この世 英語。 このようにって英語でなんて言うの?

「この世」に関連した英語例文の一覧と使い方

この世 英語

『ハムレット』『マクベス』『オセロ』など、シェイクスピアの名作の数々は現在も上演され、その魅力は失われていません。 [ウィリアム・シェイクスピア](16~17世紀イギリスの劇作家・詩人、1564~1616)このセリフは、英語ではこの様に表記されています。 シェイクスピアの言った様に、私たちの人生とは『一つの舞台の様なもの』なのです。 そして、そこに登場する人々は皆、役者でもあったのです。 しかし、演じている筈の登場人物、つまり私たちが「上演している目的」を忘れてしまっている状態が今の姿だという訳なのです。 これが私達の姿だったのです。 役者が「役の目的を忘れ」てしまって、舞台上で「エゴを爆発させ」て生きているのです。 そして登場する全役者同士「自我と自我のぶつかり合い」をしてしまっているというのが人類の姿だったのです。 セリフを忘れたのならば、役者という自覚もありますが、人間は役者だという事さえも忘れてしまったのです。 さて、この何とも情けない姿を神様はどう観ているでしょうか?しかし、その人生という舞台上にあっても「んっ!?何か違う様な気がするぞ」「違和感の塊しかない!」とか、「アレッ!?私は何の為に生まれて来たんだっけ!?」と、本来の生きる目的に少しずつ目覚めている人たちが増えてきている事に希望を見い出しています。 そして、そんな人たちとヴィジョンは会いたいと、心から願っている。 よって一般社団法人 NEW VISIONを設立したという訳だったのです。 そんな役者たちに監督は「おいおい何やってんだ!そろそろ目を覚まさんか!」って仰るのではないかと思いました。 しかし舞台上の役者たちは自分が役者であることも忘れているので舞台監督の存在さえ忘れてしまって、 監督の声にも耳を貸さず舞台上でマジに生き続けてしまう!本当に凄く恐ろしいことです。 この世に生まれて親に名前をつけて頂いて私はその名を名乗りその人物として今まで生きて来ましたが、 この人生の舞台で、その名の役を演じる為だけにこの世に生まれて来た訳では無いような気がしています。 役を演じるとしても何かしっかりした「目的」があった筈だと思います。 それは何だったのか?思い付くこと感じることを書き出してみます。 それからヴィジョンさんが何故一般社団法人NEW VISIONを設立されたのか? ヴィジョンさんの思いを教えて頂いてありがとうございます。 生きる目的に目覚めて本当の自分の役を生きることを、 本当の人生をスタートさせたら凄く清々しくて気持ちよ良さそうです。 頑張ります。 aikoさん、コメントありがとうございます。 >舞台の役者さんが「役の目的を忘れ」て、演劇をしている事も忘れて >相手に本気で腹を立てたり争ったりしているのを想像して思わず笑ってしまいました。 どうしましょ・・・これは困りましたね。 ・ >「本来の生きる目的」が存在するのだったらすごく嬉しい。 >目的があるなら虚しく無くなるし、頑張れそうです。 そんな人間を神様は、果たしてつくるでしょうか? 無意味な訳はないのです。 意味があるのです。 生きる目的があり、その目的をクリアーする為に、人生で色々な事が起きているのです。 ですから、何が起きても、起きること全てに感謝しかないのです。 本来でしたら人生という舞台で、私たちは役を演じる役者であり、何かの物語を 演じる予定だったと思いますが、役者であることを自ら忘れてしまい 作っていただいた舞台を、わがもの顔で占拠して、誰もが自分が一番偉いと考え 自我をぶつけ合って、とても見苦しい舞台にしてしまっていると、自分を省みながら 想像しました。 人のセリフや、行動に感情的になってしまい、本気でキレてしまう今の自分では 舞台に立って演じる事は、とても難しいと感じました。 その為にも、日々のトレーニングで感情をコントロールしたり、恥ずかしいと 思うようなことにもチャレンジして、自分の役をこなせるようになりたいと 思います。 今回もとても素晴らしい記事を読ませていただき、ありがとうございました。

