ザファブル 興行収入。 ザ・ファブル あらすじ

2019夏映画の興行収入ランキングと成績まとめ!<あの映画は成功?爆死?>|深淵のサルベージ~アニメ・漫画・映画をとことん楽しむブログ~

ザファブル 興行収入

仕事をし過ぎた彼に、ボスはミッションを与える。 それは、1年間誰も殺さず、一般人に溶け込み普通に暮らすというもの。 もし、休業中に誰かを殺したら、ボスがファブルを殺すという。 ファブルは佐藤アキラと名乗り、相棒のヨウコ(木村文乃)と共に、生まれて初めて一般人として暮らし始める。 バイトをしたり、インコを飼ったり、殺しを封じて普通の生活を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う組織や、ファブルに助けを求める人たちが現れ、裏社会のトラブルに巻き込まれていく。 ついにはファブルが一般社会で出会い、世話になった女性ミサキ(山本美月)が人質にとられてしまう。 ファブルはヨウコの協力のもと、誰も殺さず人質を救出するという無謀なミッションに挑む。 そう呟こうとした日にオファーが。 ただ俺がやりたき役は海老原。 まだ間に合う。 虎視眈々と海老原を狙う。 映画「ザ・ファブル」明日公開。 目に浮かぶ。 劇場で海老原が俺、タコ社長が安田になってて客、驚愕。 ま、一番驚愕するのは俺だが。 劇場で目撃せよ。 どれどれと思い観賞。 流石、岡田准一さんだ。 肉体美とスマートなアクションが素晴らしい。 全裸のシーンが多めとは。 岡田准一さんの筋肉ファンには堪らん作品でした。 なんだか敵対するメンバーが 中途半端な印象。 語尾を伸ばす感じがね。 佐藤浩市さんはダンディズムが光っていて良かった。 過保護すぎるし、すげぇ良い奴だったし。 岡田くんのアクションと演技は良かったけど、正直退屈ではあった。 大衆映画としては良いんだけどオーバーな演技とオーバーなリアクションでの 笑いをとろうとするシーンばかりで疲れる。 アクションもこれはいいなってやつはなかった。 ちょっと期待してたんだけどギャグもアクションも今ひとつ足りない感じで残念。 岡田准一でアクションもののシリーズがあるといいんだけど、これで連作は無理な気がする。 なんだか敵対するメンバーが 中途半端な印象。 評価…98点/100点 世間知らずで常識外れの元殺し屋が普通の生活を送ってたが、 女性と出会った事で事件に巻き込まれる話。 岡田准一さんも向井理さんもかっこよかったです! 「絶対に殺してはいけない殺し屋」ってかっこいいですよね。 そしてほとんど死なないハッピーエンド? 今までになかったヤクザ映画という感じで楽しめばいいのだろう。 岡田准一、老けた時にいい役者になっていそうである。 木村文乃も伸び代まだありますね。 ボスから「誰も殺すな」と言われているが故に 敵がどんどん増えてゆくそれはまるでゾンビ映画のようwww そして普段のお仕事ではイケメン枠のあの方たちのワルい顔が見られてなんか得した気分。 きっとご本人たちも演じていて楽しかったのでは。 にしても、クセが強いキャラが多い。 評価は、うん、面白かった。 いろんな意味で。 原作読んで見よっと。 アクション映画ではあるけど、コメディでもあるね。 木更津を思い出した。 まぁ893絡みだしバイオレンスには事欠かないけど小ネタで随所でニヤっとなる。 柳楽優弥のチンピラはイイし、ボスの佐藤浩市も怖い怖い。 ただ原作は知らないので、唐突に終わった感はあるな。 アクション好きな人はかなり好きだと思う。 あと、オカジュンの目が好きな自分としては最高の演出あり。 あと15年若かったら最高。 ほぼ原作通りで、面白かったが、クライマックスはやりすぎ。 原作の持つ「一人で戦う」ギリギリのラインを、 映画化したからと頑張りすぎてT2とかキル・ビル並の大立ち回りにしたのは余計なお世話。 面白そうなところは、全て予告で見ていたし、アクションも結構流れていたし、 その隙間を映画で見ただけ?みたいな感想しか残らない。 原作好きであればある程、反感を覚えるでしょう。 特に原作者・南勝久の漫画、最大の魅力である「イカつい人達のリアルな恐怖」が全然ない。 しかし映画から入る人は適度に笑いあり、動きもあり、 バランスのいいアクションといった感じで楽しめるとは思う。 久しぶりに公開初日に映画を観ました。 めちゃくちゃおもしろくてあっという間だった。 岡田くんのアクションと柳楽優弥さんの芝居がヤバ過ぎて見入ってしまった。 他にも挙げればキリがない。 世界観的にバイオレンスも強めなのだけれど、 岡田准一によるアクションを見せることメイン、て感じの映画だった。 スタッフロール中に席を立つ人いっぱい居て、あーあ、という感じ。 宝物にします。 こんなにいい映画、ひとりでも多くの方が見てもらいたい!... ああいう歳の重ね方に憧れます。 コロナ謹慎の影響でしょうか。。 少し山をやった経験のある人ならばそんなアホな!って突っ込みが炸裂してしまう。 パロディ映画だ。 確実に言... 敵が必要以上に大きすぎ。 その1人の敵に対して、主人公のルフィ1人ではなく、海軍、... 設定等は過去のアニメ プラ...

