セクマイ カップル と は。 セクマイとは?LGBTQ+「性」の概念をわかりやすく図解。

セクマイとは?LGBTQ+「性」の概念をわかりやすく図解。

セクマイ カップル と は

最近ニュースで取り上げられることも増えてきたので、LGBTという言葉は聞いた事がある方が多いのではないかと思いますが、「 セクマイ」という言葉に耳覚えはありますか? (関連記事:「 」) 今回は「セクマイ」にフォーカスした内容でお届けします! セクマイとLGBTの意味 セクマイとは 「セクシュアルマイノリティ」の略称です。 セクマイの意味は「性的少数者」(ゲイ、レズビアン、バイセクシュアル、トランスジェンダーなど)で、LGBTとほぼ同義です。 単語が長いため、会話において「セクマイ」とよく略します。 日本では、LGBTという言葉がセクマイ(セクシュアルマイノリティ)の総称として使われることもあるため、LGBTとセクマイの意味の違いがはっきりわからないことも多いと思います。 LGBTは、本来L(レズビアン)、G(ゲイ)、B(バイセクシュアル)、T(トランスジェンダー)の頭文字をとった言葉です。 つまり、 厳密にはLGBTはLGBTの4つのセクシュアリティしか表しません。 そうなると「」や「」などのL・G・B・Tに当てはまらないセクシュアリティが含まれないことになってしまいます。 つまり、イメージとしては以下のような感じです。 性的少数者全体を指す「セクマイ」があって、その中にLGBTという言葉が存在するようなイメージです。 セクマイという言葉の方が、LGBTより広義で使われるということですね。 ちょっとディープなセクマイ用語集 セクマイの間でよく使われるセクマイ用語はたくさんあります。 いわゆる業界用語です。 あなたはどれくらい知っていますか? (関連記事「 」) レインボーライフでは、セクシュアルマイノリティ関連用語集という記事でもいくつかセクマイ用語を紹介していますが、ここではもう少し踏み込んで、ちょっとディープなセクマイ用語をご紹介しようと思います。 (リバーシブル=reversible)から来ている。 骨太で肉付きの良い体格をした男性のこと。 最近では前髪系ということも。 AはAfterからきている。 BはBeforeからきている。 上記のセクマイ用語の中で、意味を知っている言葉はどれくらいありましたか?さらに細かく見ていくと、まだまだたくさんのセクマイ用語が存在します。 セクマイブログ セクマイの中には自分のセクシュアリティをオープンにして、日々ブログを書いている方もいます。 まだまだセクマイの認知度が世間的に低くて、セクマイの人たちの生活が見えないから知りたい、という人も多いのでしょうね。 自分のセクシュアリティについて悩んでいて、生きていく道がなかなか見つからないという人にとって、何気ない日常を楽しく生きているセクマイの人もいるということがわかるのは、勇気になるのではないかと思います。 レインボーライフでも、様々なセクシュアリティの当事者の方がそれぞれの考えをコラムとして執筆していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。 セクマイ掲示板 セクマイの間でしばしば利用されるのが「掲示板」。 インターネット上には様々なジャンルの掲示板がありますが、セクマイの掲示板もあります。 セクマイ関連の掲示板で話されることは、オフ会情報、お悩み相談、出会いについてなど様々です。 そして、実はレインボーライフにも掲示板があったりします。 レインボーライフの掲示板も日常的なちょっとしたことを書き込んだり、他のユーザーの方々に質問をしたり、気軽に使えるものなので、ぜひ使ってみて下さい。 セクマイ診断 インターネットを見ていると、たまに「セクマイ診断」のようなページに出くわすことがあります。 簡単なチェック項目から、自分がセクマイかどうかを診断するわけですね。 自分のセクシュアリティがわからなくて迷っているといった方がこの「診断」を参考程度に使う分にはあまり問題ではないかと思います。 しかし、本来セクシュアリティは他者から判断されるものではなく、自分で自認するものです。 なので、これらの「セクマイ診断」に振り回される必要はありません。 自分が認識しているセクシュアリティがあなたのセクシュアリティです。 まとめ 今回はセクマイの意味や、セクマイとはということについて書いてみました。 セクマイやLGBTという言葉、きっとこれからもっと耳にする機会が増えると思います。 もっともっと、たくさんの人にセクマイやLGBTについて知ってもらって、世の中が動いていくといいなと思っています。 この記事ではちょっとディープなセクマイ用語をご紹介しましたが、一部の言葉はとてもプライベートな話に使われるものなので気をつけてください。 プライベートな話題が出てきた時や、親しい友人とお互いのことを話すときなどには使用できるかと思います。 ここではざっくりしたセクマイの説明のみに留まりましたが、それぞれのセクシュアリティについて詳しく知りたい!と思った方はレインボーライフの他の記事も読んでみて下さいね! (レインボーライフ記事一覧は).

