ガンランス派生。 ガンランス強化派生図inc

武器派生表(ランス・ガンランス) MHP2G

ガンランス派生

ちょいと離れたモンスターに踏み込み切りから砲撃に繋げて上段突きとかねw あるわw [2015-05-01]• ガード性能だけで事足りるモンスターにはお守りとスロット空きの防具でガ性を付けて、後は刀匠や斬術が付いてる発掘防具などで。 盾使いもあったな。 それもオススメ。 で、逆に質問。 ギルクエのラージャン単体136をソロで... [2015-05-03]• レギオンは業物弱特挑戦2見切り2回避1耐震がやりやすい。 アペカムの時は匠心眼弱特挑戦2回避1耐震…ウカム一式だったw お守りも特にないのならホントにウカム一式良いと思うの [2015-05-04]• 刀匠4砲撃14? とか刀匠4スロ3、回避8スロ3、砲撃13スロ3とかね。 [2015-05-05]• 頑張ろう同志よw [2015-05-05]• 腹の下ってw何、そのテオ感w 解除してる時に斜めに脇腹の所に入り込んで足を切ってればバンザイとビームの繰り返しでひたすら切れる時あるよねw... [2015-05-06]• レギオンの回復強化で25針安定になりました。 あ、いや、、、ごめん、まだ136なんだwww しかしアレだねぇ、今更ながら回復しない、研がないは楽だねぇ、、、。 タイムアタックしてる訳ではないから時間は気にする... [2015-05-10].

次の

ガンランスの生産&強化と派生|モンスターハンターポータブル3rd攻略広場

ガンランス派生

MHF• MHFでは一応MH2ベースではあるものの、 独自の仕様やアクションが非常に多く、実質的に別物と化している。 G級昇級までは最大LVが6で、G級昇級以降特定の武器でLV7・LV8・LV9が発現可能。 これは突き火力のインフレに伴う調整である。 また、MHWorld同様、 普通の砲撃では味方を吹き飛ばさない 竜撃砲は吹き飛ばし効果有。 2018年2月アップデート以降は普通の砲撃後素早く回避アクションへの派生ができるようになった。 砲撃威力補正については、武器の攻撃力を見る画面での数値が適用されているため、 攻撃力UPスキルや火事場スキルなどでは威力が増えない。 なおHR帯の砲撃LV5については現在でも割と特権的であり、 当時からSP武器や剛種武器などといった特殊武器やイベント限定品ばかりに搭載される傾向にあった。 現在でもイベントなどが絡まない通常武器の"砲撃LV5"は貴重であり、数える程しか存在しない。 竜撃砲は後述するが発射方向を変える事がMHF-Gより可能になった。 また、冷却時間が45秒とかなり短くなっており、竜撃砲を多用する立ち回りも不可能ではない。 また、ランス同様に初段の突きに2秒間の持続式スーパーアーマーが付与され、 回避などでも途切れることはない。 ガンランスの場合は砲撃でも持続式スーパーアーマーが付与される。 ガード能力についてはMHFのランスと同性能となっている。 MHF-Zからは踏込突き、水平突き、切り上げ後のガードへの移行タイミングが早くなり、 速やかにガードを行うことができるようになった。 また、ガンランス独自の要素として、竜撃砲 後述の爆竜・極竜も含む のチャージ中にガード判定が発生する。 このガード判定はスタミナ消費無効・ノックバック無効と非常に強力なもので、 攻撃を防ぎつつ竜撃砲を確実に叩き込むという立ち回りが可能。 スキル面でも、MH4の砲術マスターと同等の補正値が得られる「砲術神」スキルが、 砲術スキルの最上位スキルとして2010年のシーズン8. 0より用意されている G級では同効果を持つ「」で発現させているガンランサーが多い。 また、装填数UPスキルも他シリーズ同様有効 MHF-G1より であるほか、 反動軽減スキルで砲撃、竜撃砲の反動を抑制することもできる 同上。 