文春砲。 【せいや文春砲まとめ】ラインのやりとり全貌!看護師女『特定』の進捗がやばすぎる|ヒトトキ#

【文春砲】岡田晴恵がデータ捏造?上司の田代眞人と不倫パワハラの噂も

文春砲

木俣正剛(きまた・せいごう) 1955年京都市生まれ。 78年早稲田大学政治経済学部政治学科卒、同年文藝春秋入社。 2015年常務取締役、18年退社。 現在、岐阜女子大学副学長を務める Photo:Kazutoshi Sumitomo 世の中の乱れを正すため、数々の不正を告発してきた文藝春秋。 ところがその陰で、昨年は人事を巡る内紛から、社内の醜態が漏れ聞こえてきた。 取材される立場に回ると歯切れが悪くなるのはマスコミの典型例だが、文藝春秋の次期社長候補だった木俣正剛氏(当時は常務取締役)はメディアの矢面に立ち、報道機関として説明責任を果たした。 そして自身が身を引くことで、事態を収拾させる。 40年間も勤めた会社を不本意な形で去ることになったにもかかわらず、木俣氏の表情はさっぱりとしている。 「今の社内は風通しがかなり良くなり、自由闊達にモノが言える本来の姿に戻りつつあります」と、決断にまったく後悔はないようだ。 高校生のときから、文藝春秋に入り記者になるのが木俣氏の夢だった。 「地元京都では、私の中学、高校時代は左派の蜷川虎三さんが府知事を務め、また学生運動の全盛期でもあったので、自由にモノが言える雰囲気ではなかったです。 京都新聞も左派一色の記事ばかり。 京都市議だった父・木俣秋水は、へそ曲がりなところもあり、こうも世の中がすべて左寄りなのはおかしい、と府議会の野中広務さんと共に左派と激しく対立していました」(木俣氏、以下同) そこへ文藝春秋の記者が父・秋水氏を取材するために、京都の自宅まで頻繁に訪ねてくるようになる。 文藝春秋の『諸君!』には、新聞が触れない左派と異なる意見も掲載された。 高校生の木俣氏は「東京ではこんなに発言が自由なんだ」と憧れを抱いたという。 「最近、高校の同窓会に行くと『お前は偉いよな。 ずっと文藝春秋の編集長になりたいと言っていて、ちゃんと夢を実現させたんだから』と言われました。 そんなに強く文藝春秋に入りたかったか思い出せないですけど、周りからそう見えていたようです」.

次の

霜降り明星・せいや被弾“イチモツ”文春砲 文枝、ロナウジーニョに並んだ!?

