狂犬病 ワクチン いつまで。 狂犬病予防接種の時期と料金 忘れた場合はどうするの?

狂犬病ワクチン 正しい知識と予防で安全・安心を! 及川医院 院長 及川馨

狂犬病 ワクチン いつまで

コアワクチン コアワクチンとは全ての犬種に対し、接種が推奨されているワクチンのことです。 感染症は世界中で発生が確認されており、コアワクチンの接種で重大な感染症を予防することができます。 犬ジステンパーウイルス• 犬アデノウイルス(犬伝染性肝炎)• 犬パルボウイルス• 狂犬病 伝染力の強さや致死率の高さなどから、世界でも3種のワクチンがコアワクチンとして指定されており、日本では「狂犬病」もコアワクチンに含まれます。 3種のワクチンに関しては、世界小動物獣医師会(WASAVA)が、1歳までの時期に適切なワクチン接種を行った犬であれば、「再接種を行わなくても強固な免疫を何年も維持する」というガイドラインを発表しています。 監修獣医師による補足 犬と猫のワクチネーションガイドラインでは以下のように記載されています。 ワクチンは不必要に接種すべきではない。 コア ワクチンは、子犬および子猫の初年度接種が完了 し、6 ヵ月または 12 ヵ月齢で追加接種(ブースタ ー)を終えたら、3 年毎よりも短い間隔で接種すべ きではない。 なぜなら、免疫持続期間(duration of immunity, DOI)は何年にもわたり、最長では 終生持続することもあるためである。 ノンコ アワクチンのDOIは一般的には1年であるため、 年に 1 回の健康診断時に年に 1 回投与すべき特定 のノンコアワクチンの接種を行うとよい。 と記載されています。 コアワクチンは免疫がある程度の期間持続するので3年ごとよりも短い期間で接種すべきではないとされています。 しかし、この持続期間は個人差がありますので、抗体価の測定は毎年行ったほうが良いでしょう。 また、ノンコアワクチンは1年しか抗体価が持続しませんので、ノンコアワクチンについては毎年接種することが推奨されています。 子犬のワクチンの時期 生後2ヶ月頃までの子犬は、ワクチン接種をしなくても母親からの移行抗体により様々な病原体から守られています。 そのため、この時期にワクチン接種をしても子犬自身の抗体が作られず、免疫はつかないとされています。 一方で、移行抗体が完全に消えるのを待ってからでは感染症にかかるリスクも高まるので注意が必要です。 世界小動物獣医師会(WASAVA)の示す、子犬のワクチン接種法「コアワクチンプログラム」は、多くの国で推奨されています。 ワクチンプログラムでは、最も早く移行抗体が切れる時期を想定し1回目のワクチン接種を行います。 1回目のワクチン・・6~8週齢• 2回目~3回目のワクチン・・前回の3~4週後• 3回目~4回目のワクチン・・前回の3~4週後• ブースターワクチン・・26~52週齢のいずれかの時点 1回目の予防接種で子犬の体内に抗体が十分に作られなかったとしても、何回かワクチン接種を行うことで感染症にかかるリスクを最小限に抑えることが可能です。 ほとんどの子犬がしっかりと抗体を作りだせると言われている16週齢以降には、最後のワクチン接種を行うことが推奨されています。 血液検査で防御免疫がしっかりとついていればブースターワクチン(追加接種)は必要はなく、これで子犬のワクチンプログラムは完了となります。 狂犬病予防接種に関しては、90日齢以上の犬に初回接種させるよう定められています。 成犬のワクチンの時期 成犬の接種時期は、混合ワクチンに含まれる伝染病のワクチン効果を持続させるため1年に1回ずつとなります。 毎年接種する必要があるのかなど様々な意見がありますが、ガイドラインでは子犬の時期にしっかりとワクチン接種を行っていることを前提とし、コアワクチンは3年ごと、ノンコアワクチンは1年ごとに追加接種することが推奨されています。 しかしワクチンは飼育環境や年齢などによっても、接種の種類や時期が異なるため、あくまでも参考の一つとしましょう。 また病院によっても追加接種の考えが異なるため、個々の犬の健康状態に合ったワクチンスケジュールを、かかりつけの獣医師に相談してから決めることをおすすめします。 犬にワクチンを打ち忘れたら? 犬に混合ワクチンを接種する時期は、予定より多少早まったり遅れたりしても問題ありません。 それよりも犬の様子を確認し、体調が万全なときに行うことが大切です。 ただしトリミングサロンやドッグランでは、狂犬病予防接種の証明書と1年以内の混合ワクチン接種証明書が確認できないと、利用できないところもあるようなので注意しましょう。 ワクチン歴を忘れないためにも、ワクチンの種類や接種時期などを記録する手帳を持つことをおすすめします。 そういった手帳の中には、狂犬病やワクチン接種の記録だけでなく、フィラリア予防薬の記録などを一緒に書き込めるようなタイプもあります。 記録に残しておくことで、病院が変わったときにも役立ちます。