当初はMH2の仕様を引き継いでいた関係でお世辞にも強いとは言われていなかったものの、 砲撃の爽快感に魅せられたファンは当時から多かったようだ。 サービス開始からの様々な調整とMHF-G1・G5・G7・Zで大規模なテコ入れが行われ、現在に至っている。 統計上、MHFにおけるガンランスの使用者はほぼ最下位という状況である これはである が、 一方で「ガンランスを強くしてほしい」という要望は非常によく寄せられていたとのことで、 その調整にはかなり苦労した事が伺える また当時のプロデューサーである杉浦氏曰く、 VS大会などではほぼ毎回必ずと言っていいほどガンランスの改善策について聞かれたそうである。 なおMHFの現運営プロデューサーである宮下氏とガンランスには因縁めいたものがあり、 後述の変遷の項で述べるが、公式側 宮下氏本人も がネタにし続けている状況である。 独自アクション• 公式で体系付けられた独自アクションではないが、 「」と「」と称されるテクニックを使用できる 後者については事実上公式公認のテクニックである。 詳しくは上記リンクを参照のこと。 突き派生竜撃砲、斜め上・上方向竜撃砲 MHFでは竜撃砲を水平突き、踏み込み突き、切り上げから派生して放つことができる。 この内 踏み込み突き派生では竜撃砲を斜め上に、切り上げ派生では真上に撃つことが可能である。 両者は左右の角度調整ができない代わりに上下の角度調整ができるため、 上手く使うと味方を吹き飛ばさずモンスターにのみ竜撃砲を当てたり、 特定部位を狙い撃ちしたりすることも不可能ではない。 竜撃砲チャージ動作から通常の砲弾をつぎ込む事で派生する、特大の砲撃。 その性質上、弾を1発でも装填してないと放つ事は出来ないが、 爆竜轟砲のチャージ中に更に砲弾を追加装填することでダメージを増加させることができる。 またこれも上述した斜め方向砲撃が可能である 切り上げ派生はできるが、真上には撃てない。 詳しくは上記リンクを参照のこと。 踏み込みなぎ払い 抜刀攻撃、及び後述のクイックリロード、 極ノ型の抜刀ダッシュから派生できるなぎ払い攻撃。 攻撃範囲は広いが、そこから突きに派生させることはできず、後述の連撃砲または回避のみの派生となる。 基本的には連撃砲の布石として使うことになる。 クイックリロード メインシリーズのクイックリロード同様、砲撃後に1発だけ弾を装填できる。 メインシリーズとの相違点として、アクション時間自体は普通のリロードと大きな差はないのだが、 クイックリロードからステップ、水平突き、踏み込み突き、踏み込みなぎ払い、 直前の砲撃角度を維持した砲撃のいずれかに派生することができ、コンボルートが豊富である。 また、一定時間リロードした弾の威力が 1. 5倍になる 連撃砲では無効。 ちなみに実装当初はSAの乏しさが弱点だったが、 MHF-G7で砲撃に持続SAが付いたことでこのクイックリロードもSAが事実上付与されるようになった。 一言で言えばMHF版フルバースト。 MHXにおけるストライカースタイルの仕様が比較的近いか。 連撃砲は砲撃タイプによってモーション・砲撃範囲が大きく異なるのが最大の特徴となっている。 詳しくは上記リンクを参照のこと。 強ガード ガード時に追加入力することで使用可能な強力なガード。 ランスのものと同じく ガード時のスタミナ消費が無く、 ガード時の仰け反りを無効化し、 更に 360度のガードが可能になる。 ただし使用中はスタミナを消費し続ける。 また、360度ガードは可能ではあるものの背面から攻撃を受けると転んでしまう ガード自体は成立する という意外な弱点も。 ランス同様、ノックバックが発生する多段ヒット攻撃に対して優秀なアクションだが、 ここからガード突きや竜撃砲へは直接派生できないので、あくまで防御目的で用いる事になろう。 排熱ステップ ガンランスのステップは1回だけだが、 そこからガンランスの熱噴射を利用してもう1回ステップを可能とするアクション。 