家紋 丸 に 抱き 茗荷。 家紋の一覧

堀尾吉晴の家紋「抱き茗荷」を解説|秀吉から深く信頼された戦国武将

家紋 丸 に 抱き 茗荷

価格 1,520円 価格 1,730円 価格 1,730円 価格 1,730円 価格 670円 価格 670円 価格 670円 価格 670円 お支払いについて 配送について ・お支払いはクレジットカード・銀行振込(前払い)・代引き(一部の商品を除く)がご利用いただけます。 カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。 ・配送は佐川急便又はヤマト運輸でお届けいたします。 家紋ステッカーの場合 通常、ご注文確認(前払いの場合はご入金確認)の翌営業日に発送いたします。 名入れ商品(産廃車マグネットステッカーなど) 通常、ご注文確認(前払いの場合はご入金確認)の5営業日以内に発送いたします。 営業時間帯について プライバシーについて ネットでのご注文は24時間受け付けております。 お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。 メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。 お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。

次の

丸に抱き茗荷 金色額入り家紋【丸に抱き茗荷】 額入りの家紋 高級感と重厚感があります 【丸に抱き茗荷】 :kamonplate25

家紋 丸 に 抱き 茗荷

大人気家紋ワッペン!! 「丸に抱き茗荷」紋 しっかりとした厚みがあり刺繍もとても綺麗です。 必ずご希望のお色をご選択頂きご注文お願い致します。 お急ぎの方はお早めのご注文をお願い致します。 カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供する事は一切ございません。 商品到着後7日以内に下記問い合わせ先までご連絡下さい。 ・尚、お客様のご都合による返品・交換は、 送料・手数料ともにお客様ご負担でお願い致します。 ・配送途中の破損などの事故がございましたら、弊社までご連絡下さい。 送料・手数料ともに弊社負担で新品をご送付致します。 ・オーダー品の返品はお受けしておりません。 指定できる時間帯は[午前中][14:00-16:00][16:00-18:00][18:00-20:00][19:00-21:00]です。 お客さまからのお問い合わせ時など、当店からメールにて返信させてい ただく場合、メールエラーで戻ってきてしまう(送信できない)場合がございます。 理由としましては、携帯メールアドレスのドメイン指定などの受信設定をされている場合が多く、またメールアドレスの入力間違いなども考えられます。 ご注文(お問い合わせ)後、当店よりメールが届かない場合は、お手数ですが まで、 ご利用可能なメールアドレスよりご連絡くださいませ。

次の

【楽天市場】家紋ステッカー 260 丸に抱き茗荷 13cmサイズ:ファンタジー工芸 楽天市場店

家紋 丸 に 抱き 茗荷

茗荷紋と類似する杏葉紋(抱き花杏葉) ショウガ科のであるミョウガの花を図案化したもので、馬具の一種である杏葉を図案化した杏葉紋(ぎょうようもん)の形とよく似ており、また杏葉紋から変化したとも言われている。 茗荷紋の内「花茗荷」は、ミョウガとは別の植物でショウガ科ハナミョウガ属のハナミョウガを図案化したものである。 日本の一つであり、70種類以上あるが、使用されている紋のほとんどは「抱き茗荷」やそれに丸をつけた「丸に抱き茗荷」である。 戦国時代以後、天台宗のの神紋として用いられた。 家紋として用いた文献上(『見聞諸家紋』)の初見は二宮氏である。 また、茗荷の音が「冥加」に通じることから、神仏の加護が得られる縁起の良い紋として、神社や寺などで用いられることが多い。 図案 [ ] 入れ違い茗荷 葉脈と先端に花房があるのが 茗荷紋である。 ただし、杏葉紋にも「立花杏葉」や「藪変り杏葉」など、まれに葉脈があるものもある。 茗荷紋は、単体のもののほか、「抱き茗荷」や「違い茗荷」など2つで構成するもの「三つ茗荷」や「頭合わせ六つ茗荷」など複数を組み合わせたもの、蝶(茗荷揚羽蝶)や(茗荷桐)などに見立てたものがある。 ミョウガとは別の植物であるを図案化した「一つ花茗荷」や「花茗荷の丸」なども茗荷紋に含む。 70種類以上あるが、代表的なものには次のものがある。 一つ蔓茗荷の丸・一つ茗荷の丸• 一つ茗荷丸• 一つ茗荷巴• 陰抱き茗荷• 抱き茗荷菱• 大割り抱き茗荷• 八つ割り抱き茗荷• 丸に抱き茗荷• 外雪輪に抱き茗荷• 隅切り角に抱き茗荷• 隅入り角に抱き茗荷• 石持ち地抜き抱き茗荷• 丸に陰陽抱き茗荷• 入れ違い茗荷菱• 違い茗荷• 丸に違い茗荷• 三つ茗荷• 三つ茗荷崩し• 変わり三つ茗荷崩し• 三つ寄せ茗荷• 三つ追い茗荷• 三つ茗荷巴• 三つ組み茗荷• 三つ盛り茗荷• 一つ花茗荷• 一関茗荷• 田村茗荷• 稲垣茗荷• 八角の中に抱き茗荷 茗荷紋を取り入れた他種の家紋• 井桁に抱き茗荷(井桁紋)• 亀甲に抱き茗荷(亀甲紋)• 下がり藤に抱き茗荷()• 菱に抱き茗荷(菱紋)• 五瓜に抱き茗荷(または瓜紋)• 四方木瓜に抱き茗荷(木瓜紋) 摩多羅神との関係 [ ] 摩多羅神(またらじん)のシンボルが茗荷だという説がある。 摩多羅神はのが唐から持ち帰った神でやその末寺で祀られ神社や寺で祀っている所も多い。 (の、の、、など。 )日光東照宮に摩多羅神が祀られたことから祭礼の御輿にはすべて 茗荷紋が付いている。 日光東照宮で用いられる前は限られた家が使っているだけだったが、これ以降茗荷紋が広まった。 摩多羅神はの総鎮守の(おおさけじんじゃ)(今は太秦の)の祭りの神である。 秦氏の所縁が深いせいか、藤原氏系統にこの紋が多い。 脚注 [ ] [].

次の