i5とCore i7で性能はそれほど大きく変わらないと考えていいでしょう。 値が大きいほど高性能であることを表わします ゲーム用の超高性能なCPUを除けば、Core i7は一般用途向けノートPC用としてはほぼ最高クラスの性能です。 そのCore i7に迫る実力のCore i5も、非常に高性能であると言えます。 なぜ8GBメモリーが必要なのか? 10年前のノートPCでは4GBメモリーで大容量でしたが、いまは必要最低限の容量でしかありません。 ウィンドウズだけを快適に使うなら少なくとも8GBは必要で、高度な処理を行なうなら16GB以上の容量が求められます。 たとえば写真がきめ細かくキレイであるほどデータは大きくなり、そのデータを一時的に保管するメモリーの容量を圧迫します。 データ量がメモリーに収まりきらないほど巨大になると、ウィンドウズはオーバーしたぶんを一時的にストレージに記録。 しかしストレージはメモリーよりもはるかに遅く、データの読み書きに時間がかかります。 この時間が待ち時間となるのです。 SSD使ったときの効果• ・ウィンドウズの起動時間が大幅に短縮• ・Windows Updateが早く終わる• ・ウイルススキャンにかかる時間が短縮 ウィンドウズの起動時間についてはHDDだと40秒から1分以上かかることがありますが、SSDだと平均16~17秒程度です。 速いものだと10秒かからないこともあります。 またWindows Updateやセキュリティースキャンなどファイルの読み書きが発生する処理も、SSDなら素早く終わります。 いまやSSDは、パソコンを快適に使うための必須パーツです。 CPUをCore i5からCore i7にアップグレードするよりも、HDDをSSDに変更するほうが大きな効果を感じられるでしょう。 15インチスタンダード 光学ドライブ搭載 まずはもっとも人気の高い、15インチ & 光学ドライブ付きのモデルから。 市販DVDの視聴や音楽CDの再生、DVD版ソフトのインストールやDVDビデオの作成などに使えます。 記事カテゴリー• 271• 133• 608• 361• 144• 120•

次の