猫 の お腹 の たるみ。 どうしてお腹がタプタプしてるの?猫のルーズスキンの理由とは

猫のお腹に余ってる皮の名前と、たるんでいる理由

猫 の お腹 の たるみ

1歳半で我が家に来たときからこんな状態でした。 我が家でも肥満かどうかの論議はありましたが、単にお腹の皮がたるんでいるだけだろうということになっています。 自論ですが、体(手足)を大きく伸ばすための皮の余裕だと思っています。 暑い時など体を伸ばして寝ているとわかりません。 冬毛のときは地面に擦りそうです。 触ってみても皮の感触しかなく、中に何か溜まっている感じはしません。 膝の上で寝ている時に触っていますが、特に嫌がってはいません。 上を向いて寝ているときに、柔らかい毛に包まれたお腹がすごく気持ちよさそうで、思わず顔を埋めてしまいました。 超気持ちよかったです。 お腹を触って嫌がらなかったらやってみてください。 体調もよく、病気で病院に行ったことも無いので特に気にすることは無いと思います。 チャームポイントの一つです。 アメショは特に、お腹の皮がタルタルになりやすい種類です。 さらに去勢、避妊手術後は、アメショに限らず、ニャンはタルタルになりがちです。 写真では肥満ではないですね。 ただ、余分な皮というのは、脂肪も兼ねています。 お腹は目立つけれど、たいていそういう場合は全身がタルタルのはずです。 まずちょっと試してみてください。 ブラッシングは、首から背中、尻尾の付け根まで、一気にブラシを滑らすことができますか? ブラシが途中で止まってしまうようなら、たるみすぎです。 そういう場合は、運動不足ですよ。 日に1回、思い切り走り回ったり、駆け上ったりしていますか。 太りすぎとは違うからダイエットは不要だけれど、あんまりユルユルだと、長い一生に影響が出ます。 (人間でも、太っていなくても動かず、筋力がない人は不健康ということです) ブラシが上下スムーズに滑る場合は、腹タルは個性とでも思って気にしなくてOK。

次の

猫のたるみすぎたお腹って何!?ルーズスキンの原因と対処法を知ろう。

猫 の お腹 の たるみ

スポンサーリンク ウチの猫、なんかお腹がたるんでない・・? 横から見るとお腹のところ 垂れ下がってるんだけど・・ もしかして肥満!? なんて最初は心配になることが 多いですよね^^ でも大丈夫なんですよ。 すべての猫さんはそこたるんでますから! <ルーズスキンの役割は?> ではなぜ猫はお腹にたるみが あるのでしょうか・・? これには大きく分けて2つの役割 があるとされ、猫の生態が大きく 関係しています。 猫は肉食動物のいわゆる ハンター です。 小動物を捕食することで生きて きています。 また、猫自体ももちろん同じ肉食獣 である大型動物から襲われる可能性 がある世界で生きてきたのです。 『内臓を守るため』 そのため、 最大の急所である内臓を 外敵から守るため、お腹の皮膚が 伸びるようになっていると言われています。 噛み付かれたときに、皮膚が伸びる ことで 急所に致命傷を負わないため ということですね。 猫はお腹だけではなく、体全体の 皮膚が良く伸びますがこれも同様の 役割があります。 その中でも特に大事な内臓を守る ためにお腹にたるみを持たせている わけですね。 『皮膚の突っ張り防止』 そしてもう一つ、猫の動きは まさしくハンターのそれですよね。 素晴らしい運動能力で咄嗟の 動き、素早さで獲物を捕まえます。 その動きを支えているのが柔軟性 のあるしなやかな体です。 猫の体の柔軟性は、みなさんもう じゅうぶんご存知だと思いますが^^ その中でも特に背骨と後ろ足の バネが重要なんです。 つまり、猫の動きの多くは、お腹 から後ろ足にかけての伸縮が大事なのです。 そして猫の動作は短期集中型で 咄嗟の急襲が必要なのです。 そのため、咄嗟の動きでも皮膚が 十分に伸びる状態でないと、あの ハンターの動きはできないわけです。 そのために元からお腹の部分には たるみ たわみ が必要なのですね。 このような理由から猫のお腹から 後ろ足にかけてルーズスキンと 言われ、たるんでいるのです。 そしてこの特性はライオンやトラ など 同じネコ科の動物はすべて 持っているのです。 ネコはやはり小さなライオンと いうことですね^^ <ルーズスキンが顕著な猫種> そしてこのルーズスキンは個体差 もあり、たるみが多い猫、また 少ない猫もいます。 また、猫種によってルーズスキン たるみ が多いとされる種類も あるのです。 主に、 アメリカンショートヘアー や ベンガル、 エジプシャンマウ などがそれに当たります。 しかし、ウチのアメショーは そんなにルーズスキンは目立たない のでやはり個体差が大きいのでは ないかと思われますね。 スポンサー リンク <肥満とルーズスキンの区別> ウチの猫お腹がたるんで床に 付きそうだけどルーズスキン だから大丈夫よね・・ イヤちょっと待ってください! 肥満とルーズスキンは違いますからね~ ルーズスキンはあくまでも皮膚 のたるみのことです。 細い筋肉質の締まったボディを 持つ猫でもお腹にある皮膚のたるみ のことです。 これは肥満猫の脂肪の垂れ下がり とは違います。 また、皮膚だけではなく、お腹全体 が垂れ下がっているのとも別です。 引っ張れば伸びる部分のことですから。 ま~触ってみればわかりますけどね^^ たるんだ部分を掴んでみれば 皮膚のたるみか? はたまた皮膚の中に脂肪がぶにゅっと 溜まっているかの違いは分かりますし。 っというよりその前に全体的な 体型見ればだいたい判断付くと 思いますが^^。 特に肥満猫の場合は、もともとの たるみにさらに脂肪も付くので 歩いているのを横から見るとさらに 垂れ下がって見えるというのもありまし。 ルーズスキンどころか体全体が たるんでる・・というか膨張して ますから^^; 痩せさせないと^^; ちなみにルーズスキンは 健康上 なんの問題もないですから心配は いりません。 肥満は色々と問題ありますけどね!.