次の

イギリスに6年住んで分かった「イギリスはおいしい」

この世 英語

『ハムレット』『マクベス』『オセロ』など、シェイクスピアの名作の数々は現在も上演され、その魅力は失われていません。 [ウィリアム・シェイクスピア](16~17世紀イギリスの劇作家・詩人、1564~1616)このセリフは、英語ではこの様に表記されています。 シェイクスピアの言った様に、私たちの人生とは『一つの舞台の様なもの』なのです。 そして、そこに登場する人々は皆、役者でもあったのです。 しかし、演じている筈の登場人物、つまり私たちが「上演している目的」を忘れてしまっている状態が今の姿だという訳なのです。 これが私達の姿だったのです。 役者が「役の目的を忘れ」てしまって、舞台上で「エゴを爆発させ」て生きているのです。 そして登場する全役者同士「自我と自我のぶつかり合い」をしてしまっているというのが人類の姿だったのです。 セリフを忘れたのならば、役者という自覚もありますが、人間は役者だという事さえも忘れてしまったのです。 さて、この何とも情けない姿を神様はどう観ているでしょうか?しかし、その人生という舞台上にあっても「んっ!?何か違う様な気がするぞ」「違和感の塊しかない!」とか、「アレッ!?私は何の為に生まれて来たんだっけ!?」と、本来の生きる目的に少しずつ目覚めている人たちが増えてきている事に希望を見い出しています。 そして、そんな人たちとヴィジョンは会いたいと、心から願っている。 よって一般社団法人 NEW VISIONを設立したという訳だったのです。 そんな役者たちに監督は「おいおい何やってんだ!そろそろ目を覚まさんか!」って仰るのではないかと思いました。 しかし舞台上の役者たちは自分が役者であることも忘れているので舞台監督の存在さえ忘れてしまって、 監督の声にも耳を貸さず舞台上でマジに生き続けてしまう!本当に凄く恐ろしいことです。 この世に生まれて親に名前をつけて頂いて私はその名を名乗りその人物として今まで生きて来ましたが、 この人生の舞台で、その名の役を演じる為だけにこの世に生まれて来た訳では無いような気がしています。 役を演じるとしても何かしっかりした「目的」があった筈だと思います。 それは何だったのか?思い付くこと感じることを書き出してみます。 それからヴィジョンさんが何故一般社団法人NEW VISIONを設立されたのか? ヴィジョンさんの思いを教えて頂いてありがとうございます。 生きる目的に目覚めて本当の自分の役を生きることを、 本当の人生をスタートさせたら凄く清々しくて気持ちよ良さそうです。 頑張ります。 aikoさん、コメントありがとうございます。 >舞台の役者さんが「役の目的を忘れ」て、演劇をしている事も忘れて >相手に本気で腹を立てたり争ったりしているのを想像して思わず笑ってしまいました。 どうしましょ・・・これは困りましたね。 ・ >「本来の生きる目的」が存在するのだったらすごく嬉しい。 >目的があるなら虚しく無くなるし、頑張れそうです。 そんな人間を神様は、果たしてつくるでしょうか? 無意味な訳はないのです。 意味があるのです。 生きる目的があり、その目的をクリアーする為に、人生で色々な事が起きているのです。 ですから、何が起きても、起きること全てに感謝しかないのです。 本来でしたら人生という舞台で、私たちは役を演じる役者であり、何かの物語を 演じる予定だったと思いますが、役者であることを自ら忘れてしまい 作っていただいた舞台を、わがもの顔で占拠して、誰もが自分が一番偉いと考え 自我をぶつけ合って、とても見苦しい舞台にしてしまっていると、自分を省みながら 想像しました。 人のセリフや、行動に感情的になってしまい、本気でキレてしまう今の自分では 舞台に立って演じる事は、とても難しいと感じました。 その為にも、日々のトレーニングで感情をコントロールしたり、恥ずかしいと 思うようなことにもチャレンジして、自分の役をこなせるようになりたいと 思います。 今回もとても素晴らしい記事を読ませていただき、ありがとうございました。

