あおり 運転。 危険!あおり運転等はやめましょう|警察庁Webサイト

危険!あおり運転等はやめましょう|警察庁Webサイト

あおり 運転

ほかの車の走行を妨げる「あおり運転」を「妨害運転罪」として新たに規定する改正道路交通法が2日、衆院本会議で可決、成立した。 来週中に公布され、6月30日にも施行される見通し。 悪質なドライバーが後を絶たないことを重視し、飲酒運転と同程度の罰則を初めて設けた。 あおり運転の対象となる行為は、不必要な急ブレーキや車間距離の不保持、急な車線変更といった10類型を規定した。 通行を妨害する目的でこうした行為を繰り返すなど交通の危険を生じさせる恐れがある場合をあおり運転として取り締まる。 違反すると、3年以下の懲役または50万円以下の罰金の対象となる。 さらに、高速道路や一般道で停車させたり急ハンドルを切らせたりするなど著しい危険を生じさせた場合は、酒酔い運転と同じ5年以下の懲役または100万円以下の罰金とする。 事故が起きなくても適用する。 行政処分もあり、違反すれば即免許取り消しとする。 法施行までに、違反点数と免許を再取得できない欠格期間を定める。 違反点数は25点で欠格期間は2年とし、著しい危険があった場合は35点で同3年を検討している。 改正道交法には高齢ドライバーの事故対策も盛り込まれた。 警察庁は2022年6月ごろをめどに新制度を始める考え。 一定の違反歴がある75歳以上のドライバーが免許を更新する際に実車試験(運転技能検査)を新たに義務づける。 技能が基準に達しない場合は免許を更新できないが、更新期限の6カ月前から繰り返し受けられる。 違反歴の対象は過去3年間の信号無視や大幅な速度超過などを想定。 試験の内容や認知機能検査の見直しについて有識者会議で議論し、21年6月ごろまでに決める。 運転の補助機能がある安全運転サポート車(サポカー)に限って運転できる「サポカー限定免許」も新設する。 自動ブレーキやペダルを踏み間違えた時の加速抑制装置がある車を対象とすることが念頭にあり、21年6月をめどに定める。 一方、道交法とは別に、今国会ではあおり運転によって死傷事故を起こした際に危険運転致死傷罪を適用するための自動車運転処罰法の改正案も審議されている。 高速道路で車線上に停車するなどして走行中の車両を停止・徐行させる行為などを同罪に新たに加える内容で、負傷させた場合は15年以下の懲役、死亡させた場合は1年以上の懲役となる。 【町田徳丈】.

