イテウォン クラス キャスト。 韓国ドラマ「梨泰院(イテウォン)クラス」あらすじ&キャスト

梨泰院クラス 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

イテウォン クラス キャスト

スポンサーリンク 「梨泰院クラス」のキャスト一覧 「梨泰院クラス」の全キャストをご紹介します。 色がついているのが主なキャストです。 パク・セロイ役・・・パク・ソジュン• チョ・イソ役・・・キム・ダミ• オ・スア役・・・クォン・ナラ• チャン・デヒ役・・・ユ・ジェミョン• チャ・グンス役・・・キム・ドンヒ• チャン・グンウォン(グヌォン)役・・・アン・ボヒョン• カン・ミンジョン役・・・キム・ヘウン• チェ・スングォン役・・・リュ・ギョンス• マ・ヒョニ(ヒョンイ)役・・・イ・ジュヨン• キム・トニー役(クリス・ライアン)• パク・ソンイル役(ソン・ヒョンジュ)• イ・ホジン役・・・イ・ダウィ• オ・ビョンホン役・・・ユン・ギョンホ• チョ・ジョンミン役・・・キム・ヨジン• キム・スルレ役・・・キム・ミギョン• キム・ヒフン役・・・ウォン・ヒョンジュン• オ・ヘウォン役・・・ミ・サン• キム・ソネ役・・・ユ・ダミ 次に、主なキャストの役どころと簡単なプロフィールをご紹介します。 消えない怒りを抱いて梨泰院を町に入り、タンバム屋台を舞台にチャンガへの反撃に乗り出していく。 身長185㎝、体重69kg。 中学生までは野球選手が夢だったが、高校1年生の頃から俳優を夢見るようになり、ソウル芸術大学演技科へ進学。 2011年パン・ヨングクさん(元B. P のミュージックビデオ「I Remember」に出演し、デビュー。 翌年2012年にドラマ「ドリームハイ2」から本格的な演技活動を始めます。 「サム、マイウェイ」のような覇気ある若者の役から、「」のような完璧主義者の役まで、幅広くこなし女性を魅了します! 主な出演ドラマ• 2015 キルミー・ヒールミー• 2015 彼女はキレイだった• 2017 サム、マイウェイ• 身長170㎝。 両親が共働きだった影響で、留守番中に多くの映画やドラマやテレビを見て育った影響から、自然に俳優の道を目指すことに。 2018年映画「マリオネット 私が殺された日」でデビューし、そのわずか2ヶ月後に公開された映画「魔女」で主演を努めます。 「魔女」では卓越的な演技を披露し、各種映画授賞式を総なめにした注目の期待株。 今作「梨泰院クラス」がドラマ初作品にも関わらず、主演を務めています。 ライバル企業チャンガの戦略企画チーム長。 正直な性格に、完璧な実力を兼ね備えており、チャン・デヒ会長の絶大的な信頼を得ている人物。 身長171㎝。 2012年、6人組アイドルグループHELLOVENUSのメンバーとして歌手デビュー。 2017年にはドラマ「あやしいパートナー」で演技に挑戦しました。 その後、数々のドラマに出演しながら女優としての活躍の幅を広げていき、2019年のドラマ「ドクタープリズナー」ではで新人賞を獲得しています。 