次の

ルーズスキンとは?猫のお腹のたるみは皮なの?

猫 の お腹 の たるみ

お腹のたるみがある時の病気の見分け方 猫のお腹のたるみが病気かどうか見分けるには、やはり 直接猫のお腹を触ってみるとわかりやすいですね。 おなかに何か張りやしこり、その他の違和感がある場合は病気が原因の可能性が高いと言えます。 また、猫ちゃんがお腹をさわると痛がる場合も、病気が隠れていそうです。 やっかいなのが、 お腹をさわってもわかりにくい場合があります。 この場合は猫ちゃんの様子が 普段と違う、例えばおしっこやうんちが出にくい、元気がない、動かないなどの症状を見逃さない事が大切です。 まれに 病気が悪化するまで症状が現れにくい場合もあります。 猫も普段と様子は変わらず、重症化するまでまったく気づかない場合も。 次の項目で説明している、病気が原因ではないお腹のたるみに該当しないのであれば、定期健診も兼ねて獣医さんに相談しましょう。 病気が原因ではないお腹のたるみ 病気がではないのに猫のお腹にたるみがある理由は• ルーズスキン• 肥満 以上の3つがあります。 詳しく見て行きましょう。 妊娠 これはそのまんまですね。 妊娠が原因で猫のお腹にたるみが出ている場合は、すでにつわりも終わっている頃なのですぐ分かりますね。 また、避妊手術後には切開したお腹をつなぎ合わせた部分にたるみが出る場合があります。 ルーズスキン ルーズスキンとは、ネコ科特有のお腹のたるみの事です。 実はこの ルーズスキンはすべての猫はもちろん、肉欲獣のライオン・チーター・トラ、ネコ科の動物すべてにあるものです。 猫の種類によって、目立つ猫、目立たない猫がいます。 ルーズスキンの役割は二つあると考えられています。 一つは、走ったりジャンプしたりする時のために、皮ふに余裕を持たせるためにルーズスキンがあると考えられています。 この理由を聞くと「なるほど」って思いますよね^^ 二つ目は、争いや外敵から身を守るための鎧(よろい)のような役割があるとされています。 よく腹を見せると言いますが、お腹は動物にとっては弱点なんですよね。 肥満 肥満が原因の場合は一安心かと思われがちですが、肥満はそのままにしておくと様々な病気の引き金になってしまう事も。 猫をダイエットさせるには、人間と同じように、食事と運動です。 猫にエサをねだられると、ついつい多めにあげたくなりますよね。 そこをぐっとこらえて、猫ちゃんのためにも適量のエサを与えるように心がけましょう。 そして時間が許す限り、猫ちゃんの遊び相手になるのも大切です。 それはお腹のたるみの部分をつまんでみるとわかりやすいですよ。 つまんで完全に皮だとルーズスキンで、人間と同じようにぜい肉感があるなら肥満です。 そして肥満だとお腹のたるみだけでなく、全体的にふっくらします。 スポンサードリンク 病気が原因のお腹のたるみ お腹のたるみの原因が病気の場合、早急に獣医の診察が必要になってきます。 病気が原因の場合、• 寄生虫• ウィルス感染• ストレス になります。 詳しく見て行きましょう。 寄生虫 寄生虫と言えば代表的なのが回虫でしょうか。 回虫は土の中にいたり、回虫に感染したネズミや鳥から感染します。 まれに母猫の母乳から観戦する場合もあります。 正直、回虫ってかなりうざいです 笑 まあ、彼らも生きるために進化してきたから、敵ながらあっぱれとでも言っておきましょうか。 回虫は猫のおしりの穴からにょきにょきと出てくる事もよくあり、猫用の飲み薬で駆除する事が出来ます。 ウィルス感染 ウィルス感染は猫どうしのケンカや交尾で感染します。 ウィルス感染はにはいろんな病気を誘発し、一番怖い原因と言えるかもしれません。 ウィルス感染で心臓や肝臓が侵される場合もあります。 そしてこのウィルス感染は 人間に移る事もあり、猫ちゃんにひっかかれたり、噛まれた場合は要注意です。 ストレス ストレスは軽視しがちですが、猫はストレスにとても弱い動物です。 しっぽを引っ張るようないたづらなどは厳禁です。 小さいお子さんがいるお家は注意しましょう。 ストレスの影響で便秘になり、うんちやおしっこがまったく出なくなる事もあります。 また、尿路結石も猫がかかりやすい病気です。 尿路結石は水をあまり飲まない猫に多いですが、ストレスも影響している場合がほとんどです。

次の