股関節 開く と 痛い。 急に股関節が硬くなり違和感、病気なのか:朝日新聞デジタル

足の付け根(股関節)が痛い原因、対処法を知りたいあなたへ!

股関節 開く と 痛い

Contents• 右側と左側の股関節の痛みの原因に違いはあるの? 右側と左側の股関節の痛みの原因の違いは、生活習慣や体をどちらかに傾ける癖などから、片側に痛みを発症する場合が多いです。 いつも同じ足を上にして組むとか、片方の足に重心を置いたりしていませんか? そういったことの積み重ねで、片方の足や股関節に負担がかかってしまうのです。 また、スポーツが股関節通の原因の場合もありあます。 その場合は、そのスポーツを行う体勢などが原因になることもあります。 右側の股関節が痛い時はどんな事が原因になっているの? そもそも 体の右側は衝撃を吸収する働きがあり、左側はねじれを吸収する働きがあります。 陸上競技をするグランドや、野球のグラウンドは、左回りに走るようになっていますよね。 これは歩行時に発生するねじれの波を吸収するために、左回りになっています。 しかし、体の仕組みとは別に、それぞれ右側や左側が痛くなる原因があります。 先ほども説明したのですが、体の右側は衝撃を吸収する働きがあります。 ほとんどの人は、7割方、右足で重心を保っています。 これは、右足が利き足であることが多いので、右足に体の重心をかても疲れないようになっているからです。 つまり、 右足が利き足の場合は、右足で体の重心を保つのでほぼほぼ右側で衝撃を吸収してしまいます。 そんなことから、右側つまり右股関節に負担がかかってしまうのです。 さらに、体を動かす時は強い衝撃を吸収するので、スポーツが原因で右側が痛くなる事も多くなってきます。 サッカーなどのスポーツの場合は、右足でキックすることが多いので、ダイレクトに衝撃を受けることになります。 そんなことからも スポーツをやっている人はかなりの確率で、右股関節が痛くなることが多いのです。 右側の股関節が痛いときの症状名は? 右側の股関節が痛い場合の症状名は、 変形性股関節症やグロインペイン症候群というものが考えられます。 しかし、冒頭でもお伝えしたように、生活習慣によって、右側が痛くなることもあるので、この2つの症状に限りません。 普通にある股関節の病気も疑わしい可能性を否めないことを注意しておきます。 変形性股関節症 変形性股関節は、関節の表面を覆いクッションの働きをする関節軟骨が、すり減ったり傷ついたりして、関節の機能が低下して痛みを伴います。 女性や高齢者に多く見られます。 グロインペイン症候群 サッカー選手の職業病ともいわれる症候群で、一度なると治りにくいのが特徴です。 別名は、 鼠頸部痛症候群(そけいぶつうしょうこうぐん)と呼ばれ、いくつかの障害の総称であります。 1.薬物療法 あまりにも痛みが続く場合は、病院に行きましょう。 そして自分の症状にあう薬を処方してもらいましょう。 痛みや炎症を抑える飲み薬や、患部に直接作用する外用薬があります。 2.運動療法 運動療法としては、体に負担をかけない、 水中療法やストレッチがおすすめです。 股関節周りの筋力をアップして、股関節に負担をかけないことが大切です。 体に負担をかけない水中運動や軽いストレッチがおすすめです。 水中運動は体に負担がかからないからといって、自己流では足や腰を痛めてしまうこともあるので、 理学療法士やインストラクターの指導のもと行うのが望ましいです。 基本的には、水中で前後横歩きをするのがいいです。 腰に負担をかけないように、上半身を前方に屈めて大股にならないようにしましょう。 ストレッチもいろいろとやり方はあるのですが、股関節に負担がかからないようにしましょう。 以下の記事に厳選した、ストレッチの動画を集めていますので参考にしてください。 アスレティックリハビリテーションというのは、日常生活を取り戻す目的のリハビリテーションではなく、 競技復帰あるいは積極的なスポーツ活動においてのスポーツ競技の専門性を考慮したものです。 こちら専門性が高いので、 それなりの知識をもったトレーナーにお願いしましょう。 3.生活習慣の改善 生活習慣で一番大切なのは、 股関節に負担がかかるような姿勢を取らないこと。 体をどちらかに傾ける癖に気をつけましょう。 また、体が重たくて股関節に負担がかかる場合もあるので、バランスのよい食生活を心がけましょう。 まとめ この記事では、右股関節の痛みの原因や症状名と対処法をまとめています。 右側と左側の股関節の痛みの違いは、生活習慣や体をどちらかに傾ける癖などから痛みを発症する場合が多いです。 しかし、右側の股関節が痛くなる特有の症状、変形性股関節症やグロインペイン症候群もあります。 生活習慣や癖で右側が痛くなる場合は、姿勢や生活習慣を正したり、片方の足に負担をかけない方法がいいのですが、変形性股関節症やグロインペイン症候群であれば、薬物療法や運動療法が必要になります。 まずは、右側は痛くなる特有の症状なのか?生活習慣や癖なのか? を、見極めて、正しい対処法をしていきましょう。

