イオン カード ときめき ポイント と は。 ときめきポイントをWAON POINTに変換したのだが使えない

イオンカードからWAONにチャージするとポイントは貯まりますか?

イオン カード ときめき ポイント と は

ときめきポイントの貯め方 ときめきポイントの主な獲得源は各種イオンカードですが、 イオンカードの活用の仕方を少し工夫するだけで、還元されるポイントは大幅に伸びます。 また、ときめきポイントが貯まるのはリアル店舗だけでなく、ネット通販においてもお得に貯めていくことが可能です。 ここでは、具体的にどのようにときめきポイントを効率よく貯めていけば良いかをシェアしていきますよ。 イオン系のポイントには今回紹介しているときめきポイントの他に、WAONポイントやWAON POINTがあります。 その違いを『』の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 各種イオンカードの基本還元率は0. 基本還元率は0. 少しでもクレジットカードに詳しい方であればお分かりの通り、これは決して優秀と言える値ではありません。 しかしながら、税別ではなく、 税込計算でポイントが算出されるのは地味の嬉しいメリットです。 ちょっとしたことですが、こうした些細な積み重ねが、やがては大きな節約効果を生み出していくのです。 固定費用はイオンカードに集約する 光熱費や携帯電話料金などの固定費も、イオンカードで支払うことが可能です。 もちろん、支払額の0. まさかこうした固定費用を現金で支払っていたりはしませんか? 毎月の固定費のトータル額はバカになりません。 ぜひこうした部分で得られる節約効果を見逃すことなく、コツコツとポイントを集めていきましょう。 毎月10日の5倍チャンスを見逃すな! イオン系列における還元率が5倍に跳ね上がる貴重な日。 それが毎月10日の『 ありが10デー』です。 本来0. このキャンペーンを活用しない手はありません。 月に1度しかチャンスがないため、なるべく毎月10日にありとあらゆる買い物を集約したいですね。 毎月10日はときめきWポイントデー 毎月10日にポイントアップがあるのはイオン系列だけではありません。 全ての加盟店というところが太っ腹ですね。 全国のイオンカードホルダーは私も含め、毎月10日にこぞってクレジットカードを切っているに違いありません。 もちろん、元々購入する予定のないものにまで手を出してしまうのは本末転倒ですが、 必ず必要となるものや、かねてから購入したいと思っていたものを毎月10日に集約して一気に買うのは賢い買い物の仕方と言えますね。 Web明細書を利用する イオンカードの請求金額を確認するツールをWeb明細にしておくだけで、毎月10ポイントが自然と貯まっていきます。 ペーパーレスで環境にも優しい上、節約効果が上がるのは嬉しいですよね。 また、紙明細書のように郵送で届くのを待つ必要がなく、ネットでサクっと確認できるのもメリットと言えます。 毎月10ポイントをコツコツ積み重ねていけば、 年間で120ポイントが貯まります。 少しでも得をしたい方はぜひ、公式ホームページの暮らしのマネーサイトより、Web明細の手続きを済ませておきましょう。 ときめきポイントタウンで貯める リアル店舗のみで満足していてはいけません。 ネット通販においてもザクザクポイントを貯めるチャンスはあるのです。 方法は非常にシンプル。 イオンカード会員限定サイトである、『』を経由し、 対象の店舗でネット通販を楽しむだけで、クレジットカード利用分とは別に、ときめきポイントを貯めていくことができます。 Amazonや楽天市場、Yahoo! ショッピングなどの非常に使い勝手の良い店舗があるのが嬉しいポイントです。 対象となっている店舗を以下にみていきましょう。 1%還元• Amazon• 楽天市場• Yahoo! ショッピング• ポンパレモール• ヤフオク• DHCオンラインショップ• エイチ・アイ・エス• ビックカメラ. com• エディオンネットショップ• Joshinネットショップ• nojima online 1. LOHACO• ドクターシーラボ• ベルメゾンネット• るるぶトラベル• honto• 爽快ドラッグ(2. BookLive! ちょくちょくサイトを覗いていれば、あなたのお目当ての店舗において、大量のポイント還元が行われているタイミングをキャッチできるかもしれませんよ。 ときめきポイントタウンの活用法は『』の記事でより詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。 イオンカードの入会キャンペーンで貯める• イオンカード新規入会• 合計2万円以上5万円未満の利用で2,800ポイント 2,800円相当• 合計5万円以上10万円未満の利用で7,000ポイント 7,000円相当• 合計10万円以上利用で14,000ポイント 14,000円相当• せっかくイオンカードを発行できたにもかかわらず、条件を満たしていなければ、もらえるはずのポイントを無為にしてしまう可能性もあるので注意が必要です。 