ステップ距離は通常のものより長めになっており、緊急離脱的な使い方もできる。 元々は斬れ味を消費するという欠点があったが、MHF-G7で克服している。 連撃砲同様に反動軽減スキルの対象となっており、 発動させると使用後の突き・抜刀ダッシュキャンセルが早くなる。 秘伝書スタイルによる変化• ゲーム開始時点では後述する「地ノ型」しか使用できないが、 と「天ノ型」「嵐ノ型」が選択可能となり、 G級昇級で「極ノ型」が解禁される。 秘伝書についての詳細は上記リンクを参照のこと。 ガンランスの地ノ型、天ノ型、嵐ノ型に関しては、 型によって立ち回りだけでなく、メインとなるダメージ源の種類が根本的に変わるという特徴を有する。 そのため スタイルによって要求されるスキルや適した武器がまるで異なり、 特性をフルに活かすには各型にあわせた専用装備が必要になり手間がかかる。 これら3つの型はもはやそれぞれが別武器種と言っても過言ではないほどの差異があるが、 G級昇格後に使用可能となる極ノ型は 既存の型全ての特性を複合・昇華したものになっている。 なお、かつての極ノ型は地ノ型の特性を徹底的に強化したもの、 言い換えれば 天ノ型と嵐ノ型の要素が皆無であり、 「既存スタイル全ての上位」をコンセプトとする極ノ型としては異質な設計であった。 現在の形となったのは2018年2月アップデートより。 天ノ型• HR5で秘伝書を入手することで選択可能なスタイル。 最大の特徴は、竜撃砲と引き換えに使用できるようになる「」。 これを活かした、 斬撃特化スタイルが天ノ型である。 竜撃砲が使えないことを除けば基本的には地ノ型と大きくは変わっていない。 極ノ型でヒートブレードが使用できなかった頃は一定の需要があったが、 現在では極ノ型のほぼ下位互換となりうる。 大きな違いは通常の砲撃が使えるかどうかであり、 極ノ型ではヒートブレード 属性ブレード 中の砲撃が嵐ノ型と同様の属性砲へ置き換わるため、 ヒートブレード中でも通常の砲撃が使いたければ天ノ型が向いていると言える。 まあ、極ノ型の機動力を捨ててまで通常の砲撃が使いたいという場面もそう無いとは思うが…… ヒートブレード発動 ガンランスを斜め上に構えてそこから熱を噴射し、3秒間チャージすることでこの状態になる。 以後2分間の間、竜撃砲の炎をそのまま刃に使用して刺突攻撃を行うことができるようになる。 詳しくはを参照していただきたい。 回転叩き付け ヒートブレードが発動されている状態に限り使用できるフィニッシュ攻撃。 各突きの3段目から派生でき、ガンランスを縦に大きく振り回してモンスターに叩き付ける。 豪快な一撃で威力も高いが、使用後は砲撃に派生することはできない。 また、振り回し方の関係上、炎の刃と銃槍両方を当てるには少々工夫が要る。 嵐ノ型• 同じく、秘伝書入手に習得できるスタイル。 天ノ型の性質を引き継ぎ、ヒートブレード・回転叩き付けを使えるのは変わらないが、 嵐ノ型最大の特徴としてヒートブレード発動中の砲撃が、 属性砲に変化する。 属性砲は武器の属性値 無属性の場合は砲撃レベル に極端に依存するため、 嵐ノ型は基本的に、突きと属性ダメージを徹底的に稼ぐためのスタイルになっている。 かつては属性砲のみを用いる運用が主流だったが、MHF-G1で調整されたことによって、 刺突と属性砲をバランスよく用いないと力を発揮できないようになっている。 HR帯では高い 具体的に言うと 1000を超える 属性値を持つ武器がため、 普通の属性砲については、属性が非常に良く効くモンスターに対する砲撃手段として使えなくもない、 といった具合だが、無属性についてはこの限りでもない。 こちらも、現在では極ノ型の下位互換となりうる。 嵐ノ型で出来ることは極ノ型ででき、HRでは使いづらいという中々使いどころに困るスタイルである。 属性砲 ヒートブレード発動中に砲撃を行うと、若干の溜め動作の後、 通常の火属性のものから武器の属性に応じたエフェクトの砲撃に変化する。 