わらしべ 意味。 わらしべ長者の教訓は?日本昔話から学ぶ教訓と、現代のお金の使い方

わらしべ長者(わらしべちょうじゃ)とは

わらしべ 意味

おとぎ話の「わらしべ長者」。 日本では『今昔物語集』や『宇治拾遺物語』に原作がみられますが、世界中に似かよった物語が存在しています。 ここでは日本に伝わる物語のあらすじを紹介していきましょう。 あるところに、真面目なものの運がなく、貧乏な若者がいました。 信心深い彼は、観音様に「お金持ちになれますように」とお願いをします。 すると観音様から「ここを出てはじめに手につかんだものが、おまえをお金持ちにしてくれるだろう」というお告げをもらいました。 帰り道でつまづいてしまった若者は、転んだ拍子に1本のわらしべに触りました。 観音様が言っていたのはこのことかと、若者はわらしべを手に歩みを進めます。 しばらくすると、彼の周りを1匹のアブが飛びまわります。 若者はアブを捕まえ、わらしべの先に結びつけました。 すると、傍を通っていた子どもが、アブが結ばれているわらしべを欲しがるのです。 若者がわらしべを差し出すと、子どもの母親がお礼にと蜜柑をくれました。 ここでまず最初の交換、わらしべが蜜柑になります。 若者が蜜柑を持ち歩いていると、ひとりの娘が喉の渇きに苦しんでいます。 水が欲しいと言う娘に、若者は蜜柑をあげました。 娘はお礼に美しい布をくれました。 ここで蜜柑が布へと変わります。 さらに歩いていくと、若者は弱った馬を連れた侍に出会いました。 侍は馬が病気になってしまったが先を急いでいるため馬を見捨てなくてはならないと言います。 若者は、布と馬の交換を申し出ました。 ここで布が馬へと変わります。 弱っていた馬は、水を飲ませて一晩介抱してやると、たちまち元気になりました。 若者が馬に乗って道を進んでいくと、大きな屋敷に住んでいる主人と出会いました。 主人はちょうど旅に出ようとしていたところで、若者の連れていた馬を気に入ったため借りたいと申し出ました。 そして自分が出掛けている間、屋敷の留守を頼みたいと言います。 さらに、もしも3年以内に自分が戻ってこなければ、屋敷を含め財産もすべて与えると言ってきたのです。 若者は主人の言葉に従い、屋敷に住み始めました。 その後、待てど暮らせど主人が帰ってくることはなく、若者は大金持ちになったそうです。 観音様のお告げを聞いて拾ったわらしべは、最後には大きな屋敷と財産に変わりました。 「わらしべ長者」を読むと、モノの価値は人それぞれで、だからこそどんなモノも大切にしなければいけないと気付かされるのではないでしょうか。 アブが結ばれているわらしべを欲しがる子どもがいたり、他人に留守を任せて旅から帰ってこない大金持ちがいたり……世の中にはいろんな人がいるもので、モノに対する価値観も千差万別なのです。 誰かにとっていらないものは、誰かにとって必要なもの。 世界の在り方と、モノを大切にしなければいけないという教訓が読み取れるでしょう。 また「わらしべ長者」の主人公である若者は、貧しくても観音様への信心を捨てることなく、熱心にお祈りをしていました。 そんな彼だからこそ、観音様もチャンスをくれたと考えることもできるでしょう。 「わらしべ長者」で見直す、現代のお金の使い方 もしも主人公の若者が物々交換をしていなかったら。 彼はきっとお金持ちになることはなく、それまでと同じような貧しい生活をしていたでしょう。 1本のわらしべが蜜柑となっただけでも儲けものですが、その後も彼は道行く人と交換をくり返し、最終的には大きな屋敷と財産を手に入れることとなりました。 つまり、手にしていたモノをただ持っていただけでは、世界は変わらなかったということ。 交換する=使うことで、他のモノを得ることができたのです。 これは、現代の経済活動にも同じことがいえるのではないでしょうか。 手にしたお金を使わずに貯めることももちろん大事ではありますが、置いておくだけでお金が増えるわけではないですし、使わなければモノを得ることはできません。 そもそもお金は、かつて物々交換をしていた時代に、便利になるためのツールとして導入されたものです。 モノを手に入れるためのツールなわけだから、使わなくては意味がありません。 使う、つまり「わらしべ長者」でいう交換することをしなければ、ずっとわらを持ち続けているのと同じことなのです。 「わらしべ長者」の物語をきっかけに、お金を使い、より価値のあるものを手に入れてみてはいかがでしょうか。 現代に起きたリアル「わらしべ長者」!.