ちなみにこちらはあくまでも、新規の方限定の特典となるため、過去に1度でもイオンカードを発行している経緯がある場合は、いずれの特典も得ることができません。 ときめきポイントを貯めるならイオンカードセレクトがベスト! ときめきポイントを貯めるなら「イオンカードセレクト」が最もオススメになります。 イオンカードセレクトとは、イオン銀行のキャッシュカード機能・クレジットカード機能・WAON電子マネー機能が1枚に集約されたカードになっています。 イオンとしても1番力を入れているカードになりますので、早速中身について説明していきましょう。 当然ほかにもキャンペーンなどといった優待がたくさんありますので、早速説明していきます。 WAONへのチャージで唯一ポイントの貯まるカード! 電子マネーWAONでは、支払時に200円につき1ポイントのWAONポイントが付与されます。 支払時には貯まるポイントですが、チャージでポイントを貯めるにはイオンカードセレクトからのチャージでなければポイントは貯まりません。 WAONにオートチャージ機能を設定さえしておけば、オートチャージされたときに支払時同様200円につき1ポイントのWAONポイントが貯まります。 このオートチャージは、残高設定とチャージ金額設定がありそれぞれ金額の設定ができます。 残高設定はチャージをする金額を設定することができ、合わせてその時のチャージする金額も設定できるのがチャージ金額設定になりますので、自身に合った金額でそれぞれ設定が可能です。 お客さま感謝デーはイオン最大の特典サービス! イオンが行なっているキャンペーンの中で最も力を入れているのが、「お客さま感謝デー」になります。 その為、毎月10・15・20・30日と特典を受けられる日が設けられていますので、1つのキャンペーンで見れば少ないように感じがちな日数でも、これだけあればお得感満載のカードと言えますね。 年会費無料で条件を満たせばゴールドカードも保有できる は、イオンカードを年間100万円以上利用しているとゴールドカードへの招待状が届きます。 しかもイオンゴールドカードは、年会費も無料です!イオンゴールドカードになると受けられる特典は以下のようになります。 海外旅行保険が最高3,000万円に• 国内旅行保険も付帯(最高3,000万円)• ショッピングセーフティ保険も年間300万円に• イオンラウンジサービスや羽田空港エアポートラウンジサービスが利用可能に これだけの特典が年会費無料で追加で受けられるのは本当に魅力的です。 ときめきポイントを貯めるには、やはりイオングループでどれだけ多く、そしてキャンペーン日に上手く買い物するかが鍵になってきますので、ポイントを上手く貯めるついでに条件をクリアしてゴールドカードを目指してみましょう! イオンゴールドカードについては『』の記事でより詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 ときめきポイントがお得に貯まる加盟店 さて、ここまでは各種キャンペーンを活用したポイントの貯め方や、ネットショッピングにおいてお得に貯める方法をシェアしてきました。 続いて紹介していきたいのは、 ときめきポイントがお得に貯まる加盟店についてです。 同じ額の買い物をしているにもかかわらず、ポイントが還元が2倍以上になる店舗があるのであれば、是非とも活用していきたいですよね。 系列店では常にポイント還元が2倍 まず、イオン系列店において、イオンカードを活用することによって、ときめきポイントが通常時の2倍還元になることをお伝えしておきましょう。 イオン• イオンスタイル• イオンモール• マックスバリュ• ザ・ビッグ• イオンスーパーセンター• ダイエー• グルメシティ• ピーコックストア• KOHYO• マルナカ• ホームワイド ときめきポイントクラブで貯める ときめきポイントクラブとは、イオンカードの特約店です。 最低でも2倍以上、店舗によってはそれ以上の還元を一気に享受することができます。 対象となっている店舗は以下の通りです。 前述のイオン系列店舗と合わせて積極的に活用していきたいですね。 一般加盟店• コスモ石油• ツヴァイ• アート引越センター• ワタミグループ• 神戸・三宮センター街• タカキュー• ルネサンス• 得タク オンライン加盟店• 日本航空• RHトラベラー株式会社• 近畿日本ツーリスト• サンエックスネットショップ 最後に貯めたときめきポイントの損しない使い道を『』の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてくださいね。 まとめ ときめきポイントは主に、イオンカードやキャンペーンの活用、ときめきポイントタウンや各種加盟店の利用で効率よく貯めていくことができます。 イオンカードの基本還元率は0. ぜひイオンカードを有効活用してときめきポイントをザクザク貯めてくださいね。

