内祝い 現金。 出産祝いの金額はいくらにすべき?相場はどれくらい?

出産祝いで渡す現金の相場は。袋やお札の入れ方、友だちへの渡し方|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

内祝い 現金

結婚式の内祝い品をスムーズに決められる方は少ないのではないかと思いますが、数ある品物の中から、皆さんはどのようにして選び出されるのでしょう。 売り場に出向いたり予算を組んだりと、たいへん準備が忙しことと思われますが、そんな中、どうせだったら現金、又は商品券などでのお返しにしてみようかと考えられている方や、実際にそのようにしている方もらっしゃるようです。 内祝いの品を送る場合は良いですが、手持ちでお渡しにいかれる場合は、特に相手の表情が気になりますよね。 もらう側の相手の気持ちを考えて選ぶなど、内祝いの品選びはとても慎重になってしまうことでしょう。 それだけマナーについて難しい内祝いですが、商品券、現金についてアンケートをとりました。 結婚式の内祝いで現金や商品券などで返すのはアリだと思いますか? アリだと思う:54 ナシだと思う:47 もらって困るものより実用的なものを! 結婚式の内祝いは何にしたら良いかと迷われる方が多いことと思います。 そんな中、内祝いとして現金や商品券でのお返しもアリだと考える方はどれくらいいらっしゃるのかアンケート調査をしてみたところ、全体の半数以上がアリだと考えられているいう結果となりました。。 ・趣味の合わないもをもらってもかえってご迷惑になるのでありだと思います。 実際、金額の多かった親戚の内祝いは商品券にしました。 実際問題として現金や商品券は役に立つので。 それならば現金や商品券といった物をお渡しし、相手の方に好きなように使っていただく方が良いのではないかと思われる方が多いようです。 現金や商品券は金額が一目瞭然のため少々敬遠されがちではありますが、最近では、金額設定されているカタログギフトも種類が豊富にありますので、これなら表立って金額が分かることもない上、相手の方に好きな品物を選んでもらえるという利点があり、一石二鳥で良いのではないでしょうか。 商品選びに頭を悩ませる必要がなく、相手の方にも喜んでいただけるという点で、とても画期的な内祝いとなることでしょう。 金額の分かるものはもめ事に発展? 半数をやや下回りましたが、アリとの回答と大差はなく、現金や商品券でのお返しはナシだという方も結構いらっしゃいました。 ・祝い事は、お金を使うイベントです。 お金直接だったり、商品券はルールに反します。 それがまかり通れば、全てお金で解決できてしまいます。 少しは悩んで考えてみたと言う姿勢を示す事も大切ではないでしょうか。 たとえ相手の方が不必要なものであったとしても、あれやこれやと考えて選んだものだからこそ、相手の方に気持ちが伝わるのかもしれませんね。 現金や商品券のように金額が分かってしまうと、多い少ないでトラブルに発展してしまうこともあるかもしれません。 特に現金となると、生々しさがある上、冷たさまでも感じさせてしまう可能性があります。 お祝い事なのにこれでは逆効果ですよね。 何か記念として置いておけるものや、使用できるもの、身につけることができるものなどのように、相手の方の好みに合わせて選ぶことができれば、より気持ちが伝わるのではないでしょうか。 品物であれば正確な金額を知られることもありませんし、相手を思えばこそ内祝い選びも楽しく行えるのではないでしょうか。 内祝いは親戚であれば現金でもOK?! 全体的に見て、商品券やカタログギフトを内祝いとされるのは良しとしても、現金はあまりにも気持ちがこもってなさそうということで、論外だとの考えが多いように思いました。 祝ってもらったらお返しするのが日本の風習です。 商品券であっても何かの品物であっても、気持ちが伝わるものであれば何でも良いのではないでしょうか。 ただ先にも挙げたとおり、内祝いを現金にするのは少し避けたほうがよさそうです。 お渡しするにしても、親戚だけにとどめるなど相手を選んだほうがよさそうですね。 内々で現金でお返しするとの決め事があるところもありますし、そうなると気を使わずにすんで良いですね。 あまりこだわらなくていいと思う。 相手に喜ばれる物であれば商品は何でもいいと思う。 いただいて困るものではないと思う。 自分は内祝いに現金や商品券などで返すことはしないと思うが、返されたら、と考えるとまあいいかと。 いらないものをもらうよりも絶対に使えるものをもらう方がお互い合理的でいいと思うからです。 