カロリー メイト 痩せる。 結局どっちがやせるの?「カロリー制限vs糖質制限」ダイエット

カロリーメイトダイエットが効果絶大?!やり方のコツ・食べ方とは?

カロリー メイト 痩せる

結局どっちがやせるの?「カロリー制限vs糖質制限」ダイエットのメリット・デメリット ダイエットの王道といえばカロリー制限。 でも最近は、カロリーではなく糖質を減らすことによるダイエット法も注目されていますよね。 ダイエットを始める際に「どっちを実践した方がいいのかな?」と迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。 c Shutterstock. 身体の中に入ってくるカロリー(摂取カロリー)よりも、運動や代謝で使われるカロリー(消費カロリー)の方が多ければ、体重は自然に落ちていくわけです。 具体的なやり方としては、1日のカロリー収支を 「摂取<消費」の範囲内に抑えます。 つまり消費できるカロリー量以上に食べすぎなければOK。 揚げ物が好きな人なら揚げ物をやめる、お菓子が好きな人ならお菓子をやめる……というように、自分がよく食べている高カロリー食品を減らすやり方が効果的です。 「とにかくカロリーを抑える」ことを考えればOKという、比較的シンプルで手軽なダイエット法と言えます。 糖質が多いメニューといえば、ご飯などの主食。 糖質制限ダイエットは、主食を抜く、または減らすだけのダイエットなので、こちらも考え方はシンプルです(きつめの糖質制限をする場合は糖質の多い野菜や果物も減らす必要がありますが、一般のケースでは主食を意識するだけで大丈夫です)。 「糖質の多いメニューを減らそう」とすると、「主食を減らす」ことになり、主食が減れば必然的に摂取カロリーが下がります。 カロリーを意識しなくても必然的に摂取カロリーが減るのが、糖質制限ダイエットの仕組みです。 ではさらに一歩踏み込んで、それぞれの具体的なメリットとデメリットを、吉松さんのダイエット指導の経験をもとに比較して頂きました。 「高カロリー食品を避ける」「いつもより食事の量を減らす」というパッと見て分かりやすい方法で、食事全体を低カロリーに抑えます。 あまり難しいことを考えなくても実践しやすいダイエットです。 細かくカロリー計算したい人も、最近はアプリが強い味方になってくれるので安心です。 食べたものを入力するだけであっという間にカロリーを算出してくれるアプリがあるので、計算が苦手な人でも気軽に始められます。 そのため、いつもよりも食費がかかってしまうことがあります。 例えば外食でステーキを食べるときに、ご飯を食べない分、いつもなら150gのところを200gにするので、余分にお金がかかります。 一方カロリー制限ダイエットの場合は、そのようにおかずの量が増えることがないので、糖質制限ダイエットに比べてお金がかからないメリットがあります。 カロリー制限ダイエットでは好物を我慢する機会も多く、ややストレスが溜まりやすいのです。 また揚げ物を始めとする高カロリーな食事は腹持ちが良く、低カロリーで消化が早い食事はそのぶん早くお腹が空きやすいという傾向があります。 カロリー制限ダイエットでは、我慢しすぎるとストレスが爆発してしまい、ドカ食いに走るケースも少なくありません。 ややリバウンドのリスクが高いダイエット法と言えます。 タンパク質や油を減らす必要性が少なく、カロリー制限ダイエットでは敬遠しがちな脂身の多い肉料理や、おやつであれば低糖質なものを選んで食べることができます。 ご飯や芋に関しても一切食べられないわけではなく、量を半分に減らしたり、3食のうち1食だけ主食を抜いたり、といったやり方で効果が出やすいのが糖質制限ダイエットの良いところ。 おかずはしっかり食べられるので我慢が少なく、満足感を得やすいダイエットになり得ます。 理想の体型に到達した後も「週2回は夕飯の主食を抜いてみよう」「同じ糖質でも、白いご飯は減らして、雑穀米を選んで食物繊維を維持しよう」といったゆるい制限を継続しやすく、習慣レベルから食生活が変わることで体型をキープしやすくなります。 たとえば食物繊維。 厚生労働省が掲げる食物繊維の目標摂取量は成人女性で1日18g以上ですが、これを小鉢サイズの生野菜サラダだけで補おうとすると18杯分くらいの量が必要です。 では野菜以外で食物繊維を豊富に含んでいるものは何かといえば、糖質制限で避けられがちな穀類(小麦、そば、雑穀など)や芋類など。 これらを控えることで食物繊維の摂取量が自然と減ってしまい、便秘に繋がりやすくなります。 糖質という特定の栄養素を控えることで、今まで自然と整えられていた栄養バランスが崩れてしまうリスクがあります。 無理なく成功させるためには、不足しがちな栄養素を補う工夫が必要です。 自分がどちらを実践するか、どんな基準で決めれば良いのでしょうか? 管理栄養士の吉松さんいわく、 「ダイエットを成功させるコツは、無理なく長く続けること」なのだそう。 「短期間でたくさん減量しようとすると、筋肉が落ちてしまいます。 すると代謝量も落ちて太りやすい体質になったり、リバウンドをしたときに体脂肪が増えたりしてしまいます。 身体がダイエットしていることに気づかないくらい、じわじわと、ゆるいステップを長期間に渡って続けていくことが、成功率アップ&リバウンドを防ぐコツです」 つまり 迷ったときは「自分が続けやすいのはどちらか?」という基準で選ぶのがポイントです。 たとえば、 カロリー制限ダイエットが向いているのは、 ・日頃よく食べている、カロリーが高い食品が分かっている ・米やパンを減らすことなんて考えられない ・多少の空腹感は上手に工夫して乗り切れる ……という方。 反対に、 糖質制限ダイエットが向いているのは、 ・空腹感を我慢するなんて耐えられない ・米やパンを一切食べないのではなく、控えるくらいならできそう ・おかずを減らさずに、自分なりに糖質を調整したい ……という方。 自分にとってどちらが「続かなさそうか」を考え、その逆の方法を選ぶことで、ダイエットの成功率が上がります。 迷ったときはぜひ参考にしてみてくださいね! さらに次回、2つのダイエット方法について「より成功率を上げるコツ」をご紹介します。 病院の管理栄養士として8年間勤務ののち、株式会社リンクアンドコミュニケーションへ入社。 ダイエットアプリ『カロリーママ』担当者として開発に携わる。 スマホ内蔵の歩数計と連動して1日のカロリー消費データも自動記録。 SNS感覚で使えて超簡単! カロリーコントロール、糖質制限、どちらのコースも選べます。 22 作成.