次の

イオンカード・WAONのポイントの仕組みと上手な貯め方を徹底解説

イオン カード ときめき ポイント と は

イオンカードで貯まるときめきポイントとは? ときめきポイントはイオンカードを使うと貯まるクレジットカードのポイントです 『ときめきポイント』とは、イオンの【クレジットカード】イオンカードで決済をすると付与されるポイントです。 イオンが発行するクレジットカードは多くの種類があり、イオンカード・イオンカードセレクトなどをはじめとし、他社と提携しているイオンSuicaカード・イオンE-NEXCOpassカードなどもあります。 そのいずれもときめきポイントが貯まるカードです。 中にはイオンJMBカードのように、マイルが貯まるカードなどもあります。 基本的にはどれも還元率は0. ときめきポイントはWAONポイントに交換して使おう!WAONポイントはWAONにチャージ! WAONは、イオンで利用できる電子マネーです。 イオンの【電子マネー】のWAONを使うと貯まるポイントがWAONポイントです。 ときめきポイントとWAONポイントは違うポイントなので、交換して利用します。 WAONポイントをWAONとして利用するには、もう一手間、WAONにチャージする必要があります。 でも、WAONはとしてそのまま1,000円相当の電子マネーとしてご利用いただけます。 そのため当然両者間は相性がよく、使い方によってはイオンカードを使うと直接WAONポイントを貯められたりもします。 おすすめの使い方です。 因みにイオンカードシリーズは電子マネーWAONと組み合わせて使うとお得になるものが多いです。 ときめきポイントのおすすめの使い方• イオンカードの利用で貯めたときめきポイントは、WAONポイントに交換• WAONポイントはWAON電子マネーにチャージ(入金)• WAONは電子マネーなのでそのままお買い物で利用 ときめきポイントの主な使い方はWAONポイントや電子マネーへの『交換』 ときめきポイントは基本的にそのままでは価値を持ちません。 何かに交換するのが一般的な使い方です。 交換先は他提携ポイントと商品がありますが、商品の交換は普通に買った方が安く買えることも多いので他のポイントに交換してしまうのがおすすめです。 例外的に対象のネットショッピングでそのまま現金的に使える方法もあります。 他ポイントに交換する ときめきポイントは他の提携ポイントに交換することが可能です。 Suicaへチャージ・ベネッセポイント・dポイント・ETC無料通行分へチャージなどが例として挙げられます。 交換方法はどれも基本的にインターネット経由になります。 最低交換ポイント数などはそれぞれ別々で設定されているので、希望のものを確認しましょう。 1000ポイント以上で500・1000ポイント単位での交換が多いです。 『JALマイレージバンク日本地区会員のみ』のような条件も多いので、事前に確認しましょう。 他の商品に交換する 公式サイトにて交換可能な商品を探し交換する方法もあります。 交換方法はインターネットの他にも電話や郵送での方法もあります。 商品に交換する場合、普通にECサイトなどで買った方が安いこともあり、そうなると1ポイントあたりの価値が1円を下回ってしまうことになります。 現金感覚で使えるSuicaへのチャージや、WAONポイントの交換の方がおすすめです。 対象のネットショップならそのまま使えます 対象のネットショップなら交換などもせずそのまま使えます。 しかし、その『対象のネットショップ』が全部イオン系列のECサイトであることと、1000ポイント以上で500ポイント単位でしか使えないこと、ポイントでの支払い分にはポイントがつかないなどの点から、使い勝手はあまり良くないかもしれません。 電子マネーWAONとの相性がいい! 一番おすすめなのは電子マネーWAONとの併用です。 ときめきポイントをWAONポイントに交換したり、最初からWAONとクレジットカードを連携させてしまう使い方です。 WAONポイントは1ポイント=1円として、1ポイント単位で利用出来るので非常に使いやすく、無駄にもなりにくいです。 イオングループや提携店でしか使えないというデメリットは生まれますが、そこさえ気にならなければ一番使い勝手もよくお得になる方法です。 WAON(ワオン)はイオンの電子マネー、お買い物に応じてWAONポイントが貯まります。 クレジットカードを使ったお得なチャージ方法やWAONカードの種類などを紹介します。 ときめきポイントのお得な貯め方は、イオンカードセレクトでの二重取り! ときめきポイントは基本還元率0. 平凡な還元率ですが、イオンカードセレクトならWAONへのチャージもポイント付与対象なので+0. 加えてイオングループは毎月日付指定でポイント2倍や5倍のキャンペーンを実施しているので、還元率は1. 家賃光熱費の支払いや割引もチェック! 