レア 度 12 回復 カスタム。 【MHW:IB】弓の属性・状態異常カスタム強化の必要素材と入手方法について【レア度12武器】

【MHW:IB】弓の属性・状態異常カスタム強化の必要素材と入手方法について【レア度12武器】

レア 度 12 回復 カスタム

元から会心率の高い武器やタイムを意識する場合は攻撃力強化も選択肢に入るが、基本的には回復か会心率がおすすめだ。 元から会心率が高い武器には攻撃力強化 タイムアタックやとにかく高火力を出したいなど、回復能力付与が選択肢に入らない場合は攻撃力強化がオススメ。 それまでは利用できないので、ストーリーは素の武器防具性能で戦おう。 ワールドまでのカスタム強化は消える カスタム強化した上位 レア8以下 武器を レア9以上に強化すると、カスタム強化は消えてしまう。 強化するためには仕方ないことだが、マスターランク序盤のうちは注意しよう。 龍脈石は必要ない ワールドのカスタム強化には龍脈石が必要だったが、マスターランクでは使わない。 龍脈石の代わりに 導きの地素材を求められるようになる。 導きの地でモンスターを狩ったり、採取にいそしもう。 武器のカスタム強化の仕様 武器カスタムの仕様まとめ• 武器種ごとでの違いはない• 最終派生武器のみカスタム強化可能• 決められたカスタム枠の中でやりくり• カスタム枠は拡張できる• カスタム強化は巻き戻せる• パーツ強化で見た目と性能を強化 武器種ごとでの違いはない カスタム強化は全武器種が可能かつ、武器種によって強化項目が異なることもない。 属性・状態異常強化に限り僅かな違いがあるが、武器種内での格差はほとんどない。 あえて差を挙げるなら回復能力付与 カスタム強化の「回復能力付与」は、与えたダメージに応じて体力が回復する効果。 このため 一撃が重い武器は回復しやすく、連続攻撃が前提の武器は瞬間的な回復に期待できない。 最終派生武器のみカスタム強化可能 カスタム強化は最終派生武器にしかできず、強化途上の武器は対象外となる。 覚醒武器は入手した時点で最終派生扱いなので、すぐにカスタム強化可能な利点を持つ。 もちろん、生産武器と覚醒武器で強化項目や数値に違いはない。 決められたカスタム枠の中でやりくり マスターランクではそれぞれのカスタム強化にコストが設けられ、武器のカスタム枠に収まる範囲で強化可能。 例えば、カスタム枠が5つある武器には、コスト3の攻撃力強化と、コスト2の会心率強化を組み合わせて強化できる。 カスタム強化の効果 カスタム 効果 攻撃力強化 装備の攻撃力が上昇 会心率強化 装備の会心率が上昇 防御力強化 防御力が上昇し、まれにダメージ軽減 スロット強化 装飾品のスロット追加 回復能力付与 敵に与えたダメージに応じて体力が回復 属性・状態異常強化 属性 弾 、状態異常値 弾 の威力が上昇 カスタム枠は拡張できる 素材と調査ポイントを使うことで、カスタム枠は拡張可能。 一度拡張した枠は巻き戻せず素材も返ってこないので、よく使う武器を優先して枠拡張しよう。 必然的にカスタム強化の伸びしろも優遇されるので、武器種によってはレア12武器をしのぐレア10武器も存在する。 カスタム強化は巻き戻せる 武器のカスタム強化は巻き戻し可能で、 素材も返ってくる。 この性質を利用すれば「双剣を始めてみたいから、片手剣のカスタム強化を戻して素材を回収しよう」といったリサイクルもできる。 パーツ強化で見た目と性能を強化 パーツ強化は、カスタム枠を使わずに武器を強化できる機能。 武器種ごとにパーツ名が微妙に異なるが、効果は同じで見た目も変化する。 ただし、パーツ強化は全ての武器が可能ではない。 パーツ強化の効果 パーツ 効果 攻撃力強化 装備の攻撃力が上昇 会心率強化 装備の会心率が上昇 防御力強化 防御力が上昇し、まれにダメージ軽減 切れ味強化 敵に与えたダメージに応じて体力が回復 属性・状態異常強化 属性 弾 、状態異常値 弾 の威力が上昇 防具のカスタム強化の仕様 防御力の上限を解放できる.