ダメージ計算式も大きく変更され、属性ダメージがメインで肉質無視ダメージがおまけになる。 また、無属性の場合は打撃属性を持つ砲撃に変化する。 詳しくはを参照していただきたい。 極ノ型• G級でG級秘伝書を入手すると同時に、習得できる秘伝書スタイル。 上記の通り、かつては天ノ型と嵐ノ型の要素が全くない地ノ型の純粋な強化系であったが、 現在ではヒートブレード改め「 属性ブレード」が追加されており、 嵐ノ型から引き続き属性砲も使用可能という、文字通りの意味で全スタイルの要素を結集した型となった。 類似武器種のランスとの差別化としてか、 ガード方面のシステムを固めた極ノ型ランスに対し、 極ノ型ガンランスは機動力にかなり重点を置いたアクション追加が行われている。 全武器種共通の抜刀ダッシュとはもちろんのこと、 「 ダッシュリロード」「 砲撃ブースト」「 ダッシュ薙ぎ払い」といずれも機動力を高めたアクションである。 そして竜撃砲・爆竜轟砲の進化版である「 極竜滅砲」という強力な砲撃を放つ事も可能となっている。 竜撃砲と属性ブレードはそれぞれ 完全に独立しており、 属性ブレード中に竜撃砲を放ったり、 片方のクールタイムにもう片方を発動させたりといったことが可能。 従来のスタイルではできなかった「ヒートブレードで攻め、チャンスに竜撃砲」が遂に実現することになる。 ガンランスが壊れそうだが大丈夫なのだろうか。 納刀や脚が遅く、ステップや踏み込み突きで移動するのが主だったガンランスにとっては、 まさに革命となるアクション。 抜刀ダッシュからは水平突き、水平砲撃、踏み込み薙ぎ払い、ダッシュリロード、砲撃ブーストと、 全武器種で見てもトップクラスの派生アクション数になっており、状況に応じた選択肢を取ることができる。 各種攻撃の隙をキャンセルして走ることができるようになっているが、 砲撃についてはステップや反動軽減で隙を軽減しないと速やかに移行できない。 ダッシュリロード 抜刀ダッシュから使えるアクションで、なんと 走りながらリロードすることができる。 ボウガンのものと比較するとリロード中の移動速度は低下し、 通常のリロードと比べて早く装填できるという訳でもないが、利便性は高い。 砲撃ブースト 銃身を後ろに向けて放熱を行い、その反動で一気に前進する無敵時間付きのアクション。 早い話が ガンランス版前転回避である。 各種攻撃やクイックリロード、ガード、立ち状態からも繰り出すことができ、 モンスターの攻撃を避けつつ懐に潜り込める。 使用後は抜刀ダッシュ、単発砲撃、ガード からの竜撃砲 に派生できる他、 ブーストの勢いを活かした新技「 ダッシュ薙ぎ払い」に派生可能。 また、ステップにも派生可能であり、排熱ステップも併せると3連続回避が可能になる。 ちなみに抜刀ダッシュ時の回避行動は全てこの砲撃ブーストになる。 移動距離は双剣の真鬼人化回避並みなので、位置調整にも便利。 使いこなせればガンランスの常識を覆す機動力が発揮できることだろう。 ちなみに、があると抜刀ダッシュと組み合わせることで破格の機動力を生み出すことができる。 なお砲撃ブーストから単発砲撃にて「属性砲」を放つと、 本来属性砲使用時に発生していた発射前の溜め動作をせずに撃つことができる。 ダッシュ薙ぎ払い 砲撃ブースト後限定のアクションで、ブーストの勢いを活かし、銃槍を素早く薙ぎ払う技。 使用後は若干モーションが高速化された連撃砲に派生できるため、 砲撃ブーストで踏み込んで即連撃砲を放つという、従来はできなかった運用が可能。 また、ダッシュ薙ぎ払い後は水平突きにも派生できるため、属性ブレードなしでも4連続の斬撃コンボが可能となる。 威力そのものも回転叩き付けに次ぐ強力なものとなっており、一撃離脱的に単発で放つのも効果的。 なお使用後砲撃ブーストには直接派生できず、使用後の回避はステップとなる。 極竜滅砲 極ノ型ガンランス 最大の大技。 