次の

【あおり運転】トラックの運転手は絶対にしたらダメ!会社が倒産します|元トラックドライバーのブログ

あおり 運転

あおり運転とは あおり運転は、前方を走るクルマに対して極端に車間距離を詰めることや、執拗な追跡、幅寄せ、挑発的な運転(主に蛇行)、過度なパッシングやハイビームの点灯、クラクションを鳴らす、などの迷惑行為のことをさします。 ただし上記のような事例は、あおり運転被害の中でも非常に悪質なもの。 そのほかでも日々メディアに取り上げられていないだけで、あおり運転の被害自体は毎日のように発生しています。 過去(2018年9月)、MOTAのTwitterフォロワーの方たちに「あおり運転の被害に遭った経験はありますか?」とアンケートを取ったところ、なんと70%以上(回答数:286件)の方から「あおり運転の被害に遭ったことがある」と回答がありました。 それだけ日頃から身近なところであおり運転の被害が発生しているということになります。 また以下の記事では、実際にあおり運転の被害に遭われた方たちの体験談や、あおり運転に遭遇してしまったときの対策を記載しておりますので是非ご覧ください。 特にまだあおり運転被害に遭ったことがない方は、加害者の特徴として参考にしてください。 あおり運転は、車間距離保持義務違反、進路変更禁止違反、急ブレーキ禁止違反などの道路交通法違反のほか、危険運転致死傷罪や、刑法の暴行罪に該当する場合があります。 万が一、あおり運転で被害者に死傷などを負わせてしまうと危険運転致死傷罪となり、最長20年の懲役(加重で最長30年)が処されます。 この場合、運転免許の基礎点数は45~62点が加算され、免許取り消し・欠格期間(免許を再取得できない期間)8年以上という行政処分を受けることになります。 また車間距離を過度に詰めるあおり運転行為は現状、道路交通法26条が禁止する「車間距離不保持」に該当します。 ちなみに高速道路上での車間距離不保持に関しては、3ヵ月の懲役または5万円の罰金が科されます。 一般道路上での車間距離不保持については5万円の罰金が科せられます。 なお残念ながら、あおり運転の被害がもっとも多い国は日本だと言われています。 参考として以下の記事をご覧ください。 警察庁は2019年12月、ますます社会問題化が進んでいるあおり運転の対策として、道路交通法を改正して罰則を創設する方向で検討していることを発表しました。 新たにあおり運転を「通行妨害目的の一定の違反で交通の危険を生じさせる恐れのある」行為として定義づけ、厳罰化を進めていくとのこと。 この「一定の違反」には上述の車間距離不保持、急ブレーキや、進路変更禁止などを含めるという。 また行政処分についても、違反点数を15点以上に設定し、現行の無免許運転や、酒気帯び運転などと同様に、過去に処分歴がなくても欠格期間1年以上の免許取り消しの対象になるよう強化されるようです。 要するに、「あおり運転をしたら一発免停」ということになります。 とはいえ筆者的には一発免停だけではまだ軽いような気もしますが、少なくとも現状と比較するとあおり運転の罰則はかなり強化されるのではないでしょうか。 なお総合旅行プラットフォーム「エアトリ」を運営する株式会社エアトリが、20代~70代の男女1150名を対象に実施した「あおり運転の罰則」に関するアンケートの結果でも約9割以上の人が、あおり運転の厳罰化について賛成しています。 さらに免許停止以外にも、「懲役刑」や「一生涯の免許停止」を求める声も。 詳しくは以下の記事をご覧ください。 あおり運転被害に遭った時・遭わないための5つの対策 ここからは、あおり運転に遭遇したとき、または被害に遭わないための対策を5つ紹介していきます。 もちろん結果として、あおり運転をした加害者が悪いのですが、場合によっては、そもそも被害者側の運転の仕方やマナーによっては、それがあおり運転を誘発する引き金になっていることだってあります。 ですから、これから紹介していく「あおり運転に遭った時、または遭わないための5つの対策」を読んでいただき、被害者または、あおり運転被害に遭ってしまうきっかけを作らないように参考にしていただければ幸いです。 