次の

セクマイ恋グルやっています!

セクマイ カップル と は

連載「LGBTのテンプレ考」 1. 2.(1) (2) 3. 4. 5.LGBTが嫌いなセクマイ(今回) 6. 7. 8. 9. LGBTは私のことではない 「LGBTの活動家たちが社会に伝えているLGBTと、当事者が考えているLGBTの間に大きな乖離がある」 これは、先日私がネット上で募集した「LGBTのイメージに関するアンケート」に寄せられた回答のひとつです。 東京在住・30代・ゲイの方の意見です。 4タイプのセクシュアルマイノリティ(セクマイ)の頭文字をとった「LGBT」という言葉は、ここ数年で広く知られるようになりました。 人々が「LGBT」にどんなイメージをもっているのかを知りたくて、アンケートを実施しました。 出典: PIXTA 「活動家」は、ネット上で揶揄(やゆ)としてよく使われている言葉ですが、セクマイの中でも「活動家と呼ばれる人」と「活動家を嫌う人たち」がいます。 当事者の中には、「LGBT=活動家」というイメージをもつ人も少なくありませんでした。 なぜ、彼らはそんなに「LGBT」や「活動家」が嫌いなのでしょう。 「味方」では、ないのでしょうか。 理由を聞いてみると、大きく三つに分けられました。 1.勝手に代表されたくない 東京に住む40代のゲイ男性は、 「活動家が何かを語る時に、あくまでも、その人の意見でしかないのに、当事者全体の意見として語ってしまう印象がある時に、『嫌だ!』と感じる」 と、話します。 「LGBTは、住んでいる場所も年齢も職業も様々なので、共通の価値観はないと思います。 個人の持論を『LGBTの多くの共通意見』として語ってしまっていることが、反発へと繋がっているのではないのでしょうか」 「勝手に自分を代表しないでほしい」という気持ちが反発を生んでいる、という指摘です。 出典: PIXTA アンケートには、「他のセクマイとひとくくりにされたくない」という反発もありました。 「レズビアン(L)・ゲイ(G)・バイセクシュアル(B)・トランスジェンダー(T)それぞれは、決して相互融和的とは限らず、抱えている問題も各々違う。 『LGBT』と括られイメージ付けられることに反発あるいは嫌悪する当事者が現実には多い」(50代、東京在住、ゲイ) ゲイにはゲイの、トランスジェンダーにはトランスジェンダーの悩みがあり、「LGBTの悩み」とまとめてしまうことで誤解されてしまう、という意見です。 4タイプのセクマイの頭文字をとった「LGBT」を掲げることは、「いろんなセクマイが協力して頑張る」という意味でもあります。 この連帯に賛成する当事者は、たくさんいます。 一方で、その「まとめ方」が不快だという人もいて、今回の回答を見る限りでは、年代が上の当事者に多い印象でした。 出典: PIXTA 2.オープンにしているかどうか、スタンスが違う 「活動家」は、カミングアウトしている人たちの意見しか代表していない、というスタンスの差もありました。 「(LGBTは)オープンにできている人たちが集まっているコミュニティ。 オープンにできる人がイメージをつくっているので、今の世間的なイメージはまだまだ(セクマイの)一部でしかない」(30代、東海在住、トランスジェンダー) 自分がセクマイであることを、周囲にオープンにしている人は、まだそんなに多くありません。 メディアに当事者として登場する人は、当然オープンにしている人ですが、「カミングアウトしている人」と「していない人」では、悩みや困り事が違うこともあります。 例えば2015年に渋谷区が導入して以来話題の「同性パートナーシップ証明」は、「証明書を受け取りに行く=周囲にバレる」と敬遠する当事者がいます。 