ベイスターズ 平良。 2019年8月9日(金) vs. 中日 セ・リーグ 公式戦 横浜 | 横浜DeNAベイスターズ

平良 拳太郎

ベイスターズ 平良

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] 時代からエースとして活躍。 時代はチームを沖縄県春季大会優勝・2013年春季九州大会8強に導き、出場のを相手に16奪三振の2安打完封勝ちを収めている。 のでに5位で指名され、入団した。 背番号は 92。 巨人時代 [ ] 、4月28日に同僚の、と共に 「侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜」のNPB選抜に選出されたことが発表された。 、4月7日の対戦でプロ初登板・初先発。 3回までは4者連続三振を奪うなど無失点の好投で、3回裏の初打席ではから右前に運んだが、前進守備の右翼手が一塁に素早く送球し「ライトゴロ」となった。 直後の4回表にはその福留に先制2ラン本塁打を浴び、さらにメッセンジャーに2点適時打を打たれるなど4回途中4失点で降板した。 オフにはチームメイトの・と共に、のへ派遣された。 DeNA時代 [ ] 、1月5日にで巨人へ移籍したの人的補償としてへの移籍が発表された。 背番号は 59。 開幕は二軍スタートだったが、離脱が相次いだ先発ローテーションの穴を埋める形で5月10日に一軍昇格。 対戦に移籍後初登板・初先発し、5回を1失点に抑えてプロ初勝利を手にした。 、キャンプで右ひざを負傷して開幕を二軍で迎えたが 、シーズン初登板となった5月18日の戦では5回1失点で初勝利を挙げた。 その後も先発ローテーションの一角として13試合に登板し、5勝3敗を記録した。 、開幕を二軍で迎えたが、5月29日に一軍登板を果たすと、7月終了までで7試合に先発して防御率1. 58と好投を続け、四死球も40イニングを投げて5つしかなかった。 しかし、8月に入ると早いイニングから連打されて失点するケースが多くなり、最終的に防御率4. 11と悪化した。 右の先発としてはシーズンを通してに次ぐ70イニングを投げた。 スライダーの切れが高く評価されている。 人物 [ ] 同郷の先輩であるを目標の選手として挙げており、同様に二・三年目から活躍することを目標として、「プロの選手に一歩でも近づけるように努力したい」とコメントした。 また、沖縄出身者最多勝であるとの共通点も多く、その素材に期待されている。 巨人時代の見学時には、同じサイドスローの投手であったにも強い印象を持っており、キャンプで機会があったら教えを乞いたいとコメントしている。 沖縄で暑い中投げて来たので、スタミナに自信があるため、同コーチのように完投できる投手になりたいという。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 1 1 0 0 0 0 1 0 0. 000 18 3. 2 4 1 3 0 0 4 0 0 4 4 9. 82 1. 91 4 4 0 0 0 1 3 0 0. 250 71 14. 0 21 4 9 0 1 6 0 0 16 11 7. 07 2. 14 13 13 0 0 0 5 3 0 0. 625 284 67. 0 65 9 29 2 0 53 2 0 29 26 3. 49 1. 40 15 14 0 0 0 5 6 0 0. 455 289 70. 0 68 9 17 2 0 55 0 1 34 32 4. 11 1. 21 :4年 33 32 0 0 0 11 13 0 0. 458 662 154. 2 158 23 58 4 1 118 2 1 83 73 4. 25 1. 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高 記録 [ ] 投手記録• 初奪三振:同上、1回表にから見逃し三振• 初勝利・初先発勝利:2017年5月10日、対8回戦()、5回を1失点 打撃記録• 初打席:2016年4月7日、対阪神タイガース3回戦(東京ドーム)、3回裏にから右翼ゴロ• 初安打:2017年5月10日、対中日ドラゴンズ8回戦(ナゴヤドーム)、4回表にから右前安打 背番号 [ ]• 92 (2014年 - 2016年)• 59 (2017年 - ) 登場曲 [ ]• 「」 (2014年 - 2016年)• 「ハイサイ!沖縄ぬちゅらかーぎー」 伊礼俊一 (2017年 - ) 脚注 [ ]• 日刊スポーツ. 2019年12月4日閲覧。 財団法人 全日本軟式野球連盟. 2019年12月1日閲覧。 読売巨人軍公式サイト 2015年4月28日 2015年5月24日閲覧• [ ] 日本野球機構公式サイト 2015年4月28日 2015年5月24日閲覧• デイリースポーツ 2016年4月7日• 日刊スポーツ 2016年10月26日. 2018年1月25日閲覧。 デイリースポーツ 2017年01月05日• 横浜DeNAベイスターズ 2017年1月5日. 2017年1月5日閲覧。 サンケイスポーツ. 2017年5月10日. 2017年6月18日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex. 2017年5月10日. 2017年6月18日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年5月14日. 2018年10月16日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年5月18日. 2018年10月16日閲覧。 スポーツ報知 2013年10月25日閲覧• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構• - 横浜DeNAベイスターズ公式サイト.