ちなみに、以下の記事では「あおり運転被害に遭わないために意識するべき運転マナー」を紹介しているので是非ご覧ください。 1つ目のあおり運転対策は「クルマに後ろを付かれたら、すぐに道を譲る」です。 基本的にです。 ですから間違えても、何か仕返しをしたり、挑発する等の行為は絶対に止めましょう。 もしかすると、あなた自身が気づかぬうちに追い越し車線をずっと低速で走っていて、追い越しをしたい人の邪魔をしてしまったことで、あおり運転のきっかけを生んでしまっていた可能性だってあります。 そういったことも踏まえ、あおり運転に遭ったらすぐさま道を譲りましょう。 またこの際、車両後方にもドライブレコーダーカメラを設置していると、万が一大きな事故・事件に発展しても対処できるので、まだ設置していない方はこれを機に設置にしましょう。 以下の記事では、2020年最新版のドライブレコーダーおすすめ人気ランキングTOP10を紹介しているのでご覧いただき、是非あおり運転の対策に活かしてください。 2つ目のあおり運転対策は「急な割り込み・急ブレーキをしない」です。 あおり運転のきっかけの中でも特に多いと言われているのが、急な割り込みや、急ブレーキです。 クルマだけでなく、自転車などでもそうですが、自分が運転している時に、急に目の前に割り込まれると、誰しもいい気はしませんよね。 中にはその恐怖がイラつきに変わり、「何か仕返しをしてやろう」と思い、あおり運転の加害者となってしまうドライバーも少なくありません。 特に夜間の国道や、交差点の信号手前ギリギリなどでの急な割り込みは非常に危険かつ、他車に刺激を与えやすいので、くれぐれもギリギリのタイミングで割り込みをしなければならないようにゆとりを持って運転することが重要です。 ですから、普段からナビ等を活用しながら先の道路状況をしっかり確認し、急な割り込みや、急ブレーキをしなくてもいい運転を心がけ、日頃からあおり運転の対策を行いましょう。 ちなみに、カー用品を開発・販売する株式会社カーメイトが2019年6月に発表した交通トラブルに関する意識調査結果では、もっとも恐怖に感じるのは「急な割り込み」という結果が出ています。 詳しい内訳や、パーセンテージは以下の記事をご覧ください。 3つ目のあおり運転対策は、「追い越し車線に居座らない」です。 主に高速道路でのあおり運転被害のきっかけとして多いと言われているのは、追い越し車線上での居座り運転。 高速道路には、走行車線と追い越し車線という2つの通行帯が存在しており、追い越し車線は先行車を追い越すための車線です。 なので基本的に追い越し車線を走り続けることは認められていません。 無意味に追い越し車線を走り続けるとどうなるか? それは「通行帯違反」に該当し、反則金6,000円、違反点数1点が加点されてしまうのです。 また追い越し車線で居座り運転をしていて、後ろからクルマに追いつかれた場合は速やかに道を譲りましょう。 なぜなら追いつかれた側にも道を譲る義務があるからです。 これは道路交通法27条に定められており、もしも故意に道を譲らなかった場合には、「追い付かれた車両の義務違反」となり、違反点数は1点となります。 道路交通法の基本理念は、「交通の安全と円滑な流れ」を守ることなので、自分だけ安全にゆっくり走ることだけを考えるのではなく、周囲のクルマがスムーズに運転できるよう配慮することが重要なのです。 ちなみに以下の記事では、「交通の安全と円滑な流れを守るためにしなければならないこと」を解説していますので是非ご一読いただき、あおり運転の対策として意識していきましょう。 4つ目のあおり運転対策は、「法定速度を大きく下回るスピードで運転しない」です。 あおり運転被害のきっかけの中でも意外と多いのがこちらです。 安全運転を意識しすぎて走行スピードが制限速度よりも大きく下回った状態で運転を続けていると、あおり運転被害の対象になりやすいと言われています。 例えば片側車線しかないような下道や国道では、周囲のクルマの走行速度やその時の状況に合わせた運転を心がけた方が良いでしょう。 