次の

狂犬病の予防接種注射はいつまで?狂犬病が人に感染したらどうなるの?|アロハ一家の生活ブロク

狂犬病 ワクチン いつまで

約4000年前から人類に知られていましたが、高度な医療が確立した現在も、世界では毎年約50000人と十数万の動物が発病死していると推定されています。 狂犬病の症状 狂躁状態になり動物は目の前にあるもの全てに噛みつくようになります。 発熱・頭痛・倦怠感・筋肉痛・疲労感といった風邪のような症状で始まり、噛まれた部位の痛みや知覚異常を伴います。 人は水を飲む時にその刺激で咽喉頭や全身の痙縮が起こり、苦痛で水が飲めないことから「恐水症」とも呼ばれています。 興奮や不安状態・錯乱・幻覚・攻撃的状態・水を怖がるなどの脳炎症状を呈し、最終的には全身麻痺を起こし昏睡から呼吸停止で死亡します。 潜伏期間: 平均1〜3ヶ月 感染経路 主な病原体は狂犬病ウイルスで、ウイルスを保有する犬、猫及びコウモリを含む野生動物に噛まれたり、引っかかれたりしてできた傷口からウイルスが侵入することで感染します。 予防法 狂犬病ワクチン予防接種注射が有効。 愛犬には必ず1年に1度狂犬病ワクチン予防接種注射を受けさせ、野生動物には近づかないようにしましょう。 狂犬病予防注接種射期間 毎年4月1日〜6月30日 法律では期間中の予防接種注射を受けることが義務付けられていますが、忘れた場合でも実際は動物病院でいつでも狂犬病の予防接種注射を受けることができます。 大事なのは期間ではなく年に一度受けることが重要なんです。 とは言え、市区町村に愛犬を登録していれば狂犬病予防接種注射のお知らせハガキが届きますので、忘れない為にもハガキが届いたらすぐに予防接種注射を受けた方が良いでしょう。 狂犬病予防接種注射の料金 狂犬病の予防接種注射の料金は、市区町村によって差がありますが だいたい3000円前後です。 狂犬病の予防接種注射の他に、狂犬病予防注射済票交付手数料が一律で550円かかります。 犬の飼い主の義務 犬を飼うにあたって、犬の飼い主には3つの義務が課せられています。 違反した場合は罰則も 登録した愛犬が死亡した場合は、犬の所在地、飼い主の住所・指名に変更があった場合は届出が必要です。 3つ全てが飼い主の義務と法律で決められており、 違反した場合は20万以下の罰金を定めています。 (狂犬病予防法第27条) 登録鑑札は迷子札にもなる もしも愛犬が迷子になっても、鑑札と注射済票が着いていれば確実に飼い主の元に帰ることができます。 迷子になった際に「そのうち帰ってくるかも」とのんびり構えていては手遅れになる可能性が高いです。 保護された犬の収容期間は7日間と非常に短く、この間に飼い主から連絡がないと、譲渡先が見つかった一部を除き殺処分となってしまいます。 愛犬を守る為にも首輪には登録鑑札と注射済票を必ずつけましょう! 市区町村によって登録鑑札・狂犬病予防注射済票のデザインが違う 実は市区町村で狂犬病予防注射済票のデザインは微妙に異なるのです。 骨の形やハート、市区町村のキャラクターが描かれていたりとデザインは様々です。 オフ会などで登録鑑札を見比べてみるのも楽しいかもしれません。 結束バンドで簡単に付けれる 今年もアロハは狂犬病の予防接種注射を受けてきました。 注射済票にはご丁寧に登録鑑札をつける結束バンドまで付いていました。 写真付きでわかりやすく装着方法が書かれているので、面倒くさがらず必ず装着しましょう。 まとめ いかがでしたか? 狂犬病についてまとめてみました。 年に一度しっかり狂犬病の予防接種注射を受けている私も、知らないことがたくさんありました。 日本での狂犬病の報告は近年ありませんが、海外からのコンテナに狂犬病に罹患した動物が紛れ込む可能性もあります。 実際に第二次世界大戦で狂犬病予防接種が曖昧になった期間から狂犬病は増加した記録もあります。 狂犬病の予防接種注射には賛否両論ありますが、愛犬や自分の身、子供たちの安全を守る為、狂犬病予防接種注射は一年に一度必ず受けましょう。

