トリガー ポイント。 トリガーポイント

トリガーポイントとは?~痛みに特化した治療法~

トリガー ポイント

筋膜と筋膜リリースの基礎知識 筋肉は、 筋膜という薄い組織膜に包み込まれています。 筋膜に包まれた筋肉は、さらにグループごとに筋膜に包まれています。 筋膜とは筋肉を包む膜のことで、ウェットスーツのように体全体に張り巡らされ、表層から深層まで立体的に包み込むため、組織を支える第二の骨格であるといわれています。 筋膜は筋全体を覆っている最外層の筋外膜、いくつかの筋線維を束ねて覆っている筋周膜、さらに筋線維1本1本を包む筋内膜との3種類に分けられます。 この筋膜は柔らかい組織なので、委縮・癒着(ゆちゃく:からまる、くっついてしまうこと)しやすい特徴があります。 この筋膜の委縮や癒着が時にコリや痛みを招き、筋肉の柔軟性を損なう原因になります。 筋膜の役割とは? 筋膜には様々な重要な役割があります。 各組織を包み込み、組織と組織の間に仕切りをつくり分けると同時に結びつけ、体の姿勢を保つ役割を持つ• 組織同士がこすれあうことで生じる摩擦から保護する• 筋膜は、筋線維を包んでいる3つ(筋外膜、筋周膜、筋内膜)に構成された構造から、筋線維の動きを支え、力の伝達を行う 筋膜自身はコラーゲンでできており、85%が水分です。 水分の枯渇やストレス、同じ姿勢での長時間作業(パソコンやデスクワークなど)、筋肉の柔軟性の低下などにより、筋膜同士が癒着してしまい、筋肉自体の動きを阻害してしまいます。 筋膜は全身を覆っている組織です。 例えば、腰や背中に痛みやコリのある方は、おしりやふともも、股関節部位などの「痛みのある部分の周り」の筋膜をリリースすることによって、症状を改善することができます。 肩などの痛みなども同様で、肩や首、腕やわきの下などの筋膜をリリースすることによって、改善することができます。 全身に広がる筋膜の代表的なライン 筋膜リリースとは? 筋肉がスムーズに動くためには、筋膜の滑りの良さが必要です。 筋膜を柔らかくし滑りを良くして、解きほぐすことを「筋膜リリース」と言います。 筋膜リリースを行うことにより、筋肉の柔軟性を引き出し、関節の可動域を拡大します。 筋膜リリースとは、筋膜の委縮・癒着を引き剥がしたり、引き離したり、こすったりすることで、正常な状態に戻すことを言います。 筋膜リリースがときに「筋膜はがし」と翻訳されて呼ばれる理由もここにあります。 従来は、アイロンを使用するように、両手を使って皮膚表面を引き剥がしたり、指で筋膜同士を引き離したり、手のひらでこするようにマッサージし、筋膜リリースを行なっていました。 この方法は高度な技術が必要で、時間もかかるものでした。 しかも、筋肉本体は一時的に柔軟性を取り戻しても、筋膜の柔軟性がなければ、時間の経過とともに再び筋膜、筋肉は、萎縮してしまうのです。 そして全体についている細かな突起は「こする」機能を果たします。 ウォーミングアップと筋膜リリース 全てのスポーツで、練習や試合の前には必ずウォーミングアップ(準備運動)を行うことが大切です。 準備運動の目的は、ケガの予防と筋肉のパフォーマンスの向上です。 ウォーミングアップとは、文字通り身体を温めることです。 心拍数を上げて、体温を上昇させることにより、よりハードな動きを行うための準備になります。 筋膜リリースを行い筋肉の柔軟性を高めてから、動的ストレッチ、ランニングなどで体を温めます。 この流れは、筋肉の構造からしても理にかなったウォーミングアップ方法と言えます。 プロ選手でさえ、専属トレーナーがついている選手は、そう多くはありません。 また、トレーナーを練習や試合、遠征・自主練などに常に帯同させることはほぼ不可能と言えます。 過酷なスケジュールをこなすスポーツ選手には、とても有効なツールと言えます。 身体そのものが財産であるプロフェッショナルアスリート。 01秒でも早く、遠くに、動きたいアスリート、相手よりも俊敏に移動したいアスリート、自分の持つパワーを最大限に発揮したいアスリート、長く選手として活躍したいシニアアスリートなど、アスリートの目的はさまざまです。