次の

『わらしべ長者』のあらすじは?物語に込められた教訓

わらしべ 意味

思いがけない交換によって利益を得ることを主題にした致富譚 ちふたん の一つ。 兄が遺産を相続し、弟はわらしべ(藁 わら の茎)3本をもらう。 弟は旅に出て、下駄 げた の緒を切って困っている女に藁をやり、三年味噌 みそ をもらう。 刀鍛冶 かじ が刀をつくるのに必要だというので、三年味噌をやり刀をもらう。 その刀でオオカミを防ぐ。 それを見ていた男に雇われ、のちに長者になる。 沖縄県では、琉球 りゅうきゅう の第四王統を開いた尚巴志 しょうはし の生い立ちの物語になっている。 平安後期の『今昔物語集』には、長谷観音 はせかんのん の利生 りしょう 譚としてみえている。 最初に手に入ったものをたいせつにせよという仏の告げに従い、つまずいたとき手につかんだ藁に、飛んできたアブをとらえてくくり付け、それからミカン、布、馬、田と交換して富む話である。 同じ話は『宇治拾遺 しゅうい 物語』『古本説話集』にも記されている。 おそらく寺僧の説経の素材に用いられたものであろう。 無住 むじゅう 法師の『雑談 ぞうたん 集』では、また別の長谷観音の物語になっている。 朝鮮には、日本のように、善意の交換で富む型のほか、預けておいたものがなくなった代償として、もっと高価なものを得る型の類話もある。 この型の例は、インドネシア、ミャンマー(ビルマ)のシャン人、インドから西アジアを経てヨーロッパに広く分布しているが、インドのサンスクリット文学の『カター・サリット・サーガラ』は交換型の例である。 朝鮮、日本へは仏教文学を介して広まったものであろう。 [小島瓔 ] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について.

次の

藁しべ長者(わらしべちょうじゃ)とは

わらしべ 意味

思いがけない交換によって利益を得ることを主題にした致富譚 ちふたん の一つ。 兄が遺産を相続し、弟はわらしべ(藁 わら の茎)3本をもらう。 弟は旅に出て、下駄 げた の緒を切って困っている女に藁をやり、三年味噌 みそ をもらう。 刀鍛冶 かじ が刀をつくるのに必要だというので、三年味噌をやり刀をもらう。 その刀でオオカミを防ぐ。 それを見ていた男に雇われ、のちに長者になる。 沖縄県では、琉球 りゅうきゅう の第四王統を開いた尚巴志 しょうはし の生い立ちの物語になっている。 平安後期の『今昔物語集』には、長谷観音 はせかんのん の利生 りしょう 譚としてみえている。 最初に手に入ったものをたいせつにせよという仏の告げに従い、つまずいたとき手につかんだ藁に、飛んできたアブをとらえてくくり付け、それからミカン、布、馬、田と交換して富む話である。 同じ話は『宇治拾遺 しゅうい 物語』『古本説話集』にも記されている。 おそらく寺僧の説経の素材に用いられたものであろう。 無住 むじゅう 法師の『雑談 ぞうたん 集』では、また別の長谷観音の物語になっている。 朝鮮には、日本のように、善意の交換で富む型のほか、預けておいたものがなくなった代償として、もっと高価なものを得る型の類話もある。 この型の例は、インドネシア、ミャンマー(ビルマ)のシャン人、インドから西アジアを経てヨーロッパに広く分布しているが、インドのサンスクリット文学の『カター・サリット・サーガラ』は交換型の例である。 朝鮮、日本へは仏教文学を介して広まったものであろう。 [小島瓔 ] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について.

次の