ことば 検定。 話しことばとコミュニケーション検定の過去問・対策|NPO法人[日本話しことば協会]公式ホームページ

ことば検定・お天気検定・ニュース検定|グッド!モーニング|テレビ朝日

ことば 検定

筆記問題とリスニング問題にチャレンジしてみましょう。 紙とペンをご用意ください。 筆記問題1• 次の(1)-(5)の会話には前置きにクッションことばが使われています。 ( )にあてはまる最も適当なものを1つ選びなさい。 (1) A: 新規に普通預金の口座をつくりたいのですが。 B: かしこまりました。 (1 ぶしつけですが 2 お手数ですが 3 あいにくですが)、こちらの書類にご記入ください。 (2) A: この入り口から入れますか。 B: ( 1 申しわけありませんが 2 残念ですが 3 おことばを返すようですが)、ただ今工事中ですので、あちらへお回りください。 (3) A: (1 せっかくですが 2 勝手ですが 3 失礼ですが)、先ほど佐藤さんとお話しになっていた方ですよね。 B: はい、そうですが...。 (4) A: お嬢さん、ご結婚がお決まりになったそうで、おめでとうございます。 B: ありがとうございます。 (1 あつかましいのですが 2 すみませんが 3 おかげさまで)、いい方にめぐり会えたと喜んでおります。 (5) A: 広いお庭ですね。 ちょっと散歩してきてもいいですか。 B: かまいませんよ。 (1 ご足労ですが 2 よろしければ 3 心ばかりですが)、そちらの履物をお使いください。 筆記問題2• 次の(1)-(5)の文は、それぞれ、事実、意見、推測、伝聞のどれに当てはまるか、最も適当なものを答えなさい。 (1) 田中さんが言ってたんだけど、佐藤さん、お見合いしたんだって。 (2) このサービス券は全国の店舗で使えます。 (3) 地球温暖化を抑制するには、ひとりひとりが自覚を持たなければなりません。 (4) ここS市では、先月から駅前の再開発の工事が行なわれています。 (5) この雪では、電車が遅れているかもしれませんね。 筆記問題3• (1) 次回のPTAの集まりには夫が出席いたします。 (2) お客様、申込書なら受付でいただけますよ。 (3) わからないことがありましたら、いつでもお尋ねしてくださいね。 筆記問題4• 次の(1)-(3)の各場面で、( )に当てはまる最も適当なものを1つ選びなさい。 (1) 他社の人に自社の社長のことを言う 御社の青木部長のアイデアはすばらしいと、うちの社長も (1 申しておりました 2 申されておりました 3 おっしゃっておりました)。 (2) 上司に社長のことを言う 専務、昨日社長が新製品を(1 ご覧になった 2 ご覧になられた 3 拝見された)そうですね。 どんなふうにおっしゃっていましたか。 (3) 先生が学生に学生の家族のことを言う 君がアルバイトをすることを、ご両親は(1 承知いたしてるんですね 2 承知いたされてるんですね 3 承知されてるんですね)。 以下は、リスニング問題です。 スピーカーマークをクリックすると、音声が再生されます。 リスニング問題1• リスニング問題2• リスニング問題3.

