豚 バラ チャーシュー の 作り方。 チャーシューのレシピ・作り方一覧(9件)

豚肩ロース焼豚の炭火燻製の作り方

豚 バラ チャーシュー の 作り方

チャーシュー(煮豚)が圧力鍋でもパサパサになってしまう原因は? ちなみにこのページで「チャーシュー」と呼んでいるのは煮豚です。 本格的なチャーシューはどちらかというとローストポークに近いもので、お肉をローストさせて作るので、お肉がどちらかというと締まって歯ごたえがあるものが出来上がりますので、今回はほろほろの煮豚のほうのレシピになります。 煮豚で使う肉の部位おすすめは? 煮豚で大切なのは、やはり肉のどの部位を使うかなんです。 同じレシピでも肉が違えば出来上がりがまったく違い、 肉の部位のよっては、煮ると性質上パサパサにしかならないものもあります。 以下は、とろとろになる順に並べた豚肉の部位です。 やはり、ばら肉(つまりお腹の肉です)あたりが、いちばんほろほろになりますが、脂も多いので、ラーメン屋さんなどでは「肩ロース」を使っているところが多いようですよ。 スポンサードリンク 煮豚が固くなる原因は? 肩ロースを使っていたのにパサパサだったというときはやはり作り方を見直してみましょう。 私が以前失敗したときには 調味料をいれるタイミングが間違っていました。 これはお肉全般にも言えることなのですが、最初から塩系の調味料を入れてしまうと、お肉はいくら煮てもキュッっと締まって固くなってしまいます。 これが起きる理由は「浸透圧」の関係で、お肉の水分が塩分の多い煮汁のほうに逃げてしまうからなんだそうです。 なのでしょう油や塩が入った煮汁のなかでは、お肉は煮れば煮るほどパサパサになる運命なんです。 例えばクックパッドで人気のチャーシューのレシピを見てみましょう。 10分後は圧が下がるまでそのまま放置。 圧が下がったら蓋をあけ豚肉の上下をひっくり返し冷めるまで放置。 最初に豚肉を煮るときの、煮汁には塩気がまったく入りません。 だから誰が作っても、ほろほろのお肉になるんですね。 私がご紹介したでも、最初から調味料を入れていないのでやわらかくなるんです。 スポンサードリンク 圧力鍋で豚肉を煮すぎていないか? 最後に考えられるのは調理時間です。 圧力鍋ってなんでもやわらかくホロホロにしてくれるイメージがありませんか? だからチャーシューを作ってみて意外とぱさついているのをみて、失敗かな?と思ってしまうこともあります。 実は圧力鍋は調理時間を短縮してくれる半面、逆に長時間圧力をかけすぎてしまうとパサパサしてしまうことがあるんです。 調理する時間は、圧力鍋によってもかわってきますが、お肉がさほど大きくない場合には、20分ほどで火は通りますし、長くても30分くらいで大丈夫なんですよ。 どうでしょうか。 いままで私はまったく反対のことをやっていた!という調理の工程はみつかりましたか?.

