宅配 食材 パルシステム。 生活クラブとパルシステムの違いを比較!生協の宅配でおすすめはどっち?

【体験談】コスパが良い!?パルシステムの料理セット(キット)を注文して作ってみた

宅配 食材 パルシステム

パルシステムは、商品の安全性が高く、ラインナップも厳選されていて使いやすく、大変便利です。 そうなると、あと気になるのが値段ですよね。 「パルシステムの値段を知りたい!」 「一ヶ月間の食費が、節約で安い?割高で高い?」と思っている方は少なくないと思います。 私もその中の一人でした。 そこで、パルシステムを利用中の私が、食材・各商品・各コースの価格を一覧表にまとめてみました。 値段は時期やタイミングで変化します。 目安としてお使いください。 我が家がパルシステムで1ヶ月いくら使うかと言いますと、全く他の買い物をしない場合は、食費が家族4人(私・旦那・娘2人)で3万円以上になると思います。 一つ一つの商品が、実際にスーパー価格よりもやっぱり少し割高な印象だからです。 なので例えば、お値段高めのお肉などを諦めてスーパーで購入するようにすると、一か月2万円台に収めることも十分可能だと思います。 我が家の食費予算は「外食以外で1日1,000円」を目標にしていますので、1ヶ月計算でおよそ3万円。 ですから、我が家のように1ヶ月の食費予算が3万円くらいの世帯は、パルシステムの利用がぴったりと感じています。 でも、もちろん、金額だけを見て単純にパルシステムが「高い!」「安い!」とは言えません。 食費の予算自体が各家庭でバラバラでしょうから。 そして、このお話を聞いてくださっている方が「私のように子育てのために普段は在宅している」とは限りません。 夫婦で共働きしているのかもしれませんし、一人暮らしなのかもしれませんし、年齢や性別など、他にも色々なお住まいの環境があると思います。 ですので、今回はパルシステムについて、以下の3つをお話させてください。 パルシステムを利用すると、これくらいお金がかかる• その分、これくらい得られることがあるし、節約する方法がある• パルシステムを利用して我が家が変わったこと 1.パルシステムを利用すると、これくらいお金がかかる 入会金・年会費・月会費 無料 出資金 サービスの利用申し込み時に1000円 毎週の配送ごとに0〜200円 配達手数料 0〜216円(割引制度による) 入会金・年会費・月会費は「0円」 パルシステムを利用するための入会金や会費は必要ありません。 同じ生協でも生活クラブは商品代金と出資金の他に共済の代金や会報料金がかかってしまいますが、パルシステムは商品代金と配送料などの手数料、出資金以外のお金はかからないので抵抗なく利用できますよね。 出資金は「サービスの利用申し込み時に1000円。 毎週の配送ごとに0〜200円(初回以降自由に増減可能)」 出資金は、サービスの利用申し込みをするときに1000円、毎週の配送ごとに200円から支払って積み立てていきます。 毎週の出資金は、0円にすることも可能ですし、増やすこともできます。 商品代金と一緒に差し引かれるので、お買い物をしながら積立貯金をしていくイメージで利用できます。 配達手数料は「0〜216円(割引制度による)」 配達手数料は、0〜216円が毎週の配送ごとにかかります。 基本的には、お住まいの地域の担当営業所によって162〜216円がかかります(配達手数料には配送料やカタログ代が含まれます。 配送料と考えると安いですよね)。 その分、これくらい得られることがある 配達手数料は、特典で0円にできる 配達手数料は、特典によって0円にすることも可能です。 手数料が免除される特典が該当している場合は利用しましょう。 利用金額割引 営業所ごとに細かい規定が異なる 1回5,000〜9,000円(税込)以上の注文で20%〜50%割引 1回8,000〜15,000円(税込)以上の注文で0円 加入5年以上の方は1回8,000円(税込)以上の注文で0円 など ベビー&キッズ特典 営業所ごとに細かい規定が異なる 母子手帳交付〜小学校入学前までの子供がいる場合に受けられることが多い 期間中は0円 1回5,000円(税込)以上の注文で0円 など シルバー特典 営業所ごとに細かい規定が異なる 満70歳以上の場合に場合に受けられることが多い 50%割引〜0円 など。 ハンズ特典 営業所ごとに細かい規定が異なる 組合員 加入名義 本人または同居するご家族 配偶者・親子・姉妹・兄弟 が『身体障がい者手帳』あるいは『療育手帳 愛の手帳 』、『精神障がい者保健福祉手帳』の交付・所持がある場合と、厚生労働省や東京都が認可したマル都医療券 難病医療券 の交付・所持がある場合は手数料が0円 グループパル(グループ購入) 営業所ごとに細かい規定が異なる 3人以上分の商品を一カ所にお届けで0円 ふれんどパル 営業所ごとに細かい規定が異なる ふたり分の商品を一カ所にお届けでそれぞれ半額 利用金額によっては0円 入会特典 入会のタイミングで異なる 私の場合は4週間の手数料無料特典、友人は3000円のクーポンがもらえました。 