主な出演ドラマ• 2017年 あやしいパートナー~Destiny Lovers~• 2018年 マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~• 2018年• 2019年 ちなみに現在、元HELLOVENUSメンバーのさんもドラマ「」に出演中。 いつもお腹が空いていた子供時代の記憶から料理人になって成功した財閥で、慈悲のない権威主義者。 息子の事故で絡んだ目の敵のようなセロイに再開し、平和だった彼の人生が少しずつ揺らぎ始める。 youchmy がシェアした投稿 — 2017年 6月月7日午前4時57分PDT ユ・ジェミョンさんは1973年6月3日生まれ、釜山広域市出身。 身長183㎝。 釜山大学在学中に、演劇サークルに入ったことで演技に触れることとなります。 2001年映画「黒水仙」でデビューし、釜山で演劇を続けてきました。 上京したのは40歳の時で、そこから映画やドラマで顔を知られるように。 その後はドラマと映画を行き来しながら、数々の作品で活躍中です。 主な出演ドラマ• 2015 応答せよ1988• 2017 秘密の森• 2018 ライフ• 2019 私にとっては「」の時の優しいお父さんのイメージが強いので、今回冷徹な役・・・ということでちょっと戸惑っております。 笑 「梨泰院クラス」のネタバレあらすじや原作との違い 「梨泰院クラス」の原作とドラマでは、あらすじやキャラクター、ラスト結末に違いがあるんでしょうか? まずはドラマのあらすじを見てみましょう。 ドラマあらすじ 不合理な世界、固執と血気が溢れる若者たちの反乱を描いた作品。 世界を圧縮したような梨泰院の小さな街で、それぞれの価値観で自由を追う彼らのストーリーを綴っています。 私も早速読み始めました! が、まだ序盤なので、すでに見た人の情報をまとめてみたいと思います。 原作あらすじ セロイは父親が務めている会社(チャンガグループ)の転勤によって田舎に引っ越すことに。 転校先にはチャンガグループの御曹司がいたが、絵に描いたような悪ガキでいじめやパシリなどをさせており、先生までもが言いなりの状態。 悪態ぶりに我慢できず、セロイは御曹司を殴ってしまい、転校初日に退学処分に。 さらにこの一件で父親は会社を辞めることになりチキン屋を開くも、配達中に御曹司が起こした事故により亡くなってしまう。 セロイは犯人である御曹司をボコボコにして刑務所行きに。 数年もの計画を立てたのち、復讐のため梨泰院を舞台に再起を図るー なるほど〜! ドラマのあらすじでは細かい経緯はわかりませんでしたが、ストーリーはほとんど同じみたいですね。 また、原作を書いたチョ・グァンジンさんが直接脚本を担当し、原作キャラクターの魅力を最大限に生かした作りということなので、その点からもあまり相違はないように思われます。 ただ、ドラマでは漫画にはいないトニーという外国人キャラを投入。 梨泰院という街は、外国の大使館や領事館が集まっており、外国人が多く行き来することで知られています。 「梨泰院クラス」をまだ見ていない人、結末を知りたくない人はご注意ください。 飲食業界の大手企業チャンガの会長とその息子のせいで父親を亡くす経験をした主人公セロイが、梨泰院で店を開店し、チャンガに反撃を食らわすストーリーでかなりおもしろそう。

次の

【梨泰院(イテウォン)クラス】キャストのプロフィール&インスタを紹介!!