自治体が、オープンにしている人の意見だけを聞くことで、オープンにしていない人たちがイヤだと感じる施策が「LGBT支援」として打ち出され、反発を生む、というケースもあります(もちろん「活動家」も自治体も、善意でやっていることですが)。 出典: PIXTA 筑波大学に通うゲイの男性(22)は、 「たしかに、自分たちの活動を正しいと思っていて、自分たちに肯定的な意見しか聞かない人たちは、いる気がします」 と、話します。 もちろん、この男性の体験談で、一般論ではありません。 「海外と比べて、日本のLGBT団体や『アクティビスト』と呼ばれる人たちは、活動の視点が偏っていると感じます。 LGBTのことしか考えていない。 自分だって、他の分野で同じような偏見をもっているかもしれないのに。 本当に多様性を実現したいなら、障害者とか、他のフィールドの視点も入れて考えるべきです」 男性は、こうした視点の偏りはおかしいのではないか、という立場のLGBT団体に所属していたこともあるそうです。 出典: PIXTA 「活動家」を「警察官みたい」と評する人もいました。 東京に住む派遣社員のゲイ男性(33)です。 「(活動家は)いないと困る存在です。 秩序を守るためには必要な存在なんだけど、時々『摘発』をやりすぎるというか、疎ましさを感じちゃう。 みんな、すいている道で常に時速30キロを守って走るわけじゃないですよね。 その構図と似ている気がします」 「正しい」ではなく、人それぞれ こうした「活動家」への反発を憂慮する人もいます。 「LGBTとしての権利を過度に主張する人たちはうっとおしい、ダサい、といった流れを当事者たちまでも持つことに、危険を感じます」 こうアンケートに書いたのは、北関東在住の20代の女性。 同性のパートナーと暮らしているそうです。 「(同性カップルが)どれほど経済的に損をしている、貰えるはずのお金を貰えていないか、(活動家を嫌悪する人たちは)考えた事がないのでしょうか。 女性2人で暮らすには日本は厳しいです」 「税理士など、お金に詳しい人を介して、同性婚が認められた場合と今のままでどれだけ差があるか、明確な金額で年収ごとに算出できるサイト等あったら、皆さん意識が変わるのではないでしょうか」 思わせぶりなノンケ男性のひとことGIF劇場 出典: 思わせぶりなノンケ男性のひとことGIF劇場 出典: 思わせぶりなノンケ男性のひとことGIF劇場 出典: 思わせぶりなノンケ男性のひとことGIF劇場 出典: 思わせぶりなノンケ男性のひとことGIF劇場 出典: 思わせぶりなノンケ男性のひとことGIF劇場 出典: 思わせぶりなノンケ男性のひとことGIF劇場 出典: 思わせぶりなノンケ男性のひとことGIF劇場 出典: 思わせぶりなノンケ男性のひとことGIF劇場 出典: 思わせぶりなノンケ男性のひとことGIF劇場 出典: 思わせぶりなノンケ男性のひとことGIF劇場 出典: 思わせぶりなノンケ男性のひとことGIF劇場 出典: 思わせぶりなノンケ男性のひとことGIF劇場 出典: 思わせぶりなノンケ男性のひとことGIF劇場 出典: 思わせぶりなノンケ男性のひとことGIF劇場 出典: 思わせぶりなノンケ男性のひとことGIF劇場 出典: 思わせぶりなノンケ男性のひとことGIF劇場 出典: 思わせぶりなノンケ男性のひとことGIF劇場 出典: 思わせぶりなノンケ男性のひとことGIF劇場 出典: 思わせぶりなノンケ男性のひとことGIF劇場 出典: 思わせぶりなノンケ男性のひとことGIF劇場 出典: 思わせぶりなノンケ男性のひとことGIF劇場 出典: 思わせぶりなノンケ男性のひとことGIF劇場 出典: 思わせぶりなノンケ男性のひとことGIF劇場 出典: 思わせぶりなノンケ男性のひとことGIF劇場 出典: おすすめ記事(PR)•