爆竜轟砲をチャージ後、更に追加入力することで銃槍を左右に振り払い、 青白い炎を纏わせ、一気にそれを解放する。 威力もさることながら、射程範囲も爆竜轟砲の比ではない。 詳しくはを参照のこと。 属性ブレード 武器属性の影響を強く受けた新たなヒートブレードで、 装備している武器の属性に応じた6種類 火・ 水・ 雷・ 氷・ 龍・ 無 の刃が展開される。 発動方法は従来より簡略化されており 竜撃砲と操作が被る為 、ワンボタンで発動可能となった。 ガードモーションだけでなく、突きからも派生可能になっている。 アクションはヒートブレードと全く同じで、回転叩きつけや属性砲も使用可能。 なお、属性ブレードのクールタイム中は冷却板が開かないが、 それに代わる目安として斬れ味アイコンに赤い縁取りが表示されるようになっている。 属性ブレードの終了後は縁取りが消えるが、 縁取りが斬れ味アイコンを囲いきるように表示されれば属性ブレードが再度発動可能となる。 モーション値や砲撃の威力は改善されていたのだが、砲撃スキルには対応しておらず、砲撃LV5もなく、 火力が出せない弱小武器のレッテルを払拭できずにいた。 砲術スキルがガンランスに適用されるようになったのはシーズン2. 0の途中からであり、 砲撃LV5の解放はシーズン2. 5にて行われている。 …いわゆる凄腕ランクの強化にある一般的な性能なのだが、 実は当時の剛種武器と比較しても割と良い勝負を出来る程度のスペックであったとか。 しかしながら無属性武器にはそういったフォローは皆無だったもので、 当時テコ入れされたの前では、 殆どの無属性ガンスは生まれようが生まれまいが死ぬ運命を辿ったという。 その後2年ほどの間特に大きなテコ入れはなされていなかったのだが、 シーズン8. 0からテコ入れが始まった。 まず8. 0では秘伝書システムによってヒートブレードが使用可能となり、 同時期に砲術師の上位スキルとして砲術王、砲術神が実装。 全く異なる方向に特化した2種類のスタイルにより、注目を集め始める。 ただしこの当時のヒートブレードは現在のものとは比較にならないほど、 リスクとリターンが噛み合っていなかった。 シーズン10では連撃砲と踏み込み薙ぎ払いが使用可能になった。 ただし連撃砲は現在のものと仕様が大きく異なっている。 また、秘伝書の新スタイル「嵐ノ型」により属性砲が可能となり、 これらを組み合わせることによってなど、 特定の状況下で圧倒的な破壊力を生み出すことが可能となった。 この時点ではまだ有効な相手が限られていることもあって、効率募集の表舞台には立っていない。 なお、ヒートブレードも若干強化されている。 フォワード. 1中間アップデートでは、 実装されたにて 砲撃Lv6が解禁された。 フォワード. 3で秘伝防具に装填数アップの効果が追加、 続くフォワード. 4ではが実装され、 更に連撃砲の動作速度が改善され、発射硬直をステップキャンセル可能になり、 ここにきて嵐ノ型関係の環境が大幅に強化された。 さらにフォワード. 5ではの登場により、 とうとう長年の課題であった「PTプレイにおける砲撃ガンランスとの共存」が可能となり株は大幅上昇。 属性が効くモンスター相手なら文句なしの最強武器となり、使用者が爆発的に増えた。 ただし元々の利用者数が少なかったこともあり、 最盛期であるフォワード. 5時点で、属性砲を使える秘伝書所持ハンターは、 であった。 なおフォワード. 3にて、動画版運営レポートでガンランスの抜本的な強化について話題になり、 プロデューサーの宮下氏 当時はアシスタントプロデューサー が、 「ちゃんと要望は見ており、しっかり強化する予定である」という旨の発言をしたのだが、 一方で「」と口にしてしまったことで、 全国のガンランサーからの問い合わせが激増し、 杉浦P曰く「宮下に責任を持って強化させる」と確約するまでに至った。 この件から「宮下Pと言えばガンランス の強化 」というネタが確立することになった。 