鳳凰 パチンコ 打ち 方。 【徹底解析!】パチスロディスクアップ

【徹底解析!】パチスロディスクアップ

鳳凰 パチンコ 打ち 方

告知ランプであるハイビスカスが点滅すれば問答無用でボーナス確定、という完全告知機だ。 これにより、従来のハナハナよりも瞬発力が増したという事になる。 REG中の左右のランプによる設定示唆も健在の模様。 玄人好みな部分もしっかり残されているのは嬉しいところ。 天井/設定変更/ヤメ時/ペナルティ - [ハナハナホウオウ30] 【天井】 天井は存在しない。 【設定変更時】 特に何もなし。 【ヤメ時】 状況を問わず、いつヤメてもOK。 【ペナルティ】 ペナルティは一切存在しない。 左リールにスイカが出現した場合は、中・右リールにもスイカを狙う。 その他の場合は、中・右リールともに適当打ちでOK。 通常時と同じ打ち方でフォローする。 その他の場合は適当打ちでOK。 スイカが揃ったら、リールの両サイドにあるパネルに注目。 奇数設定は左点滅が多く、偶数設定は右点滅が多い。 高設定ほど両方点滅が多くなる。 ボーナス概要 - [ハナハナホウオウ30] 【BIG】 赤7揃い、白7揃い。 純増枚数は最大312枚。 【REG】 「赤7・赤7・BAR」揃い、「白7・白7・BAR」揃い。 純増枚数は最大130枚。 設定差/設定判別/立ち回り/高設定狙い - [ハナハナホウオウ30] 設定差については、ニューキングハナハナとほぼ同じような形になっていると思われる。 つまり、「REG中のサイドランプ」・「ボーナス後のパネルフラッシュ」・「BIG中のスイカ」・「ボーナス出現率」といったところに注目していけばOK。 【REG中のサイドランプ】 スイカが揃った際には、サイドランプのどちらか、もしくは両方が点滅する。 奇数設定は左点滅が多く、偶数設定は右点滅が多い。 高設定ほど両方点滅が多くなる。 【ボーナス後のパネルフラッシュ】 ボーナス終了時に、リール上にある「トップパネル」や、リール下にある「下部パネル」がフラッシュすれば高設定の期待度アップ。 【BIG中のスイカ】 高設定ほど、BIG中のスイカ出現率が高くなる模様。 【ボーナス出現率】 王道なのはこの部分。 単純に、高設定ほどボーナスが出現しやすい。 現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと 【250%超】! オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ! 【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説 当サイトの姉妹サイトで、 運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。 特に人気のコンテンツを以下にご紹介。

次の

P鳳凰インフィニティ(∞)【パチンコ新台】|スペック ボーダー 3穴クルーン 保留 信頼度 予告 評価 演出 セグ 感想 導入日 打ち方 解析 攻略 タイプ 型式名 継続率 出玉 止め打ち

鳳凰 パチンコ 打ち 方

終日打ち切ったとしても設定の特定はほぼ無理で、高設定なの低設定なのかの判断しかできない場合が多いです。 高設定を打ちたいのであれば、まずはホールや台選定ありきで、様々な要素を見ながら設定を確認していくといった流れが良いと思います。 打つホール以外で、個人的に重視しているのは、ボーナス確率とBIG中のスイカ確率。 その2つを中心として、その他の要素も確認しながら設定を推測していくと良いと思います。 ハナハナホウオウに関しては、まだ解析がほとんど公開されていないのですが、これまでのハナハナシリーズの傾向を考慮すると、メインとなる設定推測要素にはほとんど大きな変更点はない可能性が高いです。 よって、本記事においては、解析が多く公開されているニューキングハナハナの設定判別要素を中心に紹介していきます。 ニューキングハナハナでは、奇数設定なら「左:右=6:4」、偶数設定なら「左:右=4:6」、設定6のみ「左:右=5:5」となる特徴がありました。 ハナハナホウオウ-鳳凰-|打ち方 通常時の打ち方 左リール枠内にBARを目安にチェリー狙い。 BIG中の打ち方 左右のランプ点灯時のみ、通常時と同じくチェリーとスイカをフォロー。 それ以外は適当打ち。 REG中の打ち方 REG中は1度だけスイカを揃えるとサイドランプがフラッシュします。 左リール中段に白7をビタ押し後、中・右リールにもスイカを狙えばOKです。 ハナハナホウオウ-鳳凰-|管理人の所感・感想 ジャグラーシリーズと共にAタイプの2大巨頭であるハナハナシリーズ。 どちらのシリーズも共通で、新作でも中身がほとんど変わらないのが良いところ…w もちろん「ハナハナホウオウ-鳳凰-」も従来のハナハナシリーズと中身はほとんど変わらないと思うのですが、細かいところでいくつか新要素を追加しているようです。 一番話題となっているのが、ボーナス中のプレミアムサウンドとして、ガーゴイルというバンドのヘヴィメタル系の楽曲を追加している点。 なぜハナハナにヘヴィメタなのかは不明ですがw、パネルに「鳳凰」とデカデカと表記されていたりと、これまでのハナハナシリーズとはやや雰囲気は違ったものになりそうですね。 ハナハナホウオウ-鳳凰-|PV・動画.