次の

【獣医師が解説】 犬のワクチンは毎年必要? 種類や接種時期、費用、副作用まで|いぬのきもちWEB MAGAZINE

狂犬病 ワクチン いつまで

ただ、アレルギー反応が出るなどのリスクもあることから、世界的には「主要な3種のワクチンの再接種は3年以上の間隔をあける」という考えが一般的とされています。 改めて、混合ワクチン接種について考えてみませんか? 「本当に必要ですか?」 東京都目黒区で35年以上開業している安田獣医科医院ではここ数年、犬の混合ワクチン接種にやってきた飼い主に、そう確認するようにしている。 院長の安田英巳獣医師は言う。 「日本では狂犬病ワクチン以外の混合ワクチンも毎年接種するのが習慣となっています。 しかし世界的には、科学的根拠に基づく獣医療を行うことを前提に、混合ワクチンのうちすべての犬が接種する必要があるとされる主な3種について、3年以内の再接種をすべきでないとされているのです」 犬のワクチンのうち狂犬病ワクチンは、年1回の接種が狂犬病予防法によって義務づけられている。 そのほかのワクチンの接種は飼い主の自主性に任されているが、「確実な感染症予防のために」などとして、多くの動物病院が毎年の接種をすすめる。 この影響で「ペット可」の宿泊施設やトリミングサロン、ドッグランなどは、犬を受け入れるにあたり、「1年以内の混合ワクチン接種証明書」の提示を求めることが一般化している。 だが世界小動物獣医師会(WSAVA)は2007年以降、3種(犬ジステンパーウイルス、犬アデノウイルス、犬パルボウイルス)のワクチンを、すべての犬が接種すべき「コアワクチン」と規定。 この3種については、1歳までに適切なワクチン接種を行った犬であれば、「強固な免疫を何年も維持する。 (再接種には)3年もしくはそれ以上の間隔をあける」とするガイドラインを発表している。 14年には、ガイドラインの日本語版も公表されている。 北里大獣医学部の宝達勉教授(伝染病学)は「ワクチン接種は異物を体内に入れる行為で、副反応が出る可能性もある。 接種回数は当然、少ないほうがいい」と話す。 犬にワクチンを接種した後、重いアレルギー反応である「アナフィラキシー」などの副反応が、比較的高い頻度で見られることがわかっている。 「最近の研究ではコアワクチンのほとんどは、幼犬時に適切にワクチン接種が行われた犬であれば3年間有効という結論が出ており、最大7年間有効という報告もある。 こうしたことから、再接種まで3年以上の間隔をあけるべきなのです。 日本でも、機械的に毎年接種するのではなく、抗体検査を行ったうえで必要に応じて接種するという考え方を広めていくのが理想です」と宝達教授は解説する。 ただ、暖かい地域で飼育されている犬や湖沼に入る猟犬などは犬レプトスピラ、多頭飼育などしている場合には犬パラインフルエンザウイルスなど、飼育環境によっては、コアワクチン以外のワクチンも接種すべきケースがある。 これらのワクチンは毎年の接種が求められる。 