おかげ で 漢字。 おかげ

とんねるずのみなさんのおかげです

おかげ で 漢字

「おかげさまで」の意味と語源 ビジネスシーンだけでなく日常生活でも、「おかげさまで〇〇できました」のように、お世話になった相手に対して使ったり、「〇〇のおかげで」のように事柄等と共に使われるごく一般的な言葉です。 「おかげさまで」の意味や語源を詳しく見ていきましょう。 「おかげさまで」の意味 漢字で書くと「御蔭様で」となります。 手助けをしてもらったり、協力してもらったことによって成し得たことに対する感謝の気持ちを表す言葉です。 「おかげ」に様をつけることでより丁寧な表現となります。 「おかげさまで」の語源 この「御蔭」とは神仏の助けという意味があり、「おかげさまで」の語源となっています。 神仏のご加護によってうけた恩恵に感謝する気持ちをあらわす言葉で、伊勢神宮では、御蔭参りや御蔭年という言葉があります。 「おかげさまで」は丁寧な敬語 「おかげで助かったよ」のように「さまで」を付けない表現もありますが、それを丁寧な敬語として使用するときに「おかげさまで」を使うのが一般的です。 上司や取引先、尊敬する方などに対してより丁寧な敬語として「おかげさまで」を使用します。 「おかげさまで」を使うメリット 「おかげさまで」という言葉は、普段使っていない人にとっては言い慣れない言葉かもしれません。 しかし、感謝の気持ちを表す「ありがとう」などの言葉にプラスして使用することで、より気持ちが伝わるというメリットがあります。 感謝の気持ちがより伝わりやすくなる 例えば、何か協力してもらった事によって成し得たことがあったとします。 その時に、「おかげさまで助かりました」と言われるのと、ただ「助かりました」と言われるのでは、その感謝の気持ちの伝わり方が違ってきます。 人間関係の潤滑油になる 「おかげさまで」をプラスすることによって、相手を尊敬し、感謝していることがダイレクトに伝わるため、今後の人間関係をより良いものにする潤滑油として作用します。 親切にしてあげて良かったなと相手に思ってもらえるというメリットがあります。 「おかげさまで」を使う時のポイント 「おかげさまで」を使うときのポイントについて解説します。 ビジネスシーンや日常会話で使用する時や手紙やメールの場合など、どのような使い方をするのがベストなのでしょうか。 メールや手紙の場合は「お陰さまで」 上司や取引先などのメールや手紙に使用する場合は、「お陰さまで」のようにひらがなプラス漢字で書くことで、丁寧でフォーマル感がアップします。 「御蔭様」と全部漢字で書いてしまうと堅い印象になってしまいます。 「おかげさまです」は間違えた使い方 「おかげさまです」のように文末に使用するのは誤った使い方で、「おかげさまで」はできるだけ文頭に使用し、感謝の気持ちを表すことができます。 「おかげさまで毎日残業です」のように感謝とは関係ない内容を続けることで嫌味に取られかねない内容となるため、避けるのが無難でしょう。 「おかげさまで」の例文 「おかげさまで」は相手にとても良い印象を持ってもらえる言葉です。 「おかげさまで」を使った例文を見ていきます。 正しい使い方の例文と誤った使い方の例文をみて、相手に不快感を与えないように気を付けて使用するようにしましょう。 謙虚な姿勢を示すことができるため、印象もよく将来的にもプラスの使い方です。 間違った「おかげさまで」の使い方 おかげさまで、作業が増えました 「おかげさまで」の後に否定的な内容を続けてしまうと、相手に対して嫌味に聞こえてしまいますので注意が必要です。 「おかげさまで」の後はプラスの言葉を使うようにしましょう。 「おかげさまで」に似た表現 「おかげさまで」に似た表現にはどのようなものがあるでしょうか。 上司などお世話になっている方への感謝の気持ちをより丁寧に伝える表現として知っておくと便利です。 お力添えがあってこそ 「〇〇ができたのは、お力添えがあってこそです」「お力添えの賜物です」のように使用します。 推薦してもらったなど、直接お世話になったような場合に使うことで、「おかげさまで」よりも直接感謝の気持ちが伝わります。 ~様の援助のもとで 「〇〇様の援助のもとで」というのも直接感謝の気持ちを伝える表現として有効です。 一人の力では成し得なかったことが援助のおかげで達成できたという感謝の気持ちを丁寧に表現した言葉です。 御蔭をもちまして 「御蔭をもちまして、わが社も〇周年を迎えることができました」のように使用し、「おかげさまで」よりも堅いよりフォーマルな表現となっています。 スピーチなどの際に使用することが多いです。 まとめ 「おかげさまで」は、相手に感謝の気持ちを伝える丁寧な言葉です。 人間関係を円滑にする潤滑油としても使える言葉ですので、誤った表現にならないようにポイントを押さえて使用するようにしましょう。 言い換え表現も知っておくとより便利です。