いらない品物を送られるより、商品券等の使いやすいものの方が味気ないが、現実的だと思います。 お菓子や商品などは好みもあるし、現金や商品券が一番相手にとってはいいと思うから。 お返しの品が気に入らなかったり、何を上げていいか迷う人には、商品券で返してあげたら自分の好きな物が買えるのでいいと思います。 お金はダメだと思いますが、商品券はいいかと思います。 自由度が高いですから。 かさばらないし、合理的だし、ありだと思う。 しかし、あまり気持ちがこもってない気がする・・・。 さすがに現金はどうかと思うけれどもカタログギフトや商品券は失礼にならないと思うので。 そりゃありですよ、現金なんて最高の貰い物なんですから、当然です。 あからさまに金額がわかるものは内祝の返しでこられても変にかんぐったりしてしまいそうでモメゴトの原因になりそう。 あまりきいた事がないです。 やはりなにかのギフトで返すのが礼儀だと思います。 お祝いごとのお返しに現金を返すのはありえません。 気持ちですので物でお返しするのが良いと思います。 お祝いに頂いたお金を突き返すみたいであまり好ましくないと思うから。 お金で御祝いをもらっているのに、お金や商品券で返すとなると失礼にあたる気がするから。 お金で返すのはいただいたものが気に入らなったような気がするからなしです。 さすがに内祝いで現金や商品券はあまりに失礼な気がします。 あげる相手もお返しを期待してあげるわけではないと思うので。 せめて、カタログギフトでしょう!現金はNGだと思います。 それはあまりにも愛想が無さすぎだと思う。 それならカタログでいい。

次の

【内祝い】お礼状の書き方と文例&マナー

内祝い 現金

結婚に際していただく結婚祝いには、「結婚おめでとう!」「幸せになってね」など、ふたりを祝福する気持ちがたくさん詰まっています。 その気持ちに応えるべく、 結婚祝いをいただいたら「内祝い」をお返しするのがマナー。 しかし、結婚祝いの有無にかかわらず「幸せのおすそ分け」として内祝いを贈ってもよいと知っていますか。 単なる「お返し」にとどまらない結婚内祝い。 「何を贈ったらいいの?」「どのように贈ったらいいの?」など、気になる疑問にお答えします。 この記事の内容をざっくり言うと… ・結婚祝いをいただいたら、できるだけ早くお返しするのがマナー ・結婚祝いのお返し、内祝いにおすすめの品物を紹介 ・お祝いの金額や状況によってはお返しをしなくてもよいケースもある この記事の目次• 結婚祝いをいただいたら!内祝いの贈り方のポイント 結婚祝いをいただいたら、まずは何をすればよいのでしょうか。 また、内祝いはどのように贈ればよいのでしょうか。 内祝いの贈り方を解説します。 まずはお礼を伝えて、1ヶ月以内に内祝いを贈る 結婚祝いをいただいたら、「結婚祝いをいただいた!さて、何をお返ししよう……」とすぐに考えてしまいがちですが、 まずはお礼を伝えることを忘れないでください。 その上で、 結婚祝いをいただいてから 1ヶ月以内を目安に、できるだけ早めに内祝いを贈るようにしましょう。 贈る際は持参が望ましいが、宅配の場合はお礼状を添える 内祝いは直接手渡すのがベターです。 しかし、相手が遠方に住んでいる、休みをあわせていたら 1ヶ月以上の時間が経ってしまうなど、何らかの事情で手渡しできないケースもあるでしょう。 その場合は、 相手の自宅へ内祝いを宅配で送っても問題ありません。 ただし、 内祝いを宅配する場合は、必ずお礼状を添えるようにしてください。 百貨店やインターネットショップからの直送などでお礼状を添えられない場合は、別途お礼状だけを送りましょう。 \ハナユメで結婚式のプロに相談しよう!/ お礼状には重ね言葉・忌み言葉を使用しない 結婚式の招待状と同様、お礼状を書く際は句読点を使用せず、忌み言葉・重ね言葉は避けるようにします。 【忌み言葉の例】 忙しい、終わる、最後、とんでもない、短い、涙、泣く、相次ぎ、飽きる、四(し)、九(く)、悪い、出す、ほどける、捨てる、耐える、浅い、焦る、欠ける、枯れる、散る、崩れる、冷める、流す、降る、返す、帰る、切れる、断る、薄い など 【重ね言葉の例】 重ね重ね、かえすがえす、くれぐれも、たびたび、時々、次々、日々、ますます、どんどん、わざわざ お礼状例文 参考までに、内祝いを贈る際のお礼状例文をご紹介します。 熨斗の上から包装紙で包んでもらうようにしましょう。 また、「カジュアルな気持ちでのお祝いだから」などの理由で、熨斗のない結婚祝いをいただくこともあるかもしれません。 