次の

ザファブル【映画】の評価や評判は?世間の声も合わせてチェック!

ザファブル 興行収入

スポンサーリンク ザファブル【映画】の興行収入は? 映画「 ザ・ファブル」は、2019年の6月21日(金)に公開されて以来、実写版「 アラジン」や映画「 スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」といった強豪映画がひしめき合う中、6月末には 累計観客動員数70万人越えを果たし、 興行収入9億3千万円を突破するという好成績を達成しています。 原作漫画「 ザ・ファブル」がヤングマガジン連載ということもあり、 30代ぐらいがターゲット層だと思われる映画ですが、 原作ファンからも、初めて「 ザ・ファブル」に触れた方からも絶賛の声が多く、若い男女や40代以降の方からも高評価の声が上がっています。 主人公 ファブルこと 佐藤明役の 岡田准一さんの演技やアクションも好評で、周りも固める出演陣の演技も評判が良く、中でも真黒カンパニーの 小島役の 柳楽優弥さんの演技が高い評価を得ています。 2回目も見に行ったという声もあり、まだまだ興行収入は伸びると予想されます。 どこまで興行収入が伸びるか楽しみですね^^ 追記:2019年8月には、 興行収入17億円を突破しました! ザファブル【映画】の続編はある? ザファブル【映画】の続編は製作される? 映画ザ・ファブル。 天才役者が多すぎて画面の圧が凄かった 語彙力 殺し屋2人組の華やかな狂気。 安田顕の悲哀。 佐藤浩市の存在感。 柳楽優弥の無邪気かつ底冷えする怖さ。 イキイキと狡猾な卑怯者やってる向井理が好きすぎた。 岡田くんの飄々として普通が分からない感覚が可笑しくも切なくて上手い。 — くろきり rlYEICx0FHgS48L 配給会社は違うのですが、実写映画化されて続編も制作予定のあった映画「 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」は、興行収入が9億2000万円あったにも関わらず続編が制作されませんでした。 また、映画「 BLEACH」は続編が期待されるような内容だったにも関わらず、興行収入5億4100万円だったことから続編製作の話は無くなりました。 しかし、映画「 闇金ウシジマくん」は、1作目が興行収入4億円、2作目が7億円だったにも関わらずpart3まで続編が製作されています。 ちなみに、映画「 ちはやふる」は、上の句:16億3000万円、下の句:12億2000万円、結び:17億3000万円という興行収入でした。 これには、制作費が深く関わっていて、 豪華なキャストや大掛かりなCGなどを使えばそれだけ多くの費用がかかります。 映画「 闇金ウシジマくん」は、 制作費が安くて収入の方が大きく上回ったため、続編が製作されたのだと思います。 色んな要因が関わってくるので一概に言えないですが、 興行収入10億円突破が続編製作のボーダーラインなのかなと推測しています。 映画「 ザ・ファブル」は、興行収入10億円を突破し、世間からは続編の製作を熱望している声が多数あることから、 続編の話は確実にあがっていると思われます。 映画「 ザ・ファブル」の終わり方も、主人公ファブルがまた平穏な日常に戻るといったラストだったため、続編を期待できるラストでした。 また、映画「 ザ・ファブル」の原作は、ヤングマガジンにて好評連載中で 2019年7月現在で18巻まで刊行されているのですが、 映画「 ザ・ファブル」では、原作の7巻までの話までしか映画化されていないため、まだまだ映画化できる面白い話がたくさんあります。 