次の

チャーシューの作り方

豚 バラ チャーシュー の 作り方

豚肉にはいろいろな部位があり、使用する部位によってチャーシューの食感や味わいが変わります。 豚バラブロックを使うと、やわらかいコクのあるチャーシューができます。 豚バラブロックを使ったチャーシューのレシピを紹介します。 レシピ・作り方 豚肉の中でも脂肪が多く、コクのある豚バラ。 豚バラ肉を使ってチャーシューを作ると、やわらかくてトロトロしたチャーシューができると言われています。 脂肪分を気にしないのであれば、豚バラブロックを使っておいしいトロトロのチャーシューを作ってみませんか? 豚バラブロックを使ったチャーシューのレシピを紹介しましょう。 材料は、豚バラブロック、ネギの青い部分、にんにく、しょうが、しょうゆ、酒を用意します。 レシピは次の通りです。 しょうがはスライス、にんにくは包丁の背などでつぶします。 耐熱皿に豚バラブロック、ねぎ、にんにく、しょうが、しょうゆ、酒といった調味料を入れます。 ラップをして電子レンジで600wで5分、裏返して5分、側面も5分加熱します。 スライスしてお皿に盛りつけ、できあがりです。 電子レンジを使った、簡単にできるレシピです。 電子レンジによって加熱時間が変わるので、調節をしながら作りましょう。 豚バラブロックを冷凍しておけば、いつでもすぐにできますよ。 時間のないときにはこんなにシンプルな方法でチャーシューを作ってみてはいかがでしょう。 圧力鍋で作るチャーシューのレシピはこちらです。 材料は豚バラブロック、にんにく、長ネギ、しょうゆ、酒、砂糖、味の素、みりん、水、ニンジン、タマネギを用意します。 豚バラブロックを丸くなるように、タコ糸で縛ります。 しっかり巻くことで、チャーシューが割れないようにしましょう。 フライパンで焼き目がつくまで肉全体を焼きます。 テフロン加工のフライパンなら油をひく必要はありません。 調味料と豚肉を圧力鍋に入れて、圧がかかったら20分弱火で加圧します。 圧力が下がるまでそのままにしておきます。 粗熱がとれたら、ジップロックに入れて冷蔵庫に入れます。 冷たくなったら、タコ糸を切り好みの厚さにカットしてできあがりです。 タコ糸をしっかり縛ることで、丸いキレイなカタチのチャーシューができます。 特に豚バラはしっかりと縛ることが大切ですよ。 タコ糸の力で肉同士をくっつけるので、キレイなカタチができるのです。 後は圧力鍋を使うことで、失敗が少ないと思います。 火加減などもほとんど関係ないので、圧力鍋にまかせておけば安心です。 煮汁を作る際、鍋は小さ目の方が味がしみます。 大きめの鍋を使うときには調味料の量は調節しましょう。 豚バラブロックで作るチャーシューはやわらかくておいしいです。 味も中までしっかりとしみこんでいて、お店で食べるようなおいしさですよ。 レシピのアドバイスとミニ情報 チャーシューを作る時には豚バラブロックか肩ロースを使うことが多いですね。 バラ肉は脂肪分が多くコクがあり、おいしいです。 こってりしたチャーシューができるのが魅力ですが、もう少し脂肪がない方がいい、という場合は肩ロースを使うといいでしょう。 豚肉の部位によって、食感が違うチャーシューができるのもおもしろいですね。 豚バラブロックはチャーシューだけでなく、さまざまな料理に使われることも多いです。 特に煮物などに使われますね。 中でも角煮などを作ると、やわらかくておいしいものができますよ。 豚バラブロックで作る角煮のレシピを紹介しましょう。 材料は、豚バラブロック、大根、ネギの青い部分、しょうが、酒、水、煮汁の材料として、だしの素、酒、しょうゆ、みりん、水を用意します。 豚バラブロックは2cmくらいのサイズに切ります。 しょうがはスライス、大根は皮をむいて2cm位の厚さにカットします。 鍋に水、酒、ネギの青い部分、しょうが、大根、豚バラを入れて中火にかけます。 沸騰したら2~3分ゆでます。 ざるを使ってお湯をきり、豚バラと大根をさっと洗います。 鍋に豚バラ、大根、しょうがを戻します。 水と調味料を入れて、中火で沸騰させます。 沸騰したら弱火で10分程度煮て、冷やします。 油が浮いてきたらきれいに取り除きましょう。 しばらくおくことで味がしみこみます。 大根を入れることで肉がやわらかくなりますよ。 しょうがは臭み取りにオススメ。 豚バラブロックを特売のときなどに買い込んで、冷凍しておけばいつでも使えますね。 脂肪のコクがおいしい豚バラブロックは、オーブンでそのまま焼いてもおいしいです。 お肉の表裏に塩こしょう、ブラックペッパーを振ってオーブンに入れるだけです。 トマトやパプリカなど野菜も一緒に入れるといいですよ。 肉じゃがなどを作る際も、豚バラブロックを使うのもオススメです。 肉じゃがの野菜は揚げ焼きをすると煮崩れもしないし、味がコーティングされて旨みが素材にしみこみます。 よりおいしくなりますよ。 肉じゃがもチャーシュー同様、煮込んだ後は冷ました方が味がしみこんでおいしくなります。 他にも低温のオーブンで加熱してできるローストポークや大根と一緒に煮込んだポトフなどの煮込み料理もおいしくできるでしょう。 豚丼などにして食べてもおいしいですね。 栄養満点で美容にもいい栄養素がいっぱいの豚肉は、いろいろな料理方法で楽しむことができます。 さまざまな料理に挑戦してみましょう。