サポートが充実していて、トラブルなどのリスクが低い ローン 労金のローンを金利を安くして利用できる 住宅ローン・無担保ローン・カードローンが利用できる 明細書 商品と一緒に送付 裏面には、その月の合計金額も記載されている。 その月の全配送終了後に確認することで「口座に引き落とし金額分が確実に入っていない!」という事態を避けることができてとても便利 領収書 配送センターか担当営業所に連絡すれば発行可能 次回配送時に受け取れる 返金・返品 商品受け取り後、8日以内ならできる ただし、以下の商品は返品できない• 食品(生鮮食品・青果・一般食品・機能性食品等)• 衛生用品(トイレットペーパー・生理用品・歯ブラシ・哺乳器具)、化粧品等• 試着等、購入者の責任により傷や汚れが生じた衣類および靴• 書籍および開封後のCD・DVD 等• 組合員の指定により加工・供給した商品• 各種チケット類• 植物、種、ペットフード ポイントサービスが使えて、お得 パルシステムでは、お買い物でたまったポイントを使って購入することもできます。 お買い物以外でもポイントを貯める方法は以下の通り。 全員プレゼント オンラインパル加入で100ポイントプレゼント(期間によって、インターネット注文でポイント付与サービスもあり) 楽天ポイント 資料請求あるいは加入で最大1500ポイントプレゼント チケット購入 パルシステムで購入できるチケットは組合員価格になっているのでお得です。 中には半額近い価格で購入できるものもあるので、テーマパークのチケットはパルシステムでチェックしてみてはいかがでしょうか 支払い方法は「クレジットカード、口座引き落とし」 支払い方法はクレジットカード払いと口座自動引き落としの2種類です。 利用可能なクレジットカードは以下のとおり。 どの種類でも手数料は無料です。 パルシステムで利用できるクレジットカード VISA JCB AMERICAN EXPRESS ダイナース 引き落とし日はクレジットカード会社によって異なります。 同じ生協でも生活クラブはクレジットカード支払いができませんから、クレジットカードも支払方法に選べるのは宅配サービスを選ぶ上で非常に大きなポイントとなります。 口座自動引き落とし日は、翌月の6日です。 引き落とし手数料はかかりません。 パルシステムの口座引き落とし日 翌月の6日 1ヶ月分の利用料金がまとめて翌月6日(土・日・祝日の場合は翌営業日)に引き落とされます。 残高不足の場合は、振込用紙が郵送されるので期日までに指定の口座に振り込みます。 残高不足で引き落とされないということが2か月続くと、自動引き落としが中止になり、注文ができなくなるので要注意です。 私が実践しているパルシステムで節約する方法 【定期便を利用する】 パルシステムは、お気に入りの定番商品を10%オフで購入することができます。 ただやすいだけでなく、定番の品だけで毎週大体同じくらいの金額になるので、食費の使いすぎを防げます。 私は大幅に入れ替える時も、予算を決めて定期ボックスを作り、週ごとに値段に大きな差が出ないようにしています。 【お得な価格の野菜セットを無駄なく使い切る】 パルシステムの野菜セットは、6品程度入って1,000円切っています。 私が驚いたのは、一つ一つのサイズです。 かなり大きめ。 一つ一つが大ボリュームなのに1,000円ですから使わない手はありません。 なす500g• ぶなしめじ180g• エコ・チャレンジ小松菜1束• ピーマン200g• 人参(洗い)2本 【値段を比較して安いものを選ぶ】 同じ種類の野菜でも、コアフード、エコ・チャレンジ、無表示の産地産直とグレードが別れています。 他にも徳用パッケージでお得な商品もあります。 なので、それぞれの値段を比較して安いものを選ぶと節約になります。 【美味しい野菜の消費量を増やす】 パルシステムは野菜が美味しいので、野菜中心の食事でも家族が十分に満足できます。 肉や魚の量を減らして、野菜を多く摂れれば、お財布にも体にも優しくて嬉しいこと尽くしです。 【価格帯の安い料理キットで時短する】 パルシステムの料理キットは価格帯の安いものは、2〜3人分598円から揃っており、かなり安いです。 なので、予算と財布の事情を踏まえて料理キットを選んで購入することで、お金に加えて時間も節約できます。 写真は厚揚げのホイコーローセットで2〜3人分598円。 10分程度で完成するのもポイント高いです。 パルシステムを利用して我が家が変わったこと ここ、重要です。 今回、私がもっとも伝えたいところだからです。 パルシステムを使って、我が家が変わったことは、 2歳と4歳の子どもたちと加工品や野菜を安心してなんの気兼ねもなく食べられるようになったことです。 