次の

この世(このよ)の類語・言い換え

この世 英語

この世は仮想現実(VR) 古代の考え 今回は、この世界は仮想現実ということを証明する説。 において物理学や量子学の観点で多くの実験がなされているので、それを一緒にみていきましょう。 哲学者プラトンの洞窟の比喩 古代ギリシアの哲学者は、現実と意識を考えるうえで、「洞窟の比喩」を提唱しました。 つまり、影で映し出された現実=仮想現実(VR)に生きているだけで、この世界は意識(イデア)がつくっている。 といったところでしょう。 彼は、仮想現実について以下のような考えを打ち出しました。 知的文明(人類)が仮想現実を作り出すことは技術的に不可能• 人類は仮想現実を作れるが興味がない• また、有名なイーロン・マスクも、2016年夏に「私達の世界が仮想現実(VR)では無いという可能性は100万分の1に過ぎない」 と言及しています。 つまり、ほぼ100%仮想現実だ。 つまり、このシミュレーション仮説が真であるか、偽であるか、かなりの論争が繰り広げられています。 しかし未だ、物理や量子の世界で「決定打」となる説はあがっていません。 ことを証明する実験の1つだとも言われています。 動画を見たことない人はご覧ください。 スリットを通り抜けた物質(量子や光子)がパネルにぶつかるまでを観察するか否かによって、動きが変わるというものです。 と同時にない。 ということです。 意識(観察)することで初めて現実が生まれる。 とも言い換えられ、逆に物質は予め観察されることを知っていた。 とも言ってもいいでしょう。 この世界が仮想現実(VR)だとすれば、説明の付く理論の1つです。 ぼくらが「意識」することで世界が成り立つのです。 これは、 粒子と波動の二重性とも言われますね。 上の、二重スリット実験では、「観測」によって、物質の動きが変わる。 と論じられましたが、 いやいや、そもそも「観測」じゃなくて、その物質が、粒子の性質と波動の性質をもっていたからで、観測は関係ねーじゃねーかという話です。 これがどのようにして世界は仮想現実(VR)だ。 という理論につながるかよくわからないですよね?安心してください、ぼくもわかっていません(笑) ですが、おそらく簡単に説明すると、世界(現実)は二面性があるということです。 つまり 現実(粒子)と非現実(波動)ということです。 これは、めっちゃ技術が進歩して、二重スリット実験の「観察」をパネルにぶつかる直前で行うというものです。 従来の二重スリット実験では、スリットを通り抜ける前か後でしたが、今度は、パネルにぶつかる直前です。 ところがこれも予想に反して、結果は同じでした。 つまり、パネル直前で量子(物質)は 波動から粒子に変わるのです。 わかりやすくいうと、どの瞬間であろうが、「観察」という行為でいきなり物質が非現実から現実なものになりうるのです。 過去にさかのぼったかのようにふるまうのですよ。 不思議ですね笑 ぼくらの意識(観察)が現実をつくっちゃっているんですよ。 アインシュタインが証明してくれましたね。 スピードは無限ではなく有限です。 アインシュタインの双子のパラドックス(時計のパラドックス)では、時間の流れは一定ではなく、光速に近づくほど遅くなっていくということが証明されています。 秒速30万キロで時間は完全に止まります。 不思議ですね。 (笑) そもそも、時間の流れが一定ではなく、光速に近づくに連れて時間が遅くなっていくって意味わからないですよね? ぼくはよくわからないです。 (笑) でも、もしこの世界が仮想現実であれば納得できます。 つまり、「時間」は一定にみえるだけ。 もっと言えば「時間」があるように感じているだけ。 それはなぜか?僕らが時間を「意識」しているからですよね。 この世界はホログラムみたいなもので、時間も空間もぼくらが作り出した幻想にすぎないのでしょう。 分かれたといってもいいです。 この物質BとCに量子もつれが発生します。 つまり、物質Bが例えば右方向に動いていたら、物質Cは左方向に必ず動いているというものです。 物理的な距離や、空間はまったく関係ありません。 ぼくはこの概念よく理解できませんでしたが、紅白のお餅で理解できました。 紅白のお餅が目の前にあります。 紅のお餅を右手にもって、1000万キロ離れたところに一瞬で瞬間移動したとしましょう。 もう一方のお餅は何色ですか?白です。 自明ですね。 例えば、あなたが学校から持って帰った教科書があなたとは別の名前(仮にB君)が記載された教科書であったことに家に気が付いたとしましょう。 あなたの教科書は誰が持っていますか?B君ですよね? これが物質のせかいでも成り立っていることを証明しているんですよ。 