しかし、結婚祝いに熨斗がついていない場合でも、内祝いをお返しする際は熨斗を付けるようにしましょう。 内祝いに付ける熨斗の選び方 結婚に関する贈り物の場合、次のポイントを踏まえて熨斗を選んでください。 水引の色は紅白もしくは金銀• 水引の本数は10本• 水引の結び方は結び切りやあわじ結びなど• 熨斗の表書きは、水引の上に「寿」「内祝」、水引の下に名前を記載• 手書きで表書きを書く場合は濃い黒の毛筆やサインペンではっきりと書く 内祝いを取り扱うお店なら「結婚内祝いを贈りたいので、内熨斗を付けててください」などと言えばふさわしいものをつけてくれます。 自分で用意する際は、上記ポイントを押さえて熨斗を付けましょう。 結婚内祝いの贈り方のポイントをご紹介しました。 次からは、品物選びについて見ていきます。 \ハナユメで結婚式のプロに相談しよう!/ せっかくなら喜んでもらえるものを!内祝いを選ぶ際のポイント お祝いの気持ちへのお礼や日ごろお世話になっていることへの感謝、幸せのおすそ分けである内祝いは、相手に喜んでもらえるものを贈りたいですよね。 内祝いを選ぶ際は、次のポイントを考慮するようにしましょう。 金額は「半返し」が基本• 相手が喜んでくれるものを選ぶ!ただし避けたほうがよいものもある 詳しく見ていきましょう。 金額は「半返し」が基本 内祝いの予算は、いただいた結婚祝いの 3分の 1~半額で考えましょう。 つまり、 1万円のお祝いをいただいたら、 3,000~ 5,000円程度が内祝いの予算ということ。 「喜んでほしい」という気持ちから高価なものを選んでしまうと、「気持ち程度だったのにこんなに立派なものをいただいて……」「ほかに何か贈ったほうがいいかな?」など、相手に気をつかわせることになる場合があります。 感謝の気持ちを込めつつ、結婚祝いの半額程度で相手が喜んでくれそうなものを選んでください。 高額なものをいただいた場合は「半返し」が失礼になる ただし、 目上の人から高価な結婚祝いをいただいた場合、「半返し」は失礼になります。 これは、半額程度であっても高価なものをお返しすることが、「あなたからのお祝いは要りません」という意思表示ととらえられてしまう可能性があるから。 無用なトラブルを避けるためにも、 目上の人への内祝いは控えめにしたほうが無難です。 少ないお返しが心苦しい場合は、• 手紙や写真を添える• ハネムーンのお土産など内祝いとは別のものを贈る などの対応をするのはいかがでしょうか。 「半返し」では選べない場合はケースバイケース 「いただいた結婚祝いが気持ち程度のものだった」など、「半返し」では品物を選べない場合もあるはず。 その際は、ケースバイケースで対応しましょう。 複数人のグループから結婚祝いをいただいた場合も、一人ひとりにお返しするのが基本です。 しかし、それでは一人あたり数百円の予算になり品物選びが難しいことも。 そんなときは、 みんなで食べられる箱入りのお菓子を贈るなどの対応でも大丈夫です。 \ぴったりの贈り物が見つかる!/ 相手が喜んでくれるものを選ぼう!ただし避けたほうがよいものもある 内祝いを選ぶ際は、相手が喜んでくれそうなものを選びましょう。 しかし、相手が喜べばなんでもいいかというとそうではありません。 以下のような、結婚祝いや結婚内祝いにはふさわしくないといわれているものもあるので注意してください。 割れ物や刃物は避けるのが無難 「割れる」「別れる」「切れる」など、結婚には縁起の悪い言葉をイメージさせる品物は NGです。 実用的で喜ばれそうでもハサミ、包丁、ナイフなどは避けるようにしましょう。 ただし、食器は「割れる」ため縁起が悪いといわれていましたが、最近では、実用的だと引出物や結婚祝い、結婚内祝いに贈られるようになっています。 また、 複数の品物を贈る場合は「割り切れる」ため偶数は避けます。 ただし、 「 2つ=ペア」「 8=末広がり」「 12= 1ダース=奇数と解釈」で OK。 奇数でも 9は 「 9=苦」となるため NGなので注意してください。 結婚内祝いに喜ばれる縁起物とは? 避けられるものがあるように、結婚内祝いに喜ばれるものもあります。 代表的なものでいうと 「米=八十八で末広がりがさらに広がる」「バームクーヘン=年輪を重ねる」などがあり、縁起物と呼ばれています。 次は、結婚内祝いに人気の品物ランキングをご紹介しましょう。 結婚内祝い選びの参考に!内祝いに人気の品物3つ 結婚内祝いとして贈りやすく、もらって嬉しい人気の品物は次の3つです。 カタログギフト• 商品券・ギフトカード• スイーツ 喜ばれるポイントをご紹介しましょう。 