例えば以前は、スーパーで買っていた添加剤たっぷりのハムやウインナーの量を気にしていました。 乳幼児や子供は、大人よりも体重に対しての食事摂取量の割合が大きいため、食品添加物・残留農薬・環境化学物質などによる毒素の影響をより大きく受けてしまうからです。 その毒素は、私たちの体内に化学物質として蓄積されていくといわれています。 そんな恐ろしい事態が、我が子に朝食・昼食・夕食と1日3回、毎日、1年中・・・と繰り返されていくのをわかっていて見過ごすことなんて、どうしてもできません。 もちろん、私たち大人だって影響を受けてしまいます。 私たちの将来の健康が気になるのです。 ですが、 パルシステムを利用し始めてから食品添加物・残留薬剤・環境化学物質などを気にする必要がなくなりました。 自信を持って子供に料理を食べさせてあげることができ、毎日の食事が豊かになって、笑顔が増えました。 パルシステムの全ての商品が放射能・添加物・農薬・残留薬剤などに配慮された食材だからできることです。 パルシステムは、スーパーでのお買い物に比べれば、確かに割高かもしれませんが、家族や自身の食生活、そして未来の健康を考慮すると納得して利用できるんじゃないかと思います。

次の

パルシステムvsオイシックス 徹底比較!

宅配 食材 パルシステム

パルシステムは、商品の安全性が高く、ラインナップも厳選されていて使いやすく、大変便利です。 そうなると、あと気になるのが値段ですよね。 「パルシステムの値段を知りたい!」 「一ヶ月間の食費が、節約で安い?割高で高い?」と思っている方は少なくないと思います。 私もその中の一人でした。 そこで、パルシステムを利用中の私が、食材・各商品・各コースの価格を一覧表にまとめてみました。 値段は時期やタイミングで変化します。 目安としてお使いください。 我が家がパルシステムで1ヶ月いくら使うかと言いますと、全く他の買い物をしない場合は、食費が家族4人(私・旦那・娘2人)で3万円以上になると思います。 一つ一つの商品が、実際にスーパー価格よりもやっぱり少し割高な印象だからです。 なので例えば、お値段高めのお肉などを諦めてスーパーで購入するようにすると、一か月2万円台に収めることも十分可能だと思います。 我が家の食費予算は「外食以外で1日1,000円」を目標にしていますので、1ヶ月計算でおよそ3万円。 ですから、我が家のように1ヶ月の食費予算が3万円くらいの世帯は、パルシステムの利用がぴったりと感じています。 でも、もちろん、金額だけを見て単純にパルシステムが「高い!」「安い!」とは言えません。 食費の予算自体が各家庭でバラバラでしょうから。 そして、このお話を聞いてくださっている方が「私のように子育てのために普段は在宅している」とは限りません。 夫婦で共働きしているのかもしれませんし、一人暮らしなのかもしれませんし、年齢や性別など、他にも色々なお住まいの環境があると思います。 ですので、今回はパルシステムについて、以下の3つをお話させてください。 パルシステムを利用すると、これくらいお金がかかる• その分、これくらい得られることがあるし、節約する方法がある• パルシステムを利用して我が家が変わったこと 1.パルシステムを利用すると、これくらいお金がかかる 入会金・年会費・月会費 無料 出資金 サービスの利用申し込み時に1000円 毎週の配送ごとに0〜200円 配達手数料 0〜216円(割引制度による) 入会金・年会費・月会費は「0円」 パルシステムを利用するための入会金や会費は必要ありません。 同じ生協でも生活クラブは商品代金と出資金の他に共済の代金や会報料金がかかってしまいますが、パルシステムは商品代金と配送料などの手数料、出資金以外のお金はかからないので抵抗なく利用できますよね。 出資金は「サービスの利用申し込み時に1000円。 毎週の配送ごとに0〜200円(初回以降自由に増減可能)」 出資金は、サービスの利用申し込みをするときに1000円、毎週の配送ごとに200円から支払って積み立てていきます。 毎週の出資金は、0円にすることも可能ですし、増やすこともできます。 商品代金と一緒に差し引かれるので、お買い物をしながら積立貯金をしていくイメージで利用できます。 配達手数料は「0〜216円(割引制度による)」 配達手数料は、0〜216円が毎週の配送ごとにかかります。 基本的には、お住まいの地域の担当営業所によって162〜216円がかかります(配達手数料には配送料やカタログ代が含まれます。 配送料と考えると安いですよね)。 その分、これくらい得られることがある 配達手数料は、特典で0円にできる 配達手数料は、特典によって0円にすることも可能です。 手数料が免除される特典が該当している場合は利用しましょう。 