く はら 死亡。 神奈川県相模原南警察署 トップページ

戦国時代のなんJ「【速報】信長死亡」「そおすはらでゑ」

く はら 死亡

気になるところから読む• 元KARA ク・ハラのプロフィール 名古屋の皆さん。 今日、ありがとうございました。 とても楽しかったー。 残り東京です。 生年月日は1991年1月13日(28歳)、出身地は大韓民国広州直轄地(現:広州広域市)。 2008年にKARAのソンヒが脱退したことを受けて行われた公開オーディションに合格し、知英とともにKARAのメンバーとなります。 2016年1月15日にDSPメディアとの専属契約が終了後、キーイーストと専属契約を締結。 2017年7月1日に子会社のContent Yに移籍しますが、2019年1月末をもってContent Yとの契約を終了。 2019年6月からは活動拠点を日本に移し、プロダクション尾木と契約していました。 2011年の東日本大震災の時には、いち早く700万円を寄付してくれたと言われており、親日家としても知られていました。 ソウルの江南警察署は、正確な死因と経緯の把握に着手したと報じられています。 ハラさんの死には、自殺・突然死・事故・事件などさまざまな可能性が唱えられているものの、今のところ 死因の詳細については明らかになっていません。 自殺と断定した理由については、 付近の防犯カメラを解析した結果、死亡前日の深夜0時40分ごろにハラさんが帰宅した後で自宅を訪れた人はいなかったためで、他殺の疑いがないとして司法解剖も行わないと決定しました。 死亡現場で見つかったハラさんの自筆とみられるメモを27日の出棺後に公開する予定だということなので、新しい情報が入りましたらこちらに追記します。 11月13日に最新シングル「Midnight Queen」が発売され、11月14日から19日まで全国4都市でZeppツアーを行うなど、精力的な活動をしていた矢先のことでした。 皆さん! いい思い出になりました。 ありがとうございますただいま! ソルリさんの親友だったハラさんはインスタライブで「あなたの分まで頑張って生きる」と涙ながらに語っていたばかりでした。 スポンサーリンク ク・ハラをめぐるリベンジ騒動と自殺未遂の原因を調査 《GT• その前日には、自身のインスタグラムに 「大変なのに大変じゃないふり、つらいのにつらくないふり。 そうやって生きて来たら、表面は大丈夫そうに見えるのに、中はぼろぼろに壊れている」というコメントをしていました。 (現在は削除されています) 一部報道によるとハラさんは以前からうつ病を患っており、また睡眠薬を常用していたとも伝えられています。 ハラさんを精神的に追い詰めた理由の一つとして取り上げられているのが、元彼氏チェ・ジョンボムとの 「リベンジポルノ」事件。 2018年9月に発覚したこの騒動は、ク・ハラさん、チェ・ジョンボムさん双方が暴力をふるい、チェさんはハラさんに「性生活の動画をばらまく」と脅迫をしたそうです。 そのためハラさんはチェ氏を傷害や脅迫容疑などで告訴。 傷害の罪で執行猶予付きの有罪判決が出たものの、「映像を外部に流出した証拠はない」として、「リベンジポルノ」に対しては不問とされていました。 スポンサーリンク ク・ハラの訃報に次々と届くお悔やみの声 ク・ハラさんの訃報に際し、お悔やみの声をまとめました。 ハラ死亡…?!!嘘でしょ… 自殺未遂したあとから精神やばかったのか。 ハラおんに、涙が止まらないです。 大好きですおんに。 つい最近まで元気な姿を見せていただけに、未だに現実を受け止められない部分があります。 可愛くて、まだ若かったハラちゃんが亡くなってしまったのは本当に残念で仕方ありません。 スポンサーリンク まとめ 今回は、元KARAのメンバー、ク・ハラの訃報についてお届けしました。 ク・ハラさんは、2019年11月24日午後6時9分ごろ、ソウル市江南区市内の自宅で死亡しているのが発見されましたが、死因と経緯についてはわかっていません。 今年の5月には自殺未遂騒動があり、その原因の一端に元彼氏チェ・ジョンボムとの「リベンジポルノ」事件があると噂になっているものの、現段階ではハラさんの死去との因果関係は明らかになっていません。 引き続き調査を行い、新しい情報がわかり次第こちらに追記したいと思います。 ク・ハラさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