そういった道路で、制限速度をカッチリ守って走り続けていると、「ちょっと急いでいるから追い越したい」というドライバーが追い越すことができず、イライラが募ってしまい、そのままあおり運転の加害者となってしまうケースもあります。 仮に制限速度を1キロでもオーバーした場合、検挙の対象となってしまうとしたら、多くのクルマが検挙されているはずです。 ですが実際は、だいたい時速15キロオーバーで検挙されやすく、わずかな速度超過は基本的には検挙されていません。 ということはつまり、「速度制限だけでなく、交通の円滑な流れを保つことも重要である」と警察が判断しているということです。 なので、あおり運転を未然に防ぐ対策として、速度制限だけに囚われず、周囲の状況を把握しながらその時々の交通の流れを維持する運転を意識しましょう。 その5:加害者が降りてきても窓・ドアを絶対に開けない 5つ目のあおり運転対策は、「加害者が降りてきても窓・ドアを絶対に開けない」です。 2019年8月に常磐自動車道で起きた、あおり運転・投打事件。 このようにメディアに取り上げられているもの以外でも、運転していたらあおられて、目の前で停車され、ドライバーが降りてくる、といった例は他にもありますよね。 たとえ相手が降りてきたとしても、絶対に窓や、ドアは開けないようにしましょう。 この時、相手はイライラしているので何をしてくるか分かりません。 また相手がクルマを蹴ったり殴ったりしても開けてはいけません。 自分の愛車が痛めつけられるのは心苦しいかもしれませんが、こうなってしまった場合に自分の身を守るために、ぐっと堪えましょう。 万が一そうなってしまった時の対処法は、スマートフォンもしくは、ドライブレコーダー等で相手の車両ナンバーや容姿を記録し、速やかに110番通報です。 あおり運転対策のグッズとして、もはや必需品ともいえるのがドライブレコーダーです。 2020年1月の段階では、と言われています ドライブレコーダーを装着せずに、あおり運転被害や、事故に遭ってしまった場合、警察や加害者などに提示できる明確な証拠を残せなくなってしまいます。 そうなってしまうと、当事者双方の過失割合が分からなくなってしまい、場合によっては解決までにかなりの時間や、労力が掛かってしまいます。 なので、あおり運転対策だけでなく、万が一事故に巻き込まれてしまった際の保険として、ドライブレコーダーを装着することを強くおすすめします。 またドライブレコーダーを選ぶ際は、前後録画可能な製品がおすすめです。 なぜなら、例えば前方のみの録画だけだと結局、後方からのあおり運転や、追突されてしまった時の証拠を残せなくってしまいます。 購入される際は、前後録画可能なモデルを選びましょう。 なお、以下の記事では最新のドライブレコーダーおすすめランキングTOP10や、選ぶ際の重要なポイント7つを紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。 3つ目のあおり運転対策おすすめグッズは、スマートフォンで使える無料のドライブレコーダーアプリです。 今では様々なサービスのアプリ化が進んでおり、ドライブレコーダーのアプリも続々と登場しています。 その中でもおすすめなのが、主にAI技術を得意とするベンチャー企業 ニューラルポケット株式会社が展開している「スマートくん」です。 おすすめな理由としては、搭載されたAIがクルマのナンバーや、人、車間距離までを認識・判断してくれるという点です。 例えば、運転中に人や、自転車が近づくと、AIが検知してアラートを鳴らしてくれます。 使い方は超簡単。 スマホを運転席に市販の専用スタンドで固定するだけ。 これだけでドライブレコーダーの役割を果たしてくれます。 ただデメリットとしては、一方向しか録画できないため、あおり運転に有効な後方の撮影ができないという点です。 もちろん後方に設置すれば録画は可能ですが、そうすると前方の録画ができなくなってしまいます。 なので使い方としては、「いきなりドライブレコーダーを購入して設置してもらうのはハードルが高い」という人がお試しで使ってみるといったところでしょうか。 とはいえ、無料かつスマホ1台であおり運転対策が出来るので、1度試してみることをおすすめします。

