アニメーター 大阪 専門学校。 アニメーションを目指す専門学校|大阪アミューズメントメディア専門学校

CATグループ

アニメーター 大阪 専門学校

JR水道橋駅から徒歩5分のところにある東京アニメーター学院専門学校は、1983年創立の老舗専門学校です。 以前は無認可の学校でしたが、2017年に大原学園のグループとなり、正式に専門学校となりました。 こちらのページでは、東京アニメーター学院専門学校の評判について解説していきます。 東京アニメーター学院専門学校の評判 東京アニメーター学院専門学校は非常に歴史の長い専門学校ですが、声優業界ではそれほど知名度の高い専門学校ではありません。 その理由として、東京アニメーター学院の卒業生で活躍している声優が少ないことがあげられます。 東京アニメーター学院卒業の現役声優も当然いますが、第一線で活躍しているような声優はごく少数です。 東京アニメーター学院専門学校は歴史が長いにも関わらず、声優の輩出実績が少ない点には不安が残るところです。 卒業前には東京アニメーター学院内で開催されるオーディションを受けることができますが、声優事務所への所属率はそれほど高いとは言えません。 しかしその反面、事務所所属を勝ち取ることができなかった卒業生へのサポートが手厚く、卒業後も教室や機材を無料で借りることができるなど、良心的な声優専門学校とも言えます。 卒業生が東京アニメーター学院に来ることで在校生との交流も生まれ、在校生にとっても声優業界の話が聞けるチャンスです。 とは言え、声優専門学校を選ぶ上で最も大切なことは、何よりも声優デビュー実績です。 卒業後も手厚くサポートしてもらえたとしても、結果として声優デビューできなければ意味はありません。 その点においては、近年高い実績を上げているヒューマンアカデミーやアミューズメントメディア総合学院と比べると、東京アニメーター学院の実績は劣ると言えます。 以前は大阪にも系列校の大阪アニメーター学院がありましたが、2016年3月をもって閉校しました。 大阪校が閉校した理由についてははっきりはしませんが、入学希望者が多くはなかったことは確かでしょう。 悪い口コミや評判が多いというわけでもありませんが、他の声優専門学校ともよく比較した上で検討することをおすすめします。 東京アニメーター学院専門学校の卒業生による口コミと評判 クラウドソーシングを利用して、東京アニメーター学院専門学校 声優タレント学科の卒業生からアンケートを頂きました。 東京アニメーター学院専門学校の授業内容や学生の進路、学校の感想などについて回答を頂きました。 大学を卒業したあとに、声優になる夢をあきらめきれずに東京アニメーター学院専門学校に入学しました。 授業内容はアフレコの授業など実践的なものが多く、たまに有名な声優さんを招いた講演会も開催していました。 東京アニメーター学院の雰囲気としては、学生みんなが若いわけではなく、中には30代の方も通っている学校なので、あまり年齢のことは気にせずに通える雰囲気でした。 卒業生の中には、現役で活躍されている声優さんもいます。 学校には声優以外の仕事の求人も来ていて、進路相談室がありそこにいくとカウンセラーが相談に乗ってくれます。 いくつか推薦枠も用意されていて、有名声優事務所に推薦で入社した人もいるそうです。 しかしそのような生徒はほんの一握りで、多くの生徒は私と同じく無関係の仕事に就いたり、フリーターになったりしていました。 東京アニメーター学院で過ごした時間はそれなりに楽しかったけど、声優になるには厳しい世界でした。 先生方がプロの方なので、リアルな現場の声を会話の中から知れるのもメリットだと思いました。 私は結局その道をあきらめてしまったのですが、就職支援なども手厚いので、一般就職もしやすいと感じました。 ただこれはどの専門学校も同じなのかもしれませんが、がんばって学んだからといって、その道で成功できるのはほんの一握りなので、センスがないとやはり活躍するのは難しいのだと思います。 生徒一人ひとりを大事にしてくれますが、プロを講師に迎えているせいもあってか、講師の方がしょっちゅう変更になるので、その点は戸惑うというか、もっと続きを聞きたかったのに・・・ということがあります。 そのあたり、柔軟に対応できる人なら平気かもしれませんが、私は個人的に戸惑ってしまうことがありました、 平均点としては悪くないと思います。 