灯火の星 考察。 スマブラ「灯火の星」と世界設定の考察

【スマブラSP】灯火の星の攻略マップ・攻略情報まとめ【スマブラスイッチ】|ゲームエイト

灯火の星 考察

スマブラ新PV「灯火の星」が公開 まずは11月1日に公開されたPVをご紹介します。 タイトルは「灯火の星」。 【MOVIE】「灯火の星」を公開しました。 — 大乱闘スマッシュブラザーズ【スマブラ公式】 SmashBrosJP スマブラ「灯火の星」を見たファンの反応と感想 「灯火の星」見て思ったのは、小さくてかわいいカービィがたった1人でゲーム業界のオールスターの命運を背負うのがせつなく、頼もしくもある。 — 柄杓 hilt0802 スマブラspecial の ストーリー 灯火の星 逆から呼べば 星のカービィ そして真ん中にカービィがいる意味そいう事だったのか🤔 スマブラディレクター桜井政博の 愛するキャラ そしてカービィ生みの親 ここにきてスマブラがマリオ発端と思ってたらカービィだった事実… 全カービィ好きは泣いた。 — わたちゃん PC版R6S nxgp5 灯火の星は仮に主人公をマリオにしたとして誰がこのシーンでセンターに立って絶望感与えられるのかって話ですよ。 此処こそもめるぞ。 このシーンでの絶望感はカービィでは出せないんだよ。 マリオじゃないと。 — 73 73kihw 個人的灯火の星しんどいランキング 3. ハイリアの盾の耐久力 2. ピカに手を差し伸べるソニック 1. 灯火の星が逆から読んだら星のカービィなのもやばい。 をアニメ版カービィーのOPを歌っていたシャンチーさんだし… 「カービィーの新作じゃん!」と言われるのも納得です(笑) カービィーファンは歓喜に沸いている一方で、何故主人公がカービィーなの?という疑問を持つ人も多いようです。 スマブラ「灯火の星」の意味と解説 スマブラ「灯火の星」PV映像を考察する方も続々と出てきています。 PV公開にあたり、今作のスマブラでは主人公がカービィーであることが判明! PVの考察では、• スマブラSPECIAL一人用モードのタイトル「灯火の星」は逆から読むと「星のカービィー」• 映像開始直後、全キャラクターがいる場所は「大乱闘スマッシュブラザーズX」の一人用モードのラストシーンと同じ場所• カービィーは敵の攻撃から逃げるために、一度自分の作品にワープしていた などなど、胸熱な内容ばかり…! 2018年12月7日の発売日までにまだまだ盛り上がりそうです!.

次の

スマブラ灯火の星のファンの反応は?PVの意味や解説について調査!

灯火の星 考察

スマブラの「灯火の星」の考察などをみていたところ、「他のキャラのどんな防御も破ったビームをリンクが盾で3発防げたのは、ハイリアの盾にどんな攻撃も3発防ぐことが出来るから」という意見を 見つけました。 ゼルダの伝説シリーズはいくつかやってましたが、この「3発防げる」という情報に覚えがありません。 ただ、ゼルダの本(ハイラルヒストリアなど)はあまり持ってないため、そちらに載ってるのかなとも思いました。 この情報はどの作品、またはどの媒体で書かれていた事なのかわかる方がいたら、教えて欲しいです。 補足みなさま、回答ありがとうございます。 補足ですが、改めてその意見(コメント)を見返したところ、正確には「ハイリアの盾にはどんな攻撃も3度防げるという伝説があるから防げた」と いったものでした。 「あのビーム3回も防いだリンクすごいな」 「ハイリアの盾にはどんな攻撃も3度まで防げるという伝説があるからな」 みたいな感じだったので、曲解ではなく本当にそんな伝説があると思って書いてるようでした。 私の知る盾の伝説は、ブレワイの「試練に耐えた騎士に与えられる」というものしか知らず、盾に関する裏話や小ネタは全く知りません。 調べても全く出て来ないので、コメントした人が二次創作や考察を公式と思い込んでるのかもしれませんが。 もしかしたら、何か私の見落としがあるかもしれないので、心当たりがある方はお願いします。

