ドラゴンクエスト モンスターズ テリー の ワンダーランド 3d。 テリーのワンダーランド3D 攻略 広場

スカウトQ

ドラゴンクエスト モンスターズ テリー の ワンダーランド 3d

勝ち抜きバトルの内容 ・を攻略すると、タイジュの国にある『 旅の扉の間B3F』で勝ちぬきバトルをプレイできる。 1日に1回プレイできる仕様で、こちらが負けるまで連戦して敵を倒していく内容。 出現する敵のパーティはランダムで、倒すたびに敵は徐々に強くなる。 1勝ごとに報酬金額が1000G加算されます。 ・50勝、100勝を達成すると自動的にセーブされ、戦いで死んだモンスターが復活し HP・MPが満タンの状態で次のバトルになる。 100戦以降からは10勝ごとにその状態になります。 ・100勝すると『 キラーマシン3』が貰える。 それ以降は10勝ごとに『 魔戦車ダビド』が貰える。 チャレンジして1勝もしないで『きけん』した場合は1戦目から再チャレンジできる。 連勝するためのオススメの特技について 特技 使用目的 みがわり メタルキング、ダイヤモンドスライムに『みがわり』をやらせて盾役をやらせる。 スキルは『』『』『』を入れておく。 究極配合で『メタルボディ』を選んで、さらに守備力を頑丈にしておくこと。 作戦のAI設定は『みがわり』だけを選択し、作戦は『サポートたのむぞ』を選択する。 スカラ みがわりを使用したメタルモンスターに使用しておく。 特性『こうどう はやい』に覚えさせて、回復スキルも覚えさせておくのがポイント。 自動MP回復 マホトラ マホヤル 自動MP回復があると一番便利。 マホトラ系は一気に190ぐらいMPを敵から吸い取れるが、Lv100でも吸い取りが 失敗に終わることが多々あるので安定しない場合がある。 吸い取ったらマホヤルで味方へMPを渡す。 『』『』などが使いやすい特技が詰まっているのでオススメ。 回復系 ザオリクを覚えようとすると『ヘロヘロ』を習得してしまい使いものにならないので、 『』のスキルがあればヘロヘロにならずに済む。 いてつくはどう 敵が混乱している状態だと、みがわりを貫通した状態で味方にダメージを受けるので 開幕にいてつくはどうで混乱を消してしまう手もある。 特性に入っている、いてつくはどうは自動発動型なので 『強者のよゆう』が習得されていない『』『』などのスキルがオススメ。 魔神斬り なめまわし かぶとわり 上位の方でメタル系モンスターが登場すると、 いくらバイキルトで攻撃力を上げてもダメージが通らないので 対応できる特技を覚えていないと詰みゲーになります。 攻撃呪文系 体技系 ブレス系 300戦ぐらいになると、物理攻撃ではほとんどダメージが通らなくなる。 さらにアタックカンタが張られているモンスターも登場するので、 貫通する特技はいくつか所持していないと詰みゲーになります。 ブレイク系 300戦ぐらいになると、敵の物理攻撃が999ダメージになるので メタル系モンスターであっても攻撃に耐えるのが難しくなる。 ・基本はAI複数回行動できるモンスターを使用した方がいい。 