次の

【徹底解析!】パチスロディスクアップ

鳳凰 パチンコ 打ち 方

目指せプラス収支!! パチンコの勝ち方 僕は10年間、5店舗で働いた元パチンコ店員です。 パチンコの年間収支は、元店員の意地にかけてプラス収支です。 2015年はプラス20万でした。 少なっ!! まぁとにかく、パチンコで勝つには、打ち方とかコツとかが必要なわけで、適当に打っていて勝てるほど甘くはありません。 「もう少し勝てるようになりたい」「年間プラス収支を体験したい」という人向けの、超王道のパチンコの勝ち方と少し邪道な勝ち方を説明します。 ただ残念なことに、パチンコに 必勝法や攻略法はありません。 しかし、 勝つ確率を上げる方法やコツは存在し、それを僕や勝っている人は知っているのです。 より詳細な立ち回りは、で説明しています。 パチンコで 勝ちたいと願う人は大勢います。 その反面、パチンコで勝っている人は少数です。 それもそのはず、パチンコで負けているから勝ちたいと願うわけで。 しかし 勝っている人は勝ちたいなどと願いません。 勝つのが当たり前になっていたり、勝たなければいけないという義務感になっているからです。 それでは、パチンコで勝っている人の99%がやっている王道の 勝ち方を説明します。 5つの方法がありますが、 全てをこなせるようになればパチンコでの負け額は大幅に激減し、勝てるようになります。 1.回る台を打つ 基本中の基本ですが、回らない台を打てば打つほど負けてしまいます。 回らない台は、お金や出玉が減っていくのが早いのです。 つまり逆に、回る台を打つことはお金や出玉を吸い込むスピードを抑えられます。 釘を読めれば言うことなしですが、釘を読めなくても「あれ、さっきの台より回る…」「いつもより回る」ことが確認できたらチャンスです。 そして、ボーダーライン(1000円あたりの回転数が勝てるラインかの目安)と照らし合わせ、 ボーダーラインを越えていればひたすら打つだけです。 1日単位で負けることはあります。 1週間単位で負けることもあります。 しかしボーダーラインを越えている台を打っていれば、1年単位で負けることは絶対にありません。 王道の中でも王道なパチンコの勝ち方が、回る台を打つということです。 ホールに回る台が一台もない場合も多々ありますがw 2.ひねり打ち(アタッカーへのオーバー入賞) 大当たりラウンドで得られる出玉をさらに増やす打ち方です。 1ラウンドあたりの入賞数(カウント数)は台によって決められていますが、その決められた入賞数を越えてアタッカーに入賞させることで出玉をさらに増やせます。 例えば、このような台があるとします。 しかし、アタッカー入賞数を10カウントにしてみたら、どうなるでしょう。 この1350玉、つまり4円パチンコ等価なら 5400円を、5500円~6000円くらいに出来てしまうのがひねり打ちというものです。 ひねり打ちの効果が抜群な機種は大当たりの消化が右打ちの機種ですが、 ひねり打ち自体はとっても簡単。 先ほどの例の台のような、1ラウンドあたり9カウントの台を例に挙げます。 一.1ラウンド1ラウンドを高速で消化しないようにする=9カウントめが入賞しないようにする 二.8カウントめの入賞で一旦ストップ 三.そして2玉連続で発射して9カウントめ・10カウントめを連続で狙うのです。 コツとしては、1玉を右打ちとしては中くらいの強さで打ったら、その流れで思いっきりハンドルを右に回してもう1玉発射。 後から打った1玉が、先に打った1玉に追いつくようにしてやるのです。 そうすると、2玉同時入賞となり、10カウントめを狙えるのです。 ひねり打ちなんてこんな程度です。 しかしこの程度のコツの積み重ねが、数千円、数万円となっていきます。 ひねり打ちのような変則打ちを禁止しているホールもありますけどね。 3.止め打ち(ムダな玉は打たない) ハンドルについている発射ストップボタン、使っていますか? パチンコはほとんどが保留4個、もしくは保留8個の機種です。 まぁ4個でも8個でも、とにかく保留が満タンになったら玉の発射を止めましょう。 そして保留が満タンじゃなくても、熱い展開に発展しそうなときも玉の発射を止めましょう。 玉のムダな発射は、勝ち額を減らし、そして負け額を増やします。 だから、図柄が揃って当たって、アタッカーが開く前からアタッカーに向けて発射するのはムダ打ち。 大当たりラウンドが終わって、アタッカーは閉じていているのにアタッカーに向けて発射するのはムダ打ち。 確変・時短中に関しては、止め打ちを活用することで上皿の玉をキープ・増やすことだって出来ます。 電チューやベロがパカパカ開放する流れの中で、一瞬だけ閉じた状態になっているときは当然玉は電チューやベロに入賞しません。 