次の

あぐらをかくと股関節が痛い!股関節痛で大切なポイント7つ

股関節 開く と 痛い

あぐらをかくと股関節が痛い。 または、そもそも股関節の痛みのためあぐらがかけない。 こういう股関節の痛みの原因は何があるのでしょうか? 股関節痛といっても実は原因はさまざまです。 原因やその他に知って欲しいポイントをまとめました。 1 あぐらをかくと股関節が痛む原因は? あぐらをかくと股関節が痛む。 もしくは、股関節が痛くてあぐらをかこうとしても途中までしかできない。 この原因は、股関節周りの筋肉にあることが多いです。 股関節周りの筋肉は、あぐらをかく時に足を外に開く動作 外旋 で使います。 この筋肉が固まっていると、あぐらをかくと痛みが出ます。 あぐらをかこうとすると股関節周りが痛いとか、足を途中までしか開くことができない。 そんな場合なら、筋肉が原因と考えられます。 2 筋肉以外に考えられる原因はないのか? 股関節が痛むため、あぐらをかくことができない。 その原因は筋肉にあることが多いですが、それ以外にも考えられる要因はあります。 主なものをいくつか挙げてみます。 2-1 変形性股関節症 股関節の骨が変形してしまうことで痛みや可動域の制限が出る症状です。 2-2 リウマチ リウマチによる股関節の痛みです。 2-3 股関節炎 スポーツなどで使いすぎにより股関節周囲が炎症を起こしたことで生じる痛みです。 2-4 大腿骨頭壊死 太ももの骨に十分な血液が行かなくなることで骨が壊死してしまう病気です。 これらが、あぐらをかくと股関節が痛む場合の原因になる症状です。 ただ、変形性股関節症に関しては、たとえ骨が変形していても筋肉が原因のことがあります。 3 変形していても筋肉が原因と言える理由 レントゲンで股関節の変形が写っていた場合、股関節痛の原因は変形にあると思いますよね。 ですが、変形=痛いとは限りません。 変形=痛いなら、変形がある場合は常に痛みがなければおかしいです。 ですが実際には、痛い時もあれば痛くない時もあるのではないでしょうか。 変形があったとしても、痛みのある時やない時がある。 または、痛みの強い時やほとんど感じない時がある。 それならば、原因は筋肉と考えることができます。 4 あぐらをかくときの痛みが続いたら あぐらをかく時の股関節痛が続くようなら早めに病院を受診しましょう。 放っておいても大丈夫だろうと思ってしまう方は多いですが、最初に挙げたような骨や関節そのものが原因の場合もあります。 これらはレントゲンやMRIの検査をしてもらわなければ分かりません。 進行してしまう前にまずは整形外科を受診しましょう。 もし子供さんが足を引きずって歩いているとか、股関節の痛みを訴えるような場合でも同じです。 小さな子供さんが股関節の症状を訴える場合、ペルテスという病気の可能性もあります。 こちらも進行してしまう前に早めに病院で治療を受けないと障害が残る可能性が高いです。 4 あぐらをかくと股関節の痛みがある時の対策は? 股関節が痛い場合に対策にはどういったものがあるのかいくつか例を挙げてみます。 4-1 病院での治療 病院で行われる治療をいくつか挙げてみます。 薬物療法• 運動療法 病院で行われる治療は主にこういったことかと思われます。 4-2 治療院などでの施術 病院以外での治療院でも股関節の痛みに対しての施術は行えます。 ただし、筋筋膜性疼痛のように筋肉が原因の場合に限ります。 5 股関節が痛む場合のセルフケア 股関節が痛む場合にセルフケアとして何か出来ないかと考える方も多いと思いますのでいくつか挙げてみます。 ただし、筋筋膜性疼痛のように筋肉が固まったことが原因の場合におけるセルフケアですので注意して下さい。 5-1 股関節周囲の筋肉を緩める 筋肉が固まったことで股関節の痛みが出ている場合は、股関節周囲の筋肉を緩めたり伸ばしてあげるのは良いです。 ただし、やり過ぎには注意して下さい。 5-2 軽い運動 股関節の痛みが強い時はダメですが、ある程度痛みが治まってきたのなら軽い運動をするのは構いません。 まずは散歩程度のウォーキングから始めるのが良いでしょう。 もしくは水中での運動も良いですね。 5-3 痛みがほぼなくなってきたら筋トレも良い 股関節の痛みがほぼなくなってきて、例えばあぐらもかける、歩いても大丈夫というようになってきたら再発予防として筋トレをするのも良いでしょう。 ただし、鍛えることがすべて良いというわけではないので、まずは適度な量から少しずつ始めましょう。 6 股関節が痛む時にやってはいけないこと 続いて股関節が痛む時にやってはいけないことをいくつか挙げます。 6-1 強引なマッサージやストレッチ 適度に行う分にはセルフケアとしてマッサージやストレッチは良いですが、強引にやり過ぎたり長時間やり過ぎたりするのは良くありません。 ちょっと物足りないと感じる程度の量から始めてみて下さい。 6-2 無理な運動や筋トレ 痛みが強い時に我慢して運動をしたり、鍛えれば良くなると考えるのは間違いです。 痛みが軽くなり再発予防として行う分には良いですが、鍛えることと良くなることは別なので注意が必要です。 6-3 勝手な自己判断 股関節の痛みの原因には、冒頭で挙げたようにさまざまなものが考えられます。 ですから、痛みがあっても放っておけばそのうち良くなるとか、ネットで検索して自分で勝手に判断してしまうのは良くありません。 まずは整形外科を受診してしっかりと検査等を受けましょう。 7 股関節の痛みとトリガーポイント鍼療法 当院では、筋筋膜性疼痛による股関節の痛みに対してトリガーポイント鍼療法という施術を行っています。 あぐらをかくと股関節が痛い• 歩くと股関節が痛いので足を引きずってしまう• 股関節を深く曲げると詰まる感じがして痛い こういった股関節の症状なら、筋肉が固まってしまったことが原因の場合が多いです。 病院で検査を受けたけれど骨や関節に異常はない。 でも股関節周りが痛むというようなら筋肉が原因。 骨が原因なら、骨への対策が必要です。 それと同じく、筋肉が原因なら筋肉への対策が必要ということを知ってもらえればと思います。 まとめ• 股関節が痛い場合の原因には骨や関節自体が悪い場合やリウマチや筋肉が原因の場合など複数の原因が考えられる• 股関節が痛いと思ったらまずは整形外科を受診するのが良い• 筋肉が原因の股関節の痛みには筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術がある.