次の

これは正しい言葉ですか ばかですみません

おかげ で 漢字

「ひとえに」の意味 「ひとえに皆様のおかげ」という風な使い方が一般的ですが、どういった意味があるのでしょう。 まずはその意味から解説します。 「ひとえに」の意味は「そのことだけで他に理由がないこと」 「ひとえに」とは、そのこと以外に理由がないこと・もっぱら、という意味の言葉です。 ただそれだけが理由であることを強調するようなニュアンスを持ちます。 「ひとえに」には「そのことだけをする様、ひたすらに」という意味も 「ひとえに」にはもうひとつ、そのことだけをする様・ひたすらに、という意味もあります。 たとえば、「ひとえによろしくお願いします」といった場合は、ひたすらにお願いをする、という意味になります。 文法の話をすると、「ひとえに」は副詞です。 副詞はすぐ後に続く言葉を修飾するものなので、後ろに続く言葉によって意味を考えると分かりやすくなります。 「ひとえに」の漢字は「一重に」ではなく「偏に」 「ひとえに」という単語は通常、ひらがな表記で使用しますが、漢字で書いた場合には「偏に」となります。 「一重に」という表記は誤りです。 「一重」という名詞はありますが、副詞で使用する場合には「偏に」という表記が正解です。 メールや書面で使用することも多い言葉ですので、誤字にはくれぐれも気をつけましょう。 「ひとえに」の使い方と例文 歴史の深い言葉「ひとえに」は現代のビジネスシーンではどのように用いられているのでしょう。 例文とともに紹介します。 「これもひとえに皆様方のおかげ」が一般的な使い方 「ひとえに」は感謝を述べる際に用いられることの多い表現です。 顧客や取引先などに感謝を述べる際に、「ひとえに~のおかげ」という言い方を良くします。 たとえば、「これもひとえに皆様方のおかげでございます。 心より感謝申し上げます」という表現はよく耳にします。 この場合、「皆様のおかげ」以外の理由は見当たらない・もっぱら皆様のおかげで、というニュアンスです。 「ひとえに感謝いたします」はただただ感謝 「ひとえに皆様方のおかげ」ではなく、「皆様方のおかげと、ひとえに感謝いたします」とする場合では、少し意味合いが異なってきます。 先にも少し触れましたが、「ひとえに」は副詞なので、後ろについた言葉を修飾するという性質があります。 そのため、「皆様方のおかげと、ひとえに感謝いたします。 」とした場合は、ただただ感謝しています、という意味になるのです。 感謝していることに変わりはありませんが、感謝する対象を強調したいのであれば、「ひとえに~のおかげ」という表現がおすすめです。 「ひとえに」はお力添え・賜物とも一緒に使える 「これもひとえにお力添えのおかげ」や「ひとえにご愛顧の賜物と感謝申し上げます」もよくある表現です。 「お力添えのおかげ」とは、手助け・協力のおかげという意味です。 また、「ご愛顧」とは目をかけること、「賜物」とは「結果として生じたよいこと」という意味の言葉で、ひいきにしていただいたからこそ得られた結果、というような意味です。 いずれも、「ひとえに」とともに用いることの多い、感謝を述べる際の常套句になっています。 お詫びの言葉では「ひとえに~の過失」 感謝を述べる場合によく使われる一方で、謝罪やお詫びの文面でも「ひとえに」を使用することがあります。 たとえば、「今回の不祥事は、ひとえに本部長である私の監督責任でございます」などという言い方も可能です。 