文春砲

そのオンライン飲み会で使用していたアプリが 「ZOOM」だったという訳ですね! 女性はせいやさんのセクハラ行為について、週刊文春でこのように語っています。 彼の行為が進むうちに『なんなんやろう』『何をしてんの?』ってドン引きしていました。 1階のリビングには夫もいるし、隣の部屋では小さな子供が寝ている。 『見られたらどうしよう』って思っていました 引用: 「せいやはなんて奴だ!」と一見思いたくなるこちらのスクープですが、SNSではせいやさんに対する擁護の声が多数。 その理由の一つがA子さんとせいやさんの ラインのやりとりです。 その全貌がこちらです。 霜降り明星のせいやのLINEほんま草生える 騙されやすすぎて引くわ… — ももしば momoshiba2828 これを見ると女性の変わり身が凄すぎるんですよね。 不快な思いさせてたんやったらほんまに反省します。 ごめんなさい。 SNSではこのラインのやりとりについてこのようなリアクションがされています。 LINEの内容とかもう優しすぎて、、 — AKI akihamu1107 霜降り明星せいやの件、迂闊でアホな変態だなという感想。 つーか芸能人なのに危機管理能力低すぎ。 そんな危ない橋渡らないで普通にエロDVDとかでオナってなさいよ。 まあ渡部とは違い本人のキャラ的にも内容的にもまだ後々ネタにされていじってもらえる範疇なのは救いか。 — ガキラブ アイドル好きDD紳士 gakilove 霜降り明星のせいやは嵌められた臭いな。 脇が甘いのは確か。 仮に嵌めてないとしてもあの告発の仕方はあかんやろ。 プライバシーもクソもない。 最近、なんでも告発したろ、晒したろって風潮あるよな。 お金貰えるんかしらんけどさ。 吉本の法的措置は妥当。 流石にこのおかしな流れは止めるべき。 — かとまーる KATOmaaarun せいやさんが女性に対して暴言などを吐かずに低姿勢に徹していることへの 同情の声の他、有名人としての 自覚のなさや脇の甘さを指摘する声が多数を占めています。 今回の文春砲は、せいやさんに対する リベンジポルノという声もあり、吉本興業が文春に対して法的措置を取ることを発表したことで、単なるスクープでは終わらないような気もしてきました・・・! 【せいや文春砲まとめ】相手女の特定進捗がやばすぎる 今回の文春砲は、性的なスキャンダルでありつつ、被害を訴えている側の女性に非難の声が集まっています。 霜降り明星せいやのファン• 関西圏在住• 自宅は一戸建• 自宅にハンモックがある• おかき ばかうけ が好き• 上白石萌音似• 既婚・子持ちの30歳• 一昨年まで看護師 せいやさんがしきりに 「上白石萌音ちゃんに似てる」と言っていたことから、外見の雰囲気もある程度予想が出来ます。 女性の周辺の人が感づく可能性はありそうですよね・・・。 まとめ 今回は 【せいや文春砲まとめ】ラインのやりとり全貌!看護師女『 特定』の進捗がやばすぎるのタイトルでお送りしました。 今回の週刊文春の報道では、せいやさんとのラインのやりとりが赤裸々に公開され、女性側の態度に疑問や非難の声が集まっています。 文春の記事だけでも相手女性A子さんについての情報は多く、特定を求めるSNSの声は怖いくらいに多いです! 吉本興業は法的措置の検討も示しており、今後どういった展開になるのか注目ですね。 それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました!.

次の

文春砲の原点「具志堅用高の八百長疑惑」、ソウルで拉致されながら真実を掴んだ

文春砲

木俣正剛(きまた・せいごう) 1955年京都市生まれ。 78年早稲田大学政治経済学部政治学科卒、同年文藝春秋入社。 2015年常務取締役、18年退社。 現在、岐阜女子大学副学長を務める Photo:Kazutoshi Sumitomo 世の中の乱れを正すため、数々の不正を告発してきた文藝春秋。 ところがその陰で、昨年は人事を巡る内紛から、社内の醜態が漏れ聞こえてきた。 取材される立場に回ると歯切れが悪くなるのはマスコミの典型例だが、文藝春秋の次期社長候補だった木俣正剛氏(当時は常務取締役)はメディアの矢面に立ち、報道機関として説明責任を果たした。 そして自身が身を引くことで、事態を収拾させる。 40年間も勤めた会社を不本意な形で去ることになったにもかかわらず、木俣氏の表情はさっぱりとしている。 「今の社内は風通しがかなり良くなり、自由闊達にモノが言える本来の姿に戻りつつあります」と、決断にまったく後悔はないようだ。 高校生のときから、文藝春秋に入り記者になるのが木俣氏の夢だった。 「地元京都では、私の中学、高校時代は左派の蜷川虎三さんが府知事を務め、また学生運動の全盛期でもあったので、自由にモノが言える雰囲気ではなかったです。 京都新聞も左派一色の記事ばかり。 京都市議だった父・木俣秋水は、へそ曲がりなところもあり、こうも世の中がすべて左寄りなのはおかしい、と府議会の野中広務さんと共に左派と激しく対立していました」(木俣氏、以下同) そこへ文藝春秋の記者が父・秋水氏を取材するために、京都の自宅まで頻繁に訪ねてくるようになる。 文藝春秋の『諸君!』には、新聞が触れない左派と異なる意見も掲載された。 高校生の木俣氏は「東京ではこんなに発言が自由なんだ」と憧れを抱いたという。 「最近、高校の同窓会に行くと『お前は偉いよな。 ずっと文藝春秋の編集長になりたいと言っていて、ちゃんと夢を実現させたんだから』と言われました。 そんなに強く文藝春秋に入りたかったか思い出せないですけど、周りからそう見えていたようです」.

次の