利用金額割引 営業所ごとに細かい規定が異なる 1回5,000〜9,000円(税込)以上の注文で20%〜50%割引 1回8,000〜15,000円(税込)以上の注文で0円 加入5年以上の方は1回8,000円(税込)以上の注文で0円 など ベビー&キッズ特典 営業所ごとに細かい規定が異なる 母子手帳交付〜小学校入学前までの子供がいる場合に受けられることが多い 期間中は0円 1回5,000円(税込)以上の注文で0円 など シルバー特典 営業所ごとに細かい規定が異なる 満70歳以上の場合に場合に受けられることが多い 50%割引〜0円 など。 ハンズ特典 営業所ごとに細かい規定が異なる 組合員 加入名義 本人または同居するご家族 配偶者・親子・姉妹・兄弟 が『身体障がい者手帳』あるいは『療育手帳 愛の手帳 』、『精神障がい者保健福祉手帳』の交付・所持がある場合と、厚生労働省や東京都が認可したマル都医療券 難病医療券 の交付・所持がある場合は手数料が0円 グループパル(グループ購入) 営業所ごとに細かい規定が異なる 3人以上分の商品を一カ所にお届けで0円 ふれんどパル 営業所ごとに細かい規定が異なる ふたり分の商品を一カ所にお届けでそれぞれ半額 利用金額によっては0円 入会特典 入会のタイミングで異なる 私の場合は4週間の手数料無料特典、友人は3000円のクーポンがもらえました。 サポートが充実していて、トラブルなどのリスクが低い ローン 労金のローンを金利を安くして利用できる 住宅ローン・無担保ローン・カードローンが利用できる 明細書 商品と一緒に送付 裏面には、その月の合計金額も記載されている。 その月の全配送終了後に確認することで「口座に引き落とし金額分が確実に入っていない!」という事態を避けることができてとても便利 領収書 配送センターか担当営業所に連絡すれば発行可能 次回配送時に受け取れる 返金・返品 商品受け取り後、8日以内ならできる ただし、以下の商品は返品できない• 食品(生鮮食品・青果・一般食品・機能性食品等)• 衛生用品(トイレットペーパー・生理用品・歯ブラシ・哺乳器具)、化粧品等• 試着等、購入者の責任により傷や汚れが生じた衣類および靴• 書籍および開封後のCD・DVD 等• 組合員の指定により加工・供給した商品• 各種チケット類• 植物、種、ペットフード ポイントサービスが使えて、お得 パルシステムでは、お買い物でたまったポイントを使って購入することもできます。 お買い物以外でもポイントを貯める方法は以下の通り。 全員プレゼント オンラインパル加入で100ポイントプレゼント(期間によって、インターネット注文でポイント付与サービスもあり) 楽天ポイント 資料請求あるいは加入で最大1500ポイントプレゼント チケット購入 パルシステムで購入できるチケットは組合員価格になっているのでお得です。 中には半額近い価格で購入できるものもあるので、テーマパークのチケットはパルシステムでチェックしてみてはいかがでしょうか 支払い方法は「クレジットカード、口座引き落とし」 支払い方法はクレジットカード払いと口座自動引き落としの2種類です。 利用可能なクレジットカードは以下のとおり。 どの種類でも手数料は無料です。 パルシステムで利用できるクレジットカード VISA JCB AMERICAN EXPRESS ダイナース 引き落とし日はクレジットカード会社によって異なります。 同じ生協でも生活クラブはクレジットカード支払いができませんから、クレジットカードも支払方法に選べるのは宅配サービスを選ぶ上で非常に大きなポイントとなります。 口座自動引き落とし日は、翌月の6日です。 引き落とし手数料はかかりません。 パルシステムの口座引き落とし日 翌月の6日 1ヶ月分の利用料金がまとめて翌月6日(土・日・祝日の場合は翌営業日)に引き落とされます。 残高不足の場合は、振込用紙が郵送されるので期日までに指定の口座に振り込みます。 残高不足で引き落とされないということが2か月続くと、自動引き落としが中止になり、注文ができなくなるので要注意です。 私が実践しているパルシステムで節約する方法 【定期便を利用する】 パルシステムは、お気に入りの定番商品を10%オフで購入することができます。 ただやすいだけでなく、定番の品だけで毎週大体同じくらいの金額になるので、食費の使いすぎを防げます。 私は大幅に入れ替える時も、予算を決めて定期ボックスを作り、週ごとに値段に大きな差が出ないようにしています。 【お得な価格の野菜セットを無駄なく使い切る】 パルシステムの野菜セットは、6品程度入って1,000円切っています。 私が驚いたのは、一つ一つのサイズです。 かなり大きめ。 一つ一つが大ボリュームなのに1,000円ですから使わない手はありません。 なす500g• ぶなしめじ180g• エコ・チャレンジ小松菜1束• ピーマン200g• 人参(洗い)2本 【値段を比較して安いものを選ぶ】 同じ種類の野菜でも、コアフード、エコ・チャレンジ、無表示の産地産直とグレードが別れています。 