結婚式の引出物にもよく選ばれる カタログギフト。 もらった人が好きなものを自由に選べるため、相手の好みに合わせて細かく選ぶ必要がありません。 「年配向け」「若者向け」「男性向け」「女性向け」など、カタログの系統を選ぶだけで十分喜んでもらえるでしょう。 ただし、カタログギフトは大体 2,000円台から用意されているため、内祝いの予算が少額の場合は選べないというデメリットもあります。 \希望の条件から探せる!/ 「商品券・ギフトカード」 商品券やギフトカードも、もらった人が好きなものを自由に選んで買えるなどの理由から人気を集めています。 「何を贈ったらいいのかわからない」「現金を贈るのはちょっと……」という場合も安心。 ただし、結婚祝いで商品券やギフトカードをいただいた場合、同じものをお返しするのは失礼にあたります。 違う商品を選ぶようにしてください。 また、金額がはっきりとわかってしまうため、いただいたものの価格がわからない場合や、半返し以下になるようであれば避けるほうが無難でしょう。 「スイーツ」 「形に残らないため保管に困らない」「大人から子どもまで一緒に楽しめる」などの理由から、和洋問わず スイーツも人気の内祝い。 「見た目が華やかなもの」「子どもが喜びそうなキャラクターもの」「おしゃれで流行のもの」「地元で有名なもの」など、相手にあわせて選ぶと喜ばれます。 また、夏ならアイスクリームやゼリーのセットなど、季節に合わせて選ぶのもよいでしょう。 ただし、冷凍庫や冷蔵庫の容量を取るものを贈る場合は、事前に確認しておくようにしましょう。 そのほかの定番なら「雑貨・小物・消耗品・日用品」 タオルや毛布、ボディーソープやハンドクリーム、洗濯洗剤や食器洗剤など、 雑貨・小物・消耗品・日用品も喜ばれる定番品です。 甘いものが苦手な人には、スイーツよりもこういった実用的な消耗品のほうが喜ばれるかもしれません。 \ぴったりの贈り物が見つかる!/ ここまで、結婚内祝いを贈るケースについて見てきましたが、結婚祝いをいただいても内祝いを贈らなくていいケースも。 次で詳しく解説します。 結婚内祝いが不要な場合も!内祝いを贈らなくていいケース 以下に当てはまるなら、内祝いを贈らなくてもマナー違反にはなりません。 結婚式で引出物を渡した場合• 結婚祝いが少額だった場合• 会社の福利厚生など、「制度」として結婚祝いをいただいた場合 ひとつずつ確認しましょう。 \ハナユメで結婚式のプロに相談しよう!/ 結婚式で引出物を渡した場合 結婚式の婚礼料理や引出物は、結婚祝いへのお返しとなります。 そのため、 結婚式に出席していただき引出物を渡した場合は内祝いがなくても OK。 ただし、結婚式のご祝儀が予想よりも多かった場合などは、引出物のほかに後日改めて内祝いを贈るケースもあります。 両親に相談しつつ、どのように対応するかを決めましょう。 結婚祝いが少額だった場合 結婚祝いでいただいた金額や品物が少額だった場合も、内祝いは必要ありません。 無理に半返しをして「少額のものを内祝いにするのは失礼だ」と受け取られる可能性もあります。 内祝いを贈らずに、丁寧にお礼を伝えるにとどめておくほうが無難でしょう。 「何もないのは気が引ける」なら、ハネムーンのお土産を渡すなど、内祝い以外の方法でお返ししてもよいかもしれません。 会社の福利厚生など、「制度」として結婚祝いをいただいた場合 結婚した社員に対してお祝い金を贈るなど、 結婚祝いを贈るのが会社の制度である場合も、内祝いを贈る必要はありません。 ただし、「結婚祝いをもらったら所属部署に菓子折りなどをお返しする」などの習慣がある場合は、それに従いましょう。 また、同僚から有志でお祝いをいただいた場合も、みんなで食べられる子袋入りのお菓子詰め合わせなどを贈るようにしてください。 親族や仲間内などで「お返しはしない」などのルールがある場合 「結婚祝いをもらってもお返しはしない」など、 親族や仲間内のルールがある場合も内祝いを贈る必要はありません。 何かでお礼したいと思う場合は、新居に招いてホームパーティーを開くと喜ばれるでしょう。 まとめ 今回は、結婚祝いをいただいた際のお返し「内祝い」についてご紹介しました。 要点をまとめると・・・• 結婚祝いをいただいたら、できるだけ早くお返しするのがマナー• 結婚祝いのお返し、内祝いにおすすめの品物を紹介• お祝いの金額や状況によってはお返しをしなくてもよいケースもある この記事を参考に、結婚内祝いのマナーや人気の品を知り、相手に喜んでもらえる内祝いを贈りましょう!.