MHF-G1では 宮下Pの約束どおり 抜本的なテコ入れが実施され、 上述した爆竜轟砲、クイックリロード、突き派生竜撃砲、連撃砲の仕様変更などにより、 ほぼ現在の仕様が出来上がることに。 一方、属性連撃砲に関しては属性砲自体の弱体化と連撃砲の仕様変更により廃れることになった。 ちなみに当時MHFで問題になっていた秘伝防具の一強状態については、 ガンランスは秘伝スキルが属性連撃砲の威力強化 装填数増加によるもの 及びヒートブレード発動時間・再チャージ時間の短縮に貢献するため、非常に重い影響を齎していた。 MHF-G2以降も堅実な戦力を持つ武器種として重宝されていたが、 MHF-G2終盤以降から突き火力のインフレが加速し、 砲撃威力がそれについていけないという事象が発生するようになる。 そのため、MHF-G5で砲撃LV6の威力が強化されるほか、砲撃レベルを強化するが実装され、 それによって 砲撃LV7・LV8・LV9が解禁された。 その後、更に突き火力がインフレした事によって再び砲撃火力のテコ入れが切望されるようになり、 更にスーパーアーマーの乏しさ、味方を吹き飛ばしやすい仕様なども改善要望として挙がるようになった。 全体的な性能についても、G5での強化では不十分ということでか、 MHF-G7では宮下氏がプロデューサーに就任したということもあり、ガンランスの更なる強化が予告され、 実際にG7で強化が行われることが決定。 調整内容としては、• 砲撃を含む全アクションの威力上方修正• G6で強化されたランス同様、 攻撃の初撃に持続する 回避等でも消えない スーパーアーマー付与• 竜撃砲、爆竜轟砲の構え中に攻撃無効化時間 ランスの「ガードチャージ」と同質のもの が発生する• 通常砲撃で味方を吹き飛ばさなくなる となり、立ち回りに劇的な改善が行われることとなった。 砲撃威力の武器倍率補正もこのアップデートで導入され、将来的なインフレにもある程度対応可能となった。 MHF-G9よりスキル環境の大きな革新が再び始まったが、 ガンランスはG10. 1までのほぼ全ての追加スキルで恩恵が齎されている。 特に天ノ型のが注目されたが、 地ノ型でも機能しやすい・、 ガード突きを有するガンランスにとって運用しやすいなど、 プレイスタイルに応じた様々なスキルの組み合わせができるようになってきている。 一方、多くが突きの威力強化に貢献するスキルであることから、 2015年以降「有効肉質以外は極端に硬い」というモンスターが増加し、 砲撃で有効肉質以外にもダメージを通せるという、 ガンランスにとって本来有利な状況になってきているにも関わらず、 肝心の砲撃威力が突きに噛み合わなくなりつつあることが指摘されるようになった。 ただし、極ノ型では地ノ型ベースであるが故に、 特性が大きく変化するヒートブレードや属性砲が運用できないため、 ガンランスに限っては極ノ型がそのコンセプトである「旧来スタイルの上位互換」 とは必ずしも言い難いのでは? という指摘は少なからず寄せられていたようである。 2017年末の運営レポート動画版にて、 2018年2月アップデートにおいて極ノ型ガンランスのバランス調整が入る事が発表された。 その内容は極ノ型に 新たなアクション 先述した、属性ブレード を追加するという、 バランス調整というよりはリファインに近い代物であり、 これによってガンランスの極ノ型は、文字通り全スタイルの要素を結集したものとなった。 また、これに合わせてG1以降特に調整されていなかった、以下の要素も改良された。 ヒートブレードの強化 属性ブレードにも適用される• 元の斬れ味が紫でも、ヒートブレード中の斬れ味補正一段階強化が適用される• 使用後の斬れ味減少量緩和• 各砲撃後の回避派生可能なタイミングが素早くなる MHXR• 仮想パッドをタップすることで行われるガンランスのコンボは、 斬撃と砲撃、クイックリロードを織り交ぜたものとなっている。 