イテウォン クラス キャスト

梨泰院クラス(イテウォンクラス)第8話あらすじのおさらい 新しい家主が長家(チャンガ)会長 チャン・デヒだと知るタンバムの面々。 氷を借りに来た オ・スアやチャンガの次男 チャン・グンスにあたる チョ・イソ。 やめろ、もう一言言えば怒るぞと、 パク・セロイ。 スアが店に戻ると チャン・グヌォンがいた。 ミュージカルに誘ってくるクヌォン。 私が好きなの?私はあなたが嫌い・・・おじさん、あんたが車で轢いて死んだおじさん、私には父と変わらなかったわ、だからまとわりつかないでと、スア。 チャン・デヒに会いに行くセロイ。 クンスを店から出せ、自尊心を高めるためにしているのかと、チャン・デヒ。 会長はそのために部下や職員を使うようですねと、セロイ。 クンスがセロイのことを強いと言ったから、本当の強さを息子に教えるんだと、チャン・デヒ。 それで建物を買われたので?と、セロイ。 移転してもそこを買うと、チャン・デヒ。 それが会長の考える強さですか?と、セロイ。 お前が苦労して成し遂げたすべてのものを、こう簡単に握って振っているのに違うと思うのか?と、チャン・デヒ。 私との悪縁を切りたいとおっしゃったでしょう、唯一の方法があるんですが、チップを一つ差し上げましょうか?あなたがすべての罪の対価を支払い、跪けばよいのですと、セロイ。 クンスにセロイとチャンガの関係を話した様子のイソ。 会長らしくないと、今回の件を指摘するスア。 何も言うなと、威圧するチャン・デヒ。 その指摘を受けたあと、セロイを敵だと思っていることに気づく。 皆でクラブへ行くことに。 クンスのことが気になり二人で話すことにするセロイ。 どうして来たんだと問われ、金を稼ぎにと、クンス。 なぜだか頼れる場所が欲しく見えた、タンバムとオレがそんなところになれるかと思って・・・同情ではなくお前に自分を見たんだ・・・仲良くできる自信があったのに、いつかわかることになり、お前の気持ちを考えられなかったんだな、すまないと、セロイ。 ボクにそうしないでください、ウチが兄貴にやった行動、本当にすみません、きっと罰を受けますと、ウンス。 ウンスをハグするセロイ。 キム・トニーはアフリカ人ということでクラブへの入場は禁止と言われる。 自分は韓国人だと、トニー。 どこを見て韓国人なのよ、皮膚も黒いのがと、イソ。 その言葉に傷つき去っていくトニー。 イソのここのところの棘のある態度が気に入らないと、セロイ。 翌朝、クラブの入り口に落書きが。 呆れるイソ、 チェ・スングォン、 マ・ヒョニ。 どうやらセロイがやったようだ。 イ・ホジンの提案を断り、方法があるにはあると言いスマホを見せるセロイ。 また、 カン・ミンジョン専務に会うとも。 自分が戻ることでセロイに触れるなと父に言うと、クンス。 そうしてくれる、そうしてくれると嬉しいと、イソ。 ほんとにダメだな、お前と、クンス。 ミンジョンに会うセロイ。 チャンガへの投資の内10億ほどを回収しようと思うと告げる。 そうすると持ち株が1%に満たなくなるので謝る。 小さな店一つに奏する必要があるの?と、ミンジョン。 人が店だからと、セロイ。 クンスが話があるってと、イソ。 店をやめると、クンス。 理由が父や兄と言うなら、出ていかないわけにはいかないのか、お前が弟のようだから好きなんだけどと、セロイ。 その代わり、父チャン・デヒを説得することや、そうすると損害が出ないことを説明するイソ。 クンスがやめることに賛成というイソのマネージャーバッジをつかみ取り投げ、お前はマネージャーの資格がないと、セロイ。 たかだか情、いつまで情で動くのよ!どうか現実を見てよ!いくら損すれば正気になるの?と、イソ。 オレは、商売がそのようなら商売はしない、あの人と同じようにするなら最初からはじめもしなかったと、セロイ。 私達の様を見てよ、追い出されることになったじゃない、私は社長が損するのが嫌なのと、イソ。 