エポス カード キャッシュ レス 還元。 エポスVisaプリペイドカード完全ガイド! VISA加盟店で使える前払い型カードを分かりやすく解説します。

キャッシュレス・消費者還元事業に関するポイント還元特約|クレジットカードはエポスカード

エポス カード キャッシュ レス 還元

まだ詳細はわかっていませんが、現時点での情報を元に、どのような制度となるのか、私たち消費者は何を準備しておけばいいのかなど、わかりやすく解説します。 キャッシュレス決済、していますか? (写真:マイナビニュース) ポイント還元とは? 2019年10月以降の買い物から、クレジットカードなどのキャッシュレス決済をすると、ポイントが還元される政策です。 ここで気になるのが、軽減税率です。 これについては、まだ不確定な部分ですが、おそらく軽減税率の対象であっても、区別なくポイント還元されるようです。 政府が「ポイント還元」を検討している理由は2つあります。 消費税増税による消費の落ち込みを回避するためと、キャッシュレス化の推進です。 2020年は東京オリンピックがありますから、キャッシュレス化は喫緊の課題です。 ポイント還元によって、増税の影響を少なくし、キャッシュレス決済が還元を受けるための条件となるため、一気にキャッシュレス化が進むことが期待されます。 ただし、この施策は期間限定となっており、2019年10月から9カ月間の実施となる模様です。 この期間でどのくらいキャッシュレス化が進むのか注目したいところです。 キャッシュレス決済の手段は? さて、ここで問題になるのが、キャッシュレス決済と言っても、何を使って決済すれば、いいのかという問題です。 経済産業省が昨年末に明らかにした情報では、以下の14社が内定しており、今後はさらに増える見込みとなっています。 スマートフォン決済は、まだまだ普及しているとは言えない状況ですが、PayPayが「100億円キャンペーン第2弾」を実施するなど、キャッシュレス決済普及に一役買っていることもあり、少しずつではありますが確実に増えてきているようです。 スマートフォンで決済するという方法は、使ったことのない年配者にとっては、ハードルが高いかもしれません。 もし、ご家族や友人に、キャッシュレス決済をしたことがないという人がいたら、利用できる店も多く、支払いも簡単なクレジットカードをおすすめします。 クレジットカードは申し込んですぐには発行されないため、早めに準備をしておきましょう。 また、年金受給者はクレジットカードを作りにくいと言われますが、楽天カードやエポスカードは公的年金受給者でも作ることができるカードです。 他にも入会の審査はありますが、無職の方や学生でも作れるカードがあります。 諦めずにまずは申し込みをしてみましょう。 ポイント還元されないもの すべての買い物でポイント還元があるわけではないようです。 そもそも消費税がかからないものは除外される見込みです。 消費税がかからないもの 土地、教育関連のもの 学費など 、医療費 公的医療保険の対象となっているもの また、換金性の高いものも除外される模様です。 たとえば、商品券や切手、印紙、プリペイドカードなどです。 こうしたものはポイント還元を目的に転売を繰り返すことが懸念されるためです。 他にも、住宅や車なども別途、減税措置があるために、除外されるようです。 まとめ ポイント還元にあたって、還元するポイントの計算に使う価格を「税抜き」とするか「税込み」とするかはまだ議論の途中のようです。 ポイントの還元はキャッシュレス決済の元々のポイント付与サービスの仕組みを利用して行うため、税込み価格にポイントを付与するサービスがあれば、税抜き価格にポイントを付与するサービスなどもあって、統一することが困難となっている状況です。 消費者としては、ポイントを多くもらいたいので、税込み価格にポイント還元となってほしいところですが、果たしてどうなるのでしょうか。 一つ言えることは、現金で買い物をするとある意味損をしてしまうということです。 キャッシュレス決済は通常のポイント付与に加えて、さらに政府によるポイント還元があるのですから、この期間は利用しない手はないでしょう。 今まで現金派だった人も、是非とも、消費税増税前に、キャッシュレス決済の準備をしておくことをおすすめします。