次の

【内祝い】お礼状の書き方と文例&マナー

内祝い 現金

お返しへの金額が少し少なかった場合と、5千円のお祝いに対しての内祝い 結婚内祝いの一般的な金額。 お返しへの金額が少し少なかった場合と、5,000円のお祝いに対しての内祝い 結婚内祝いの金額に対しては、以下のようなお悩みが多いのです。 「贈ったお返しが、頂いたお祝いに見合っていなかった場合はどうすれば良いのか?」 「頂いた結婚祝いがかなり高額ではない場合でも、お返しは必要なのだろうか?」 自分たちが結婚をする際、お祝いをしてくれる人たちが多々いるかと思います。 その時に、お祝い金や儀祝儀を頂いたり、プレゼントを頂いたりしますよね! お祝いには時間やお金をかけて、贈ってくれる人がほとんどだと思います。 なので、自分たちもしっかりと金額面でもマナー面でも、しっかりとした結婚内祝いをお返ししたいですよね! 今回はそんな、結婚内祝いの金額についてのご紹介をいたします! デパートに問い合わせてみると、金額がわかるかもしれません。 大きな金額の誤差でなければ、身内ですのであまり気にしなくていいかもしれません。 ですが気になるようであれば、新婚旅行でのお土産を贈ったりするのがお薦めです。 頂いたお祝いのお気持ちに対しての、感謝の気持ちを伝えるのが大切ですので、5,000円のお祝いの品物に対しても、お返しはした方が良いでしょう。 あまり、多すぎてもお祝いの気持ちを突き返す事になってしまいますし、少なすぎても頂いたものに対して見合っていないお返しと思われる怖れがあるため、この目安が一般的と言われています。 もし家族ルール等がある場合は、そのルールにのっとって内祝いの品物を用意するのが無難でしょう。 冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 参考までに、すでに経験をされた方のご意見を掲載させていただきました。 贈ったお返しが、頂いたお祝いに少し見合わなかった場合は、新婚旅行のお土産を贈るのも良いでしょう。 ネットならば時間がかかるかもしれないが、質問サイトで頂いた品の金額を調べることもできるかもしれません。 取り扱い先のデパートがわかるのならば、店員さんに問い合わせてみると教えてくれることも。 親族間でのお祝いの贈り物ですので、家族ルールがある場合も。 ご両親に1度相談するのがお薦めです。 気になるのであれば、新婚旅行や旅行先で、普段手に入らない地方のお土産を購入して、それをお礼のメッセージとともに贈るのもお薦めです。 お客様のお悩み 頂いた食器の金額を調べても出てこなかったので、予想の金額の半額の品物を内祝いとして送りました。 ですが、もしかしたらお祝いの品は、予想よりも高い品物だったかもしれません。 この場合はどうやって対処すれば良いでしょうか? 最近、結婚ををされた女性からのご相談です。 結婚式は行わない予定です。 先日親戚の方に、結婚祝いの品物として食器を頂いたそうです。 県外に住んでいる親戚ですので、品物は郵送で届いたとのこと。 お返しをするために、頂いた食器の金額を調べてはみたものの、同じ商品が見当たらず、はっきりとした金額はわからなかったそうです。 なので6,000円程度かなと考え、それに合わせて半額程度の3,000円ほどの石鹸セットを、結婚内祝いとして郵送で送ったとのこと。 ですが、調べても頂いた食器は見つからなかったので確定ではありませんが、もしかしたら予想の6,000円よりも高かったかもと心配になってきたそうです。 もし高かったとしたら、予想していた6,000円の1. 5〜2倍程度とのこと。 質問者様は、もっと赤字覚悟で高い品物を贈っていればと後悔しているらしいです。 この際のお返しに関する、ご質問が幾つかあるそうです。 ネットでもでてこないのであれば、質問サイトに画像を貼って質問してみたり、デパートに行って問い合わせしてみるといいでしょう。 今回の頂いた食器は、ネットで調べてもでてこなかったとのことですよね。 ならば、質問サイト等で画像を貼って、様々な人に問いかけてみるのもお薦めです。 ですがそれだと、確実に答えが返ってくるとは限りませんし、返ってきたとしても時間がかかるかもしれませんので、配慮が必要になるかと思います。 今回の場合、購入先のデパートがわかったのであれば、実際にデパートに行って店員さんにお問い合わせしてみるのが1番良いかと思われます。 表にない商品でも、倉庫にある場合もありますし、事情を話せば、調べていただけることも多いかと思いますよ。 また、同じシリーズものだと、頂いた食器自体は置いていなくても、その食器のシリーズのカタログがあったりして、それで金額もわかる可能性もあります。 ただ、あまりにも忙しいと断られてしまうこともあるので、タイミングを見計らってお願いするのがお薦めですよ。 大きな差額がなければ、身内同士の贈り物ですのであまり気にしなくていいかもしれません。 もし気になるようならば、新婚旅行でのお土産を贈るなどがお薦めです。 今回お祝いを贈ってくださった方はご親戚様とのことでしたので、あまり気にしなくても大丈夫かもしれません。 これがあまりにも大きな金額の差でしたら、少し状況が変わってくるとは思われます。 