発声や滑舌、アクセントと言った基礎の授業が時間割に多く組み込まれています。 アフレコなどの実習に比べると地味で楽しいとは言えない授業内容ですが、声優にとって発声の基礎は非常に大切です。 東京アニメーター学院の講師をつとめるのは声優だけではなく、舞台役者が授業を行うことも多くなります。 卒業生の評判を聞く限りでは、東京アニメーター学院の講師の評判としては決して悪いとは言えないでしょう。 東京アニメーター学院の授業内容 声優基礎 発声・発音・滑舌・アクセント・腹式呼吸など、声優に必要な基礎技術を学びます。 東京アニメーター学院専門学校の1年次の時間割で、最も大切にされている授業です。 身体訓練 声優や俳優にとっては身体こそ資本です。 腹筋などにより身体を鍛えることも大切な訓練です。 演技基礎 声優は俳優であり、人物やキャラクターを演じる仕事です。 演出家の講師が表現や演技について指導します。 アフレコ実習 実際のアニメ収録と同じ機材が導入されたスタジオを使って、キャラクターに声をあてる授業です。 ボーカルレッスン これからの声優には、ステージで歌って踊れることが武器となります。 ボイストレーニングで音感やリズム感を鍛え、同時にステージ上でのパフォーマンスも身につけます。 ナレーション実習 原稿を読み解く技術や、正しい日本語で相手に分かりやすく伝えるスキルを身につけます。 オーディション対策 個人面談やボイスサンプルの作成から、模擬オーディションまで行います。 東京アニメーター学院専門学校出身の有名声優 狩野翔 「アイドルマスターSideM」神谷幸広、「賢者の孫」オルト=リッカーマン、「魔法少女特殊戦あすか」ルキ 山谷祥生 「アイドルマスターSideM」蒼井享介、「一週間フレンズ。 」親友 もものはるな 「レゴチーマ〜アニマル戦士たちの伝説〜」エリス、「スクールガールストライカーズ Animation Channel」高嶺アコ、「ナナマル サンバツ」古河珠美 河野ひより 「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」ポチ、「約束のネバーランド」フィル、「恋愛暴君」陸上部員 東京アニメーター学院専門学校への入学方法 東京アニメーター学院専門学校の声優タレント学科には、以下の3つの入学方法があります。 AO入試 エントリーシートと面接により合否を決定する入試方法です。 受験生の学習意欲や目的意識を評価対象としています。 また、AO入学の生徒は事前学習プログラムを受講できるという大きなメリットがあります。 推薦入試 指定校推薦や自己推薦など、色々な種類の推薦入試が用意されています。 選考方法は書類審査に加えて、学校側が必要と判断した場合には面接も行われます。 一般入試 推薦入試と同様に、書類選考に加えて必要に応じて面接が行われる場合があります。 一般入試とは言え、大学のような学力テストはありません。 大学や短大との併願も可能です。 東京アニメーター学院専門学校には偏差値という概念はなく、倍率も決して高くはありません。 どの入学方法であったとしても、東京アニメーター学院の入試に落ちることはほとんどないと考えて良いでしょう。 東京アニメーター学院の入試には筆記試験や実技テストのようなものはなく、基本的に面接と書類のみで合否が決定されます。 東京アニメーター学院の声優タレント学科の学費は、他の声優専門学校と比較して安い方になります。 2年間の学費が200万円以下の声優専門学校は、東京アニメーター学院以外にはほとんどありません。 なお、東京アニメーター学院専門学校は学校法人の専門学校なので、各種奨学金制度や国の教育ローンを利用することができます。 過去の実績によって学費の一部が免除される特待生制度もあるので、東京アニメーター学院専門学校を受験するなら事前に調べておくと良いでしょう。 また、東京アニメーター学院専門学校には寮長常駐の学生寮があるので、地方から上京してくる学生にも生活しやすい環境が整っています。 まとめ 東京アニメーター学院の最大の強みは、やはり授業料が安いということです。 しかしながら、数十年の歴史に対して声優のデビュー実績が少ないのが気になるところです。 専門学校の費用を考えるのも大切なことではありますが、声優専門学校に通う目的をはっきりさせた上で、慎重に進学先を決めることをおすすめします。