家賃や光熱費の支払いもポイント付与対象です。 これらの支払いの場合は基本還元率の0. 家賃10万円を例にすれば、12ヶ月で6000ポイント貯まることになります。 こちらも知っておくと良いです。 イオンカードセレクトのオートチャージで貯まるときめきポイントをWAONポイントに交換!さらに電子マネーのWAONに替えることでポイント2重取りが可能になります。 正確には間にクッションとしてWAONポイントを挟んで、下記の段取りでときめきポイントをWAONに交換します。 ときめきポイントをWAONポイントに交換する• WAONポイントをダウンロード(受取り)する• 電子マネーWAONへ交換(ポイントチャージ)する クレジットカードではなく電子マネーを使う方法になるのでWAONが使える店舗以外では使えなくなりますが、それ以外の面では間違いなく一番勝手のいい使い方です。 尚、WAONポイントへ交換した場合、交換手続きをした翌日午前3時頃からWAONポイントとして使えるようになります。 電子マネーWAONへの交換の仕方 ときめきポイントをWAONポイントに交換するには『ネット上の専用サイトで交換 MyPage 、テレホンアンサー 通話での自動音声応答 、専用アプリ:イオンウォレット』の3つがあります。 好みの方法で実行しましょう。 ネット上 暮らしのマネーサイトMyPage で行う場合• MyPageにログインして交換する画面へ• 「電子マネーWAONポイント」を選択• 「交換するときめきポイント数」を選択• 確認して間違いなければ『交換する』ボタンをクリック 以上が手順です。 MyPageでは保有ポイントの確認や月毎のポイント獲得状況、ポイントの有効期限の確認なども行えます。 テレホンアンサーを使う場合 対象の電話番号にかけ、音声案内に従って番号を押していくだけです。 携帯・スマートフォンは通話料が掛かってしまうので、固定電話でかけるか他の方法がおすすめです。 WAONへの交換がオススメな理由 一番シンプルにお得に使えるのがこの方法です。 500ポイント単位でしか使えないなどの場合は499ポイントあっても無駄になってしまいますよね。 あれがないということです。 ときめきポイントからWAONポイントへの交換の際は最低交換ポイントと交換単位が定められているので注意してください。 WAONポイントに移行してショッピングをすると、その時の支払い分にもWAONポイントが付与されるのもかなりのメリットです。 また、交換作業もスマホかPCがあればパッと済みますし、交換手続き完了の翌日から使えるようになる早さも利点です。 補足:おすすめは『イオンカードセレクト』!WAONチャージでポイント付与の唯一のカード• 他のイオンカードシリーズより0. ときめきポイントではなく最初からWAONポイントが貯まる イオンでは、イオンカードシリーズかWAONを使ってショッピングをすると、『基本還元率0. 還元率やポイントアップキャンペーン、割引など、WAONを使ってもイオンカードシリーズを使っても差はないのが現状です。 しかしイオンカードセレクトは違います。 つまり、『基本還元率0. 5%分多い、1. 最低交換可能ポイント・交換単位の縛りがなくなる イオンカードセレクトでWAONにオートチャージ設定すると、上記のメリットに加え、『ときめきポイントではなくWAONポイントが直接貯まる』というシステムになります。 WAONを使って支払いをすれば当然WAONポイントが貯まります。 つまり最初からWAONポイントに一本化されているということですね。 これにより、交換の手間が省けることは勿論、何より「最低交換ポイントは1000ポイント以上で、500ポイント単位」の決まりがなくなることが最大のメリットと言えます。 電子マネーをチャージするだけでお得に共通ポイントやマイレージが貯まるクレジットカードがあります。 例えばANAカードでは、楽天Edy対応のカードでチャージすればマイルを貯められます。 WAON加盟店以外では使えない点のみ注意! イオンカードを作るくらいなのでイオンで使えれば問題ないと思いますが、 WAONポイントはそのままではイオングループなどのwaon加盟店以外では使えないことに注意してください。 WAONにチャージしてから使うようにしましょう。 なおコンビニではミニストップがWAONポイントに対応していますが、これは例外です。 このデメリットを除けば他のときめきポイントの運用方法と比較して一番便利でお得なので迷ったら『WAONポイントに交換』がいいでしょう。 1000ポイントから数万ポイントのまでピンからキリまであります。 高額商品を狙う場合はポイントの有効期限に注意しましょう。 交換可能商品は、家具家電やグルメ、美容用品、レジャー系のものが中心となっています。 公式サイトにて確認出来ますので興味のある方は覗いてみてください。 商品への交換方法 商品交換はポイント移行の場合と同様にMyPageにログインし行います。 