ですが、 岡田准一さんを始め、 福士蒼汰さんや、 向井理さんなど、豪華なキャストを使用し、スタントの演出には映画「 るろうに剣心」などを手掛けた 富田稔さんが、アクションの演出には映画「 ボーン・アイデンティティー」などを手掛けた アラン・フィグラルズが参加しており、更に主題歌に レディー・ガガを起用していることから、制作費はかなりかかったのではないかなと思っています。 以上のことから、 興行収入や世間の声的には続編製作が望めますが、制作費用も考えると難しいかなと推測しています。 絶賛されている映画なので、7月後半に売り上げが伸びれば続編が製作されるのではないでしょうか^^ 追記:興行収入17億円を突破したため、続編を期待して良いと思います^^ 楽しみですね。 映画「 ザ・ファブル」は松竹が配給している映画ですが、同じく漫画の実写化で続編を製作した映画に「 東 京喰種-トーキョーグール-」があります。 映画「 東 京喰種-トーキョーグール-」は、2017年7月29日に公開され、約11億円の興行収入でした。 そして、2作目の制作発表が2018年9月22日と約1年後に行われ、2019年7月19日に映画「 東京喰種 トーキョーグール【S】」が公開予定です。 このことから推測すると、映画「 ザ・ファブル」は2019年7月26日公開なので、 続編の製作発表は、早くても2020年7月で、 公開は早くて2021年5月頃になるのではないかと思われます。 ですが、人気を維持したまま続編を作るという手法もあるため、すぐに続編製作決定となるかもしれませんよ^^ 続編の情報が出たら追記しますね。 ザファブル【映画】続編の内容は? 「ザ・ファブル」を観る。 主演俳優が原作通り全裸になったり、わりと血しぶきが多めに飛んだり、殺すべきはちゃと殺したりと、逃げる姿勢が微塵もない攻めの作りが嬉しい。 豪華キャストもそれぞれに魅力的で見せ場満載。 ヒットも頷ける快作。 原作漫画も面白いので未読の方はぜひ。 — 映画情報 オスカーノユクエ oscarnoyukue 映画「 ザ・ファブル」では、原作の7巻までが描かれました。 そのことから、続編では8巻以降が描かれ、 9巻から始まる「宇津帆(ウツボ)編」が映画化されるのではないかと推測しています。 8巻で描かれる山籠りサバイバルをオープニングで描き、9巻からの「 宇津帆(ウツボ)編」を本編で描写し、14巻からの山岡をエンディングで出して終わるというのが更に3作目「 山岡編」にも繋がって一番良い流れなのかなと思います。 メインの敵になるのは、興信所の経営者であり殺し屋の 宇津帆(ウツボ)という男で、世間知らずな若者をターゲットにしてお金を巻き上げ、最後には息の根を止めてしまうという残虐な人物です。 映画「 ザ・ファブル」でも登場したデザイン企画有限会社オクトパスの社員で 清水ミサキのストーカーでもある 貝沼エツジが、 宇津帆に追い詰められたことで、 清水ミサキへの執着を膨らませていくが…というストーリーです。 シリアスなストーリーの合間に、シュールな笑いや日常回が挟まれており、「 宇津帆(ウツボ)編」もとても面白いですよ。 ぜひ映画の続編の前に、漫画の「 ザ・ファブル」も読んでみてくださいね^^ スポンサーリンク まとめ 映画「 ザ・ファブル」は、2019年6月末には 累計観客動員数70万人越えを果たし、 興行収入9億3千万円を突破するという好成績を納めています。 追記:興行収入17億円を突破しました! 続編を待望する声も多く、原作も映画化できる内容がまだまだたくさんあるため、制作費を加味すると難しいところはあるものの2作目も製作されるのではないかと考えられます。 映画「 ザ・ファブル」の 続編の製作発表は早くても2020年7月で、 公開は早くて2021年5月頃になるのではないかと推測しています。