次の

セクマイの意味とは?セクマイカップルに人気のツールも徹底解説

セクマイ カップル と は

セクマイは何の略? セクマイとはセクシャルマイノリティの略です。 セクシュアルマイノリティという言葉の長さから「セクマイ」と呼ばれているのです。 「セクマイの友達欲しい~」など当事者間で使うことが多い。 セクマイサークルなどのレインボー活動により日本では広く浸透したのではないかと言われています。 セクシャルマイノリティとは? セクシャルマイノリティとは、 ココロや恋愛対象の「性」が社会的に少数派である人のことを言います。 例えば、 生まれ持った性別とココロが性別と一致していない人のことや 異性ではなく同性が恋愛対象である人はセクシャルマイノリティに該当します。 セクシャルマイノリティというと、 LGBTを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。 実はセクシャルマイノリティは、 LGBTなど他にも多数存在する少数派の「性」の総称なのです。 最近では LGBTではなくLGBTQと呼ばれることが一般的、 LGBTQ+もよく登場します。 すべての性少数派が該当するわけではない セクシャルマイノリティは、 ココロや恋愛対象の「性」が社会的に少数派である人のことの 総称であるため、 非常に広義です。 しかし、暴力的な性行為が好きな人や幼児へのいたずらが好きな人など、 法を犯す性指向を持っている人をセクシャルマイノリティとは呼びません。 セクシャルマイノリティは、 あくまでも社会の規範にのっとって許容される性の少数派のことを言います。 ココロの「性」と恋愛対象「性」、2つの「性」を別もの、という考え方です。 〇ココロの性 :ジェンダーアイデンティティ 性同一性(性自認) 〇恋愛対象の性 :セクシャルオリエンテーション 性的指向 ココロで自認している性は必ずしも生まれ持った性別と一致するものではないという考え方が、 ジェンダーアイデンティティ。 恋愛対象となる性別は必ずしも異性ではないという考え方が、 セクシャルオリエンテーションです。 例えばLGBTのGに該当する「ゲイ」。 ゲイでも色んな人がいますよね。 カラダは男だけれども、ココロが女、 恋愛対象は男。 ゲイ カラダは男で、ココロも男、 恋愛対象は男。 ゲイ カラダは男で、ココロは中性、 恋愛対象は男。 ゲイ カラダが「男」で恋愛対象が「男」のひとのことをゲイというのであって、 ココロが何であるかは定義していないのです。 つまり「ゲイ」は、性指向(セクシャルオリエンテーション)を示すものであって、 性自認(ジェンダーアイデンティティ)を示すものではありません。 LGBTQ+でも、セクシャルオリエンテーションを示すもの、 ジェンダーアイデンティティを示すものが混在しているので、 ココロの「性」と恋愛対象の「性」を分けて考えることがとても重要です。 性的指向(セクシャルオリエンテーション)とは? 性的指向とは、恋愛対象として付き合いたい相手、 性的欲求を感じるその人の性的な方向性(好み)を表す言葉です。 性的指向は、いくつかに分類されます。 ヘテロセクシャル(ストレート):異性に対し魅力を感じる ホモセクシャル(レズビアン、ゲイ):同性に対し魅力を感じる パンセクシャル:全性に魅力を感じる アセクシャル:性的魅力を人に一切感じない バイセクシャル:両性に魅力を感じる 性自認(ジェンダーアイデンティティ)とは? 性自認とは、その人が思うココロの性別のことです。 性自認は、外見や生まれ持った性別とは関係なく、その人がどう思うかが重要です。 人によっては、カラダの性別をココロの性別に合わせて、 手術を行ったりホルモンを注入してまるっと変えてしまう人もいます。 性自認は、いくつかに分類されます。 シスジェンダー:性自認が生まれ持った性別と一致する人のこと FtM(トランスウーマン):生まれ持った性別が男性で女性の性自認をしているひと MtF(トランスマン):生まれ持った性別が女性で男性の性自認をしているひと ジェンダークィア:中性など男女以外のアイデンティティを有するひと トランスジェンダー:FtMやMtFなどトランスの総称。 実際に性移行をしようとしているひと インターセックスの性自認 インターセックスとは、生前より男女両方の染色体を有する人のことです。 なので性別学的には両性なのです。 幼少期は女の子として過ごしていたのに大人になったら男性的になった。 というご経験をされている方もいらっしゃいます。 インターセックスの方は、自分の生物学的な性が変わるので、 性自認もカラダの変化によって変わったりします。 性的指向も性自認も定まっていないクィア 自分の性的指向も性自認もわからない人はクィア(Queer)に該当します。 クィアは割と最近LGBTQとして浸透してきた言い方。 今まで性的指向と性自認は決めなければいけない という風習を変えたのが、クィア。 セクシャルマイノリティ診断 性的指向と性自認おわかりいただけたでしょうか? 一般的に「普通」という人でも、 カラダは男でココロは男、恋愛対象は女=ストレート といったように分類するのがセクシャルマイノリティの考え方。 あなたはどういう、セクシャリティの持ち主でしょうか。 まだ自分がわからないという方は、 自分の性的指向と性自認にわけて考えてみてはいかがでしょう。 LGBTQ+、実はLGBTTTQQIAAP+の略 セクシャルマイノリティは多様しているのです。 ご興味ある方は、以下の記事をご覧ください。

次の