となると今回の質問者様のお返しが、かなり少ない金額のものかと言われたら、一般的にはそうではありませんので、追加のお返しも不要の可能性が大きいと思われます。 また親族間でのお祝いの贈り物ですので、各家庭にルールがある場合もあります。 それはお祝いに関する金額をあらかじめ家族や親族同士で決めておいたり、あらかじめお返しはしない等のルールのことです。 なので1度、ご両親に相談してから対処するのがお薦めですよ。 また、お返しの金額が足りなかったことに気がひけるのであれば、新婚旅行や旦那さんの帰省等で出向いた際の、親戚の方のお住みでない地方のお土産を贈ったりするのもお薦めです。 これならば受け取った側からしても気持ち的に重たいお返しではありません。 また、その際に是非食べてもらいたかった気持ちや、食器のお礼を改めて書いたメッセージを添えれば、親戚の方にも喜ばれると思いますので、参考にしてみてはいかがでしょうか? 結論として、この質問者様のお話ならば、• ネットならば時間がかかるかもしれないが、質問サイトで頂いた品の金額を調べることもできるかもしれません。 取り扱い先のデパートがわかるのならば、店員さんに問い合わせてみると教えてくれることも。 親族間でのお祝いの贈り物ですので、家族ルールがある場合も。 ご両親に1度相談するのがお薦めです。 気になるのであれば、新婚旅行や旅行先で、普段手に入らない地方のお土産を購入して、それをお礼のメッセージとともに贈るのもお薦めです。 ですね!! 披露宴なしの結婚祝い5000円相当のプレゼントに対してもお返しは必要• 5,000円の品物に対しても、内祝いはきちんと贈るのが良いでしょう。 お祝いの品物が5,000円程度の品でも、お返しはきちんとしましょう。 まずお祝いの品物が5,000円ということはよくある場合がございます。 贈る方からして現金を渡すのは気が引ける場合だったり、お互い結婚式に招待しない場合によく贈られる金額です。 会社などの有志でお金を出し合った連名の結婚祝いだと、もっと1人1人が出してくれているお金が少ない場合もあります。 その場合でも1人何百円程度のものでも、お返しをするのが一般的なマナーとされていまので、ご質問者様もご心配なさらずに、御返しを贈っても良いかと思われます。 なので2,500円〜1,700円程度のお返しを贈るのがお薦めです。 あまり高い金額のものを贈っても、お祝いを突き返されたと思われてしまったり、安すぎてもお祝いに見合ったお返しでないと思われてしまう怖れがあるため、上記の金額が目安と言われています。 仮に本当に、お返しはいらないから! と言われた場合は、新婚旅行でのお土産や、会った時に菓子折り程度の、あまり相手の負担のならない品を渡すと、相手もきっと受け取ってくれるかと思われます。 結論として、この質問者様のお話ならば、• 5,000円の品物に対しても、内祝いはきちんと贈るのが良いでしょう。 ですね!! あまり、多すぎてもお祝いの気持ちを突き返す事になってしまいますし、少なすぎても頂いたものに対して見合っていないお返しと思われる怖れがあるため、この目安が一般的と言われています。 なのでただ自分が贈りたいものを贈るのではなく、しっかりと頂いた品物や金額をリサーチしてから、内祝いに贈る品物の候補を決めることが大切です。 頂いたお祝いが、現金の場合はお返しにかけるべき金額も、大変わかりやすいのですが、品物だと調べて失礼じゃないかな?と少し心配になってしまいますよね。 きちんとお返しをするために金額をリサーチすることは、大人としてのマナーであり、みんなやっていることなのでご心配なさらなくても大丈夫ですので、ご安心くださいませ。 結婚祝いは普通のプレゼントとは違い、見合ったお返しをしなくてはなりませんので、そのためには金額を知ることは必要なこととされているからです。 なのでお祝いを頂いた際は、ネット等でしっかりと調べてから、内祝いの品物を用意するのが大切ですよ。 ですが家族、例えば兄弟両親、あるいは親戚などの親族からお祝いのお金や品物を頂いた時に、多々あるのが各家庭にある、お祝いへのルールです。 例えば、お祝いの贈り合いは初めからなしだとか、しても大体いくら程度のものと決めておくとか、そういったものです。 これはある家庭とない家庭で別れるかと思います。 ですがもしルールがある場合は、そのルールにのっとって内祝いの品物を用意するのが無難でしょう。 そのためにも、用意する前に1度両親に相談してみることをお薦めします。 連名で現金を贈られた場合のお返し。 現金の場合は品物の場合と違って頂いた金額がはっきりとわかるのでお返しの品物を選びやすいですよね。 またお祝い金の場合は、有志のみんなからというものではない場合もあります。 その場合は会社の名義、すなわち会社自体だったり、会社の親睦会や組合からのお祝い金を頂いた時です。 この場合にも会社自体にお返しをするのかな?と疑問に思うかもしれません。 ですがこの場合は、内祝いは不要となります。 なぜならこのケースのお祝い金は、有志がある方からお祝いを贈られるのではなく、初めから会社で決まっている規定として、会社のお金の中から贈られるお祝いだからなのです。 内祝いは個々の有志でお祝いして頂いた品物やお金に対して、贈るものなので、会社からのお祝いに対しては不要となります。 