他にも徳用パッケージでお得な商品もあります。 なので、それぞれの値段を比較して安いものを選ぶと節約になります。 【美味しい野菜の消費量を増やす】 パルシステムは野菜が美味しいので、野菜中心の食事でも家族が十分に満足できます。 肉や魚の量を減らして、野菜を多く摂れれば、お財布にも体にも優しくて嬉しいこと尽くしです。 【価格帯の安い料理キットで時短する】 パルシステムの料理キットは価格帯の安いものは、2〜3人分598円から揃っており、かなり安いです。 なので、予算と財布の事情を踏まえて料理キットを選んで購入することで、お金に加えて時間も節約できます。 写真は厚揚げのホイコーローセットで2〜3人分598円。 10分程度で完成するのもポイント高いです。 パルシステムを利用して我が家が変わったこと ここ、重要です。 今回、私がもっとも伝えたいところだからです。 パルシステムを使って、我が家が変わったことは、 2歳と4歳の子どもたちと加工品や野菜を安心してなんの気兼ねもなく食べられるようになったことです。 例えば以前は、スーパーで買っていた添加剤たっぷりのハムやウインナーの量を気にしていました。 乳幼児や子供は、大人よりも体重に対しての食事摂取量の割合が大きいため、食品添加物・残留農薬・環境化学物質などによる毒素の影響をより大きく受けてしまうからです。 その毒素は、私たちの体内に化学物質として蓄積されていくといわれています。 そんな恐ろしい事態が、我が子に朝食・昼食・夕食と1日3回、毎日、1年中・・・と繰り返されていくのをわかっていて見過ごすことなんて、どうしてもできません。 もちろん、私たち大人だって影響を受けてしまいます。 私たちの将来の健康が気になるのです。 ですが、 パルシステムを利用し始めてから食品添加物・残留薬剤・環境化学物質などを気にする必要がなくなりました。 自信を持って子供に料理を食べさせてあげることができ、毎日の食事が豊かになって、笑顔が増えました。 パルシステムの全ての商品が放射能・添加物・農薬・残留薬剤などに配慮された食材だからできることです。 パルシステムは、スーパーでのお買い物に比べれば、確かに割高かもしれませんが、家族や自身の食生活、そして未来の健康を考慮すると納得して利用できるんじゃないかと思います。

次の

宅配食材のミールキットを頼みたい。オイシックスとパルシステムで比較した結果

宅配 食材 パルシステム

コープデリとパルシステムを比較しました! このページでは 食材宅配の『 コープデリ』と『 パルシステム』のサービスを徹底的に 比較していきます!コープデリとパルシステムは同じ生協(生活協同組合)ですが、『 違いは何か?』というのはよくある質問です。 コープデリとパルシステムは同じ生協ですが、運営する組合が異なるので、取り扱い商品や価格設定、サービスなども異なります。 (生協なので同じ商品やサービスなどもあります) 同じような食材宅配に見えますが、色々と違いがあるのでポイントを設けて比較していきます!求めているサービスや商品によってどちらの食材宅配サービスを利用すれば自分にとってメリットがあるのか?紹介したいと思います。 それぞれ求めるものによってメリット・デメリットどちらも存在します。 コープデリとパルシステム、どちらの宅配を利用しようか悩んでる方必見の内容なのでぜひ参考にしてください! 利用者数 比較 コープデリ 利用者数 480万人 パルシステム 利用者数 160万人 比較ポイント! コープデリとパルシステムの利用人数を比較しました。 今回は純粋に組合員数を比較しています。 コープデリの方が圧倒的組合員が多いことがわかります。 しかし、この会員全てが宅配を利用しているわけではありません。 店舗でお買い物をしている方、コープ共済を利用している方など全ての組合員さんの数になります。 実際に宅配を利用している方を比べてもコープデリの方が多いと思いますが、コープデリはパルシステムと比べて店舗が多いため実際はこんなに差はないように思います。 どちらの生協も関東では1位・2位を争う人気の食材宅配サービスなので他の宅配サービスに比べると利用者がケタ違いに多いのがわかります。 システム比較 宅配のシステムを比較していきます。 システムとはその生協の『宅配エリア・宅配方法・配送料・初期費用・支払い方法』になります。 同じ生協なのでシステムは同じところもありますが、細かく見ていくと違う部分も!?ぜひ参考にしてください! 宅配エリア 比較 コープデリ 東京・埼玉・千葉・栃木・茨城・群馬・長野・新潟(一部地域を除く) パルシステム 東京・埼玉・千葉・栃木・茨城・群馬・新潟・神奈川・山梨・静岡・福島(一部地域を除く) 比較ポイント! コープデリとパルシステムの宅配エリアを比較すると、どちらも関東圏内の宅配サービスですが、パルシステムの方が宅配可能エリアが広いことがわかります。 