追い出されて損害が億なのか?チャンガは敵だ、敵がオレを攻撃することは当然のことだ・・・オレが最も怒っているのは、オレの味方だと思っているお前のせいでだと、セロイ。 私は社長のためを思ってと、イソ。 どうして、オレのための行動がオレの人たちを切ることなんだ?と、セロイ。 いくら社長の意志がそうでも、私はこの店のマネージャーよ、理想的なことを何度言おうが私達は結局ここから追い出され、これ以上こんな事が起きないと断定できないんじゃない、私は社長に人生をかけたの、責任を負わないと、実質的代案を出してと、イソ。 ミンジョンにも全く同じことを指摘されていた。 それが金を回収する理由です、私の人達を守るため、これ以上チャン会長に揺さぶられないよう・・・と、セロイ。 代案がないじゃないと、イソ。 建物を買う、実質的代案と、セロイ。 うそ・・・と、イソ。 経験してみたじゃない、セロイは嘘をつかないと、スア。 セロイは誰も変えられない、あんたが本当にセロイの味方になりたいなら、変えようとせずに一緒に歩く覚悟をしないと、理解しないとと、スア。 自分はできなくてセロイの反対側にいるとも。 姉さんが嫌いと言いつつ、何かを悟った様子のイソ。 セロイが好きとの感情が高まり、ウンスに謝るイソ。 利己的なままのイソが好きだと、ウンス。 社長と一緒に歩きたいから邪魔しないでねと、イソ。 トニーを入店拒否したクラブに対するディスりをSNSで展開するイソ。 社長の人に触れるのは社長に触れるのと同じだって、決めたの、社長に触れる人たちをすべて殺してしまうってと話す。 また、店に戻ってきたトニーに、国籍がないならまだ韓国人じゃないとも。 イソ・・・と、セロイ。 私が、お父さんを探すのを手伝ってあげる、どうやってでも手伝ってあげる、ごめんね、あんたの味方になってあげなくてと、イソ。 また、幼稚にスプレーを撒き散らしたセロイに頭を使ってよとも。 さらに、名札をつけてと要求。 社長のスタイルは世界で一番難しいけど、理解しようと努力してみるわ。 イソの頭を撫でるセロイ。 セロイが投資を引いて建物を買ったと聞くチャン・デヒ。 新店舗の準備中、金貸しのおばあさんが、若いのに見る目がないと、セロイに名刺を渡す。 年ごとに店がつぶれる場所のようだ。 奇しくもパク部長と同じ言葉「人」を口にしたセロイのことをお思い出すミンジョン。 自分のミッションはチャン会長を店に来させることっだった、まだ私と一緒にやりたい?あなたが望むことは復讐がすべて?と、ミンジョン。 私が望むことは自由です、誰も私と私の人を触れることができないよう、私の言葉、行動に力となり、どんな不当さも、誰にも振り回されない、自分の生の主体が自分であることが当たり前の、所信に代価がないそんな人生を過ごしたいですと、セロイ。 理想主義者の言葉遊びだと思うも、気に入ったと、ミンジョン。 こうして一緒に進むことに。 私が何も奪えなかった・・・歳をとったのでダサくと、チャン・デヒ。 イソのことが羨ましい、あんたが行く道に必要なんでしょと、スア。 イソのいないタンバムは想像できないと、セロイ。 その頃イソは、チャン・デヒに呼ばれていた。 梨泰院クラス(イテウォンクラス) 第8話視聴感想(あらすじ含む)に続く 文責:韓国ドラマあらすじ団 過去に放送された韓国ドラマの情報をまとめている、韓国ドラマあらすじ団の別館 最近のコメント• に より• に より• に より• に より• に より カテゴリー• メタ情報•

次の

壮大な復讐劇!「梨泰院クラス」キャスト&あらすじ【まとめ】

イテウォン クラス キャスト