次の

配偶者を呼ぶのに元々の意味から最も相応しいのは?【ことば検定】 答え林修

ことば 検定

算数を通じて身につける、将来役立つ論理的思考。 【対象:幼児・小学生】 算数の問題を解くことを通じて、お子さまがいま身につけている「思考力」を知るための検定です。 受検のための学習を継続的に行うことで、より高い思考力が身につき、また、目標ができることで学習の励みにもなります。 日本語の理解は、 すべての学習の基盤。 【対象:小学生】 言葉をたくさん知っていればいるほど、より深く、細かく考えることができます。 つまり「言葉の力」を身につけることは、学力向上の近道なのです。 「言葉の力」は国語だけではなく、すべての学習の基盤となります。 小学校入学までに、 読解力・表現力を磨く。 【対象:幼児(年少~年長)】 チャイルド・アイズが独自に開発した「ことば検定」。 ひらがな・カタカナ・漢字の理解を深めることで、小学校入学までに読解力と表現力を磨き、お子さまの知的世界を大きく広げます。 チャイルド・アイズの検定対策 より高い目標にチャレンジする。 自信と意欲を引き出す検定試験。 知能育成レッスンで「学ぶことが楽しい」と感じられるようになると、「学習を受け入れる力」が自然に身につき、より高い知的好奇心とともに自信と意欲が生まれます。 こうしたチカラは検定試験にも大きな効果があり、思考力検定・日本語検定・ことば検定で数多くのお子さまを合格へ導いてまいりました。 チャイルド・アイズではお子さま一人ひとりの個性を大切にしながら、子ども自身が「面白い!不思議だな?どうしてかな?やってみたい!」と感じられるよう、遊びの感覚で自然にやる気・思考力・創造力が育つように構成されています。 検定試験対策を通じて、単に知識を増やすだけではなく、成長をお子さまと保護者で実感し、さらにチャレンジする喜びや達成感を体験することができるのです。 平成28年度 日本語検定 時事通信社賞最優秀賞! 平成28年度 日本語検定において、チャイルド・アイズに通う上村啓太君(小1)が日本語検定6級(小学4年生の日本語レベル)に合格し、時事通信社賞最優秀賞を受賞しました。 時事通信社賞・最優秀賞は、合格認定者の中で最年少、且つ最も得点率の高かった人に贈られる賞。 もともと算数が大好きで、国語や漢字は苦手だったという上村君。 チャイルド・アイズの先生に「綺麗な形の字を書く練習をしようよ、綺麗に書けたら気持ちがいいよ」と言われたのをきっかけに日本語検定の対策をはじめたそうです。 次は「二年生か三年生で5級に合格して、最優秀賞をもらいたい」と次の目標に向けて目を輝かせる上村君が印象的でした。 国語・算数・理科・社会。 すべての教科に求められる"読解力"を今のうちに。 4歳を迎えるころから文字に対する興味があふれ出し、「読んでみたい」「書いてみたい」という欲求が高まります。 文字をおぼえはじめると、本を読んだりお手紙を書いてみたりと、読解力や表現力を磨く機会が増えていきます。 つまり、ことばを身につけることは学力向上の近道。 ことばをたくさん知っていれば、より深く細かく考え、それを表現することができるのです。 チャイルド・アイズが独自に開発した「ことば検定」は、読解力と表現力の基礎である ひらがな・カタカナ・漢字の習得を目的に、その習熟度を目に見えるようにした「 成長の道しるべ」。 お子さまの知的成長を実感しながら、小学校入学に向けてさらに上の目標を目指します。

次の

話しことばとコミュニケーション検定の過去問・対策|NPO法人[日本話しことば協会]公式ホームページ

ことば 検定

【教える 語源】 「教える」は古くは、「をしふ」でした。 ではこの「をし」とは、どういう意味なのかというと、百人一首にこんな歌があります。 人もをし 人も恨めし あぢきなく 世を思ふゆゑに もの思ふ身は -後鳥羽院「続後撰集」- これは鎌倉時代、承久の乱で沖に流されることになる後鳥羽上皇の歌です。 この「あぢきなく」は思うようにならない、つまらないという意味で、歌の後半は、「思うようにならないこの世のことを思うがゆえに、私はさまざまに思い悩むのだ」となります。 では前半はどうかというと、「恨めし」はわかりますよね。 「をし」は「恨めし」と対になって意味は逆です。 その意味が今日の正解で「愛しい」です。 「時には人をいとおしく 時には人を恨めしく思う」ということです。 「をし」には、いいもの、大切なもの惜しむという意味もありますから、そのいいものを人に分け与えることから「教える」という意味になったともされています。 前回の「ことば検定プラス」.

次の