次の

平良 拳太郎

ベイスターズ 平良

投手 選手名 曲名 アーティスト Don't Stop Me Now Queen Yell AAA Stand By You Official髭男dism We Are Young ft. 赤西仁 On Fire AK-69,般若,青山テルマ ぶっ生き返す!! マキシマム ザ ホルモン La La La Brazil 2014 ft. Chris Brown Bolero Def Tech 飛行艇 King Gnu 傷だらけのhero TUBE THE HUM DIMITRI VEGAS & LIKE MIKE Don't Wanna Know Maroon 5 Catch The Wave Def Tech International Love Pitbull ft. GREEN APPLE 波乗りジョニー 第1打席 桑田佳祐 Glory Days 第2打席 尾崎裕哉 君に捧げる応援歌 第3打席 HIPPY The Time Is Now 第4打席 ジョン・シナ&Tha Trademarc Our Love 第5打席 MIYAVI vs 加藤ミリヤ How Long Charlie Puth Meerkat feat. Sanjin) 第4打席 Garmiani Where The Party At Jagged Edge Beautiful Now ft. Jon Bellion 奇数打席 Zedd Thumbs Up(S2&SJ Remix Version) 偶数打席 MOMOLAND ヒカリヘ 奇数打席 miwa STAR TRAIN 偶数打席 Perfume Door 奇数打席 導楽 Rise ft. Shy Martin 偶数打席 Mike Perry ヒカレ 奇数打席 ゆず その先へ 偶数打席 Honey L Days Way Back Home 第1・4打席 SHAUN Life Goes On 第2・5打席 導楽 FAMILY 第3・6打席 A. O ダイナミック琉球 第1打席 イクマあきら ダイナミック琉球 第3・5打席 平川美香 Showtime 偶数打席 安室奈美恵 足音 Mr. Children ライトスタンド ベリーグッドマン Medal 奇数打席 Jim Johnston Lean On 偶数打席 Major Lazer&DJ Snake 銀河鉄道 999 EXILE ひとりじゃない 奇数打席 DUFF HERO 偶数打席 DUFF.

