トンガ 観光。 南太平洋の小さな楽園!トンガの観光スポットおすすめ5選

Tonga Vacations

トンガ 観光

トンガ・ババウ島 ホエールスイムまるわかり ウェビナー動画 トンガ王国・ババウ島ってどんなところ? 南太平洋のポリネシアに属するトンガ王国はニュージーランドの北、フィジーの南東に位置しています。 無人島を含め大小 170ほどの島々が 4つの諸島を構成しています。 周辺の島々が次々とヨーロッパの列強国の支配下に置かれてきた中で、過去に一度も植民地化されず、 現在まで王制が残る唯一の国です。 陸地面積は、日本の奄美大島ほど大きさです。 ババウ島はトンガの北の玄関として栄えており、中心地であるネイアフの港は「 Port of Refuge」の名で世界的に有名で、ヨットマンの憧れの地となっている。 また、ババウ島は、豊かなサンゴが生息する海でもあり、ダイビングも盛んです。 近年、ザトウクジラの親子と一緒にスイムができるということで、世界中から観光客が やってきる自然王国になっています。 ババウ島・ホエールスイムについて ババウ島周辺の海域には、毎年7月から10月にかけて、体長15m、体重30tにもなる 【ザトウクジラ】が 出産、子育ての為にやってきます。 そこには多くの親子クジラが滞在し、一緒に泳ぐことができます。 雌クジラが多いということで当然雄クジラも終結するザトウクジラにとっても特別な場所なのです。 許可を受けた船、そしてトレーニングを受けた船長とガイドが、ゲストを導いてくれるので、初めてクジラと 遭遇する人でも大丈夫です。 親子クジラへのアプローチ方法 親子クジラとは頻繁に遭遇できるのが、ここババウ島の海です。 親子のクジラがいたら、バシャバシャと水面をフィンで叩かず静かにゆっくり近づいてみましょう。 警戒心がなくなるまで、水面で息をひそめながらじっと待ちます。 警戒心がなくなると母クジラがお昼寝をしているところで、好奇心旺盛な子クジラがくるくる泳ぎだし、 私たちの周りを泳いだり、のぞき込んだり。。。。 泳ぎながら、おなかを見せてくれたり、 心温まる不思議な雰囲気に包まれるでしょう。 警戒心がなくなったクジラなら、スキンダイビングで近づくこともできます。 ヒートラン時のアプローチ方法 ヒートランとは、雌のクジラを雄クジラが追いかける現象です。 その数、1頭のメスにオスが20頭にもなることもあります。 ブロー(潮吹き)しながら、たくさんのクジラが移動しているその前に、船長がボートをつけてくれ、ドボンと飛び込みます。 そうすると、目の前からそして足の下を巨大がクジラが通過するのを見ることができます。 こんな迫力のシーンを見る事ができるのもここババウ島だけでしょう。 スノーケルスポット 青の洞窟 ババウ島には地形がメインとなるスノーケル・ダイビングスポットが点在する。 なかでも青の洞窟は まるでメキシコのセノーテを彷彿させる光の差し込みがきれいな人気のスポットです。 ホエールスイムの後にも立ち寄りしております。 シーズナリティ クジラのシーズンは、7月~10月。 朝晩は涼しいので、薄手の長袖があると便利です。 ホエールスイムの時は、水からあがると寒く感じます。 ボートコードあるといいです。 トラベルインフォメーション 国 名 トンガ王国 時 差 日本より 4時間進んでいる 言 語 トンガ語 英語も広く使わている。 通 貨 パンガ。 日本円からの両替も可能。 電圧・プラグ 240V プラグはOタイプが主流 WIFI あり。 日本からのWIFIルーター使用可能 投稿ナビゲーション クラブ・アズール ツアーお取り扱いエリア•

次の

トンガのババウ島でザトウクジラとスノーケルツアー

トンガ 観光

1970年英国より独立。 公用語は英語。 人口の約半数はインド系。 宗教は、キリスト教とヒンドゥー教。 美しい海、白砂のビーチと、リゾート地としては世界屈指のグレード。 また、メラネシアとポリネシアの文化、さらにインド文化が混じりあった独自の文化も興味深い。 1970年英国より独立。 南太平洋で唯一の王国。 公用語は英語。 宗教はキリスト教。 ガリバー旅行記のモデルはトンガではないかといわれるほど、大柄な人が多い。 キャプテン・クックゆかりの地や、ハァモンガという謎の巨石遺跡など見所も多彩。 また、トンガのお墓は、色鮮やかな造花で装飾したり、キルトのような生地に名前を入れて掲げたりと、独特の風習があり興味深い。 首都はエフェテ島にあるポートヴィラ。 1980年に英国とフランスの共同統治より独立。 公用語はビスラマ語、英語、フランス語。 宗教はキリスト教。 昔ながらの自給自足の生活を未だ守る人々が多く、メラネシアの伝統をご覧いただけるカスタム・ビレッジや、世界で最も火口まで近づける火山・ヤスール火山など見所も多様。 砂に指一本で、色々な意味を持つ幾何学紋様を描く「バヌアツの砂絵」は世界無形文化遺産に指定されています。 首都アピアがあるウポル島、最大の島サバイィ島など9つの島からなる。 1962年ニュージーランドより独立。 公用語は英語とサモア語。 宗教はキリスト教。 小説「宝島」「ジキル博士とハイド氏」などの作者、英国の文豪スチーブンソンが住んでいたことでも有名。 緑濃い山々と変化に富んだ海岸線、伝統の暮らしぶりなど、見所多彩。

次の

トンガの観光情報

トンガ 観光

トンガの魅力は文化面だけではありません。 冒険好きなら、ガイド付きの釣り体験やシーカヤックはいかがですか。 クジラやウミガメと一緒に泳ぐこともできます。 地元のマーケットには、上質な織物や、骨や木の彫り物が並んでいます。 ビーチでくつろいでいる間、子供たちはサンゴ礁で宝探し。 家族それぞれが、毎日楽しみを見つけることができます。 トンガ王国は、個性的な島々で構成されています。 主島であるトンガタプ島の首都ヌクアロファに到着したら、北のババウ諸島や南のエウア島まで足を伸ばしてみましょう。 ババウ諸島では、ホエールウォッチングや日光浴が楽しめ、エウア島では、自然のままの険しい崖、洞窟、滝巡りを楽しむことができます。 ハアパイ諸島に渡れば、ヤシの木に縁どられた美しいビーチが待っています。 人の少ないラグーンでカイトサーフィンをするのも良し、チャーター船で太平洋でも指折りのサーフィンスポットに出かけるのも良いでしょう。

次の