慈しみ 類語。 いつくしみの類語・言い換え

慈しみの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

慈しみ 類語

「慈しむ」の意味とは? 「慈しむ」の読み方• 「慈しむ」の英語 解釈• 「慈しむ」の使い方• 「慈しむ」を使った例文・短文 解釈• 「慈しむ」の類語や類義の表現 「慈しむ」の意味とは? 「慈しむ」の意味は、 「目下の者・弱者に愛情を注いで可愛がること」や 「他者・動物などを可愛がって大事にすること」になります。 「慈しむ」の 「慈」の漢字は、仏教用語の 「慈悲」にも使われていて、 「慈 マイトリー 」と 「悲 カルナー 」に分けてそれぞれの意味を考えることができます。 「慈 マイトリー 」とは他者に愛を注いで楽を与えること、 「悲 カルナー 」とは他者の苦悩に共感して苦を取り除くことを意味しています。 「慈しむ」の現代における意味は、 「可愛がること・大事にすること・大切にすること・情けをかけること・労わること」などになりますが、 「慈しむ」の語源は平安時代の 「うつくしむ」という古語にあるとされています。 「うつくしむ」が 「いつく 斎く 」と混じり合っていく過程で、語形が変化していき、中世末ごろには 「いつくしむ 慈しむ 」の言葉が生まれたと推測されています。 「慈しむ」の英語 解釈 「慈しむ」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。 「慈しむ」の使い方 「慈しむ」の使い方は、 「自分よりも目下の相手・弱い者 動物 などに愛情を注いで可愛がる場合」に使うという使い方になります。 「慈しむ」という言葉には 「対象となる人物・動植物などを可愛がる」という意味のニュアンスがあるので、基本的に 「目上の人 優位にある人 が目下の人 劣位・弱い立場にある人 に対して使うという使い方」になります。 「慈しむ」の言葉は、 「人・動植物を大事 大切 にして可愛がる」という意味があるので、 「困っている人を慈しむ心を忘れてはいけない」や 「親に慈しまれながら大切に育てられた子供が、本当の悪人になってしまうことは極めて稀です」などの文章において、 「慈しむ」の言葉を使うことができます。