でさらにAI行動回数を増やすか、こうどう はやいで先手を打った方が良い。 武器は通常攻撃をするとHPが回復する武器が扱いやすいが、 火力不足になりやすいので武器まで無理して合わす必要はない。 ・150勝ぐらいまではそれほど苦労はしないと思う。 大体60戦を超えた辺りからメガンテやマダンテを使用されて壊滅するケースが出て来る。 みがわりメタキンを使用してればマダンテを受けることはないが、 メガンテで爆死するので取り換え用のみがわりメタキンが必要になる。 ・『みがわり』をやらす方法だと、200戦ぐらいまでなら究極配合で作った『ハードメタルボディ』のメタルキングに スカラを使用しておけば大丈夫だが、200戦以降になると普通にダメージが通る。 究極配合で作った『超ハードメタルボディ』のダイヤモンドスライムの硬さがないと安定しなくなる。 300戦以降では、そのダイヤモンドスライムでもダメージが普通に通るので盾で守らせて戦う方法は微妙になる。 おすすめのモンスターについて ・メタル系にみがわりをやらせる方法も有効だが、 ステルスアタック、みなごろし、マホカンタによる呪文反射、敵が混乱状態の攻撃などは みがわりを貫通してしまうので回復の手間がかかってしまう部分がある。 一番倒すのが楽だと感じるのは、 サージタウスに『アサシンアタック』をやらす方法が良い。 ・できればで制作したサージタウスにAI行動回数を増やしておく。 サージタウスは配合でも作れるが、他国のモンスターが使用しているのでスカウトアタックで仲間にした方が楽。 究極配合用のサージタウスは、で入手しておく。 ・スキルは『』を入れておく。 AI設定で、ねむり攻撃、マヒ攻撃、メダパニ斬り、アサシンアタックが使用できるように設定しておく。 さらに『』や『』に入っている『 ハートブレイク』を覚えさせ設定しておく。 あとはバトル開始時には『アサシンアタック』を使用するだけ。 ・サージタウスは攻撃力はそれほど攻撃力は高くはないが、行動が素早いのと攻撃が連続なので 状態異常を狙う点においては優秀である。 300戦以降では物理攻撃はほとんどダメージが出せないので、攻撃呪文もセットで覚えさせておく良い。 ・残りのSサイズの枠には、ブレイク持ちで状態異常を狙えるモンスターを入れておくのがいい。 究極配合で『こうどう はやい』を継承させて、サージタウスとで状態異常を開幕から狙う。 こちらの火力が弱く倒しきれないようならスタンバイモンスターと入れ替えて戦う。 一番お金を稼ぎやすいのは勝ち抜きバトルである。 ある程度上位まで進めれば毎日多額のゴールドを入手できるので、めぐりあいの扉に入るのも用意になる。 それで楽にゴールドを稼ぐ方法は、 3DSの本体設定で今日の日付を変更することです。 勝ちぬきバトルは1日1回までだが、日付を変更してしまえば何回でも挑戦できます。 バトルが面倒なら『きけん』すれば、その分のお金が入るので腐るほどゴールドを稼げます。 上限所持額は999999Gまで。 ただ、引継ぎアプリではペナルティーを受けます。 本体設定で日付を変更すると、2日後にならないと引継ぎアプリを起動できなくなります。