ただ、先にもお伝えした通り、有志のお祝いに関してはきちんと、感謝の気持ちを込めてお祝い返しをしましょうね。 すでに「結婚内祝いの金額の悩み」を経験された先輩の方々のアドバイス 冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 【大多数の方の、常識だとされているところに落ち着きます】ので、地域や贈り先との関係、経済的な状況や、社会の環境などに左右されています。 また、中には、お客様の独特な思い入れのため、多少マナーに反しているようなご注文も、実際に、あります。 以下は、 【すでに「結婚内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス】を掲載させていただきました。 私どもとお客様との会話や、アンケートの中より、了承いただいたものを抜粋して記事とさせていただきました。 賛否両論あるかもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。 結婚式の祝い金のお返しに関するマナー 結婚式に出席していない方から、結婚式 祝い金 お返しをもらうとお返しに困りますよね。 結婚式の引き出物を贈るのは、余り物のような印象を与えてしまうので、マナー違反となります。 1万円を軽く包んでくださる方もいれば、きちんとのしを付けて10万円ほど包んでくださる方もいるかと思います。 同じ物を大量に買って、同じようにお返しを贈るのも、少しマナー違反の可能性があります。 一気にお返しを揃えられて便利ではあるのですが、お祝いをくれた相手のことを個々に考えていない、金額にも見合っていないと、周りに思われてしまうことがあります。 結婚式 祝い金 お返しにはカタログギフトをチョイスしてみてはいかがでしょうか。 細かい価格設定があるので、お祝い金の額に合わせて、きちんと相場にあった物をお返しすることができます。 カタログギフトには、洋風や和風のもの、子供や大人向けのもの、食べ物からアクセサリーまで、老若男女の好みに合った商品が多数載っています。 自分たちの名前が入った食器や、趣味に合わない物や不要な物など、タンスの奥にしまわれてしまうようなお返しはなるべく贈りたくないですよね。 カタログギフトは定番の商品から、その方の趣味や好みに合った商品まで、さまざまな種類の商品が載ったカタログを選ぶことができるので、おすすめです。 ですが、いただいた金額の半額くらいの品を用意するのが一般的。 高額すぎる品では相手の方が恐縮してしまうおそれがあり、かといって安すぎる品では失礼になってしまいます。 ですから、やはり、いただいた金額の半額を目安にお返しの品を用意するのが良いでしょう。 しかし、そうなると、いただいたお祝いの金額に合わせ、価格別にお返しを用意する必要が出てきます。 そこでオススメしたいのが「カタログギフト」です!価格別のコースがいくつも用意されているカタログギフトは、(価格別に)贈り分けをするのに便利。 また、もらった人が自由に商品を選べるカタログギフトなら、その方が希望するものをお贈りできるため、喜んでいただけること間違いありません。 カタログギフトと一口に言っても色々なものがありますから、どれを選ぶべきか迷ってしまうという方もいらっしゃるはず。 そんな方にご紹介したいのは「スターチョイス」シリーズです。 目上の方にも自信を持って贈れる上品なデザインが魅力なこのシリーズは、価格別に15種類もが用意されているため、いただいたお祝いの金額に合わせたお返し選びにピッタリ! 結婚内祝い・お祝いのお返しには、カタログギフトを贈りませんか? 結婚のお祝いのお返しの予算金額 結婚のお祝い お返しが結婚内祝ですが、どの程度のどういったお品をお返しすべきなのか、どのくらいの予算なのか、悩まれる方も多いと思います。 一般的には頂戴したお祝いの3割から半分程度が適当であるとされています。 そのため、予算は半額程度で考えておくと良いでしょう。 あまりに高価なお品を贈ると却って恐縮されてしまいますし、反対に頂いたお祝いに比べて低額すぎるものでは、せっかく贈った結婚のお祝いが満足ではなかったのではないかと思われてしまうかもしれません。 こういった慶弔に関する贈り物に関しては相場や贈り方など、一般的な習わしに従い大きく逸脱しないように心がけたいものです。 結婚のお祝い お返しとして喜ばれるのがカタログギフトです。 カタログギフトであれば贈られた方のお好みにあわせてさまざまなお品からのチョイスが可能です。 また結婚内祝を贈る方からも、お返しとして適当なお品が用意されているのでマナー違反となる心配もありません。 またカタログギフトはいろいろな価格帯で用意されているので、頂いたお祝いの額に併せて選べるところも大きな魅力となります。 お祝いを頂戴したお心遣いへの感謝を形で表せるカタログギフトは、結婚内祝を贈る側にとっても贈られる側にとっても、双方にメリットがある人気のお返しとなっています。 結婚祝いのお返しマナー/予算はいくら? 結婚祝いのお返しマナーとして色々と悩むことも多いと思います。 カタログギフトであれば、お祝いのお返しに最適な贈り物がたくさん用意されているのでとても選びやすいです。 割れ物であったり刃物は縁起が悪いとされているので、贈らないほうが良いと思います。 