イオンスクエアメンバーIDが必要になりますのでまずはそちらの会員登録をしましょう。 電話での自動応答や、郵送でも商品への交換が可能です。 郵送の場合は、請求明細書裏面を利用するか、公式サイトのリンクより応募台紙をダウンロード・印刷して行います。 普通に買った方が安いかも? 簡単に調べてみた所感ですが、ポイントとの交換で購入するより、他ECサイトの方が随分安く売っている例もいくつかありました。 金額の例としては、15,000ポイントで交換の商品が他のECサイトでは12,000円を切っていました。 これは好みの問題なので自由にしていいのですが、金額的なことを言えば商品への交換はあまりおすすめできません。 ポイントダウンキャンペーンを狙おう! いくつかの商品の交換可能ポイント、つまり実質的な価格を1,000ポイントほど下げるキャンペーンを期間限定で実施していることもあります。 商品交換を狙う場合はこまめにチェックしてみましょう。 貯まったポイントをアイテムと交換するのは還元率の観点からおすすめできません。 お得で効率が良いのは商品券やギフトカードとの交換、電子マネーなどへのポイント交換、年会費に充填の3つです。 金券やチケットにも交換出来ます!コスパのいいものを選ぼう! ワタミグループで使える食事券やUSJのパス、イオン商品券、JCBギフトカードなどがあります。 この中でおすすめなのが、『コスパのいいもの』です。 例えばイオンコンパス海外パッケージ旅行利用券です。 こちらは6000ポイントで9000円相当の利用券が貰えるのでかなりコスパがいいです。 こういった、交換ポイントより多い金額分の券が貰える商品を狙うのがおすすめです。 金券は交換手数料がかかる場合もあるので注意! イオン商品券やJCBギフトカードなどは交換手数料で250円かかってしまいますので、注意しましょう。 イオン商品券に関して言えば1000ポイント以上500ポイント単位での交換で、waonポイントへの移行と条件が変わらない上に手数料がかかってしまいますので、特別な理由がなければWAONポイントへの交換の方がおすすめです。 自分の生活・目的にあったものを選びましょう。 特に無ければ先述の通りイオンカードセレクト+WAONがやはり使いやすいのでおすすめです。 2ポイント イオンNEXCO中日本カード所持 1000ポイント 500ポイント 1ヶ月 無期限 各ポイントごとに条件あり! とりあえずイオンカードシリーズのどれかを作って後からどのポイントに交換するか考えようと思っても、そうはいかないのでご注意ください。 基本的にどのポイントも実質クレジットカードごとの専用ポイントみたいになっています。 dポイントとJALマイルのみクレジットカードに依存しないようです。 ベネッセポイント経由でポンタポイントにもできます! ベネッセポイントはpontaポイントに移行することが可能です。 もしイオングループ以外での利用を考える場合には、利用可能範囲の比較的広いpontaはおすすめです。 しかし1000ポイント以上500ポイント単位を達成できるなら結構イオングループを利用している方だと思いますので、これからカードを作るつもりならイオンカードセレクトでWAONポイント一本にしてしまった方が良い気がします。 既にベネッセイオンカードを持っている方はこのような活用方法もあることを知っておくといいかもしれませんね。 E-NEXCOポイントとJALマイルは少しお得! E-NEXCOポイントの交換レートだけ1. 2倍になっていて少しお得です。 5000ポイントが6000円相当に交換できる計算です。 イオンEーNEXCO pass カード専用の交換です。 他にもJALマイルも2ときめきポイント=1マイルなので、若干レートは他より高いです。 各クレジットカード会社のJALマイルへ移行できるポイントプログラムよりもJALカードがおすすめ。 高還元率で移行手数料も無料です。 ときめきポイントのまとめ 素直にWAONポイントに交換して使おう!お得に貯めるならイオンカードセレクト!• 『交換』して使うのが基本• WAONポイントとの連携がおすすめ• 一番のおすすめはイオンカードセレクト+WAONへチャージ• 商品交換の際は他ECサイトと比較してから考える• 他ポイント移行の場合は条件に注意 ときめきポイントのおすすめの使い方はイオンカードセレクトでWAONチャージ! おすすめの使い方は 『イオンカードセレクトでWAONにチャージ』が間違いなく一番おすすめです。 しかしイオンカードを作るくらいならイオングループで問題なく使えるWAONポイントでもいいこと、最初からWAONポイントとして貯まる為最低交換ポイント数などがないこと、還元されたWAONポイントを使ってショッピングをした際にもポイント還元対象になることなど、総合的に見れば一番使いやすくお得なのではないかと思います。