日本での視聴ランキング上位に入るなど、今人気急上昇中のドラマです。 本作は韓国のケーブルテレビ局で2020年1~3月に放映され、高い視聴率をキープし続けた話題作。 学歴もなく前科者となった青年が梨泰院に住み、暮らしていく中でキャリアを積んでいくサクセスストーリーです。 今回はドラマ「梨泰院(イテウォン)クラス」に登場する、 10名の主要キャスト+1名のプロフィールやSNS情報をまとめてご紹介します。 ・生年月日:1988年12月16日 ・出身地:韓国ソウル特別市 ・主な出演作:キルミーヒルミー、キム秘書はいったい、なぜ? ・Instagram: 梨泰院クラスの主人公パク・セロイを演じたのは、俳優のパク・ソジュンです。 185cmと高身長の彼は当初野球選手を夢見ていましたが、身体能力を理由に両親に反対され、夢を挫折してしまいます。 そんなソジュンが俳優への夢を見出したのは、中学3年生の時でした。 コスプレステージに参加しパフォーマンスを行った彼は、ステージで照明を浴びて人前に立つことに喜びを感じるようになります。 内向的な性格を理由に両親から俳優への夢を反対されましたが、夢を叶えるために猛勉強して成績を上げ、ソウル芸術大学演技科に進学。 在学中に兵役を終えた彼は、2011年にミュージックビデオ「「I Remember」に出演して俳優デビューを飾ります。 2012年からはドラマで俳優活動を開始し、2015年には「彼女はキレイだった」「キルミーヒルミー」の出演を通じて、視聴者からの人気を獲得。 これまでは好青年役の多いソジュンでしたが、2015年の映画「 悪のクロニクル」では異なる一面を見せ、演技の幅広さをアピールしました。 ちなみにこの時、パク・セロイの父親を演じた「ソン・ヒョンジュ」と共演しています。 プライベートでは、人見知りながら率直で真面目な性格だと自らを話すソジュン。 俳優や歌手の友人も多く、ドラマで共演したBTSのVや「パラサイト」で注目された俳優のチェ・ウシクと仲が良いことで知られています。 幼い頃からドラマが好きで俳優の夢を抱いた彼女は、高校時代から演劇を始めました。 仁川大学校公演芸術学科に在学中、モデル活動をしながら2017年の自主製作映画「2017同名異人プロジェクト」で俳優デビューを果たします。 1500倍もの倍率となったオーディションを勝ち抜き、見事主演の座を射止めたのです。 彼女はとあるきっかけで組織に追われる身になった記憶喪失の女子高生役を演じ、映画は韓国で観客動員300万人を超える大ヒット作品となりました。 演技力の高さから怪物新人と呼ばれた彼女でしたが、映画公開後2年間は作品出演をせず広告モデルのみの活動でした。 作品では天才的な役柄をこなす彼女ですが、プライベートでの性格は内向的で口数の少ない女性のよう。 普段は家の中で過ごすことが多く、Netflixで映画を見ることが好きと話しています。 ユ・ジェミョン チャン・デヒ役 ・生年月日:1973年6月3日 ・出身地:韓国釜山広域市 ・主な出演作:恋のスケッチ~応答せよ1988~、ビースト ・Instagram: セロイの宿敵となる長家 チャンガ の会長チャン・デヒ役を演じたのは、名バイプレイヤーのユ・ジェミョンです。 彼は2001年に映画「黒水仙」でデビューして以降、さまざまな作品に出演してきました。 地元の釜山で自身の劇団を立ち上げて舞台監督兼俳優として活動する中で、2010年代からはドラマや映画出演を中心に活動を続けています。 2015年出演のドラマ「恋のスケッチ~応答せよ1988~」で主人公の父親役を演じ、高い演技力で注目されるようになりました。 またドラマ「 秘密の森」では主人公に圧力をかける検事役を好演し、悪役としての才能を発揮します。 うだつの上がらない父親から権力を駆使する悪役までをこなす彼は、梨泰院クラス内で実年齢よりもはるかに年上の老男性役を見事に演じ上げています。 ジェミョンはデヒ役を完璧にこなすため、自らの役作りだけでなくドラマで着用する衣装にも意見をしていたとのこと。 遅咲きのバイプレイヤーとなった彼は、2018年に12歳年下の舞台助監督を務めていた女性と結婚。 2019年7月に第一子が誕生しました。 