コープデリしか宅配をしていないエリアは『長野』のみです。 パルシステムしか宅配をしていないのは『神奈川・山梨・静岡・福島』になります。 神奈川・山梨・静岡の地域はコープデリの兄弟分のような生協『』があるので、コープデリはこの地域での宅配はおこなっていません。 コープデリもパルシステムも自社便での宅配になります。 (委託もしていますが、お互い専門の委託です)ヤマト宅急便などで宅配をするサービスではありません。 宅配方法 比較 コープデリ 宅配方法:基本週に1度の宅配でルート配送のため決められた曜日・時間に宅配(土日の宅配は不可) 不在時対応:玄関先に留め置きセット パルシステム 宅配方法:基本週に1度の宅配でルート配送のため決められた曜日・時間に宅配(土日の宅配は不可) 不在時対応:玄関先に留め置きセット 比較ポイント! コープデリとパルシステムの宅配方法を比較すると、まったく同じサービスなのがわかります。 これは生協の昔からある宅配方法ですね!生協の基本配達は週に1回の決められた曜日・時間に配達、不在時は玄関先に留め置きセットになります。 (最近ではコープデリもパルシステムも時間が指定できるサービスが登場しています。 これは後の『指定日お届けコープvsパルシステムの指定便』にて説明します) 決められた曜日・時間での宅配で問題なのが、です。 そのマンションに同じ宅配サービスを利用している人がいるのか?管理人さんが常駐でオートロックを開けてくれるのか?など不在時に対応ができるかどうかが鍵になります。 この問題はお住まいのマンションによって対応が異なるので、 ・ の資料請求などをしたときにお住まいのマンションの宅配状況を聞いてみることが賢明だと思います。 しかし、利用金額の割引制度に目を向けてみるとけっこう差があることがわかります。 例えば東京での利用の場合コープデリでは6,000円以上の買い物で無料に対して、パルシステムは5,000円以上で162円、12,000円以上で無料となります。 利用金額による割引はお住まいの地域で多少変わるので、自分が利用する地域をチェックしておきましょう! 初期費用 比較 コープデリ 出資金という制度があり、加入する際に500円〜1,000円(地域により異なる)を預ける パルシステム 出資金という制度があり、加入する際に1,000円〜2,000円(地域により異なる)を預ける 比較ポイント! コープデリとパルシステムは生協のため、会員にならないとサービスを利用することができません。 会員になる際に必要になる初期費用が出資金という預け金でコープデリでは500円〜1,000円、パルシステムでは1,000円〜2,000円を預ける必要があります。 コープデリとパルシステムの出資金を比べるとパルシステムの方がやや高いです。 こちらの出資金は入会金とは違い、解約する際は返金される預け金となるため損はありません。 支払い方法 比較 コープデリ 口座引き落とし パルシステム 口座引き落とし・クレジットカード 比較ポイント! コープデリとパルシステムの支払い方法を比較してみると、口座引き落としはどちらも共通の支払い方法ですが、パルシステムではクレジットカードの支払いの選択があり、コープデリにはクレジットカードの支払い方法はありません。 支払い方法の選択はパルシステムの方が優れています。 コープデリにはあとに説明する『』というサービスがあり、こちらのサービスのみの利用に関してはクレジットカードを利用できます。 カタログお届けなしのサービスがある!? コープデリとパルシステムは基本的に配達の際に『カタログ』を配ります。 そのカタログを見て届けてもらう商品を決めてマークシートの注文用紙を配達員に渡すか、インターネット、電話注文をするというのが注文までの流れです。 しかし、ネットで注文するんだから カタログはいらない(不要)という方も多くいます。 そんな声に答えたのがパルシステムの『タベソダ』というアプリで注文するタイプのサービスです。 このサービスはカタログを届けないため配送料が少し安くなり、注文がないときはカタログを配る必要がないため配達員が訪れないというものです。 このサービスはコープデリには今のところなく、パルシステムだけのサービスになります。 ではタベソダをもう少し詳しく紹介します。 アプリに慣れないと注文が大変• 新潟では利用できない といった感じです。 スマホを利用している方はタベソダの方がメリットが多く利用しやすいですが、カタログ注文に慣れているとスマホの方が商品は見にくいので最初は大変かもしれません。 タベソダの場合、注文がないときは配送料がかからないですが、通常配達は注文がなくても基本手数料はかかってしまいます。 注文がない週は配達員が来ないため、注文してないときの気まずさみたいなのがなく、気楽に宅配を楽しむことができるのでこのサービスは有りだと思います! にはなく だけにあるサービスです。 