次の

トリガーポイントとは何なのか⁉︎

トリガー ポイント

この記事の目次• 棘上筋 関連痛領域は主に 肩関節外側の深部痛、時に上腕外側〜前腕・手首へ放散。 動作時に激痛が生じることもあり、腱板損傷や断裂、滑液包炎と誤診されることも。 可動時のレキ音もこのトリガーポイントが原因のこともあります。 棘下筋 筋肉は肩関節後面に位置しますが、 関連痛領域は 肩関節前面が主です。 特に深部痛として感じることが多く、上腕二頭筋にまで及ぶこともあります。 棘下筋のトリガーポイントが生じた場合には、キートリガーポイントとして他のローテーターカフにもトリガーポイントが形成されます。 小円筋 主に上腕との付着部の肩関節後面に痛みを送ります。 時より環指や小指にも痛みや痺れを送ります。 大円筋・広背筋 大円筋は三角筋後部に痛みを、広背筋は肩甲骨下角周囲に痛みを送ります。 まれに上腕や環指・小指にも痛みを送ります。 広背筋のトリガーポイントは、上腕三頭筋や尺側手根屈筋にサテライトトリガーポイントを形成します。 菱形筋 肩甲骨内側へ痛みを送ります。 頚椎疾患と診断された方で肩甲骨内側部分に痛みを訴えるケースは多いですが、菱形筋が関与している可能性もあるのでチェックしておきたいですね。 上腕三頭筋 上腕三頭筋のトリガーポイントは様々な部位に痛みを送ります。 肩関節後面、上腕内側・後面、肘関節外側へと痛みを送ります。 筋膜の繋がりの影響で肩関節疾患では硬化しやい筋肉です。 リリースはつまむ様に行うとリリースしやすくなります。 斜角筋 斜角筋のトリガーポイントは肩、上背部、上腕の痛みの原因となり必ずチェックしておきたい筋肉になります。 上後挙筋、大・小胸筋、三角筋、総指伸筋、橈・尺側手根伸筋、上腕三頭筋にサテライトトリガーポイントを形成します。 頚椎疾患、肩関節疾患に類似した痛みを出すことが多く、頚椎ヘルニアや肩関節周囲炎と間違われることがあります。 三角筋 三角筋のトリガーポイントは離れた部位に痛みを送るのではなく、三角筋自体に痛みを送ります。 肩関節周囲炎と診断された症例でも三角筋部に痛みを訴えるケースは多いですよね! 三角筋にはトリガーポイントが形成されやすいです! 大胸筋 胸部、肩関節前面、上腕内側、肘関節内側、手部の尺側、環指・小指に痛みを送ります。 大胸筋下縁のトリガーポイントにより不整脈を生じることもあります。 小胸筋 大胸筋と似た関連痛を引き起こします。 小胸筋の短縮により肩甲骨が過外転することで上腕神経と腋窩神経を圧迫し前腕・手部・手指に痺れを起こします。 臨床的には短縮・硬化しやすい筋肉ですのでチェックしておきたいですね。 鎖骨下筋 鎖骨下筋のトリガーポイントは広範囲に痛みを送ります。 鎖骨のすぐ下、上腕二頭筋部、前腕橈側、母指、示指、中指に痛みを送ります。 鎖骨下筋の短縮も鎖骨と第一肋骨の間の鎖骨下動・静脈を圧迫し上肢に痛みや痺れを引き起こします。 肩甲下筋 主な症状は肩関節後面の深部の激痛。 また手関節背側に痛みを引き起こすこともあります。 肩甲下筋にトリガーポイントが形成され短縮すると上肢の挙上を著しく制限します。 上腕二頭筋 主な症状は肩関節前面と肘関節外側に痛み。 肩関節後面や棘上筋あたりに漠然とした痛みを引き起こすこともあります。 上腕二頭筋のトリガーポイントは 棘下筋や 鎖骨下筋の関連痛によって生じることが多いです。 烏口腕筋 烏口腕筋のトリガーポイントは三角筋前部、上腕三頭筋、上腕後面、手背部に痛みを送ります。 稀に中指まで痛みが出ることも。 またトリガーポイントによって短縮した烏口腕筋は神経を狭窄し上腕や手に痺れを引き起こします。 肩関節疾患でも制限となりやすい筋ですので、チェックしておきたいですね! 前鋸筋 側胸部、肩甲骨下端、背部に痛みを送りますが、稀に上腕内側や前腕〜手部尺側にも痛みを送ります。 肺疾患や心臓疾患と似た症状であるため注意が必要です。 前腕屈筋群• 浅・深指屈筋:手指前面に鋭い痛みを送る• 円回内筋・方形回内筋:手関節橈側や母指に痛みを送る 正中神経を圧迫することも• 橈側手根屈筋:手掌側の母指基底部付近に痛みを送る• 尺側手根屈筋:手関節尺側に痛みを送る• 長掌筋:手掌に灼熱感や疼きを生じる• 指屈筋:手指の前面に鋭い痛みを送る• 回内筋:手関節の母指側に広範囲に痛みを送る• 長母指屈筋:母指末端に痛みを送る 前腕伸筋群• 長橈側手根伸筋:テニス肘の主原因で手部や手関節の背部にも痛みを送る• 短橈側手根伸筋:手首や手背に痛みを送る 橈骨神経を圧迫することも 手内在筋• 母指対立筋:手首前面の橈側に痛みを送る 母指側面に痛みを送ることも• 母指内転筋:母指の付け根部分に痛みを送る• 骨間筋:手指と遠位指節間関節の側面と底面に痛みを送る 人気記事 人気記事.