次の

【年会費無料イオンカード】イオンの買い物でときめきポイントを貯める!

イオン カード ときめき ポイント と は

ときめきポイントの有効期限 ときめきポイントの有効期限は利用者の誕生月によって変わり、誕生月から翌年の誕生月までに獲得したときにポイントは 翌々年の誕生月の末日が失効日となります。 つまり最短で1年、最長で2年間有効期限があるということになります。 公式サイトで図解されているものを見ると以下のようになります。 いまいちわかりづらいですが、誕生月の11日から翌年誕生月の10日までに獲得したポイントは、翌々年の誕生月末日が期限になるということですね。 4月生まれの人であれば2016年4月11日から2017年4月10日までに獲得したポイントが2018年4月末日まで利用することができます。 2016年4月に獲得したポイントであれば約2年、2017年4月に獲得したポイントであれば約1年が有効期間ということになります。 イオンカードを使ってときめきポイントをためている人は、誕生月に失効のタイミングが来ると考え利用していないポイントをチェックする習慣をつければよいでしょう。 ときめきポイントの有効期限の確認方法• 提携ポイント• WAONポイント ときめきポイントは主に商品と提携ポイントに交換することで使うことができます。 商品は正直あまり得なものがありません。 (定価で価値を計算して交換されるため) 提携ポイントで 最もお得なのはWAONポイントへの交換ですが、自分がためているポイントに交換するのがお得です。 なお提携ポイントの交換はすべて1,000ポイント以上500ポイント単位で交換することができます。 1,000ポイントがないとポイントの使い道がなく失効してしまうことになりますので、なるべくポイントを失効させないようにためていきたいですね。 商品への交換も最低1,000ポイントからの交換 1,000ポイントのときめきポイントをためるにはイオンで10万円分の買い物をする必要があります。 1年間から2年間と考えると、普通に使っている感じもしますが、人それぞれの利用状況を見て交換時期を考える必要があります。

次の