次の

【モンハンワールド:アイスボーン】マスターランクのカスタム強化・パーツ強化の概要【MHWI】

レア 度 12 回復 カスタム

現在Lv6です。 MRは80に到達。 100になったらLv7に行けるようになるのかな? ネギさんには会えてませんが、おかげで素材が集まってカスタム強化が進みました。 現在までの記録です。 1.防具のカスタム強化 防具のカスタム強化に必要な「 霊脈玉」は、導きの地で地帯Lv5から出現する危険度2の歴戦モンスター(オドガロンやリオレウスなど)から手に入りました。 落とし物でも剥ぎ取りでも出ますが、剥ぎ取りのモーションはレアアイテム扱いで、出やすくはありません。 たくさん落とし物を拾っても、1戦につき1~3個といったところでしょうか。 自分はナルガ(レア10)とバゼル(レア11)の防具を使用していますが、ナルガ防具には 霊脈玉とピュアクリスタル2個、バゼル防具には 霊脈玉と大竜玉1個を使用しました。 カスタム枠拡張もできたので、最終的には、 会心、防御、回復、属性強化で落ち着きました。 これで7枠フル。 防御カスタムに使うドスジャグラスの素材が逆に手に入りづらいですが、マカ錬金で別の素材からゲットすることもできます。 おそらくは、歴戦古龍の素材とかが必要なのでしょう。 地帯レベルの上限が上がるのを待ちます。 枠が増えたら属性を会心に変えるつもりですが、このままでも不都合はないので、とりあえずは満足。 本当はネルギガンテの武器を作る予定でしたが、会える気配がないのでこちらにしました。 このジョーさん、 他のクエストのときはとんでもなく邪魔だけど、タイマンで戦うとなかなか楽しいです。 武器も、滅鱗さえ手に入れば簡単に作れます。 さすがレア12、脅威の攻撃力! カスタム強化の枠は3つ。 都合のいいことに、会心(2枠)と属性強化(1枠)だけ持っている素材でできたので、迷わず強化。 匠で紫ゲージを出し、真・業物でそのゲージを維持。 これで、作りたいものは一段落。 依頼クエストもひととおり終えました。 次は、残りのフリークエストを消化しながらMRを上げ、地帯レベルをマックスにするのが目標。

次の

【MHW:IB】弓の属性・状態異常カスタム強化の必要素材と入手方法について【レア度12武器】

レア 度 12 回復 カスタム

アップデートVer12. 01が配信されたね。 導きの地のエリアが再び拡張されてカスタム強化にも変化があった。 まずカスタム枠の拡張上限が以下のように増加したよ。 RARE12武器:6枠(1増加) RARE11武器:8枠(2増加) RARE10武器:10枠(1増加) 各項目の重ねがけ上限は4回のままで変化なし。 それとパーツ強化の種類が増加。 いわゆる皮ペタ武器に7回までパーツ強化を施せるようになったよ。 7回目のパーツ強化は攻撃と会心が通常の2倍の上昇量になっているほか、斬れ味を変化させる項目が新登場している。 それでは実際の影響をレア度ごとに確認していこう。 RARE12 コスパの観点から会心1はほぼ確定。 要するにラージャンアプデ後の定番構成である「回復1会心1」におまけが付いただけ。 早くダークイーグルのために7枠解放してください。 RARE11 なんと今回のアプデでカスタム枠の上限が2枠増えた。 この影響はかなり大きい。 特に 属性特化装備の作成難易度が下がるのは見逃せない。 今後はRARE11のカスタム枠を有効利用することで真・属性会心スキル入りの装備が組みやすくなる。 シルバーソル防具をまだ持っていない人はMR70まで上げて銀レウスを狩ろう。 回復カスタムなしの構成でも上限2枠増加の恩恵はある。 ラージャンアプデ後に皮ペタガルルガハンマーが再評価されていたけど、今回のアプデもRARE11武器を持ち上げる結果になったね。 RARE10 今回のアプデでは枠が1つ増えただけで大きな変化はない。 RARE10は補正値の大きい「攻撃4」を選べるのが特長だったね。 攻撃4を付けると1枠余って属性1か防御1を足せる。 それ以外だと「回復1会心1攻撃2」や「回復1会心1属性3」などができる。 RARE10の回復カスタムが強いという話はランスくらいでしか聞かないけど、さてどうなるか。 ラージャンアプデでは皮ペタ武器のナルガ大剣などが注目された。 今回はカスタム枠増加の恩恵が小さかったから、パーツ強化の回数増加でどれだけ伸びるかが肝になる。 まとめ 今回はRARE11武器に有利な調整だった。 RARE10なら攻撃4を目指し、次点で回復1会心1という基本的な考え方に変化はないね。 「回復切る意味ある?」と「それ達人芸でよくね?」の呪縛からは逃れられない。 枠が増えただけでカスタム強化の中身は変わっていないから当然と言えばそれまでだけど。 属性特化で化ける武器とか出てこないかな。 攻撃4のナルガ大剣みたいな尖った構成が発見されるのって面白いよね。 武器の比較とかあまりやらないから自力では全然思いつかないけどさ。 ではまた!.

次の