次の

【トリガーポイントのほぐし方】緩める効果を3倍にする方法

トリガー ポイント

トリガーポイントグリッドフォームローラーとは? 仕事・あそび・運動でたまった体の疲れをほぐし、浮腫みや筋肉のハリを緩和することでスッキリとした体になるサポートをしてくれる製品です。 製品名:トリガーポイント グリッドフォームローラー• 値段:5,400円 税込• 愛用する芸能人:ローラさん• 買える場所:公式ホームページのオンラインショッピングサイト、Amazon(類似品も販売している可能性があるので、正規品表記・値段の差がないことを確認して購入してください。 公式ホームページで購入する方法が確実です。 ) トリガーポイント グリッドフォームローラーの特長 体の疲れやストレスなどは、筋肉の柔軟性が落ちる原因となります。 筋肉は筋膜という組織に覆われているのですが、この筋膜をほぐすことで筋肉がスムーズに動きやすくなります。 筋膜をほぐすことを「 筋膜リリース」と呼んでおり、トリガーポイントフォームローラーは筋膜の組織に圧迫や刺激を与えることで、筋膜の乱れを改善するのに役立ちます。 トリガーポイントフォームローラーの正方形の平坦な部分は「手のひら」の機能を、横の棒状の形は「指」の機能を行います。 そして全体についている細かな突起は「こする」機能を果たします。 自身でマッサージをするときにはかけられない刺激や手が届きにくい箇所もほぐしやすいです。 トリガーポイントグリッドフォームローラーの効果 筋肉疲労や肩こりの悩みが常日頃ある人が使用している例が多かったです。 トレーニングを習慣的にしていなくても、筋肉がほぐれ、体が軽くなった。 また、座り仕事で脚が浮腫んでパンパンだったけど、使用し続けていたらスッキリしてきたと効果を実感している方が多かったです。 トレーニングを日頃からしており、数々のフォームローラーを使用したことがある方は、以前は手で筋肉をほぐしていたが、本製品をつかうことでマッサージの時間が大幅に短縮されたにもかかわらず、筋肉の柔軟性があがるのを実感することができ、筋トレ前後に使用することで効率が上がっていると実感できるそうです。 トリガーポイントグリッドフォームローラーの口コミでの評価 トリガーポイントの口コミを調査してみると、多くの方が普段のストレッチの中に取り入れ効果を実感していることがわかりました。 やはり 一番多かったのは脚の浮腫みに対して効果があったという意見です。 常に脚のだるさや浮腫みに悩まされていたが、トリガーポイントを使用することでだるさがなくなり楽になったという口コミが多かったです。 浮腫みを緩和させることで、以前よりも脚がスラっとなったかも?という女性の意見もありました。 また、セルフマッサージにトリガーポイントを取り入れることで、ほぐしやすくなりリンパマッサージもしやすくなり、老廃物を流すことで浮腫みの改善につながったという効果を実感できた意見もありました。 失敗した方の口コミをみると、刺激が強く、使用すると痛いので向いていないという意見が見られました。 マッサージの刺激に慣れていない人は、痛みをかんじてしまうのかもしれないです。 また、自分で動作を加えマッサージをするので、簡単とはいえ面倒くさくて続かないという意見もありました。 体の部位に装着して、スイッチを入れると自動的にほぐしてくれるような製品ではないので、続かず失敗に終わったという口コミもちらほらある印象を受けました。 トリガーポイントグリッドフォームローラーの体験談 効果的な使い方 取扱い説明書:下半身の筋膜をほぐす使い方 取扱い説明書:上半身の筋膜をほぐす使い方 筋トレやウォーキングなどをしたあとは、筋肉がとても疲れている状態となり体がだるくなることがあるので、運動するときにつかったところをほぐすように使用すると良いです。 例えば、上腕を鍛える腕立て伏せをしたときは腕の筋肉が疲れているので腕をほぐし、長時間の有酸素運動をしたときには脚がだるくなるので脚をほぐすと疲れがたまったままになりにくいので効果的です。 また、筋トレやウォーキングなどの有酸素運動をしなくても、デスクワークが多いわたしは肩こりや脚の浮腫みを感じることが多々あるので、運動後だけに限らず使用します。 マッサージを誰かにしてほしいけど、してくれる人がいないときでもセルフで充分の刺激があるので満足できます。 カラーバリエーションと耐久性 カラーはビビットカラーを中心にピンク・オレンジ・グリーン・ブラックなどがあります。 