次の

選手登場曲 | 横浜DeNAベイスターズ

ベイスターズ 平良

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] 時代からエースとして活躍。 時代はチームを沖縄県春季大会優勝・2013年春季九州大会8強に導き、出場のを相手に16奪三振の2安打完封勝ちを収めている。 のでに5位で指名され、入団した。 背番号は 92。 巨人時代 [ ] 、4月28日に同僚の、と共に 「侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜」のNPB選抜に選出されたことが発表された。 、4月7日の対戦でプロ初登板・初先発。 3回までは4者連続三振を奪うなど無失点の好投で、3回裏の初打席ではから右前に運んだが、前進守備の右翼手が一塁に素早く送球し「ライトゴロ」となった。 直後の4回表にはその福留に先制2ラン本塁打を浴び、さらにメッセンジャーに2点適時打を打たれるなど4回途中4失点で降板した。 オフにはチームメイトの・と共に、のへ派遣された。 DeNA時代 [ ] 、1月5日にで巨人へ移籍したの人的補償としてへの移籍が発表された。 背番号は 59。 開幕は二軍スタートだったが、離脱が相次いだ先発ローテーションの穴を埋める形で5月10日に一軍昇格。 対戦に移籍後初登板・初先発し、5回を1失点に抑えてプロ初勝利を手にした。 、キャンプで右ひざを負傷して開幕を二軍で迎えたが 、シーズン初登板となった5月18日の戦では5回1失点で初勝利を挙げた。 その後も先発ローテーションの一角として13試合に登板し、5勝3敗を記録した。 、開幕を二軍で迎えたが、5月29日に一軍登板を果たすと、7月終了までで7試合に先発して防御率1. 58と好投を続け、四死球も40イニングを投げて5つしかなかった。 しかし、8月に入ると早いイニングから連打されて失点するケースが多くなり、最終的に防御率4. 11と悪化した。 右の先発としてはシーズンを通してに次ぐ70イニングを投げた。 スライダーの切れが高く評価されている。 人物 [ ] 同郷の先輩であるを目標の選手として挙げており、同様に二・三年目から活躍することを目標として、「プロの選手に一歩でも近づけるように努力したい」とコメントした。 また、沖縄出身者最多勝であるとの共通点も多く、その素材に期待されている。 巨人時代の見学時には、同じサイドスローの投手であったにも強い印象を持っており、キャンプで機会があったら教えを乞いたいとコメントしている。 沖縄で暑い中投げて来たので、スタミナに自信があるため、同コーチのように完投できる投手になりたいという。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 1 1 0 0 0 0 1 0 0. 000 18 3. 2 4 1 3 0 0 4 0 0 4 4 9. 82 1. 91 4 4 0 0 0 1 3 0 0. 250 71 14. 0 21 4 9 0 1 6 0 0 16 11 7. 07 2. 14 13 13 0 0 0 5 3 0 0. 625 284 67. 0 65 9 29 2 0 53 2 0 29 26 3. 49 1. 40 15 14 0 0 0 5 6 0 0. 455 289 70. 0 68 9 17 2 0 55 0 1 34 32 4. 11 1. 21 :4年 33 32 0 0 0 11 13 0 0. 458 662 154. 2 158 23 58 4 1 118 2 1 83 73 4. 25 1. 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高 記録 [ ] 投手記録• 初奪三振:同上、1回表にから見逃し三振• 初勝利・初先発勝利:2017年5月10日、対8回戦()、5回を1失点 打撃記録• 初打席:2016年4月7日、対阪神タイガース3回戦(東京ドーム)、3回裏にから右翼ゴロ• 初安打:2017年5月10日、対中日ドラゴンズ8回戦(ナゴヤドーム)、4回表にから右前安打 背番号 [ ]• 92 (2014年 - 2016年)• 59 (2017年 - ) 登場曲 [ ]• 「」 (2014年 - 2016年)• 「ハイサイ!沖縄ぬちゅらかーぎー」 伊礼俊一 (2017年 - ) 脚注 [ ]• 日刊スポーツ. 2019年12月4日閲覧。 財団法人 全日本軟式野球連盟. 2019年12月1日閲覧。 読売巨人軍公式サイト 2015年4月28日 2015年5月24日閲覧• [ ] 日本野球機構公式サイト 2015年4月28日 2015年5月24日閲覧• デイリースポーツ 2016年4月7日• 日刊スポーツ 2016年10月26日. 2018年1月25日閲覧。 デイリースポーツ 2017年01月05日• 横浜DeNAベイスターズ 2017年1月5日. 2017年1月5日閲覧。 サンケイスポーツ. 2017年5月10日. 2017年6月18日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex. 2017年5月10日. 2017年6月18日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年5月14日. 2018年10月16日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年5月18日. 2018年10月16日閲覧。 スポーツ報知 2013年10月25日閲覧• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構• - 横浜DeNAベイスターズ公式サイト.

次の