クォン・ナラ オ・スア ・生年月日:1991年3月13日 ・出身地:韓国仁川広域市 ・主な出演作:あやしいパートナー、私のおじさん ・Instagram: セロイの高校時代の同級生で初恋の相手であるオ・スア役は、クォン・ナラが務めました。 彼女は2012年デビューのアイドルグループ「 HELLOVENUS」の元メンバーでした。 抜群のスタイルとビジュアルで人気を集めた彼女は、2012年から女優としての活動を開始。 ドラマ「あやしいパートナー」や「親愛なる判事様」などの出演で注目を浴びます。 2019年には事務所との契約終了によりグループを脱退し、本格的に女優として新たなスタートを切りました。 ナラはビジュアルやドラマでの役どころから冷たい女性像のイメージを抱かれがちですが、本人はやや天然ボケでユーモアのある性格とのこと。 2019年には俳優イ・ジョンソクとの熱愛報道が出ましたが、即座に両者が否定しています。 アン・ボヒョン チャン・グンウォン役 ・生年月日:1988年5月16日 ・出身地:韓国釜山広域市 ・主な出演作:太陽の末裔、彼女の私生活 ・Instagram: セロイの因縁の相手、チャン・デヒ会長の長男グンウォンを演じたのは、俳優のアン・ボヒョンです。 中学~高校時代はアマチュアボクシングの選手として活躍した彼は、スカウトをきっかけにモデルとしての活動を始めるようになりました。 広告やファッションショーのモデルとして活動をしながら、2014年にはドラマ「ゴールデンクロス」で俳優デビュー。 ドラマ「太陽の末裔」「トッコリワインド」などに出演してキャリアを重ねていきました。 とあるインタビューでは「顔の左右で受ける印象が異なる、善悪が共存した顔つきをしている」と自身の顔立ちを分析していたほか「悪役をしてみたい」と語っていたことも。 本作のグニョン役が自身の当たり役となったことも、彼自身予期していたことだったのかもしれません。 また2016年に上咽頭癌の闘病を理由に休業していたモデル兼俳優のキム・ウビンとは、高校生時代からの大親友。 大学時代の同級生であり、彼が兵役中の面会にも顔を出してくれたことがあると語っています。 キム・ドンヒ チャン・グンス 役 ・生年月日:1999年6月13日 ・出身地:韓国慶尚北道安東市 ・主な出演作:A-TEEN、SKYキャッスル ・Instagram: チャン・デヒ会長の愛人の子であり、グンウォンの異母兄弟である次男グンス役はキム・ドンヒが演じました。 バンド活動を通じて人前に出ることに楽しさを感じたドンヒは、事務所の俳優オーディションを受けて芸能界入りを果たします。 2018年には若者に人気のウェブドラマ「 A-TEEN」に出演し、デビュー作ながら多くの視聴者から関心を集めました。 作品のヒットを受けて突如人気者となった彼ですが、インタビューでは「急な人気で正直浮かれることもあるが、俳優として勉強中の身なので浮かれないよう自分に言い聞かせている」と語っています。 作品では不遇な扱いを受ける青年役の印象が根強い彼ですが、私生活では毎日両親への電話がかかせない好青年。 猫を2匹飼っており、インスタでも愛猫の姿を公開しています。 ドンヒの初主演ドラマ「人間レッスン」は、Netflix独占で現在配信中です。 リュ・ギョンス チェ・スングォン 役 ・生年月日:1992年10月12日 ・出身地:韓国ソウル特別市 ・主な出演作:TwoWeeks、自白 ・Instagram: 刑務所でセロイと出会い、後にセロイを兄貴と慕うスングォン役は、リュ・ギョンスが演じました。 ギョンスは中央大学演劇学科を卒業後、2007年にドラマ「江南ママの教育戦争」で俳優デビュー。 映画やミュージカルなど幅広い分野で活動し、俳優としてのキャリアを重ねてきました。 2019年には2PMのジュノが主演を務めたドラマ「 自白」で犯人役を演じ、強烈な印象を与えました。 幼い頃から映画が大好きで、履歴書を手に映画会社を尋ね歩いていたというエピソードを持つ彼。 