次の

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D

ドラゴンクエスト モンスターズ テリー の ワンダーランド 3d

dragonquest. テリーは連れ去られた姉のミレーユを追って「ダイジュの国」という不思議な世界に迷い込みます。 育成できる モンスターは600種類以上。 戦闘中のスカウトの他、 雄雌の配合を行うことで親の能力を引き継いだ新たなモンスターを生み出すことができます。 項目ごとに偏りなく網羅的に掲載するよう配慮を致しておりますが、作品によっては少人数で扱うため、別角度でのご意見や追加レビュー等がございましたら是非コメント欄にてお寄せください。 また作品には当サイトの他に様々な評価があることにご留意ください。 ポジティブな評価 はじめにテリーのワンダーランド3Dの高評価を集約します。 <ゲーム全般の評価> ストーリーより「配合・育成・対戦」に重点を置いたゲームです。 バトルに参加できる4枠をどのような組み合わせで編成するか、戦術を練って 最強パーティを考案するだけで1日中没頭できます。 リメイクとしては、3Dマップ、グラフィック、アレンジされた数々の名曲などオリジナル版(GB版)をプレイしたユーザーからも概ね好評でした。 配合やマップ移動などにかかる手間が省かれたり、ダンジョンの途中でセーブが可能な親切設計などに高評価が集まっています。 <モンスターの育成> 登場するモンスターの数は600種類以上と、オリジナル(GB版)より大幅に増えています。 配合でオリジナルのモンスターを作ることが醍醐味で、究極配合すると弱いモンスターでも戦力になることや、強いモンスターに弱点特性を付与されるなどのバランスが絶妙です。 <その他> クリア後の追加ストーリーにボリュームがありお得感があります。 「ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2」「2プロフェッショナル」を所有している場合、クリア後にレアモンスターとレアスキルの引き継ぎが可能です。 昨今の育成・対戦ゲームブームを受けて、ポケモンやパズドラ等と比較する声も聞かれました。 単純にストーリークリアだけを目指すのではなく、こつこつとモンスターの収集を行うだけでも長く遊べるゲームです。 賛否が分かれた評価要素 以下、テリーのワンダーランド3Dの賛否が分かれた項目を集約します。 <ストーリーに関して> ストーリーはおまけで対戦・育成がメインのため、ストーリー重視のRPGファンには向いてないかもしれません。 <リメイクとして> 本作はGB版「テリーのワンダーランド」のリメイクという位置づけですが、スキルの効果やスカウトシステムなどは「ジョーカーシリーズ」を引き継いでいます。 そのため、オリジナルを懐かしむユーザーは期待した内容と多少違った部分もあったようです。 <難易度> パーティのほかに4体のモンスターを連れて歩ける仕様(計8体で移動)のため、全滅がめったに起こらず緊張感にかけるという声が聞かれました。 一方で、バトルに参加しないメンバーにも経験値が入るため育成の作業感が軽減されるメリットもあり、同じ仕様について賛否両論が出ています。 <その他> 販売サイトの古いレビューや他のブログなどで、配信モンスターに関して「期間限定・地域限定のものが多く、コンプリート出来ない」といった内容の記述が散見されています。 これについては、現在は大半のモンスターを通信で入手できる模様です。 主となるストーリーとフィールド・バトル画面、配信システムが約4分の映像でまとめられています。 スタート地点からのゲーム実況で、丁寧に進められていますので未プレイの人も安心して雰囲気を味わえる映像です。