ほかにも、「これはひとえに弊社のミスであり、心よりお詫び申し上げます」という表現もあります。 (付録)「偏に風の前の塵に同じ」は平家物語の一節 「ひとえに」という言葉の歴史は深く、古くは平家物語でも使われていました。 中でも「偏に(ひとえに)風の前の塵に同じ」という表現は有名です。 「偏に(ひとえに)風の前の塵に同じ」を直訳すると、ただただ風の前に落ちている塵と同じである、という意味になります。 これは、はかなきもの・いつかは終わるものの例えで、風で吹き飛ぶ塵のようにあっという間に力・勢いはなくなってしまうものだ、という一節で使用されたものです。 「ひとえに」の類語 「ひとえに」にはどういった類語があるのでしょう。 比較的フォーマルな場で用いられる「ひとえに」に対し、ややカジュアルな場でも使える表現とあわせて紹介します。 「ひとえに」の類語は「主に」や「もっぱら」 「ひとえに~のおかげ」という場合のように、ほかに理由がない、という意味では、もっぱら・主に、といった言葉が類語に当たります。 いちずに、と言い換えられることもあります。 感謝を述べる場合には、「どれもこれも皆様のおかげです」という言い方や「お陰さまで」もよく使用される表現です。 「ひたすらに」「まったくもって」も類語 「ただそのことだけをする」という意味での「ひとえに」は、• ひたすらに• まったくもって• ただただ• すべて などの類語があります。 また、「ひとえによろしくお願いいたします」の言い換えでは、「何卒よろしくお願いいたします」などという表現も可能です。 「ひとえに」を英語にすると? 「ひとえに」を英語にすると、どういった表現があるのでしょう。 感謝やお詫びで使うことの多い表現だけに、英語表現もしっかりとおさえておきたいものです。 英語では「~がないと無理だった」と表現 日本語の「ひとえに」を英語で表現する際には、「ほかに理由がない」「協力(手助け)がないと不可能だった」という言い方をします。 たとえば、• (直訳:あなたの協力なしにこの仕事は対処できなかった) とすると、「この仕事を成しえたのは、ひとえにあなたのおかげです」という日本語訳になります。 「ひとえに皆様のおかげ」は all owing to you 日本語でよく使う「ひとえに皆様のおかげ」を英語で表現すると、• This is all owing to you. となります。 oweは、借りている・負っている・おかげである、といった意味の単語です。 「ひとえによろしくお願いします」は beseech 「ぜひとも」「ひたすらに」というように、強調のニュアンスでの「ひとえに」を使うこともあります。 たとえば、「ひたすらによろしくお願いします」という場合は、「懇願する」という意味のbeseechを使い、• I beseech this favor of you(この件につきまして、ひとえによろしくお願いいたします) とすることが可能です。 このように、意味に応じて適した単語に言い換えるようにすると、「ひとえに」を使った日本語文と同じようなニュアンスの表現となります。 まとめ 「ひとえに」には2つの意味がありますが、ビジネスシーンでよく用いられるのは「それ以外に理由がない」という意味です。 「他ならぬ貴社のおかげ」と感謝を述べる場合や「もっぱら弊社のミスです」とお詫びする場合などに「ひとえに」は使われています。 やや堅い表現ですので、社内の話し言葉には不向きですが、感謝や謝罪など改まった場に重宝します。

