ご多忙のなか。 「お忙しいところ」のビジネスメールでの正しい使い方

お忙しいところ恐縮ですがのメール例文!ご多忙中などの類語や英語も

ご多忙のなか

様々なやり取りを行うビジネスメール。 ビジネスメールのやり取りを行えば相手のビジネスレベルがわかる、とも言われており、相手への配慮をしつつわかりやすくコミュニケーションをとることは重要なポイントです。 最低限相手に失礼のないメールができるよう相手に配慮するメール文面を理解しておきましょう。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使う場面とは相手にお願いするとき ビジネスメールで「お忙しいところ」というフレーズは、「相手に仕事や質問・問い合わせの回答を頼むなど、相手の負担になることをお願いするとき」に使います。 たとえば、添付した資料の確認を求めるときには、「お忙しいところ大変恐縮ではございますが、添付させていただいた資料のご確認のほどよろしくお願いいたします。 」といいます。 ビジネスメールは相手に要求する内容が多いため「お忙しいところ」をよく使う 相手に商談の時間をとってもらいたいときには、「お忙しいところ申し訳ございませんが、打ち合わせの時間をとっていただきたく、お願い申し上げます。 」とします。 ビジネスメールの多くは、相手になんらかの要求をする内容です。 なので自然に、「お忙しいところ大変申し訳ございませんが」というフレーズを多用することになるのです。 「お忙しいところ」のバリエーションを相手や場合によって使い分ける ここでは、ビジネスメールで使う「お忙しいところ」のバリエーションを紹介します。 【ビジネスメールの「お忙しいところ」のバリエーション】 「ご多忙中、お手数をおかけしますが」 「ご多忙中のところ誠に恐縮ですが」 「ご多用中恐縮でございますが」 「ご多忙のところ大変恐縮ですが」 「ご多忙の折、お手数をおかけして恐縮ですが」 「ご多忙のところ、お手数をおかけしますが」 「ご多忙中とは存じますが」 「お忙しい中、失礼いたします」 です。 丁寧なビジネスメールは「ご多忙のところ大変恐縮ですが」を使う これらのバリエーションの中から、メールの用件に合ったものを選んで使いましょう。 丁寧なのは、「ご多忙のところ大変恐縮ですが」というように、「ご多忙」「お忙しいところ」と「恐縮」という言葉をセットにすることです。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使う締めくくりは「よろしくお願いいたします」にする ビジネスメールで「お忙しいところ」を使うときは大抵、自分の都合で質問や問い合わせ、仕事などの頼み事をするときでしょう。 なので、そのようなビジネスメールを書くときには、用件を持ちだすときに「お忙しいところ」を使い、メールの締めくくりは「よろしくお願いいたします」と書きましょう。 ビジネスメールでは相手に指図しないのがマナー また、「お忙しいところ」を書いたとき、相手に「指図をしない」ようにしましょう。 たとえば「早めのお返事、お待ちしております」というような書き方は、忙しいとわかっている相手に「早く返信しろ」と指図しているのでNGです。 反対に、「このメールへの返信は必要ありません」という書き方も、相手の行動を制限していることになるのでしてはいけません。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使うときは相手に合わせた書き方にする 以上が、ビジネスメールにおける相手に対しての「お忙しいところ」の使い方についてです。 「お忙しいところ」というフレーズは、ビジネスメールでは相手に対してよく使うので、使い方はきちんとおさえておきましょう。 バリエーションも覚えておくと、用件や相手に合わせた書き方ができます。