次の

「慈しみ」とは?意味や使い方を解説

慈しみ 類語

公開日: 2018. 26 更新日: 2018. 26 「培う」の意味と使い方、類語「養う・育む」との違い、例文、英語表現 「培う」という言葉をご存知でしょうか。 「向上心を培う」「自信を培う」などと言います。 日常会話でも使うことが多いので、見聞きした覚えがあるという人も多いと思います。 では、「培う」とはどのような意味なのでしょうか。 何かを育てるときに使う表現であることは大体分かりますが、似た言葉の「養う」や「育む」とはどういった違いがあるのでしょうか。 色々と疑問に思うことがありますよね。 そこで今回は「培う」の意味や使い方、読み方、類語との違いについて解説していきます。 「培う」を正しく知って、上手く使えるようにしましょう! 「培う」の読み方と意味 「培う」は< つちかう>と読みます。 「培」は音読みで「バイ」、訓読みで「つちかう」と読みます。 「培」は「根元や種に土をかけて植物を育てること」を意味します。 「培」を用いた言葉には、「栽培」「培養」などがあります。 「培う」の意味は、 1. 草木の根元に土をかけて植物を育てること 2. 長い時間をかけて、性質や能力を大切に育てること です。 元々「植物が育つためには、長い時間がかかる」という意味から、「何か大切なものを育成する場合は、とても長い時間が必要となる」という意味になりました。 本来は「土養う(つちかう)」と書いていましたが、だんだんと「培う」に変化しました。 自分の経験が「土」に置き換えていて、土を「栄養」とし自身が育つ様子を表します。 自分を成長させるためには、良い経験も辛い経験も必要ということです。 「培う」の使い方と例文 「培う」は 能力・性質・学力・体力・精神力といった目に見えないスキルを大切に育てる、という場合に使います。 例えば、「子供の頃の色々な遊びは思考力を培うのに役立っている」と言います。 これは「子供の遊びは思考力を育てるためには必要である」という意味です。 このように、「培う」は「その人にとって何かプラスになるものを育てる」場合に使うことが多い語です。 また、「培う」は人以外にものに対して使うこともできます。 「静岡で培われたお茶の歴史」「歴史を通じて培われた日本の伝統文化」などと言います。 植物を大事に育てるという場合にも「培う」を用います。 「苗木を培う」「土を培う」などと言います。 ただ、この意味での「培う」はやや古い言い方ということもあって、今ではあまり使いません。 例文 「植物を育てる」という意味 ・お花がとても好きな彼女は、家の庭で花を培うことを生きがいとしている。 ・美味しい食べ物が育つようにという願いを込めて、土を培っている。 ・植物を培っているので、だいたいの花の名前は知っているつもりだ。 「大切に育てる」という意味 ・友情を培うためには、何か部活に所属した方が良いだろう。 ・毎日の読書というのは、自己を培う活動となるだろう。 ・経験を培えているだけあって、彼は物事を進めるペースが早い。 ・大事な役目を任されたことは、自己を培うのに良い経験となるだろう。 ・私のコミュニケーション能力は、オーストラリア留学で培われただろう。 ・これまで培ってきた体力と勘によって、何とか逃げ出すことができた。 ・何か趣味をやり続けることによって、培われた自信を大事にする。 ・今までの歴史を通じて、培われた日本の伝統芸能には歌舞伎や狂言などがある。 ・熱くて激しい情熱を培うために、ラテンダンスを習い始める。 「培う」と「養う」の違い 「養う」は< やしなう>と読みます。 「養う」の意味は、 1. 家族の面倒を見ること。 扶養すること 2. 修行を重ねてちょっとずつ作り上げること 3. 食物をとったりして、体力をおとろえないようにすること 4. 餌をあげたり、面倒を見てあげるなどして動物を育てること です。 「養う」にはたくさん意味があります。 1つめは「妻子を養う」、2つめは「英気を養う」、3つめは「病を養う」、4つめは「馬を養う」などと使います。 