国内でもそんな取り組みが徐々に広がる。 カギになるのは、ワクチン接種によって犬の体内に作られた「抗体」が残っているかを調べる抗体検査だ。 検査キットを用意している動物病院なら、採血後、早ければ30分程度で検査結果がわかる。 検査費用は動物病院によって様々だが、1回あたり8千円前後というのが一般的だ。 検査で抗体が残っていることがわかれば、免疫が維持されていることを意味し、ワクチン接種は不要になる。 接種した時の「ワクチン接種証明書」のように、「抗体検査証明書」も発行される。 安田獣医科医院では、混合ワクチンの特性を説明し、犬の飼育環境を聞き取ったうえで、抗体検査を飼い主にすすめる。 コアワクチンの接種だけで十分な犬であれば、3種いずれかの抗体が十分でなかった時にだけ、必要最低限のワクチン接種をする。 過去6年間、毎年約1千件の抗体検査を行ってきたが、抗体が不十分な事例は年数件にとどまるという。 犬を連れた観光客らが多く訪れる長野県軽井沢町などを抱える同県獣医師会佐久支部(宮下典幸支部長)では今年2月、混合ワクチン接種に関する検討会を立ち上げた。 同支部では、「犬の安全と飼い主さんの安心のために、獣医師の側からきちんと情報発信をする必要がある。 抗体検査のための採血により、様々な健康チェックも可能になり、メリットは大きい」とする。 同支部では今後、WSAVAのガイドラインについて獣医師間で情報を共有。 指針を作成したうえで、支部内のペット可宿泊施設やトリミングサロンなどに「抗体検査証明書がワクチン接種証明書と同等の意味を持つ」ことを周知していく方針という。 ワクチン接種で副反応も ワクチン接種後の副反応はどのくらいの頻度で起きるのだろうか。 たとえば犬ジステンパーウイルス感染症は、人間でいえば麻疹(はしか)にあたる。 人間では麻疹・風疹混合ワクチンを接種することで予防するが、厚生労働省によると、接種後にアナフィラキシーが疑われた症例は2013年4月~18年4月の5年1カ月間で4件(推定接種数1265万人)という水準だ。 ところが犬では、麻布大獣医学部の阪口雅弘教授(アレルギー学)と日本小動物獣医師会の共同疫学調査で、混合ワクチンの接種後にアナフィラキシーを起こした犬は1万頭あたり7・2頭という結果が出ている。 「(ワクチン接種後のアナフィラキシーは)人間では100万人に1人出るか出ないかというレベルだから、犬では非常に多いと言わざるを得ない」(阪口教授)状況だ。 また阪口教授らによる別の疫学調査によると、00年度から16年度の間に農林水産省に報告されたものだけで、人間でいうアナフィラキシーを起こしていると疑われる症例が318例もあった。 そのうち、死亡数は149例にのぼる。 阪口教授は「より安全性の高いワクチン開発を行う必要性がある。 同時にワクチン接種を行う獣医師に対し、ワクチン接種後の副反応に対する救急処置などの教育を、充実させることが重要だ」と指摘している。 (太田匡彦) 【関連記事】 ・ ・.

次の