次の

アニメ専門学校人気ランキング ベスト10

アニメーター 大阪 専門学校

JR水道橋駅から徒歩5分のところにある東京アニメーター学院専門学校は、1983年創立の老舗専門学校です。 以前は無認可の学校でしたが、2017年に大原学園のグループとなり、正式に専門学校となりました。 こちらのページでは、東京アニメーター学院専門学校の評判について解説していきます。 東京アニメーター学院専門学校の評判 東京アニメーター学院専門学校は非常に歴史の長い専門学校ですが、声優業界ではそれほど知名度の高い専門学校ではありません。 その理由として、東京アニメーター学院の卒業生で活躍している声優が少ないことがあげられます。 東京アニメーター学院卒業の現役声優も当然いますが、第一線で活躍しているような声優はごく少数です。 東京アニメーター学院専門学校は歴史が長いにも関わらず、声優の輩出実績が少ない点には不安が残るところです。 卒業前には東京アニメーター学院内で開催されるオーディションを受けることができますが、声優事務所への所属率はそれほど高いとは言えません。 しかしその反面、事務所所属を勝ち取ることができなかった卒業生へのサポートが手厚く、卒業後も教室や機材を無料で借りることができるなど、良心的な声優専門学校とも言えます。 卒業生が東京アニメーター学院に来ることで在校生との交流も生まれ、在校生にとっても声優業界の話が聞けるチャンスです。 とは言え、声優専門学校を選ぶ上で最も大切なことは、何よりも声優デビュー実績です。 卒業後も手厚くサポートしてもらえたとしても、結果として声優デビューできなければ意味はありません。 その点においては、近年高い実績を上げているヒューマンアカデミーやアミューズメントメディア総合学院と比べると、東京アニメーター学院の実績は劣ると言えます。 以前は大阪にも系列校の大阪アニメーター学院がありましたが、2016年3月をもって閉校しました。 大阪校が閉校した理由についてははっきりはしませんが、入学希望者が多くはなかったことは確かでしょう。 悪い口コミや評判が多いというわけでもありませんが、他の声優専門学校ともよく比較した上で検討することをおすすめします。 東京アニメーター学院専門学校の卒業生による口コミと評判 クラウドソーシングを利用して、東京アニメーター学院専門学校 声優タレント学科の卒業生からアンケートを頂きました。 東京アニメーター学院専門学校の授業内容や学生の進路、学校の感想などについて回答を頂きました。 大学を卒業したあとに、声優になる夢をあきらめきれずに東京アニメーター学院専門学校に入学しました。 授業内容はアフレコの授業など実践的なものが多く、たまに有名な声優さんを招いた講演会も開催していました。 東京アニメーター学院の雰囲気としては、学生みんなが若いわけではなく、中には30代の方も通っている学校なので、あまり年齢のことは気にせずに通える雰囲気でした。 卒業生の中には、現役で活躍されている声優さんもいます。 学校には声優以外の仕事の求人も来ていて、進路相談室がありそこにいくとカウンセラーが相談に乗ってくれます。 いくつか推薦枠も用意されていて、有名声優事務所に推薦で入社した人もいるそうです。 しかしそのような生徒はほんの一握りで、多くの生徒は私と同じく無関係の仕事に就いたり、フリーターになったりしていました。 東京アニメーター学院で過ごした時間はそれなりに楽しかったけど、声優になるには厳しい世界でした。 先生方がプロの方なので、リアルな現場の声を会話の中から知れるのもメリットだと思いました。 私は結局その道をあきらめてしまったのですが、就職支援なども手厚いので、一般就職もしやすいと感じました。 ただこれはどの専門学校も同じなのかもしれませんが、がんばって学んだからといって、その道で成功できるのはほんの一握りなので、センスがないとやはり活躍するのは難しいのだと思います。 生徒一人ひとりを大事にしてくれますが、プロを講師に迎えているせいもあってか、講師の方がしょっちゅう変更になるので、その点は戸惑うというか、もっと続きを聞きたかったのに・・・ということがあります。 そのあたり、柔軟に対応できる人なら平気かもしれませんが、私は個人的に戸惑ってしまうことがありました、 平均点としては悪くないと思います。 