次の

「ご多忙の折」の意味は?ありがとう・ご自愛・恐縮との使い方、「ご多忙の中」との違い

ご多忙のなか

ご多忙の意味と読み方 ご多忙の意味は「とても忙しい」 字からわかるように「ご多忙」とは「とても忙しい」という意味です。 とても忙しいという意味の「多忙」に丁寧語の「御(ご)」をつけて「ご多忙」となります。 よくビジネスメールで見かける「ご多忙中とは存じ上げますが~」という文章の、「存じ上げる」は「知る」「思う」の謙譲語ですので「とても忙しいとは思うのだけど~」という意味になります。 読み方は「ごたぼう」 あまり読み間違えること少ないかと思いますが、「ご多忙」と書いて「ごたぼう」と読みます。 「ご多忙中」の場合は「ごたぼうちゅう」です。 「ごたぼうなか」と読み間違えないよう注意してください。 ご多忙の正しい使い方 メールを送る際の定型句として使用 「ご多忙」は相手が忙しい・忙しくないに関係なく使える便利な言葉です。 ビジネスメールを送る際「ご多忙のところ申し訳ありませんが~」と使うことで、その後に続く要望を伝えやすくします。 「ご多忙の折」読み方は「ごたぼうのおり」 「ご多忙の折(おり)」とは「とても忙しいとき」という意味です。 この場合「の折」が「~のとき」「~のところ」という意味を持つので、ご多忙と合わせて「とても忙しいとき」や「とても忙しいところ」という意味になります。 「~の折」と使うときは送り仮名の「り」は省略してください。 ご多忙に「ご自愛」をつける ご自愛とは「自分を大切にすること」という意味の「自愛」という言葉に、接頭語の「御(ご)」をつけた言葉です。 「ご多忙とは存じますが、ご自愛ください」の文章だと「忙しいとは思いますが、身体を大切にしてください」という意味になります。 ご多忙とご多用の違いと使い分け方 「ご多忙」と「ご多用」は類語 「ご多忙」とはとても忙しいという意味と説明しましたが「ご多用」にも当てはまります。 二つは類語なのですが、違う点が一つだけあります。 「ご多忙」は主に仕事が忙しいときに使用し、「ご多用」は仕事もプライベートも公私ともに忙しいときに使用します。 ビジネスシーンでは使い分け不要 両方とも仕事が忙しいという意味をもつため、ビジネスの場面で使い分ける必要はありません。 ただ、ご多忙の「忙」という字は立心偏に「亡」という漢字でできた、忌み言葉と呼ばれるもののため縁起が悪いと嫌う人もいます。 ご多忙を使う際の注意点 繰り返し使わない ビジネスメールの定型句として便利な「ご多忙」ですが、繰り返し使うことは良くありません。 「ご多忙のところ大変恐縮ですが~」と何度もメールが来るとどうですか?忙しいと分かっているなら一度に済ませてくれと思われてしまう場合もあります。 何度も連絡しなくてはならないときは、「度々申し訳ございませんが~」など言葉を選んで送るようにしましょう。 自分より目上の人に対し使う 社内外関係なく目上の人に対し使うことが出ます。 会社の上司や取引先の担当者など、ビジネスメールを送る際に便利な定型句です。 同僚や部下へは「ご多忙」は使わず、「忙しいだろうけど」などと言い換えるようにしましょう。 自分に使う際は「立て込んでいる」 「ご多忙」は目上の人に対して使う言葉ですので、自分に対しては使えません。 「自分が忙しい」という意味の言葉を目上の人に送りたい場合は、「少々立て込んでおりまして」などの言い回しをします。 結婚式などの祝い事には不適切 先ほど紹介したように「ご多忙」には忌み言葉が含まれています。 ビジネスシーンでは使っても問題ありませんが、結婚式などのお祝いの場では控えましょう。 スピーチや招待状にはご多忙ではなく「ご多用」を使うか、平仮名で「おいそがしい中」と書くなど工夫が必要です。 他にお見舞いメール・暑中見舞い・年賀状にも、「ご多忙」「ご多用」や「忙しい」という忌み言葉を含む単語は使わないようにしましょう。 ご多忙を使ったメールの例文 「ご多忙」のあとに続く言葉はたくさんあります。 例えばメールの冒頭部分「忙しいのに対応してくれてありがとう」という文章にご多忙を使うと、「ご多忙のところ、ご対応いただき感謝申し上げます。 」となります。 上記と同じ文章に「ご多忙の折」を使うと、「ご多忙の折、ご対応いただき感謝申し上げます。 」となりますが、特に文章の意味に変わりはありません。 次は同じ文章に「ご多忙中」を入れてみると「ご多忙中にもかかわらず、ご対応いただき感謝申し上げます。 」となります。 「かかわらず」という言葉を足しましたが文章の意味は同じです。 「ご多忙」の後ろにつける言葉(の折・中・のところなど)によって文章も少し変わりますが、どれも同じような意味として捉えられます。 文章の体裁を見ながら適した言葉を選びましょう。 まとめ 「ご多忙」とはビジネスメールにおける定型句です。 語尾を変えて当てはめれば色々な文章に使えます。 ただ結婚式などのお祝い事や、お見舞いの手紙などでの使用は避けましょう。 社会人として使う機会が多い言葉こそ、正しく覚えてスムーズな仕事に役立てください。