次の

灯火の星 (ともしびのほし)とは【ピクシブ百科事典】

灯火の星 考察

灯火の星とは、より発売される「」のの一つであるの、及び同のーを紹介したである。 英題「 of 」 本記事ではの内容について記述する。 を含んだの説明については「 」を参照。 概要 に配信された「 Dct」で初開された名称。 本作の及びのナビゲーターを務めた氏によると、 「本作はのようにをるはない」が、「 『この』の全てのがと化した「ある事件」のきっかけを紹介する」として、の最後にが開された。 中に漂う凄まじい数のとその中央に位置するの化身『 』、そして崖上にて相対するたち。 しかしたちは突如されに吸収されると大量のが放たれたちに襲いかかる。 たちは応戦するもし、さらにはこのまるごと消滅させるかのように全体を覆っていく…。 全滅するファイターたち によって放たれたによりは次々と消滅していくが、彼らはただ消滅するだけでは終わらない。 たちはそれぞれを防ごうとしたり、高速で出そうとしたりと個性を発揮して未知のに対抗するも…という形になっており、それぞれののをうならせた演出となっている。 以下に、の内容を解説する。 「」の記事のとかは言わないで この項は、及びの原典の 成分を多く含んでいます。 ここから下はで突っ走ってください。 この項はを元に書かれています。 信じる信じないはあなた次第です。 登場 内容 「こそ決着をつけてやる!」 は雇われ遊撃隊「」ので、 また初代版ので一がついており、 先を切る役としてはうってつけであろう。 男 女 男 女 で応戦するが相手のが直撃し消滅。 はネールの、はねんりきによる反射を試みるもいずれも破られ直撃。 とはの戦「の」で に操られてに襲いかかる…という設定で戦っていた繋がりがある。 るに手を差し伸べるだったが、 先ににが直撃し、続いてもの犠牲となる。 本来は音速のを誇るであり 度を出せばあのも避けられたかもしれないが、 同時にの前で困ってる人を見過ごせない性格でもあるため を助け出すためにを出すのが遅れている。 (が撃たれた直後にを上げようとしたが間に合わなかった。 また、 あの時点で可だったかは分からないが、になり を最大にした状態であればきれていた可性はある。 ) を回避しが発動、 しかし戻ったスキを狙われが直撃する。 は敵の攻撃をよく避けると 「ウイッチ」というが発動し、周囲の時の流れを遅くすることが可。 さらに回避のが多少ずれても の姿になって攻撃を回避する「」が発動する。 しかしはジャストの回避ではないため、 元に戻るスキが発生する。 原典ではそういうではないが、 今回はそのスキを狙われてしまった。 をよく見ると中にを当てられが解除されている。 は三匹の手持ちによる「さんみいったい」攻撃、 もブによる火炎放射攻撃を試みるがが直撃。 に乗り込もうとしたでに巻き込まれる。 は「みきり」でのを回避、しかし続くに撃たれる。 も中に飛びあがって回避するがそこを撃ち抜かれる。 () 足元にクを塗って潜伏するも に やられた! に乗り込み発進。 それを追いかける複数(少なくとも3発以上)の。 最後はに追いつかれ撃墜された。 は本作に登場するが所有するの中でものを誇り、 単独で大気圏脱出・間が可な高性である。 そのためあのから切れる可性のあった重な戦であったが、 はまるでそれを見通していたかのように大量にを狙ってきた。 さらにの弱点としてロー直後の一時的な出低下による隙と、 高速回転によりが周囲の状況を見失ってしまう点が挙げられ、 その隙を狙われたものと思われる。 (でもローしているのが確認できる) からのを与えられると。 に反射盤ので立ち向かうも破れてしまう。 同時にの効果を失い落下する とにが直撃し。 崖に一つたたずむ。 そこへ容赦なくが襲いかかる。 原典「」でものを掻い潜るためにに身を潜めて おり、巧みに敵の眼を欺き任務を遂行した。 だが任務とは異なりその程度で見逃してくれるほどなでもなくあっけなく消滅した。 しかし描写を見る限りではただので、 中に人が入ってるとは一言もられていない。 ひょっとしたらひょっとするのかも…? はバレル、 は恐らくによる中移動で 逃亡を試みるがが直撃。 女 の立ち木のを取る。 飛び立とうとするとなぜか踏んり動かない。 ただ惑う。 成すすべもなく二人と一匹と一羽もに飲み込まれる。 恐らく今回のの中で最もに近い面々。 が取る立ち木のはにおいては 上攻撃に採用されているが、一だけ判定がつく効果があり 「 一の時間に全てを懸けたのではないか」という意見がある。 (確かに他のよりちょっぴり長く耐えていた…ようにも見える。 ) に乗ってからる。 その数は数本に及ぶ。 巧みに回避を繰り返しつつ加速し、ついにはをえるかのような音を出して もろとも消滅=した。 と言いながら実際はただので 全然してないじゃないか、と言われる事があるが、 に乗ってをする描写は原典でもある。 版にて、. を倒した直後に乗るは 上昇した後に消滅し、別地点へ移動する。 また、のOPにおいてもを乗せたは どこからかして現れる。 もしかしたらこの時以来のになるのかもしれない。 タート ピグマ モ ハネン ではないものの「この」に存在するたち。 彼らにも容赦なくが襲いかかる…。 彼らはそれぞれ「」「」「」 「」「」「」の 各作品に登場する。 - のは「この」はおろかすらも飲み込もうとしていた。 そして全てがに包まれた…。 - が過ぎ去ったは、全てのが「」と化し、 あてもなくさ迷う状態となっていた。 もはやこのは滅亡するしかないのか…。 最後の火となったがした先に待つものとは… ここからは のも交えた紹介になる。 のようなものの中にあの忌まわしきを放ったの存在が確認できる。 状態となったにの液体が垂れ流され、それはの形となって 新たなとなった。 そこへのが現れ、新たに作られたのに入り込む…。 は「」に登場する敵。 (ロ) が入り込んだとの形式で戦う。 はの「とある」。 その他大勢 が入り込むとなったのはだけではなかった。 数多くのがの入り込んだと化して襲いかかるのか…。 - ここからはのさらに詳細なのも流れる。 の様々なにいると戦うことなるようだ。 山や、どこかで見た事あるようなもちらほら。 中にはかつてでとして立ちはだかった「ガム」も現れる。 そして最後にが現れるが、とはに違うような…? 余談 大部隊が壊滅し、その中の一人だけが出してを取り戻しながら戦う…というはのの一つ「」におけるのとして氏がしていたものに同様の構想があった。 ひょっとしたらこういう内容の作品をずっと作りたいと思っていたのかもしれない。 はどちらかというともう少し な感じをしていたんですね。 たとえば、大きな部隊がいきなりして、 そこからひとりのだけがだして、 を取り戻しながら戦うという、逆的な。 で、結果的には、やりとりを密にして進行した結果 うまくまとまり、 『』 のができたんです。 より の猛攻から切れたとして選ばれただが、選出に当たって氏は発売のに掲載のムで以下のようにっている。 規模で広がる猛攻から切るには長のできるに限られる。 (短持ちのやはこの制限があるため除外)• それらの要件を考えた結果、残ったが・・の三体• 関連動画 関連商品 関連項目• (「」に登場した)•

次の