日本映画では是枝裕和監督の作品が好きで、インスタのストーリーでは樹木希林への追悼メッセージを残しています。 今作で共演したパク・ソジュンとは、以前に映画「ミッドナイトランナー」で共演。 ギョンスはソジュンが「ギョンスがうまくいって嬉しいと喜んでくれた」と語っています。 イ・ジュヨン マ・ヒョニ 役 ・生年月日:1992年2月14日 ・出身地:韓国 ・主な出演作:春の夢、恋のゴールドメダル ・Instagram: セロイのレストラン「タンバム」で料理長を務めるトランスジェンダーのマ・ヒョニ役を務めたのは、俳優のイ・ジュヨンです。 彼女は慶熙大学の体育学科に進学したものの将来への目標がなく、大学の授業で見た演劇をきっかけに演技への興味を持ち始めす。 ジュヨンは2年生の時に演劇学科に編入し、2012年の映画「遭遇」で主演&デビュー。 数々の映画で主演を務めあげ、2016年の映画「 春の夢」で注目を浴びます。 中性的な魅力で本作では秘密を抱えた役柄を演じ、ミステリアスな存在で関心を集めたジュヨン。 プライベートでは幼い頃から読書が好きで、授業の時間を惜しんで本を読む程だったとのこと。 作家の恩田陸の作品を愛読していると語っています。 キム・へウン カン・ミンジョン 役 ・生年月日:1973年3月1日 ・出身地:韓国釜山広域市 ・主な出演作:モンスター~その愛と復讐~、密会 ・Instagram: 長家 チャンガ の専務理事であり、セロイ達の強力な助っ人となるカン・ミンジョン役を演じたのは、キム・ヘウンです。 ソウル大学音大学部声楽学科を卒業後、アナウンサー試験を受けて気象キャスターをしていた経歴のある彼女。 キャスター時代はストレス性の突発性難聴や流産を経験し、テレビ局を退社後に娘を出産しています。 彼女のキャリアの転機となったのは、2004年のドラマ「結婚したい女」へのサプライズ出演でした。 その後俳優に転身したヘウンはドラマを中心に活動を続け、ドラマ「 トラアングル」ではキム・ジェジュンとのキスシーンで話題を集めました。 ソン・ヒョンジュ パク・ソンヨル役 ・生年月日:1965年6月24日 ・出身地:韓国釜山広域市 ・主な出演作:ソル薬局の息子たち、クリミナル・マインド セロイの父親であり、グンウォンの起こした事故で死亡してしまったパク・ソンヨル役を演じたのは、俳優のソン・ヒョンジュです。 劇団員として活動しながら1990年にドラマデビューした彼は、1996年のドラマ「初恋」に出演。 劇中で歌った「見ていても見たい君」のヒットを受け、韓国中にその名をとどろかせました。 その後も数多くのドラマや映画で活躍した彼は、各局の演技大賞で主演男優賞を受賞。 コミカルな役どころからシリアスな役を演じ分け、韓国では実力派俳優として知られる有名俳優の1人です。 プライベートではオーストラリア留学中に知り合った声楽家の女性と結婚し、一男一女の父親として家族を支えています。 また劇中では親しみのある役を演じることが多いヒョンジュですが、普段は人見知りな性格であることを明かしました。 最終回に登場したイケメンシェフは誰? ・生年月日:1993年6月16日 ・出身地:韓国ソウル特別市 ・主な出演作:ワンダフル・ラブ~恋の改造計画~、雲が描いた月明かり、ボーイフレンド ・Twitter: 2019年、日本で歌手デビューも果たしているパク・ボゴムは、梨泰院クラス最終話にほんの少しだけ登場しますが、その圧倒的存在感で強い印象を残しました。 梨泰院クラスの監督であるキム・ソンユン監督とパク・ボゴムは過去に「雲が描いた月明かり」で縁を結んでいて、キム・ソンユン監督からのオファーを受けて梨泰院クラスへの友情出演が実現しました。 以上、梨泰院クラス主要キャスト10人+1名の紹介でした。 普段韓国ドラマを見ていなかった方も、梨泰院クラスで韓流ドラマの魅力にハマってしまった人も多いのではないでしょうか。

次の