次の

岡田准一くんファンの感想☆映画「ザ・ファブル」

ザファブル 興行収入

仕事をし過ぎた彼に、ボスはミッションを与える。 それは、1年間誰も殺さず、一般人に溶け込み普通に暮らすというもの。 もし、休業中に誰かを殺したら、ボスがファブルを殺すという。 ファブルは佐藤アキラと名乗り、相棒のヨウコ(木村文乃)と共に、生まれて初めて一般人として暮らし始める。 バイトをしたり、インコを飼ったり、殺しを封じて普通の生活を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う組織や、ファブルに助けを求める人たちが現れ、裏社会のトラブルに巻き込まれていく。 ついにはファブルが一般社会で出会い、世話になった女性ミサキ(山本美月)が人質にとられてしまう。 ファブルはヨウコの協力のもと、誰も殺さず人質を救出するという無謀なミッションに挑む。 そう呟こうとした日にオファーが。 ただ俺がやりたき役は海老原。 まだ間に合う。 虎視眈々と海老原を狙う。 映画「ザ・ファブル」明日公開。 目に浮かぶ。 劇場で海老原が俺、タコ社長が安田になってて客、驚愕。 ま、一番驚愕するのは俺だが。 劇場で目撃せよ。 どれどれと思い観賞。 流石、岡田准一さんだ。 肉体美とスマートなアクションが素晴らしい。 全裸のシーンが多めとは。 岡田准一さんの筋肉ファンには堪らん作品でした。 なんだか敵対するメンバーが 中途半端な印象。 語尾を伸ばす感じがね。 佐藤浩市さんはダンディズムが光っていて良かった。 過保護すぎるし、すげぇ良い奴だったし。 岡田くんのアクションと演技は良かったけど、正直退屈ではあった。 大衆映画としては良いんだけどオーバーな演技とオーバーなリアクションでの 笑いをとろうとするシーンばかりで疲れる。 アクションもこれはいいなってやつはなかった。 ちょっと期待してたんだけどギャグもアクションも今ひとつ足りない感じで残念。 岡田准一でアクションもののシリーズがあるといいんだけど、これで連作は無理な気がする。 なんだか敵対するメンバーが 中途半端な印象。 評価…98点/100点 世間知らずで常識外れの元殺し屋が普通の生活を送ってたが、 女性と出会った事で事件に巻き込まれる話。 岡田准一さんも向井理さんもかっこよかったです! 「絶対に殺してはいけない殺し屋」ってかっこいいですよね。 そしてほとんど死なないハッピーエンド? 今までになかったヤクザ映画という感じで楽しめばいいのだろう。 岡田准一、老けた時にいい役者になっていそうである。 木村文乃も伸び代まだありますね。 ボスから「誰も殺すな」と言われているが故に 敵がどんどん増えてゆくそれはまるでゾンビ映画のようwww そして普段のお仕事ではイケメン枠のあの方たちのワルい顔が見られてなんか得した気分。 きっとご本人たちも演じていて楽しかったのでは。 にしても、クセが強いキャラが多い。 評価は、うん、面白かった。 いろんな意味で。 原作読んで見よっと。 アクション映画ではあるけど、コメディでもあるね。 木更津を思い出した。 まぁ893絡みだしバイオレンスには事欠かないけど小ネタで随所でニヤっとなる。 柳楽優弥のチンピラはイイし、ボスの佐藤浩市も怖い怖い。 ただ原作は知らないので、唐突に終わった感はあるな。 アクション好きな人はかなり好きだと思う。 あと、オカジュンの目が好きな自分としては最高の演出あり。 あと15年若かったら最高。 ほぼ原作通りで、面白かったが、クライマックスはやりすぎ。 原作の持つ「一人で戦う」ギリギリのラインを、 映画化したからと頑張りすぎてT2とかキル・ビル並の大立ち回りにしたのは余計なお世話。 面白そうなところは、全て予告で見ていたし、アクションも結構流れていたし、 その隙間を映画で見ただけ?みたいな感想しか残らない。 原作好きであればある程、反感を覚えるでしょう。 特に原作者・南勝久の漫画、最大の魅力である「イカつい人達のリアルな恐怖」が全然ない。 しかし映画から入る人は適度に笑いあり、動きもあり、 バランスのいいアクションといった感じで楽しめるとは思う。 久しぶりに公開初日に映画を観ました。 めちゃくちゃおもしろくてあっという間だった。 岡田くんのアクションと柳楽優弥さんの芝居がヤバ過ぎて見入ってしまった。 他にも挙げればキリがない。 世界観的にバイオレンスも強めなのだけれど、 岡田准一によるアクションを見せることメイン、て感じの映画だった。 スタッフロール中に席を立つ人いっぱい居て、あーあ、という感じ。 感情移入では絶対的にミニシアターですが、役者の表情なんかはアマプラの方がじっくり見れて... 今年というか自分の中の恋愛映画で一位です。 今までみたことない山﨑賢人くんは圧倒... 映画館とAmazonプライム... 明け方の桜並木を自転車を2人乗りして通るシーン、たくさんの思いが詰まりすぎて、涙が流れ続... 最後のシーンが映画ならではという... 沙希ちゃんに感情移入しすぎて 辛い辛いと胸を痛めてました。 永田への想いが1番よく... 宝物にします。 こんなにいい映画、ひとりでも多くの方が見てもらいたい!... 台詞量。 圧巻だった!」「理路整然とした感情のうねりに飲み込まれる!」「今の時代にこんなに刺さるとは。

次の