クイックリロードを行うと、後述する竜撃強化弾がひとつ装填される。 ちなみに、抜刀状態からのコンボでは1回しかクイックリロードを行わないが、 納刀状態からではコンボ中にクイックリロードが2回行われる。 MHXRでは納刀が一瞬で可能なので、 手っ取り早く竜撃強化弾を溜めたい場合は納刀してからコンボを行うといいだろう。 本作では、「竜撃ゲージ」と「竜撃強化弾」というものが存在する。 竜撃ゲージが満タンまで溜まってると、ゲージを消費して竜撃砲が使用可能である。 ゲージは時間経過で回復する。 放熱時間を可視化したものとみて良いだろう。 竜撃強化弾は先述の通りクイックリロードの度にひとつ装填されるもので、 これが多く装填されているほど竜撃砲の威力が上昇する。 装填可能数は5つまでで、竜撃砲を発射する際には装填されている分が一気に消費される。 固有アクションは、おなじみの「 竜撃砲」と「 フルバースト」。 フルバーストは竜撃ゲージが溜まりきっていない場合のみ使用可能。 この時に竜撃強化弾が装填されていると、それをひとつ消費してより強力な攻撃となる。 さすがに竜撃砲には劣るものの、固有アクションとしての威力は十分。 では新アクションとして「 シールドラン」が追加され、竜撃砲が「 竜薙砲」へと変化する。 また、竜撃強化弾の更に上の段階として「 フルバースト強化弾」が登場した。 シールドランは盾を構えた状態でモンスターに向かって走り、途中で攻撃を受けた場合はガードする。 移動と防御を兼ね備えた便利なアクションで、ガード時には竜撃強化弾が1つ装填される。 走っている最中は追加入力で攻撃コンボにも移行でき、更に抜刀攻撃同様に竜撃強化弾を2回装填できる。 攻撃・防御・移動全てにおいて優秀な効果を持つまさに至れり尽くせりのアクションであると言えよう。 竜薙砲は 薙ぐという字の通り、ガンランスを横に薙ぎ払いながら竜撃砲を放つ豪快な技。 横方向への攻撃範囲がやや広がっている他、総ダメージは据え置きのままヒット数が従来4から2へと 減らされ単発ダメージが高くなったため、会心共鳴化スキルとの相性が良くなった。 また、砲撃前の溜めはゲージ制となり、途中で中断できるようになった。 この場合竜撃ゲージが微量減少するが、空振りの心配がなくなり、 武技P貯めのために再びフルバーストを使うという手法も取れるようになった。 フルバースト強化弾は竜撃強化弾を装填した際に一定確率で差し替わり、 フルバーストの威力が更にアップする。 それ以外は通常の強化弾と同様。 シールドランによるガード時にも装填されることがある。

次の

ディオスガンランス ~ 爆銃槍エクスダイナ

ガンランス派生

ヒートゲージは右側にあるほど斬攻撃の攻撃力が上がる。 振り切るとオーバーヒート状態になり、一定時間ゲージが一番左の状態で固定される。 竜撃砲を使用するとヒートゲージが少し左へ動き、しばらく固定されるため、 ヒートゲージを赤まで上げて竜撃砲を放つと一定時間砲撃も斬撃もダメージが高い状態を維持できる。 竜撃砲使用後の固定状態の時は、いくら砲撃・フルバーストをしてもオーバーヒート状態にならない。 武器強化開放レベルを表に追加しました。 順次編集しますが、見づらいようなら修正お願いします。 -- at 2015-12-11 金 00:52:38• 拡散のボーナスはなに -- 2016-03-14 月 13:25:12• 拡散のボーナスはなに -- 2016-03-14 月 14:40:55• 溜め砲撃と書いてありますよ -- 2016-03-15 火 13:51:34• すごく風化した銃槍の派生がないですよ -- 2017-01-19 木 22:24:28• 追加しました -- 2017-04-02 日 23:08:09• 未解を熱す銃槍派生の砲撃レベルのところが会心率になってますね -- 2017-07-04 火 06:48:43.

次の