例えば、「夫に養ってもらう」だったら「夫の稼ぎによって、生活していくために必要なものが与えられ、自身が生きていけること」を意味します。 2つめの意味では、「思考力を培う」「思考力を養う」などと同じように使うことができますが、意味が異なります。 「培う」は「自身の経験を生かして育つ様子」、「養う」は「他から色々と援助を受けながら育つ様子」を表します。 「培う」は植物や能力を育てる場合に使いますが、「養う」は植物やものを育てる場合には使えません。 資質を育てるという場合は「培う」と「養う」の両方を使えますが、他の用法は異なります。 間違えないように注意しましょう。 例文 ・妻子を養うためには、しっかりと働かなくてはいけない。 ・毎朝早起きしてラジオ体操をする、という習慣を養うようにする。 ・仕事のし過ぎで疲れたので、実家に戻って老いを養う。 ・後で食べる用に、牛馬を養っている。 「培う」と「育む」の違い 「育む」は< はぐくむ>と読みます。 「育む」の意味は、 1. 親鳥が自分の羽で雛を覆い包んで守り育てること 2. 成長や発展を願って、養い育てること 3. かばい守って、大きくすること です。 「培う」は「能力や学力を手間をかけて育てること」 「育む」は「愛情を持って大事に優しく育てること」 「培う」と「育む」では意味が異なります。 「育む」の方が、思いやりがあってあたたかいイメージです。 「育む」は親鳥が雛を育てているように、大切に慈しみを持って育てているような様子を表現しています。 「ひな鳥を育む」「親に育まれる」「夢を育む」「愛を育む」などと言います。 例文 ・親鳥がひなを育んでいる光景は、見てて癒される。 ・彼女は両親に育まれたので、優しい子に育ったのだ。 ・新しい生命を育むということは、とても素晴らしいことである。 「培う」の類語 「植物を育てる」という意味の類語 培養(ばいよう) (意味:植物を育てること) 「樹木を培養することが好きだ」 栽培 (意味:食用や薬用などといった目的で、植物を育てること) 「私の家では梨を栽培しています」 養殖 (意味:魚介類や海藻を、人工的に飼育すること) 「マグロの養殖を行っています」 耕す (意味:作物を育てるため、田畑を掘り返して土を柔らかくすること) 「土が硬いので耕す作業を行う」 耕作 (意味:田畑を掘り返すことによって、作物を栽培すること) 「この地は耕作に向いていない」 生育 (意味:作物が生まれ育っていること) 「稲の生育に力を入れる」 醸成 (意味:発酵作用で、味噌や酒をつくること) 「醤油を醸成する」 「大切に育てる」という意味の類語 育成 (意味:しっかりと育て上げること) 「次のエースを育成する」 修養 (意味:立派な人格を形成すること) 「修養を積み重ねる」 鍛錬(たんれん) (意味:修行を積み重ねて、心身を鍛えること) 「鍛錬を積むことによって、体を丈夫にする」 磨く (意味: 上手くなろうと、練習に励むこと) 「優勝を目指すためには、技を磨く必要がある」 養成 (意味:育て成長させること) 「お笑い養成所に通う」 成長 (意味:育って一人前になること) 「その訓練は私を成長させてくれた」 鍛える (意味:修行を重ねて、心身を強くすること) 「精神を鍛えたおかげで、何事にも動じなくなった」 伸ばす (意味:成績や能力を高めたり、上げること) 「もっと勉強して成績を伸ばす」 涵養(かんよう) (意味:水が自然と染み込むよう、だんだんと養い育てること) 「克己心を涵養する」 トレーニング (意味:訓練や修行をすること) 「毎日のトレーニングを欠かさない」 「培う」の英語 「foster」「cultivate」など 「培う」は英語で、 ・foster ・cultivate ・accumulate ・learn などになります。 「培う」に一番近い英語は「foster」になります。 「(才能など)を育成する」という意味になります。 「cultivate」も「foster」に近いですが、「cultivate」は「(自分自身の利益のために才能など)を育む」という意味になります。 「learn」は「学んで習得する」という意味になります。