これってまさにテレポーテーションの考えが、量子世界で証明できてるってことですよね。 この実験から導き出せるのも、世界は仮想現実だということです。 この世界が仮想現実である。 方が証明されることが多い これまで、二重スリットや量子もつれなど、概念的に難しい実験をそれぞれ見てきましたが、 要するに物理や量子の世界において、この世界は仮想現実であるという立場に立った方が、解明されることが多いんですよね。 厳密に言えば、なぜなのかが物理の法則や二元論的解釈では成り立たないのです。 合理的や科学的なことを証明する立場にある学問が、「この世界は仮想現実だ。 」 というもっとも非科学的であったり、非合理的な立場にたつ方が、合理的という宇宙パラドックスですね笑 この世は仮想現実は嘘 シミュレーション仮説を完全論破 オックスフォード大学の理論物理学者ゾハール・リンゲルさんとイスラエル・ヘブライ大学のドミトリー・コブリジンさんが、 いやいやシミュレーション仮説なんて成り立たないよ。 と主張した例もご紹介しておきます。 これも難しくてよくわからなかったのですが、簡略に解釈すると以下になります。 「量子学で世界をシミュレートするのは、有限なこの宇宙においては無理だ。 」 というのも、量子のシミュレートには膨大な記憶領域が必要で、有限である宇宙において物量が圧倒的に足りない。 ぼくのイメージで乱暴に解釈すると、 たぶん、仮想現実をつくることが自体が不可能やん。 ということです。 というのも、仮想現実をつくるモノの記憶領域がメモリー不足で爆発するんやで。 ということです。 「仮想現実をつくるモノ」、ここが論点になりそうですね。 仮想現実をつくるモノ オックスフォード大学の二人の学者さんの理論でいくと、仮想現実をつくるモノは有限な物質世界です。 もし、仮想現実を作っているモノが物質世界ではないとしたらどうでしょう?二元論に集約できない何かがあるとしたらどうでしょう? もし、それが宇宙をもホログラムとして映し出せるような変態だったら?笑 ぼくの感覚では、仮想現実をつくるのはぼくらの「意識」です。 意識にシミュレートの限界はないです。 もっといえば、記憶領域(メモリー)も存在しないので、無限です。 意識が現実をつくるし、じっさいのところ現実はないですね。 この世界は仮想現実。 だとしたら・・? 個人的には、この世界がホログラムや仮想現実(VR)ということは正直どうでもいいです。 面白いのは、仮想現実と考えたら世界が楽しくなる。 この事実です。 この世界はクソゲー? もし、この世が仮想現実で、プレイヤーが他にいるとしたら、おい。 俺のプレイヤーちゃんとしろや。 と思う人は少なくないでしょう。 笑 また、仮想現実だとしたらなんなの?俺らに関係なくね?と投げやりになっている人も… 関係、めっちゃあるんですよ。 だって、 「現実」はないんですよ? もっといえば、 あなたが現実なんですよ? ぼくら、人間関係、経済面、恋愛で悩むこと多いですよね。 もし、この世界が仮想現実だったら、悩むことってバカバカしくなってきません?笑 ゲームや映画に「シナリオ」が存在するように、ぼくらの人生にもシナリオが存在するんですよ。 しかも、 ゲームや映画とは違って、ぼくら自身が自分のシナリオ書けるんですよ? やばくないですか?生まれた時点で優勝です。 天下とったろ、じゃなくてもう天下とってるんですよ。 仮想現実と通じる部分のある、マンデラエフェクト(記憶違い)については、以下の記事でご覧ください。 魂が喜ぶ選択を この世界が仮想現実であるという説。 は、じつはスピリチュアルな世界では当たり前すぎるのですが、この説から受け取れるメッセージがあります。 それは、 ぼくらは魂が喜ぶ選択をするために生まれてきた。 ということです。 この世界は意識がすべてです。 意識は魂やエネルギー。 人間だから、一喜一憂するのは当然です。 ゲーム内でもつねにキラキラ全力ガールなんてことはありえないですよね。 もし、迷っていることがあったり、悩んでいることがあれば、あなたの魂に聞いてください。 あなたがシナリオメーカーで、登場人物の設定も自由。 人生は意外にイージーモードな障害で溢れているかもしれません。 摩訶不思議なパラレルワールドについては以下で詳しく説明しております! はれたん この世がというか地球が仮想空間だとしたら、ゲームのsimシティ的な感じなんですかね。 そうだとしたらぞっとします。 1人1人には何の制約もなく死んだら終わりでただのデータだったらむなしいです。 前世の記憶がある人も前作った人のデータのコピーである可能性ありますよね。 全部作るの面倒で。 スピリチュアル的な話 魂は永遠ってのがいいです。 