結婚は出産と違い、2度と起こらないほうが良いことなので、繰り返しを連想させるものは贈らないという方もいます。 また、割り切れる数字は縁起が悪いと考える方もいるので、詰め合わせなどの品物は奇数のものを選ぶようにすると良いでしょう。 通販のカタログギフトでは、結婚祝いのお返し用に、のしをつけてくれるサービスがあります。 結婚祝いのお返しマナーを考えた包装にしてもらえるので、マナーに関して安心感があると思います。 カタログの値段も細かく分けられているので、頂いたお祝いの金額によって簡単に変えることができると思います。 お祝いの品物がどの程度の値段であるか調べてから、お返しは考えるようにしましょう。 今はインターネットでいろいろな品物の値段がわかる時代になりました。 だいたいでもお祝いの品の金額がわかったら、お返しはその3分の1から半分くらいの金額で考えましょう。 結婚祝いの相場はだいたい3千円から2万円程度です。 お返しの相場は千円から1万円程度のものが人気があります。 結婚内祝いを贈る時期と金額 結婚内祝いを贈る時期と金額について紹介します。 ひとたび結婚するとなると、結婚式や披露宴、新居への引っ越しや親戚等へのご挨拶など、何かとイベントが多いものです。 その中でも気になるけどなかなかひとに聞けないというものが『お祝い お返し 金額』ではないでしょうか。 今回ご紹介する『お祝い お返し 金額』とは、具体的には結婚内祝いを贈る時期と金額ですが、一般的に結婚のご祝儀をいただくのは結婚式(披露宴)を行った際だったり、結婚の報告を行った後のタイミングだったりします。 場合によっては、親しい間柄だったりする方などは、お返しはいらないよと言われることもありますが、基本的にはその場合でも必ず何かしらのお返しをするべきです。 金額についてですが、基本的には半返しと言って、現金の場合はいただいた金額の半額、品物の場合は想定される額の半額程度というのが常識を逸しない対応と考えられます。 また、結婚内祝いを贈る時期ですが、いただいてから1ヶ月以内に相手の手元へ届くことが望ましいと思います。 早すぎても、何か用意していたようで相手に違和感を与えますし、遅すぎても忘れた頃に届く感が出ますので、1ヶ月程度というのが目安です。 では、品物としては何がいいのかという問題ですが、現在では様々な内祝いの品物が溢れていますが、やはり一番人気なのはカタログギフトです。 カタログギフトは、指定した金額の範囲内で様々な品物が用意されており、送る側としても非常に使い勝手がよく、もらう側としても純粋に有用なものをもらえるということがメリットです。 結婚のお祝い返しを贈る時期と金額 結婚のお祝い返しを贈る時期は、一般的には挙式後1か月以内を目安にお返しをします。 たとえば、挙式に参加することができなかった方や、披露宴にお招きしなかった方からお祝いをいただいた場合などは、挙式後1か月以内の時期にお返しの品物を渡すようにします。 この際に、相手が遠方であったり、しばらく会って渡せないような場合には、タイミングを外さずに渡す必要があるので、手渡しではなく、お店から配送することもあると思います。 そのような場合には、お礼状を添えるか、品物よりも先にお礼状が先方に届くようにするとて寧です。 また、結婚 お祝い返し 金額は、先方からいただいたお祝いの金額の半額から3分の1程度を目安に選びます。 結婚 お祝い返し 金額は、いただいた品物や、場合によってはお金のお祝いによって異なってきますので、事前にすべて準備をしておくのは難しいものです。 また、挙式後1か月以内は、新婚旅行や休暇後の仕事の対応などで多忙であることが多いため、相手の好みなどをおさえて選ぶ時間もままなりません。 そのような中で、最近はカタログギフトが人気のお返しになっています。 カタログギフトであれば、相手が必要なものを選ぶことができますので、確実に喜んでもらえますし、金額面でも適切なものを選ぶことができます。 結婚お祝い返しを贈る時期と金額 お祝い返しには、3つの段階があるといわれています。 1つ目が「半返し」といわれる、受け取った金額の半額程度を目安にお返しを送ることです。 これは、結婚祝いと出産祝いが該当します。 半額というのはきっちり半額である必要はなく、お祝い返しの金額マナーには下記で触れる「3分の1返し」というものがあるので、結婚祝いの場合は半額から3分の1の間の金額であれば問題ありません。 逆に半額以上の高価なものを送ると、相手が恐縮してしまい、むしろ気を遣わせてしまうので注意が必要です。 このようにお返しをする際には、金額に注意をする必要があるのですが、このような場合に便利なのがカタログギフトです。 それぞれのお祝いの金額に対して、適切なお返しをしなければなりませんので、カタログギフトのようにさまざまな価格帯を選べる商品にすれば、結婚お祝い返し 時期を逸することなく、マナーに沿った対応ができます。 ご参考までに、「3分の1返し」は病気見舞いや長寿祝い、3つ目の「お返し不要」は引っ越しなどの選別や、災害に対する見舞いの際に該当します。 お返し不要であってもお礼状は必要です。 いずれにせよ、結婚お祝い返し 時期のマナーにあるように、適切なタイミングで適切な金額や形でお返しをしましょう。 結婚内祝いのマナー 記事一覧•

次の