次の

【あおり運転 徹底まとめ】回避や対策方法・罰則・通報時の注意点など

あおり 運転

10キロおじさんとは、神奈川県清川村周辺の道路で、約10年間にわたって「ノロノロ運転」を続けている男性のことです。 ノロノロ運転の速度は5km/hから10km/hと、歩くスピードから徐行程度というかなりの低速。 片側一車線の追い越し禁止道路では、十数台もの後続車が連なることもあり、周囲は長年、大迷惑しているとのことです。 後続車がトラックやバス、ダンプカーでもお構いなく同様の行為をおこない、さらに、後続車が追い抜こうとするとクラクションを激しく鳴らして威嚇することもあるといいます。 静かな山間部の道路ということもあって、クルマを運転しない住民の間でも、さぞかし不快な騒音になっていることでしょう。 また、山間部の道路ゆえ見通しの悪いカーブが多いですが、10キロおじさんはカーブの先に停止したり、または停止に近いスピードで走行していることもあるそうです。 カーブを抜けた先にほぼ停車状態のクルマがいたら、追突事故が起こる可能性も十分にあるでしょう。 ノロノロ運転は、事故を誘発する危険な行為といえます。 これが高速道路や自動車専用道路であれば、「最低速度違反」(高速道路では時速50km、首都高速などの都市高速では30km/hに設定されていることが多い)として取り締まりの対象になりますが、一般道路では対象となりません。 進路を妨害するように走るノロノロ運転を取り締まることはできないのでしょうか? 警察交通相談ダイヤルに聞いてみたところ、次のような回答がありました。 「この事例は『逆あおり』ともいえる悪質な行為です。 一般道路には最低速度は設定されていないので、最低速度違反で取り締まることはできませんが、道路交通法第27条『追いつかれた車両の義務』での取り締まりは可能です。 あまり聞いたことがないかもしれませんが、かなりユニークな規則です。 後続車の進路をふさぐようにノロノロ走り、左に寄るスペースがあるのに進路を譲らず走り続けることは、追いつかれた車両の義務違反として取り締まり対象となるようです。 では、そこが追い越し禁止の道路だったらどうでしょうか。 「追い越し禁止の道路では、たとえ前に遅い車がいても追い越しをすることはできません。 yahoo. 』 という記載がありますが、これは嘘ですよね? 第27条には、『最高速度が同じであるか又は低い車両に追いつかれ、かつ、その追いついた車両の速度よりもおそい速度で引き続き進行しようとするときも、同様とする。 』と記載されています。 最高速度が30kmと定められた車両が30kmで走行しているときで、60kmの自動車に追いつかれた時点でその車両はそもそも速度違反しているので、話になりません。 「追いつかれた車両の義務」は発生しません。 最高速度が30kmと定められた車両が30kmで走行しているときで、31kmの自動車に追いつかれた時点でその車両はそもそも速度違反しているので、話になりません。 「追いつかれた車両の義務」は発生しません。 最高速度が30kmと定められた車両が29kmで走行しているときで、30kmの自動車に追いつかれたら、「追いつかれた車両の義務」が発生します。 最高速度が30kmと定められた原チャが30kmで走行しているときで、最高速度が40kmと定められ35kmで走行している自動車に追いつかれたら、「追いつかれた車両の義務」が発生します。 最高速度がそもそも違うからです。 日本の道路交通法には総明記してありますが、実行する人も少なく、警察も取締をしていないのが問題です。 遅く走りたい車両は、追いつかれたらハザードを付けてちょっと原則をして左に寄り、さっさと通過させたあとでお望みの速度でゆっくりと走ればよいのです。 自転車は、軽車両なので第一通行帯を走行する義務はありますが、車線の左端を走る義務はありません。 警察交通相談ダイヤルから「道路交通法第27条『追いつかれた車両の義務』での取り締まりは可能です。 」という回答を得たと,言っていますが… 具体的には「第27条第2項の『できる限り道路の左側端に寄つてこれに進路を譲らなければならない』という条文は,『追い越し禁止の道路であれば停車しなければいけない』という意味です。 」という回答を,得たんですよね。 それなら,そうと明記してほしい。 そうでなければ,第27条での取り締まりは不可能です。 記事を読む限りでは,追い越される際に加速をしていないようなので,第1項には該当しないですし。 追い越し禁止の道路なので,もし停車が義務でなければ,左側端に寄って走行することは後続車の違反を誘発するだけですし。 (もし10キロおじさんが左側端に寄って走行し,後続車が追い越したら,後続車が取り締まりを受けることになります。 ) せいぜい,クラクションの不正使用が第54条第2項に該当し,カーブの先での停車が第44条第2項に該当するだけでしょう。

次の