地球は監獄惑星で犯罪者の魂を地球に捨てに来てるとか、地球は隔離されていて、人間は牧場の牛と同じで感情を生産する植物としての存在で刈り取りの時期が来たら、災厄で殺していまわの際に出るエネルギーを収穫し、それを宇宙人が薬として使ってるとかいうのはしってましたが、単なるデータってのが一番辛辣です。 確かに人間は見たり聞いたり感じたりできる範囲が狭くこれを現実とするには知らない範囲が多すぎると思います。 人間の身体のエーテル体、アストラル体、メンタル体、コーザル体などのエネルギーの体の存在はどう説明するんだろう。 正直いって単なるデータだったらますますやる気がなくなります。 こうなりたいとかないし、何が楽しい?って感じ。 人に遊ばせてもらうのとかも嫌いだったし、何でもやりたいことあったら言ってと言われても、それをやったからといってどんな意味があるのやらって思ってしまう。 ばかばかしい。 それなりにいやなことを避けて、ささやかな趣味やら食欲で時間を経過させてるけどそれは退屈しのぎ。 これ以上ここにいるのはもう飽きた。 そう何回かいえば この世界から消える呪文でしたね。 怖い目にあうのはイヤなんでムリにログアウト希望はしないですけど残酷ですね。 これが実験やらゲームだとしたら。 この感情もAIの作ったパターンなのかな。 魂はあるのか?単なるデータ?心と言われる物も情報の産物? どうなんだろう。 地球で言うところの人間って 人間で言うところの皮膚についた細菌みたいな存在ですよね。 小さすぎて事の全容がわからなすぎて歯がゆいです。 長々失礼しました。 ニンゲン 簡単に言えば昔のドラえもん映画に出てきた宇宙シミュレーションキット的なものなんですかね。 また、百億の昼と千億の夜という作品の最終場面で転輪王というその世界のアーキテクトが登場して、「私自身も私のシステムの外側に何があるのかは知りえない」という意味を伝えて修了したのが印象的でした。 デカルトさんが確信したという唯識というその物自体もまた一過性の幻なのでしょうか。 素粒子の様に時空間にも最小単位があり世界はデジタルで不連続な構成になっているという理論もあるようですが、この世がシュミレーション場だと考えればそれも納得できます。 まあ、どちらにしても現に今いる私という主観でしか生きていけないのだから、あーでもないこーでもないと言い続けながら一生を終えることはないと思います。 労働は神が与えた慈悲という意味が身に染みてきました。 水槽の中の脳 私はこの世界はストレスを与える事を目的とした実験のシミュレーションだと思います。 この世界が何万個も存在し、薬や兵器などを開発させているとも思っています 早い話が実験場ですね、私たちはマウスの様な存在で実験が終了すると実験場も閉鎖される。 量子もつれについては量子は2つでペアになっていて観測を開始すると2つで逆方向に回転を始める、このペアは距離がどんなに離れていても、観測された途端に逆方向の回転を始める 光のスピードでも辿り着けないほど離れていてもペアの1つが観測されればもう一つは即座に逆回転する、2つが何らかの方法で通信しあっていても、光よりも早く通信している事になる。 って事だと思っていました。 名無し 意識は、フロイトも述べているように、脳内部を知覚対象とした感覚器官の一種です。 「意識する。 」と言ったら、「意識感覚器官で知覚する。 」ことを意味しています。 この意味で、意識知覚している世界は、脳内部の事象なので、『仮想現実』と呼んでも間違いではありません。 知的生命体が意知覚している世界は、古来の言葉を使えば、『ゆめ、うつつ、まぼろし』の3つが存在しています。 うつつ(現)体験は、通常の覚醒時の体験です。 この時、意識知覚している世界は、外部感覚器官からの信号によって構成されています。 現実世界をスクリーンに映して、そのスクリーンを見ているようなものです。 だから、日常体験では、現実と意知覚が一対一に対応しているので、「我々は現実世界を体験している。 」と見なしても、不都合は生じません。 ゆめ(夢)体験は、夜寝ているいる時に体験します。 夢の原因は、心の中に蠢いている様々なストレスやテンションです。 外部感覚器官から流入した信号ではありません。 この意味で、夢は完全な現実に基づかない架空体験(仮想現実)です。 まぼろし(幻)体験は、別名、『死後幻覚』とか『もののけ』『お迎え現象』と呼ばれています。 ほとんどの方は、体験が無いと思います。 この為、この現象は、現象の存在自体が認められていません。 うつう体験と区別が付かないほど、リアルな体感を伴っているので、しかも、今まで体験したことの無い程の深い満足体験を伴っているので、しばしば、「死後の世界に迷い込んだ。 」「お花畑を見た。 」「UFOに拉致された。 」「神と遭遇した。 」と語られています。 夢以上に完全な仮想現実の世界です。

次の