指定日お届けコープvsパルシステムの指定便 コープデリとパルシステムには商品のお届け日時を指定できるサービスがあります!このサービスはどちらの生協も『東京都のみ』のサービスになります。 コープデリは『』パルシステムは『』というサービス名です。 この2つのサービスはどのような違いがあるのか?比較してみました!(詳しく知りたい方はサービス名をクリックしてください) 2つの指定便を比較! 宅配エリア 指定日お届けコープ コープデリとパルシステムでは東京都内だけになりますが、日時を指定できるサービスがあります。 比較をしてみると同じ部分も多いですが違いもあります。 まず、宅配エリアはパルシステムの方が広いです。 コープデリは東京都でも都心部のみのサービスになり、エリアがまだまだ狭いのがデメリットになります。 日時を指定できるサービスなので基本は在宅してもらわないといけないサービスですが、万が一不在のときはコープデリは再配達で対応、パルシステムは留め置きで対応しています。 支払い方法はパルシステムは口座引落しとクレジットカードなので通常配達と一緒ですが、コープデリは指定日お届けコープだけを利用する方はクレジットカードのみの支払い方法になります。 取り扱い商品は生鮮食品をメインに生活に必要な商品などを取り揃え、コープデリでは2,000品目、パルシステムでは1,500品目を用意しています。 どちらのサービスも日時指定ができれば宅配を利用したいという東京にお住まいの方には便利なサービスだと思います! 夕食宅配(デイリーコープ) 比較 コープデリとパルシステムには夕食宅配サービスがあります。 コープデリは『デイリーコープ』というサービスになり、お弁当やミールキットを中心に毎日自宅まで宅配してくれます。 パルシステムにも夕食宅配サービスはありますが、千葉県のみのサービスになり、お弁当だけの宅配サービスになります。 今回はコープデリのデイリーコープを中心に紹介します。 デイリーコープ デイリーコープのようにミールキットやコープデリの200種類以上の商品を毎日宅配してくれるサービスはパルシステムにはありません。 のお弁当宅配は千葉県のみ対応しているのに対して はほぼ全域で対応しています。 夕食宅配の便利さはコープデリの方が優れています。 取り扱い商品 比較 コープデリとパルシステムの取り扱い商品を比較してみました。 コープデリとパルシステムではどんなものが販売されているのか?アイテム数はどれぐらいの扱いがあるかなど比較しています。 カタログは毎週変わります。 カタログは毎週変わります。 比較ポイント! コープデリとパルシステムの取り扱い商品数を比べてみるとコープデリの方が圧倒的に多くの商品を取り扱っています。 コープデリではコープデリの独自ブランドをはじめ、日本生協連合(日生協)の商品、一般メーカーの商品などをバランス良く販売しているのが特徴です。 パルシステムではパルシステムの独自ブランドをはじめ、日本生協連合(日生協)の商品、一般メーカーの商品などを販売していますが、圧倒的にパルシステムの独自ブランドの販売数が多く、一般メーカーの商品などはほぼないため商品数が少ないといったところです。 の方が品数は多いので、スーパー感覚で使えて便利ですが、 は一般メーカーの商品が少なくこだわり商品が多いので、こだわり商品だけがほしいという方はパルシステムの方が便利だと思います。 豆知識!コープデリとパルシステムの取り扱い商品で1つ大きな違いが存在します。 それは『ペットボトルの扱い』です。 実はコープデリには市販品同様、例えば『南アルプスの天然水』『緑茶 伊右衛門』『コカ・コーラ』などペットボトルの宅配もしています。 対して、パルシステムにはペットボトルの扱いは水しかありません。 基本的に飲料は紙パック・またはアルミ缶などになります。 市販の飲料などは扱っていないのが少しデメリットに感じます。 ペットボトルなどの飲料は重くて買い物が大変な商品なので、宅配してもらうとすごく助かる商品です。 商品価格 比較 コープデリとパルシステムで販売されている主な商品の価格を比較してみました。 ただし、同じ商品を取り扱っているわけではないので価格には差が出るケースもあります。 また時期により価格は変動するので目安としてご覧ください。 見て分かる通り、コープデリの方が安い商品もあればパルシステムの方が安い商品もあり、今回比べた結果はどちらもそこまで価格が変わらないということがわかりました。 以前まではパルシステムの方が若干価格は高いかなと思っていたのですが、しっかり比べてみると の価格がけっこう安くなっていて私も少しビックリしました。 それでももっと全体を比べるとメーカー商品などは安いケースもあるので の方が若干安いとは思います。 ミールキット 比較 コープデリとパルシステムのミールキット(料理キット)の比較をしていきます。 