次の

プロ並みの煮豚が作れる、調味料の黄金比「1:1:2」を発見!コク旨ジューシーな「煮豚」の簡単レシピ

豚 バラ チャーシュー の 作り方

Contents• 肉を選ぶ!チャーシュー向きの部位 とりあえず困ったら豚バラ肉がオススメ!人気のラーメン店も豚バラ肉が多い。 彼氏がチャーシューを食べたい!と言い出したら8割は頭の中のイメージは豚バラ肉だ。 肉質などの意識高い系向けは豚バラ肉を嫌う傾向があるが基本的に日本の男子は脂身好きだ。 なので豚バラをイチオシする。 焼肉ではカルビが流行っているのでこれは否定できない事実。 チャーシューに使うなら長細い豚バラ肉よりも太めの豚バラ肉の方が仕上がりが奇麗だ。 中々入手できないが豚ウデ肉・肩肉と呼ばれる部位もトロトロに仕上がり美味い。 ラーメン二郎の豚と呼ばれるチャーシューにも使用される。 豚バラ肉 脂身が多いが肉質は微妙 ブロック肉の入手が容易でトロトロさせるならココ 豚もも肉 肉質がきめ細かく脂身が少なく意識高い系向け 個人的はかなり好きなチャーシューの部位だが美味しく作るのはかなり難しい 豚肩ロース肉 肉質も悪くないが癖が強く少し筋があるので煮込む必要あり。 脂身もあるので美味しい。 豚ロース肉 トンカチで使われる部分 スーパーではなかなかブロックで入手できないが美味い 豚ウデ肉・肩肉 昔ながらのラーメン店や二郎系のチャーシューに使用される。 筋があるがコラーゲン質で脂身もありトロトロ系向け。 スーパーでは入手が困難。 ハムのようにタコ糸で巻く! タコ糸がなければ何か体に影響が出ない糸のような物があればいい。 とりあえず何でも良いのでグルグル巻けばいい。 仕上がりに全然違う。 巻いていないチャーシューはチャーシューではないと言ってもいいくらいに違いがある。 巻けば豚バラ肉の下側の不安定なゴツゴツした岩のような部分も切る時に崩れない。 一部のスーパーではブロック肉をタコ糸で巻いた物が購入可能。 もも肉や肩ロースが多い。 鍋をつかわず炊飯器で煮ろ! チャーシューのパサパサしてしまう原因は豚肉を煮込む温度。 煮込みすぎても駄目だし温度が高すぎてもダメ、圧力鍋なんてまずくなって当たり前。 しかし適切な温度とか時間とかめんどくさ… 炊飯器の保温モードで良い 良いんだ。 もうこれで9割は成功する。 まず大きめの鍋にたっぷりお湯を沸かし、沸騰したら豚バラブロックをイン。 5分程度グツグツ似たら臭みが強いので一度煮汁は捨ててしまう。 再度お湯をわかして、お湯と下茹でした豚バラブロックを炊飯器へイン。 ふたを閉めて保温モード。 時間でトロトロ具合は変わるが肉感も残る6時間程度が個人的にオススメ。 あまり長すぎるとダメな気がするが低音での調理なので少々炊飯器に入れた事を忘れたくらいでは煮崩れたりしない。 なので時間はアバウトで良い。 その日の仕上がりのバラツキを楽しむ。 醤油(ダレ)につけろ! くそ…醤油ダレとかめんどくせぇ。 もう醤油のままでも良い!1、2時間茹でた豚バラブロックを漬ける。 醤油ダレも作るぜ!って人は甘くしたかったらみりんとか砂糖とかを足せばいい。 基本的にこの時点で凝っても劇的に味に変化はないと個人的に思ってる。 肉は塩味さえあれば大抵美味い。 最後に香り付け 味よりも香り!これが自作チャーシューをプロの味に近づける最大のポイントだと思われる。 漬け込んでチャーシューに塩味がついたら最後に香り付け。 個人的はここが大事。 香りと言ってもニンニクとか生姜とかのスパイス的な香りではなく「焼肉的なフレーバー」。 基本的にチャーシューは焼く叉焼・焼豚なのだが、日本的には煮るので最後に焼肉的な香りを付けて煮豚から擬似叉焼に変化しなくてはならないと考える。 じゃなきゃそれはただの煮豚の醤油漬けだ。 二郎系の豚を目指すならそれでも良いが。 ローストする オーブンなどがあれば焦げ目がつく程度に短時間でロースト。 シンプルな焼肉的な香りが魅力なチャーシューになる。 火を通しすぎるとパサついてここまでの苦労が台無しになるので短時間で仕上げたい。 フライパン系で焼く 最も簡単だが香りが弱い。 なので醤油などを足して焦がしながら焼くといいだろう。 醤油の焦げた匂いと肉の焼けた香りは日本人なら嫌いなわけがない。 炭火で炙る みんな大好きなあの焼肉の香りです。 脂が落ちて出る煙で少しスモークされるので本格的な香りになる。 ただしここまでするのは相当のチャーシューマニア。 柔らかく煮込んだチャーシューを完全に冷まし、少し集めに切って1枚ずつ炙るのも美味い。 めんどくさいが。 スモークする スモークウッドやチップで香りに変化が出せる方法。 あの家系ラーメンの本家吉村家などのスモーキーな香りを目指すならこっち。 燻製器を購入するのは大変だがアイデア次第ではダンボールや中華鍋、ステンレス製のボールの組み合わせなどでもスモークできる。 いわゆるベーコンなわけですが醤油の香りとごちゃ混ぜになるのでチャーシュー的な香りになる。 個人的には一番好き。 以上です。 世の中にラーメン好きは多いですが、ラーメンではなくチャーシューの美味さでラーメンを評価している人は実はかなり多い。 ぶっちゃけてしまうとチャーシューさえ美味ければラーメンはさほど美味くなくとも満足する人が多い。 特にチャーシュメンを注文する人にはこの手のタイプが多いと思う。 このタイプはチャーシューをしっかりと作っておけばチルドの生麺タイプのラーメンであれば満足度はかなり高くなるはず。 チャーシューを作り込んで彼氏の胃袋をゲットしてみてはどうだろうか。

次の