次の

「慈しみ」の意味って?使い方や類語を紹介!慈しみの心をもつには?

慈しみ 類語

会話の中ではあまり使われることはありませんが、思いやりという言葉の意味を四字熟語や二字熟語で表現することができます。 深い意味を表現できたり言葉に重みを与えることができることから、四字熟語や二字熟語は最近注目されてきています。 思いやりを四字熟語で表現すると? 温潤而沢(オンジュンジタク。 思いやりがあり優しい、思いやりが行き届いているという意味です。 推己及人(スイコキュウジン)という四字熟語もあります。 推己及人は、自分の気持ちから他人の気持ち、心を考え自分と同じように他人を思いやるという意味です。 思いやるという点で類似しているため、こちらも類語として認識されています。 思いやりを二字熟語で表現すると? 二字熟語は2つの漢字から成るため、ひとつひとつの漢字の持つ意味を感じ取ることができます。 仁愛(ジンアイ)。 人を思いやること、慈しむ、そのさまを意味します。 類語で慈愛(ジアイ)という言葉があります。 慈愛(ジアイ)は、慈しみ、深い愛情という意味です。 思いやりの類語とは?類語ってなに? 思いやりの類語と言われてもなかなか出てこない人は、そもそも類語とはどういう意味なのかがわかると色々と思い浮かんでくるでしょう。 思いやりの類語についてだけではなく、まずは類語についても知っておきましょう。 類語ってなに? 類語とは、同じような言葉や意味の似ている言葉のことを指します。 状況により、思いやりという言葉よりも類語の方がふさわしい状況の場合もあります。 類語は会話の中でも使いやすい言葉が多いため、思いやり・思いやるという言葉を使わずに、類語に置き換えて使用することで意味は同じまま表現することができます。 類義語や同義語とも呼ばれます。 思いやりの類語は? 思いやりの類語はたくさんあります。 何に対しての思いやりなのか、どのような状況なのかにより、思いやりの類語も異なります。 状況ごとに類語を見ていきましょう。 思いやりという心、気持ちを言い換えているのが類語だと理解することができます。 思いやりという言葉に関連している言葉はたくさんありますので、今回は一部をご紹介します。 関連語や連想語は思いやりという言葉ではありませんが、思いやりや思いやる心に関連していると考えたり、連想することができる言葉です。 「こまやかな気持ち」 こまやかな気持ちという言葉は、心配りが行き届いていること、思いやりのある行動を連想することができます。 配慮ができているさまとも取れます。 「まごころ」 まごころという言葉は、思いやる心を連想することができます。 真心込めてという言葉がありますが、思いやる心のこもったとも取れます。 「助け合い」 助け合いという言葉は、他人を思いやる心と関連していると考えることができます。 他人を思いやることが助け合いに繋がっていると取れます。 「思いやり」の意味と使い方について知ろう 思いやりという言葉はよく使われますが、思いやりの意味について考えたことはあるでしょうか。 思いやりの意味を理解することで、使い方も自然と正しく身につき、思いやりの大事さを再認識することができます。 思いやりの意味 思いやりは漢字で思い遣りと書きます。 漢字で見ると気遣いや心遣いなどに使われる「遣」という漢字が使われていることが分かります。 思いやりとは、誰か他人の気持ちに寄り添い考えたりするさま、気遣うこと、同情、遠方にいる誰かを思うという意味を持ちます。 他人を思いやることは決して難しいことではありませんが、思いやりの心を大事にしようと常日頃から意識をしていないと、ふとした時に後悔してしまうこともあります。 思いやりの使い方は? 思いやり、思いやるという言葉は、自分自身に対してではなく誰か他人に対して使う言葉ですので、他人に対して使いましょう。 自分を思いやるという使い方は違います。 自分に対して使うときなどは「思いやる」ではなく、「自分を大切にする」「自分の思いを大事に考える」というように使いましょう。 「思いやり」の例文は? 思いやりという言葉を使うときは、どのような時にどのように使うのかを見ていきましょう。 思いやりだけではなく、類語を使った場合の例文も見ていきましょう。 同じまたは似た意味をもつ類語に置き換えてみると、プライベートでもビジネス上でも意外とよく使われていることに気付きます。 ・落ち込んでいる私に、思いやりのある言葉を掛けてくれました。 ・発言には気をつけて、思いやりのある言葉を掛けましょう。 (類語) 「思いやりのある」という言葉を使う場合、思いやりのある「行動」や「言葉」などと組み合わせて使うことが多いです。 他人が自分に対して、または自分が他人に対しての状況に使います。 「思いやりの心」という言葉を使う場合 ・思いやりの心を持ちお客様へ接客してください。 ・思いやりの心を感じました。 ・思いやりの心を忘れずに接しましょう。 (類語) 「思いやりの心」は、目に見えるものではありません。 目に見えない気持ちや心を自分が感じたり、相手が感じとる言葉です。 大事な気持ち、大切に思う気持ちという意味で考えて使いましょう。 「思いやりがこもる」という言葉を使う場合 「思いやりがこもる」という言葉を聞いて少し疑問に思うでしょう。 思いやりがこもるとは、「思いがこもる」「思いをこめる」「気持ちがこもる」などの類語があります。 身近でよく聞く言葉だと「気持ちを込める」「真心を込める」という言葉があります。 「思いやりがこもる」という言葉を類語に言い換えて使うのも良いでしょう。 ・思いやりがこもる仕事でした。 ・思いやりがこもった良い作品です。 ・思いやりが込められた思い出に残るサプライズでした。 ・真心込めて作りました。 (類語) ・気持ちがこもっていて、とても嬉しく思いました。 (類語) 思いやりの心を大事にしよう いかがでしたか。 「思いやり」という言葉は日本人ならではの言葉として昔から使われてきた素敵な言葉です。 思いやりとは、いつも私達が大事にしている気持ちや心、相手を大切に思う気持ちなどを表現しています。 プライベートではもちろん、ビジネス上でも相手を思いやることを大事に接したり、思いやりの心を忘れずに仕事をしてみましょう。 思いやりの心は自然と伝わり相手が感じ取ります。 相手を思いやることを少し意識をしてみるだけでも良いです。 損することはひとつもありません。 貴方の思いやりの心を感じ取った相手は、貴方に対し同じく思いやりのある心を持って接してくれるでしょう。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の