次の

元KARA ク・ハラ死亡 5月の自殺未遂で見えていた「韓国芸能界の闇」と「死の兆候」

く はら 死亡

自己PR(ひとこと・プロフィール・生年月日等) 1945年大分県生まれ。 1984年7月21日・1985年11月20日の2回にわたる「真言密教の宗祖・弘法大師 空海」との不思議な霊的結縁により、霊能力を授かる。 1982年頃より日本国存亡の危機を予測し、1992年に日本文明・文化の礎であるムスヒを根幹として、宇宙本位 コスミカリズム にもとづく共尊・共生・共育の祀祭政一致の精神のもと、日本人をしあわせにする9つの事業構想を提唱。 2000年に国づくり人づくり運動を決起し、2005年より本格的に運動を開始する。 同じ志のある政治家・経営者・学者・医者・教育者・ビジネスマン・主婦と、幅広い賛同者が全国に増えつつある。 人間の運命の法則を、心理学・大脳生理学・科学・波動学・分子生物学・仏教唯識学・ヨガなど、また、真言密教の教義・行法をはじめ、滝行・断食行・瞑想などさまざまな分野を実践・研究し、わが国で初めて宇宙の真理から科学的・学術的・具体的に体系化した、『CMF運命創造学』を確立。 これまでに延べ8000人以上に教授し、3000人以上の運命指導をする。 日本人が忘れかけている、縄文時代から育まれた日本人の心。 その誇りを呼び覚ます魂の書。 これまでの講演等テーマ/よくあるもの 社会問題に関するもの 「祀祭政が日本をワクワクさせる」 経営に関するもの「社員の本音のやる気を引き出せ」「経営者の運力が決め手」 人生全般に関するもの 「無限力を引き出せ」「不可能を可能にする秘訣」「霊性と運力」「強運力を磨け」「人生は選択で決まる」 主な実績/依頼先 青年会議所(JC)/幼稚園協会/商工会(各市町村)/県中小企業中央会/幼稚園協会/少年野球指導者協会/美容業界/生命保険会社/DMP訓練グループ/戸坂中学校PTA/21世紀経営創造コンファランス/(社)東京都自動車整備振興会 ほか多数 講演・研修・執筆・コンサルティング料金の目安 ご相談に応じます.