次の

Wi

ドラゴンクエスト モンスターズ テリー の ワンダーランド 3d

勝ち抜きバトルの内容 ・を攻略すると、タイジュの国にある『 旅の扉の間B3F』で勝ちぬきバトルをプレイできる。 1日に1回プレイできる仕様で、こちらが負けるまで連戦して敵を倒していく内容。 出現する敵のパーティはランダムで、倒すたびに敵は徐々に強くなる。 1勝ごとに報酬金額が1000G加算されます。 ・50勝、100勝を達成すると自動的にセーブされ、戦いで死んだモンスターが復活し HP・MPが満タンの状態で次のバトルになる。 100戦以降からは10勝ごとにその状態になります。 ・100勝すると『 キラーマシン3』が貰える。 それ以降は10勝ごとに『 魔戦車ダビド』が貰える。 チャレンジして1勝もしないで『きけん』した場合は1戦目から再チャレンジできる。 連勝するためのオススメの特技について 特技 使用目的 みがわり メタルキング、ダイヤモンドスライムに『みがわり』をやらせて盾役をやらせる。 スキルは『』『』『』を入れておく。 究極配合で『メタルボディ』を選んで、さらに守備力を頑丈にしておくこと。 作戦のAI設定は『みがわり』だけを選択し、作戦は『サポートたのむぞ』を選択する。 スカラ みがわりを使用したメタルモンスターに使用しておく。 特性『こうどう はやい』に覚えさせて、回復スキルも覚えさせておくのがポイント。 自動MP回復 マホトラ マホヤル 自動MP回復があると一番便利。 マホトラ系は一気に190ぐらいMPを敵から吸い取れるが、Lv100でも吸い取りが 失敗に終わることが多々あるので安定しない場合がある。 吸い取ったらマホヤルで味方へMPを渡す。 『』『』などが使いやすい特技が詰まっているのでオススメ。 回復系 ザオリクを覚えようとすると『ヘロヘロ』を習得してしまい使いものにならないので、 『』のスキルがあればヘロヘロにならずに済む。 いてつくはどう 敵が混乱している状態だと、みがわりを貫通した状態で味方にダメージを受けるので 開幕にいてつくはどうで混乱を消してしまう手もある。 特性に入っている、いてつくはどうは自動発動型なので 『強者のよゆう』が習得されていない『』『』などのスキルがオススメ。 魔神斬り なめまわし かぶとわり 上位の方でメタル系モンスターが登場すると、 いくらバイキルトで攻撃力を上げてもダメージが通らないので 対応できる特技を覚えていないと詰みゲーになります。 攻撃呪文系 体技系 ブレス系 300戦ぐらいになると、物理攻撃ではほとんどダメージが通らなくなる。 さらにアタックカンタが張られているモンスターも登場するので、 貫通する特技はいくつか所持していないと詰みゲーになります。 ブレイク系 300戦ぐらいになると、敵の物理攻撃が999ダメージになるので メタル系モンスターであっても攻撃に耐えるのが難しくなる。 ・基本はAI複数回行動できるモンスターを使用した方がいい。 でさらにAI行動回数を増やすか、こうどう はやいで先手を打った方が良い。 武器は通常攻撃をするとHPが回復する武器が扱いやすいが、 火力不足になりやすいので武器まで無理して合わす必要はない。 ・150勝ぐらいまではそれほど苦労はしないと思う。 大体60戦を超えた辺りからメガンテやマダンテを使用されて壊滅するケースが出て来る。 みがわりメタキンを使用してればマダンテを受けることはないが、 メガンテで爆死するので取り換え用のみがわりメタキンが必要になる。 ・『みがわり』をやらす方法だと、200戦ぐらいまでなら究極配合で作った『ハードメタルボディ』のメタルキングに スカラを使用しておけば大丈夫だが、200戦以降になると普通にダメージが通る。 究極配合で作った『超ハードメタルボディ』のダイヤモンドスライムの硬さがないと安定しなくなる。 300戦以降では、そのダイヤモンドスライムでもダメージが普通に通るので盾で守らせて戦う方法は微妙になる。 おすすめのモンスターについて ・メタル系にみがわりをやらせる方法も有効だが、 ステルスアタック、みなごろし、マホカンタによる呪文反射、敵が混乱状態の攻撃などは みがわりを貫通してしまうので回復の手間がかかってしまう部分がある。 一番倒すのが楽だと感じるのは、 サージタウスに『アサシンアタック』をやらす方法が良い。 ・できればで制作したサージタウスにAI行動回数を増やしておく。 サージタウスは配合でも作れるが、他国のモンスターが使用しているのでスカウトアタックで仲間にした方が楽。 究極配合用のサージタウスは、で入手しておく。 ・スキルは『』を入れておく。 AI設定で、ねむり攻撃、マヒ攻撃、メダパニ斬り、アサシンアタックが使用できるように設定しておく。 さらに『』や『』に入っている『 ハートブレイク』を覚えさせ設定しておく。 あとはバトル開始時には『アサシンアタック』を使用するだけ。 ・サージタウスは攻撃力はそれほど攻撃力は高くはないが、行動が素早いのと攻撃が連続なので 状態異常を狙う点においては優秀である。 300戦以降では物理攻撃はほとんどダメージが出せないので、攻撃呪文もセットで覚えさせておく良い。 ・残りのSサイズの枠には、ブレイク持ちで状態異常を狙えるモンスターを入れておくのがいい。 究極配合で『こうどう はやい』を継承させて、サージタウスとで状態異常を開幕から狙う。 こちらの火力が弱く倒しきれないようならスタンバイモンスターと入れ替えて戦う。 一番お金を稼ぎやすいのは勝ち抜きバトルである。 ある程度上位まで進めれば毎日多額のゴールドを入手できるので、めぐりあいの扉に入るのも用意になる。 それで楽にゴールドを稼ぐ方法は、 3DSの本体設定で今日の日付を変更することです。 勝ちぬきバトルは1日1回までだが、日付を変更してしまえば何回でも挑戦できます。 バトルが面倒なら『きけん』すれば、その分のお金が入るので腐るほどゴールドを稼げます。 上限所持額は999999Gまで。 ただ、引継ぎアプリではペナルティーを受けます。 本体設定で日付を変更すると、2日後にならないと引継ぎアプリを起動できなくなります。

次の