仕様は筒状で中が空洞になっているので、非常に軽く持ち運びも安易です。 軽いとなると耐久性が心配になるところですが、体重を支えることができる素材となっているようなので問題はなさそうです。 私自身、全体重(162センチ・約55㎏)をかけ使用し始め3ヶ月ほどですが、曲がってきたなどのアクシデントもありません。 他社製品との比較 トリガーポイントはクッション性がある手触りだけど、空洞になっていてクッション素材を支えている部分が硬いところが魅力的でした。 以前、他社製品で筒状のフォームローラーを使用した経験があるのですが、クッション素材で中が空洞になっていない製品だったので使用感も比較的ソフトなものでした。 私のように、体が凝り固まっている、浮腫みが激しくだるさが続いている方には、トリガーポイントが向いているのではないかと思います。 整体やマッサージ店などで強めを希望する方にはちょうどいい刺激だと思います。 わたしが実践した使用方法 わたしの場合、日々の事務仕事による長時間のデスクワークの結果、肩こり・脚の浮腫みが顕著でした。 また、休日にはフィットネスジムで軽めの筋トレを30分~1時間したあとにウォーキングをしていたので、筋肉痛もありました。 仕事の疲れと運動後の疲れはまた感覚がちがうので、仕事での凝りと浮腫みをほぐすときは入浴後の体があたたまっているときに、運動後は体をクールダウンさせるストレッチのときに使用していました。 浮腫んでいるときはとくに脚がパンパンで、仕事後はスキニーパンツなどもキツイと感じていたのですが、トリガーポイントを使用し続けてからは浮腫みが緩和されて、履いたときにゆるく感じました。 脂肪がついていて太っていると感じていた脚が、トリガーポイントを使用してからは浮腫みで太くなっていたことに気づきました。 なので、適度に体も動かしていて、標準体重なのに脚が太くみえる人は、もしかしたら浮腫みかもしれないです。 私がそうでした。 トリガーポイントは、体重などの数字で効果がわかるというよりは、 見た目で効果がわかる製品という印象です。 なので、体重を落とすことにこだわっていない、見た目重視の方には向いている製品です。 逆に、 体重を落としたい方にはあまり向いていない製品です。 力をこめすぎるとアザができるので注意 わたしはからだのだるさが強く、気持ちいいよりも痛気持ちいいくらいの刺激を好むので、かなり強めに体重をかけてトリガーポイントを使用していました。 もちろん浮腫みは緩和され満足はしているのですが、力をこめすぎた影響なのか内ももにアザができてしまいました。 使用し続けていると、アザができることもなくなったので、現在はとくに問題はありません。 トリガーポイントグリッドフォームローラーでのダイエット成功のポイント トリガーポイントは体の部位をほぐすことで、見た目に効果をもたらすものだと実感しているので、適度な運動に加えて使用することが1つ目の成功のポイントだといえます。 浮腫みが緩和されるだけでも多少見た目には変化が出ると思いますが、やはり筋トレや有酸素運動をしたあとに取り入れるとより効果的です。 運動後、使った筋肉をほぐさず放置すると固くなってしまい、脚などの筋肉量の多い部位は太くなってしまう可能性があります。 なので、運動後にトリガーポイントを使用すると筋肉がほぐせるので、相性がよくダイエットが捗ると思います。 2つ目の成功ポイントは、継続して使用することです。 体は毎日動かすもので、疲労も毎日蓄積されていくものなので、凝りや浮腫みをその日のうちに取り除くイメージで使用していると内面も外面も効果を実感しやすいです。 わたしはなるべく仕事おわりやお風呂あがりに使用するようにしていますが、寝転んだり座ったりの姿勢でも使用することができるので、テレビをみたりゴロゴロしている最中に使用するときもあります。 使用する時間やタイミングを決めすぎないようにすると継続することも苦にならないので、成功へと前進していけるのではないかと思います。 スポンサーリンク まとめ ダイエットをより効果的にするために取り入れたトリガーポイントを使用して気づいたことがあります。 それは「 ダイエットをするための土台づくり」が成功の秘訣だということです。 インターネットやテレビで紹介されているストレッチやマッサージをやみくもに行っても、イマイチ効果が実感できなかったわたしですが、筋膜をしっかりとほぐす工程を取り入れることで見た目にも中身にも変化が出るようになりました。 筋肉をほぐすことはダイエットだけではなく、健康にも良いのでぜひ使用してください。

次の