ミールキットは忙しい方や共働きのご家庭、子育てママさんなどから絶大な支持を得ている時短に便利な商品なのでどちらの生協でも取り扱いがあります。 各生協のミールキットの特徴や価格・種類などを徹底比較していきます! コープデリのミールキットは毎週35種類前後のメニューの販売をしています。 主菜のみは10分前後、副菜付きで15〜20分ぐらいで誰でも簡単に夕食を作ることができます! コープデリのミールキットは全て冷蔵で届くため賞味期限は配達日含め2日と短いです。 価格はミールキット宅配の中ではかなり安いのでいつでも利用しやすいと思います。 コープデリには先ほど紹介したミールキットだけを毎日宅配してくれる(月曜日〜金曜日)デイリーコープというサービスもあります。 最低週に3回の利用が条件ですが、配送料も無料なのでミールキットだけを宅配してほしいという方には便利なサービスだと思います。 コープデリとパルシステムのミールキットを比べると、コープデリの方がミールキットの種類が少し多いです。 パルシステムは主菜のみ2人前〜3人前のミールキットに対して、コープデリでは主菜のみ、主菜+副菜、主菜+副菜2などが選べて2人前・3人前も選ぶことができます。 価格は主菜のみで比べると の方が若干価格が高いかなという感じです。 おいしさはどちらもおいしいミールキットで商品によって味は異なるのでどちらがいいという比較はできないです。 主菜のみで良ければどちらのミールキットもおいしくて調理時間もわずか10分程度でできるものが多く料理の時短になるので便利ですが、副菜などもほしいということであれば のミールキットがおすすめです。 さらにミールキットは賞味期限が短いのでまとめて購入するのはきついので、週に1回だけでなく週のなかでもう少しミールキットを宅配してほしいという希望があればコープデリのデイリーコープを利用すれば配送料も無料で宅配してくれるのでおすすめです! 乳幼児向け商品(離乳食) 比較 コープデリとパルシステムの乳幼児向け商品(赤ちゃん向け・離乳食など)の比較をしていきます。 どちらの生協にも離乳食作りに便利な商品や、安全性の高い商品などを取り扱っているので子育てママさんや小さいお子様がいる家庭での利用がかなり多いのが特徴です。 コープデリ離乳食 コープデリとパルシステムで取り扱いのある乳幼児向け商品を比較しました。 今回比較した商品はどちらの会社もほんの一部の商品になり、まだまだたくさんの商品が販売されていますが、今回は載せきれなかったので人気のある商品を中心に比較しました。 どちらの生協もたくさんの乳幼児向け商品の販売をしており、粉ミルクやおむつの販売もしています。 毎週の取り扱いでいうと若干コープデリのほうが種類が多いと思います。 価格もそんなに変わりませんが、コープデリの方が若干安いと思います。 パルシステムの離乳食に役立つ商品は独自ブランドのものが多いので、安全性は部分はパルシステムが若干上だと感じます。 にはこのようなアプリはありません。 割引 比較 コープデリとパルシステムの割引制度を比較していきます。 どちらの生協にもお得な割引制度があり、配送料などが最大で無料になります。 割引の種類やどんな条件があるのか?比較するので参考にしてください。 コープデリ割引制度 赤ちゃん割引 東京・埼玉・千葉:母子手帳交付から1歳未満。 割引制度は地域により変わるのでどちらが優れているという比較はできませんが、例えば東京で赤ちゃんがいる場合の割引を比較すると、 は1年間配送料無料なのに対して、 は6ヶ月間配送料無料なのでコープデリの方が長く割引を利用できます。 特典 比較 コープデリとパルシステムの特典を比較していきます。 今回紹介している特典は2018年6月の情報になります。 コープデリの特典 コープデリとパルシステムの特典を比較してみました。 コープデリにはがあります。 資料請求をするとコープデリの人気商品をもらうことができるのでお得です!(商品は時期により異なります) パルシステムはWeb(インターネット)で直接加入をすると3,000円分のクーポンをプレゼントしてくれる特典があります。 Webで加入するメリットはいつでも好きな時間に加入できることや担当者が自宅にきて説明などを聞かなくていいことです。 さらに3,000円分の買い物がタダならこっちのがお得ですね! 時期により、色々特典は変わりますので最新情報は ・ の公式ページにて確認してください! まとめ 食材宅配の『 コープデリ』と『 パルシステム』をポイントごとに 徹底比較しました!同じ生協なので似ている部分もありますが、細かいシステムやサービスなどはだいぶ違うことがわかりました。 どちらの宅配にもメリット・デメリットがあり、利用を検討している方が何を求めているいるかによってどちらが便利で自分に合うのかは変わってきます。 私が思っている2社の感想は.

次の