次の

【間違いやすい】ご多用・ご多忙・お忙しいところの違いと使い分け例文

ご多忙のなか

「 ご多用」とは? 「やるべきことが多くて忙しい状態」の尊敬語 「ご多用」は、尊敬語「ご」と用事がたくさんあるという意味の名詞「多用」から構成される敬語です。 上司や目上の人、取引先の「しなくてはならないことが多くて忙しい状態」を敬って使う言葉です。 「ご多用のところ恐縮ですが・・・」のあとに要件を記載して使います。 「ご多用のところ」、「ご多用の中」などのあとに、更に丁寧な前置きの言葉「恐縮」、「おそれいります」などを使って要件を伝える正しい敬語表現です。 しかも「ご多用」の次に続く要件には、頼み事や依頼ばかりではなく、お礼・感謝を申し添えたり、場合によってはお詫びなどにも使うことができます。 「ご多用のところ恐れ入りますが」は簡単にいうと「お忙しいところ恐れ入りますが」の意味で、上司や目上の方を敬ったメールやビジネス文書などで敬語表現として使います。 「ご多用」は相手の忙しい事情や心情をくみ取って、「お忙しいのに申し訳ない」という気持ちを表しつつ、何か「頼み事」をするときに良く使われる便利な敬語表現です。 また、相手の行為や言動に対し、実際に忙しいかどうかは別にして、儀礼的に「ご多用中にもかかわらず、ご支援いただき、ありがとうございます」などとお礼を述べるときにも使います。 なお、「ご多用」は文書や手紙・メールなどで用いられますが、会話で使う事は殆どありません。 「ご多用」の趣旨を声で伝えるとしたら意味の違いのない「お忙しいところ」、「お忙しい中」を使って話すのが一般的です。 「依頼・お願い」、あるいは「お礼・感謝」を目的として「ご多用」を使うとき、後に続く言葉には様々な言い方があります。 効果的な「ご多用」の使い方と、その後に続く言葉の事例を次に示します。 「ご多用」の類語は「ご多忙」で、両方の言葉の意味については大きな違いはありません。 「用」はなすべきことを意味し、「忙」は平静な心を失ってあわただしい、いそがしいことを意味します。 「(ご)多用」は私用、公用の区別がなく用事がたくさんあって忙しいことを指します。 一方、「(ご)多忙」はこの言葉を使う相手が医者であれば診療や手術で忙しい、学生であれば勉強で忙しいと考えることできます。 このことからビジネス上で「ご多忙」を使うときには基本的には「仕事」でとても忙しいと解釈できるのです。 なお、「多忙」の「忙」には、「亡くす、失う」の意味があり、慶弔にかかわる事柄に「ご多忙」を使うのを嫌う方がおられますので気を付けましょう。 「ご多用」と「ご多忙」の同じような文章の敬語表現例文を次に示します。 前述の通り大きな意味の違いはありません。 例文はビジネス文書、メールでも使うことができます。 【例文】お願い・依頼 ・ ご多用の折(ご多忙の折)、大変恐れ入りますが、ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします。 【例文】お礼・感謝 ・ ご多用中(ご多忙中)にも関わらず、講演会にご出席いただき誠にありがとうございました。 「ご多用」も「ご多忙」も使い方に違いはありませんが、「忙」を嫌う方がいらっしゃいますので、結婚式等で「お忙しい中」とは使わないように注意しましょう。 「ご多忙の折」と「ご多忙中」の意味に違いはなく、次に続く言葉で意図が「依頼」か「感謝」なのかが違うだけです。 また、「ご多用の折」と「ご多用中」も同じです。 ・比較的対等な立場での取引先への催促 【例文】ご多用中とは存じますが、先般、電話にてご連絡申し上げました〇〇代金請求書を今週末〇月〇日までにご郵送くださいますようお願いいたします。 ・お詫びを言いつつお願い・依頼 【例文】(依頼事項記載)~の件、ご多用のところ、大変申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。 ・よく使う一般的なお願い 【例文】ご多用のところ恐縮です。 折り返しお電話をいただきたくお願い申し上げます。 ・取引先等への展示会ご案内事例 【例文】メールにて失礼いたします。 ご多用のところ大変恐縮ですが、来る〇月〇日「国際〇〇会場」にて開催予定の弊社展示会にお越しいただきたくご案内申し上げます。 「ご多用」を使って、上司や目上の方に対し敬語表現をする場合には次の二点に留意しなければなりません。 ・ よく知っている上司や目上の方 ・ 上司や目上でも親密度が薄い幹部など 親密度や接触の程度が異なった上司や目上の方を、同一に扱うことはビジネス上得策ではありません。 日常的に頻繁に接触し指示を仰ぐ上司や目上の人に対し、格式の高い敬語表現を用いると円滑なコミュニケーションに齟齬(そご)をきたすときもあります。 一方、親密度が薄い幹部に対しては、それなりに礼を尽くした敬語表現が必要となります。 格式のある敬語として「ご多用」を使わなければならない場合と、指示・回答のスピードが重要視される場合との違いを把握し上手に使い分けることが大切です。 ビジネスではスピードと合理性が優先されます。 このため格調高い敬語表現よりも物事の必要性や緊急度、重要性などを上司や目上の方に 手短に素早く報告・連絡することが大切です。 最小限の礼節を守り上司や目上の方に「 報告・連絡・相談」を心がけましょう。 以下にメールでの「ご多用」、「お忙しいところ」などを使った上司・目上の方に対する例文を示します。 【例文】 ・ ご多用のところメールにて失礼します。 先週ご指示のありました技術開発関係の書類を、別添ファイルの通り取りまとめましたのでご検討ください。 ・ ご多用中のところ恐縮ですが、添付資料のとおり次年度部内予算書(案)を作成しましたので至急お目通しください。 ・ お忙しいところ恐れ入りますが、来週の出張日程のご提出を至急お願いいたします。

次の