次の

毎月2万円の利用で600ポイント還元されるのが嬉しいです。ENEOSカード P

エポス カード キャッシュ レス 還元

2019年10月1日から2020年6月末までの間、対象店舗において、登録されたキャッシュレス決済で お支払いをすると、最大で5%のポイント還元を受けられます。 「キャッシュレス・消費者還元事業」には、 ・消費者 ・中小・小規模事業者 ・キャッシュレス決済事業者 が関わります。 が、ほとんどの皆さんは、消費者として関わることにはなるので、消費者目線でどうなるのかチェックしたいと思います。 該当の決済手段=キャッシュレスは? まずは決済手段ですが、当然キャッシュレスを推進するものになります。 大まかにいうと、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード、電子マネー、スマートフォン(QRコード等)が該当しています。 が、実際にポイント還元を受けるには、決済業者が申請して国に認められたキャッシュレス決済手段である必要があります。 どんなキャッシュレス決済手段が登録されているかは公式サイトで確認することができます。 基本的には普段利用しているようなクレジットカードや電子マネー、QRコード決済はほとんど該当しているので、消費者側としては普段通りに利用するしていく方向でそれほど問題はありません。 「JCB カード」はキャッシュレス・消費者還元事業に該当 今回は「JCB カード」について確認します。 「JCB カード」は公式サイトでも既に告知されていますが、「キャッシュレス・消費者還元事業」に登録済です。 今回の「キャッシュレス・消費者還元事業」、決済手段を確認するときのポイント・注意点は ・何が対象か(クレジットカード、デビットカード等) ・上限はどうなっているのか ・還元方法はどうなるのか・いつ頃どうやって還元されるのか です。 還元を受けるにあたっては、個別の申込や申請は不要です。 【計算方法】 利用金額(税込)に還元率(5%もしくは2%)をかけ合わせた制度専用のポイント・バリュー(JCBキャッシュレス利用ポイント・バリュー)を計算します。 詳細は下記の記事で紹介しています。 「キャッシュレス・消費者還元事業」とダブる期間があります。 どこの店舗が対象か マークがある対象店舗でキャッシュレス決済手段で支払うと、5%か2%還元されます。 中小・小規模事業者で、申請して認められた店舗でないと還元は受けられません。 還元率は ・基本:5%還元 ・フランチャイズチェーン傘下の中小・小規模事業者:2%還元 (例えばフライチャイズオーナー店のセブンイレブンなど。 ) 大手の店舗は対象外です。 対象店舗かどうかの確認も公式サイトで行えます。 ちなみに実店舗だけではありません。 アマゾンや楽天市場、ヤフーショッピングに出店している中小・小規模事業者で対象店舗であれば5%還元になります。 軽減税率との違い・軽減税率と併用は? 軽減税率制度についても確認です。 軽減税率制度と言ってピンとこなくても「持ち帰りだと消費税8%で、店内で食べたら消費税10%という制度」と言えばわかるのではないでしょうか。 「軽減税率制度」は、消費税の軽減税率です。 <軽減税率の対象品目> 飲食料品: 飲食料品とは食品表示法に規定する食品(酒類を除きます。 )をいい、一定の一体資産を含みます。 外食やケータリング等は軽減税率の対象品目には含まれません。 新聞: 新聞とは一定の題号を用い、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載する週2回以上発行されるもので、定期購読契約に基づくものです。 引用:国税庁 軽減税率制度とはリーフレット より 図でみると以下のようになります。 ただ、同じ時期に始まるので違いがよくわからない・・・ 「キャッシュレス消費者還元事業」と「軽減税率制度」を比較すると以下のような違いがあります。 次に気になるところは「キャッシュレス消費者還元事業」と「軽減税率制度」の併用です。 結論をいってしまえば 併用OKです。 併用できればかなりお得になります。 これでクレジットカード等キャッシュレス決済のポイントも貯まるわけですから、利用する決済手段によっては相当お得になります。 まとめ 「キャッシュレス消費者還元事業」を「JCB カード」で利用する場合の注意点は、カードごとですが1ヶ月の還元金額に上限(15000円相当分)があることです。 (ただし、他の大手クレジットカード会社もほぼ同様の上限です。 ) JCBの場合、12月15日までは「JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!」も実施しているので、上限金額に注意しながら上手に利用すれば、2重にお得です!.