次の

ビタミン神話崩壊?過剰なビタミンB12摂取は死亡リスクを高める可能性有り。|五本木クリニック院長ブログ

く はら 死亡

ビタミンB12には予想もしなかったリスクがあった 以前、ビタミンB12の効果に対してdisったブログを書いて、各方面からお叱りのお手紙、メール、ソーシャルでのコメントを頂いた私です。 まあ、この時は坐骨神経痛に悩まされていて某整形外科の有名医師にビタミンB12を処方されたけど、一向に痛みが消え去る気配がなかったための、恨み節的なブログであったことは反省しております。 それ以来、ビタミンB12に関してアンテナを高くして情報収集に務めていたところ、こんな論文を見つけてしまいました。 「Association of Plasma Concentration of Vitamin B12 With All-Cause Mortality in the General Population in the Netherlands. ビタミンB12に恨みがあるわけじゃないですが、当時「あんたは整形外科医に真っ向から絡むわけぇ〜」とか「お前はビタミンB12に親族でも殺されたのか」なんて恫喝をしてくれた医療関係者を装おった変な人向けに、この論文をお返ししますね。 ビタミン至上主義、ビタミン手放し信奉者の方々へ ビタミンってなんとなく体に良いイメージがあります。 ビタミン信奉を拗らせた方は医師でも医療関係者でも多いようで、私はその方々界隈へ時々疑問を呈しています。 例えば とか とか。 これはかなり決定的にビタミンはなんでも体に良い説を覆すものだと思います。 真っ当な医師の中でも、「ビタミン系サプリは毒にはならないから」と言ってしまう人もいますし、「水溶性ビタミンは摂取しすぎても、過剰なビタミンは体外に排出されちゃうから、大丈夫」と患者さんに告げてしまう人もいるでしょう。 でもさあ、ビタミンB12欠乏症でもないのにサプリメントで過剰に摂取してしまうと、全死亡リスクが高くなってしまうのですぜ。 安全だと考えられていたビタミンB12を無闇に服用すると死亡リスクが増える、を読み解く 過ぎたるは及ばざるがごとし的な研究結果を出した前述の「ビタミンB12の過剰摂取は死亡率を高める」論文の詳細を見ていきましょう。 8名死亡、もっともビタミンB12の濃度が高いグループは年間65. 7名死亡 これらから ビタミンB12の血中濃度が高いと死亡リスクが1. 85倍になる との結論を得ています。 Q4が一番ビタミンB12の血中濃度が高かったグループ、Q1がビタミンB12の血中濃度が低かったグループです。 時間の経過とともに生存率が乖離して行くことがわかります。 世の中にはびこるビタミン信奉者さんはどのように反論するのか? 私はビタミン欠乏が原因となっている病気の治療にビタミンを使用するな、と言っているのではありません。 ビタミンは体に良い、病気を治しちゃう、中には大量のビタミン、複数のビタミンを摂取することによってがん治療も可能である、と主張する素人さんや代替医療家や、医師の考えを知りたいのです。 効果がないだけではなく、副作用というような生易しいものではない、死亡リスクの上昇という大問題が無軌道なビタミン摂取には発生してしまう可能性が高いことを知っていただきたいのです。 今回取り上げた医学論文はコホートによる検証であり、エビデンスレベルとしては、中の上。 過去のデータを分析する後ろ向きコホートよりは信頼度は高く、ランダム化比較試験よりは信頼度は低いものと考えられています。 一方、一般書籍等で見受けられるビタミンを使った健康法や治療法のほとんどは、症例報告であり、それよりは信頼度は明らかに高いものです。 まあ、多くは検証に耐えられるようなレベルでは無い話がほとんどです。 howardisms. まだまだあります、必要以上のビタミン剤摂取のリスク あるビタミンが欠乏していることによって引き起こされる一部の病気に対しては、ビタミン剤を投与することは有用な治療方法の1つであることは間違いの無い事実であり、科学的手法によって医学的治療方法として確立しているものもあります。 しかし、残念ながら標準治療による治療が困難である病気に対して、ある種のビタミン剤を投与することによって治療が可能であることを主張している一派が存在しています。 その方々はビタミン剤の有効性をエビデンスレベルの低い症例報告等で、もっともらしく一般の方々に告げることによって、一定数の熱烈な信奉者を獲得しているようです。 ビタミンB12対して、死亡リスクを高める、との可能性が今回取り上げた医学論文によってかなり強くなってきています。 手放しでビタミン剤の摂取によって病気を治す、と主張している方々にお尋ねしたいことがあります。 例えば「Effect of homocysteine-lowering B vitamin treatment on angiographic progression of coronary artery disease: a Western Norway B Vitamin Intervention Trial WENBIT substudy. 」(PMID: 2049466)では、心臓の血管の病気(冠動脈疾患)に対するビタミンB12の有用性を検証しています。 結論としてビタミンB12が欠乏している状態の患者さんに対して、ビタミンB12を投与しても効果がないことを報告していますよね。 」(PMID: 31074816 )はビタミンB12を大量に摂取している人の方が股関節の骨折リスクが高いことを報告していますよね。 今回取り上げた論文をPubMedで見てみると、このように右側に似たような論文も表示されます。 この「Similar artcles」を追いかけていくと、次から次とビタミンB12に関する研究論文が提示されます。 手放しでビタミンなんちゃら療法を推奨している医師たちはこのような一手間をサボっているのでしょうか?ビタミンB12が冠動脈疾患に有効じゃない論文もビタミンB12で骨折リスクが高くなる論文もこうやって簡単に見つかるんだけどねえ。 ビタミン欠乏以外の患者さんに対して、ビタミンでなんらかの病気を治す、と強く強く主張している代替医療治療家さんや医師はぜひぜひまともな研究成果として、検証可能なデータをご提示くださいませ。

次の