電サポ中の効果的な止め打ちって、大当たり中のひねり打ち以上に難易度は高く、頻繁に行う手間もありますが、電サポ中の玉減りに対抗するにはこれしかありません。 止め打ちのような変則打ちを禁止しているホールもありますけどね。 4.潜伏確変の台を狙う(朝一ランプ狙い) 内部的に確変状態の台を探す方法です。 普段は当たりにくい台が当たりやすい確率になっているのだから探さないと損です。 開店直後なら見分けは簡単。 内部確変を搭載した機種の朝一ランプの位置を覚えて、朝一ランプがついていたら台確保して打つだけ。 該当機種の朝一ランプの位置は、雑誌でもネットでもいくらでも知ることが出来ます。 ラムクリア(状態初期化)しているパチンコ屋も多いですが、店員が見落とす場合があるので探してみましょう。 営業中に他のお客さんが捨てた台も、実は潜伏確変の可能性があります。 何かのモードに入っていたり、データの大当たり回数が1回上がった直後だったりする台は潜伏確変の可能性があります。 少し打って様子を見るのも良いです。 5.普通に確変・時短の台を拾う 朝一ランプ狙いでホールに向かったのに、もろに確変の台や時短の台を拾ったことが何度もあります。 店員のラムクリア(状態初期化)の見落としを狙ってみてください。 ラムクリしたつもりで出来ていなかったり、そもそも忘れていたりすることがあるんです。 さらに、各パチンコ台で玉数を計れる(各台計数システムの)パチンコ店・コーナーをチェックしていると、 お昼頃や夕方でも普通に確変中の台を拾えることもあります。 パチンコ打っていたけど、「時間が来ちゃったから帰ろ、でも店員呼ぶの面倒だからこのままで良いや」ってパターンです。 ドル箱式のパチンコ店・コーナーだと、出玉交換のときに「確変は消してよろしいですか?」と店員が気づき、ラムクリされてしまいます。 しかし、各台計数システムであれば、出玉だけカードとかに読み込ませて席をたつだけなので、店員が気づきにくいんです。 放置された確変台・時短台に店員が気づくより先に、それを拾っちゃいましょうって話です。 僕は何度も拾った経験があります。 稼働の高いパチンコ店が各台計数システムなら、ドル箱の上げ下げの機会がないためにほとんどの店員がどのお客さんがどこで打っていたかなんて覚えていません。 僕は拾った確変中の台を打ったところで店員に声をかけられたことがありません。 注意事項として、打っていたお客さんが席を捨てたと思いきや、捨てていない可能性があるので、一応タバコなどで確保だけしておいて少し様子を見てから打ち始めましょう。 パチンコに必勝法はないけど、勝ちやすくなる方法がある パチンコの勝ち方として、5つの方法・コツを説明しました。 回る台を打つことを基本とし、当たったらひねり打ちや止め打ちで出玉を増やし、朝一や少し疲れたときに全台の状態をチェックする。 これだけでパチンコはすごく勝ちやすくなります。 パチンコで勝っている人は、僕が挙げた5つの勝ち方のうち、4つは確実に実行しています。 これだけのことで、僕のような年間収支プラス20万程度だったら可能です。 つまり、回らない台しか用意していないA店が、変則打ちに対して声をかけてくる場合、A店で勝つことはなかなか難しいことが分かります。 パチンコの5つの勝ち方のうち、3つを奪われるのですから。 実のところ、僕だって常に回る台を打てていた訳ではありません。 むしろ回らない台を打っていた時間の方が長いです。 回る台なんてありゃしねえ。 それだけだと負ける。 だから 勝つために小ワザやハイエナ行為が必要なんです。 「パチンコは釘の時代じゃない」「当たりはホールが決めている」と思う人もいるでしょう。 そう考えるのは自由ですが、回るパチンコの方が楽しくないですか?当たりで獲得した出玉をさらに少し増やしたいと思いませんか?確変状態の台を拾えるなら拾いたいと思いませんか? パチンコに攻略法はありませんが、勝ちやすくなる方法はあります。 とても必勝法とは言えませんが、勝率を上げることなら出来ます。 パチンコもスロットも、勝つか負けるか、という意味では勝率50%です。 しかし、パチンコ屋のひどい釘調整・低設定投入により、勝率は40%とか20%とかになっていきます。 ホールによって下げられた勝率を、勝てる人は手間をかけて自力で上げていきます。 そして、ときには他人の運のおこぼれさえも利用し、勝率を60%とか70%にします。 パチンコは、適当に座って適当に打っているだけでは勝てない。 このページで説明した5つの正攻法(と邪道)こそが、パチンコで勝つ方法です。 より詳細な立ち回りは、で説明しています。

次の