発声や滑舌、アクセントと言った基礎の授業が時間割に多く組み込まれています。 アフレコなどの実習に比べると地味で楽しいとは言えない授業内容ですが、声優にとって発声の基礎は非常に大切です。 東京アニメーター学院の講師をつとめるのは声優だけではなく、舞台役者が授業を行うことも多くなります。 卒業生の評判を聞く限りでは、東京アニメーター学院の講師の評判としては決して悪いとは言えないでしょう。 東京アニメーター学院の授業内容 声優基礎 発声・発音・滑舌・アクセント・腹式呼吸など、声優に必要な基礎技術を学びます。 東京アニメーター学院専門学校の1年次の時間割で、最も大切にされている授業です。 身体訓練 声優や俳優にとっては身体こそ資本です。 腹筋などにより身体を鍛えることも大切な訓練です。 演技基礎 声優は俳優であり、人物やキャラクターを演じる仕事です。 演出家の講師が表現や演技について指導します。 アフレコ実習 実際のアニメ収録と同じ機材が導入されたスタジオを使って、キャラクターに声をあてる授業です。 ボーカルレッスン これからの声優には、ステージで歌って踊れることが武器となります。 ボイストレーニングで音感やリズム感を鍛え、同時にステージ上でのパフォーマンスも身につけます。 ナレーション実習 原稿を読み解く技術や、正しい日本語で相手に分かりやすく伝えるスキルを身につけます。 オーディション対策 個人面談やボイスサンプルの作成から、模擬オーディションまで行います。 東京アニメーター学院専門学校出身の有名声優 狩野翔 「アイドルマスターSideM」神谷幸広、「賢者の孫」オルト=リッカーマン、「魔法少女特殊戦あすか」ルキ 山谷祥生 「アイドルマスターSideM」蒼井享介、「一週間フレンズ。 」親友 もものはるな 「レゴチーマ〜アニマル戦士たちの伝説〜」エリス、「スクールガールストライカーズ Animation Channel」高嶺アコ、「ナナマル サンバツ」古河珠美 河野ひより 「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」ポチ、「約束のネバーランド」フィル、「恋愛暴君」陸上部員 東京アニメーター学院専門学校への入学方法 東京アニメーター学院専門学校の声優タレント学科には、以下の3つの入学方法があります。 AO入試 エントリーシートと面接により合否を決定する入試方法です。 受験生の学習意欲や目的意識を評価対象としています。 また、AO入学の生徒は事前学習プログラムを受講できるという大きなメリットがあります。 推薦入試 指定校推薦や自己推薦など、色々な種類の推薦入試が用意されています。 選考方法は書類審査に加えて、学校側が必要と判断した場合には面接も行われます。 一般入試 推薦入試と同様に、書類選考に加えて必要に応じて面接が行われる場合があります。 一般入試とは言え、大学のような学力テストはありません。 大学や短大との併願も可能です。 東京アニメーター学院専門学校には偏差値という概念はなく、倍率も決して高くはありません。 どの入学方法であったとしても、東京アニメーター学院の入試に落ちることはほとんどないと考えて良いでしょう。 東京アニメーター学院の入試には筆記試験や実技テストのようなものはなく、基本的に面接と書類のみで合否が決定されます。 東京アニメーター学院の声優タレント学科の学費は、他の声優専門学校と比較して安い方になります。 2年間の学費が200万円以下の声優専門学校は、東京アニメーター学院以外にはほとんどありません。 なお、東京アニメーター学院専門学校は学校法人の専門学校なので、各種奨学金制度や国の教育ローンを利用することができます。 過去の実績によって学費の一部が免除される特待生制度もあるので、東京アニメーター学院専門学校を受験するなら事前に調べておくと良いでしょう。 また、東京アニメーター学院専門学校には寮長常駐の学生寮があるので、地方から上京してくる学生にも生活しやすい環境が整っています。 まとめ 東京アニメーター学院の最大の強みは、やはり授業料が安いということです。 しかしながら、数十年の歴史に対して声優のデビュー実績が少ないのが気になるところです。 専門学校の費用を考えるのも大切なことではありますが、声優専門学校に通う目的をはっきりさせた上で、慎重に進学先を決めることをおすすめします。