次の

足を開くと股関節が痛い・対処法

股関節 開く と 痛い

正常な股関節と寛骨臼形成不全 股関節の痛みで多いのが、変形性股関節症。 「この1年のうちに股関節が痛むようになった」という人の方が珍しくて、「もう10年も前からずっと痛かった」とか、「若い頃、スポーツをした時によく痛くなっていた」という人がほとんどです。 特に日本では、股関節の手術をした女性の8~9割は、もともと寛骨臼形成不全がある人で、股関節が痛くなりやすいことが自分でも分かっていると思います。 股関節の痛みの原因は、ほかにも大腿骨頭壊死や関節リウマチの場合もあります。 さらに、骨粗しょう症で背骨の圧迫骨折を起こしたために骨盤の傾きが変わってしまい、そのせいで臼蓋の覆いが浅くなって股関節の変形が始まったという高齢者も多くみられます。 慢性的に腰痛があったけれど、数カ月の間に股関節が相当痛くなり手術にまで至るケースです。 高齢化社会の影響かもしれません。 変形性股関節症と診断され場合の対応策はありますか? 水中ウオーキング 変形性股関節症の場合、股関節の炎症が強くなり関節の隙間、軟骨が少なくなります。 クッションの役目をしている軟骨がなくなると、骨と骨がぶつかって痛みが増して、さらに股関節の変形が進んで骨が硬くなっていくのです。 股関節を動かさなければ痛みは感じないのですが、筋肉が落ちてしまうだけでなく、股関節が動く範囲が狭くなります。 そのため、股関節を曲げる、開くなどの可動域を保持する運動を続けて下さい。 具体的には、痛みを取るための消炎鎮痛剤を使いながら、股関節を動かし、筋力を維持する訓練として、直接軟骨へ負担がかからない水中ウオーキングや、自転車こぎなどを勧めます。 頑張ってウオーキングをする人もいますが、股関節に過度な負担がかかりすぎると、かえって軟骨が傷むスピードが進んでしまいますので、あまり無理はしないようにしてください。

次の