次の

消費者の皆様 TOP

エポス カード キャッシュ レス 還元

キャッシュレス還元の対象店舗であることを示す赤いポスター クレジットカードや電子マネーで支払いをするだけで、支払額の5%が還元されるキャッシュレス消費者還元事業()。 キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9カ月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です。 恥ずかしながら計算がちょっと苦手だ…という方は参考にどうぞ。 それ以外のお店で利用しても、5%分の還元は受けられません。 5%還元のお得さをわかりやすく解説: 支払い金額の5%分が還元される: まず、キャッシュレス消費者還元事業にて還元される5%分って、どの金額に対しての5%なのか…というと、クレジットカードや電子マネーで支払いをした総額の5%分。 要はクレジットカードで1万円の支払いをしたら、その5%分の500円が後日、還元されると思っておけば問題はありません。 現金で1万円払い: 現金で支払いをした場合には還元はなし• 対象となる金額は税込金額から: ちなみに、キャッシュレス消費者還元事業で5%還元となる金額は、税抜金額から…ではなく税込金額から。 そのため、消費税が10%に増税された今となっては、税抜1万円の商品をクレジットカードで支払うと500円の還元ではなく550円の還元となります(税抜1万円の支払いには消費税1,000円が加わり、1万1,000円の支払いとなるため)。 5%還元はどのくらいお得か: 次に5%還元ってどのくらいお得かわかりにくい…という方のために、5%分の還元表を作成してみました。 現金払い:還元は0円• カード払い:支払額の5%還元• 電子マネー払い:支払額の5%還元• QRコード決済:支払額の5%還元 5%還元の対象となるお店であれば、それでだいたいは5%還元されることになります。 月間の上限金額がある点は注意: 但し、クレジットカードにしろ電子マネーにしろ、キャッシュレス消費者還元事業で還元される金額には月額の上限金額が設定されていることがほとんど。 例をあげるとJCBカードや三井住友カードといったクレジットカードでは1万5,000円分まで、PayPayやLINE Pay等では2万5,000~3万ポイントまでとなる点はご注意ください(だいたい月間30万円以上の利用が対象外になってしまうということ)。 付与上限以内:支払い金額の5%分が還元• 付与上限を超過:支払いに使っても還元なし では、どうすればそれ以上の還元を受けることが出来るのか…というとこれはシンプル。 翌月以降に支払いをするか、2種類、3種類以上のクレジットカードや電子マネーを利用すればOKです。 これで月間30万円以上の支払いでもキャッシュレス還元を受けることが出来るので、『今月は家電を一式そろえ直したい!』とか、『椅子やベッドをせっかくなので買い替えてしまおう!』という方はこういった手で上限突破してもらえればと思います(カードを新規に作る場合は下記も参考に)。 15枚のカードを保有中の私は22. 5万円までのキャッシュレス還元を受けることが可能です。 カードA:月間1万5,000円まで還元• カードB:月間1万5,000円まで還元• カードC:月間1万5,000円まで還元 もちろんそれだけの金額の還元の受けるためにはそれ相応の支払いをクレジットカードでする必要がありますが、伝えたいのはそういう話じゃなく、たかが5%のキャッシュレス還元もやり方次第で10万円、20万円の還元になるという点のほう。 うまく活用すればお小遣いどころか、ちょっとした臨時ボーナスとなることでしょう。 逃す手はありません。 さぁキャッシュレス決済を使おう: この先はキャッシュレスの時代に突入 ここまでキャッシュレス消費者還元事業にて得られる5%還元はどのくらいお得なのかを解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか? これらの還元金額を見て、それでも『所詮は5%でしょ?』と思うのもみなさんの自由ですし、逆に5%還元のためなら現金払いを止めようかな…と思うのだってみなさんの自由。 ただクレジットカードや電子マネーで支払いをするだけでこれだけの還元を受けられるわけですから、個人的にはやらない理由がないと思いますね。 是非、この機会にキャッシュレス決済への挑戦を、検討ください(クレジットカードを作りたくない方は下記のPayPay導入がおすすめ)。 以上、キャッシュレス決済の5%還元ってどのくらいお得なの?計算が苦手な方向けに、わかりやすく5%還元のお得さを割引額で紹介します…という話題でした。 参考リンク: 『いやいや、自分はスマホを持ってないからクレジットカード作成から挑戦してみたい!』という方は下記記事を参考に。 初めての方におすすめの初心者向けカードを紹介しています。

次の