次の

大阪アニメーションカレッジ専門学校

アニメーター 大阪 専門学校

CGアニメーターとは まずCGアニメーターという職業についてご紹介します。 CGアニメーターは、3DCG制作ができるソフトを用いてゲームやアニメ作品などに登場するキャラクターに動きに関するさまざまな要素付与していくことが主な業務です。 ゲーム制作会社やアニメーション制作会社などに就職し、働いています。 CGアニメーターはストーリーに見合う言葉を話すキャラクターに生き物らしい動きや感情などの動作をつけていきます。 多くは3DCG制作ソフトで制作が進められますが、CGアニメーターが手がけるのはあくまでも動きに関するものです。 そのため役割としては限られている反面、ゲームやアニメ作品のクオリティーを左右する動きに関することについて担当するので、とても重要なポジションであるといえます。 CGアニメーターに求められる能力とは? CGアニメーターとして仕事をする上で求められる能力は、「3DCGソフトを使用できること」と「体の動きや構造を理解している」ことです。 3DCGソフトはMAYA、3dsMaxや映像ソフトの After Effectsなどのソフトを実務での使用経験を求められます。 そのため、クオリティーの高い作品を制作できるスキルを学ぶことができる専門学校や大学を卒業していると有利となりますが、独学で学ぶことも可能といえば可能なので、まず多くのソフトに触れていくことが重要なポイントとなります。 体の動きや構造に関する知識は、日々人間の動きを観察しながら3DCGソフトで実際に制作していくことで、研究することができます。 日々の研究で、技術を磨けるだけでなく、さらにリアリティーのある動きをつけることができる技術を身につけられるので、3DCGソフトの操作になれていくのも兼ねて練習していくといいでしょう。 CGアニメーターのやりがいとは? CGアニメーターのやりがいは、やはり自分が担当したキャラクターがイメージ通りに動かすことができたときです。 制作現場で働いているCGアニメーターにとって、一発で自分の想像していたようにキャラクターを動かすことは難しく、何度も試行錯誤して動きをつけていきます。 なので、何度もやり直した末にイメージ通りのアニメーションをつけ、最終的に販売までたどり着けたときに作品を見てやりがいを抱くCGアニメーターを多く見ます。 とはいえ、ゲームやアニメのキャラクターにより魅力的な動きをつけていくために多くの苦悩を抱え、さらには何度もやり直し続けていくことから苦労が多くありますが、生き生きとした動きをつけられたときの喜びの大きさから、CGアニメーターはとてもやりがいのある仕事と言えますね。

次の