次の

これは正しい言葉ですか ばかですみません

おかげ で 漢字

公用文を作るときなど、漢字を使うべきか、ひらがなを使うべきか迷うことがありますよね。 例えばよくあるのが「など」と「等」どちらを使うべきなのかといった場合です。 詳しくは後述しますが、 「等」は「など」とは読みませんので、「など」と読ませたいときにはひらがなで書きます。 「等(とう)」と読むときには、熟語の一部であると考えられているので漢字で書きます。 このように、公用文を書くときに、漢字で書くべきなのか、ひらがなで書くべきなのかの判断の基準になるのは、「常用漢字表」(平成22年内閣告示第2号)です。 (文化庁HP) この「常用漢字表」は、「法令、公用文書、新聞、雑誌、放送など、一般の社会生活において、現代の国語を書き表す場合の漢字使用の目安」であり、「科学、技術、芸術その他の各種専門分野や個々人の表記にまで及ぼそうとするものではない」ものとされています。 しかし、官公庁においては、原則として「常用漢字表」に従うことになっています。 ちなみにマスコミでは「新聞用語懇談会」により漢字表記について統一の基準を設けています。 この中では、「常用漢字になっているがマスコミでは使用しないとしている漢字」や、「常用漢字ではないが読み仮名なしで使用とすることになっている漢字」などもあります。 マスコミで使用する漢字は必ずしも常用漢字とは一致しませんので、注意が必要です。 スポンサードリンク 常用漢字表による漢字使用の基本原則 常用漢字表による漢字使用の基本原則は、次のとおりです。 パソコン等を使用して文書を作成する場合、読み書きが困難な漢字でも容易に変換することができるため、常用漢字でない漢字を使用してしまう間違いが起きやすいので注意が必要です。 1 漢字は、常用漢字表に掲げられているものを用います。 ただし、常用漢字表に掲げられている漢字でも、読みが掲げられていない語句には用いることができません。 2 常用漢字表に掲げられている漢字を用いて表記できる語句は、漢字を用いて表記しなければなりません。 3 漢字が常用漢字表に掲げられていない場合は、ひらがなで表記します。 この場合、ひらがなに傍点を打ってはなりません。 原則によらない場合 1 上の原則は、固有名詞を対象とするものではありません。 2 専門用語や特殊用語を書き表すとき、仮名で書くと意味が分かりづらいときなど、どうしても漢字を用いる必要がある場合は、漢字を用いて記載し、振り仮名(ルビ)をひらがなで付けるのが一般的なルールです。 「おそれ」 ・おそれ 「懸念」という意味で用いるとき ・恐れ 「恐怖」という意味で用いるとき 「とおり」 ・とおり 「次のとおり」のような用法のとき ・通り 「2通り、3通り」「バス通り」のような用法のとき 「いただく」 ・いただく 「~していただく」のような用法のとき ・頂く 「物をもらう」という意味で用いるとき 接続詞は原則ひらがな 接続詞はひらがなで書くのが原則です。 ただし、「又は、若しくは、及び、並びに」の4語だけは例外です。 また、「できる」は、「出来高」「良い出来」など名詞として用いるときは漢字を使用しますが、助動詞として使用する場合はひらがなを使用します。 資料を提出してください。 (助動詞) 資料を下さい。 (動詞) 3 「など」と「ほか」 「等」は「など」とは読みませんので、「など」と読ませたいときにはひらがなで書きます。 「等(とう)」と読むときには、熟語の一部であると考えられているので漢字で書きます。 また、「他」に「ほか」の読みはありませんので、「ほか」と読ませたいときには原則としてひらがなで表記します。 「外」は、「課長、係長外3名」というような表記に限って用います。 「その他」など「他(た)」と読むときには漢字で書きます。 スポンサードリンク 4 「時」と「とき」 「とき」は、ある時点をあらわすときには「時」と漢字で書きますが、条件を表すときにはひらがなで書きます。

次の