次の

カロリーメイトのダイエット効果と成功するやり方や口コミ!

カロリー メイト 痩せる

もくじ• カロリー:145kcal• タンパク質:5g• 脂質:9. コレステロール:6~13mg• 糖質:7. カロリー:100kcal• タンパク質:2g• 脂質:5. コレステロール:?• 糖質:10. 7g 5. 糖質 7. 6g 10. 糖質はダイエットの大敵!! ソイジョイよりカロリーメイトのほうが多い糖質。 たんぱく質は体脂肪になりにくい栄養素 ソイジョイはカロリーメイトよりタンパク質が2. なのでソイジョイのカロリーのタンパク質分は体脂肪になりにくいから太りにくいってことです。 大量に含まれていると言われているのがマーガリン・ショートニング・ファットスプレッドなどのケーキ・焼き菓子などの材料。 小麦粉• 食用油脂• ・・・etc ってなってますよね。 食品に含まれる糖質の吸収度合いを示す値でGI値が低いほど、糖質の吸収がおだやかで太りにくいと言われています。 GI値が55以下の食品は「低GI食品」と呼ばれており、SOYJOYは全アイテムを「低GI食品」として確認しています。 なのでソイジョイ置き換えダイエットは夜やることをオススメします。 まぁでも、昼飯の代わりにソイジョイを食べたとしても効果が無い訳じゃないですし、仕事中や学校でソイジョイは持っていきやすいと思うので好みで問題無いと思います。

次の

カロリーメイトダイエットは太る?痩せた?方法や効果を徹底解説!

カロリー メイト 痩せる

もくじ• カロリーメイトダイエットの効果・3日で3kg痩せるためには? 血液検査の話は後にするとして、カロリーメイトダイエットで3kg痩せる効果について書きます。 僕が実践したのは・・・• 3食カロリーメイトのみ• 飲み物は炭酸水• 1日12本まで食べてよし って方法です。 カロリーメイトって 1本20gしか無いんですよ。 4本入りの1箱食べても 80gしか体重増えない。 1日に 12本カロリーメイトを食べても 240gしか体重増えないんです! 例えばステーキとごはん、スープ、サラダで1食摂ると・・・ ごはん ・・・ 200g ステーキ ・・・ 200g スープ ・・・ 180g サラダ ・・・ 50g 合計で630gも食べるだけで体重が増えることになります。 3食で1890gのところ、1日カロリーメイト12本で済ませれば 240gで済む。 だからカロリーメイトオンリーだと体重が落ちるんです。 カロリーメイトオンリーダイエットは長期間だと効果無し? カロリーメイトオンリーダイエットは短期間で体重を落としたいけど、断食できないって人向けの方法です。 カロリーメイト自体はカロリー低くはありませんので、 一杯食べれば太ります。 カロリーの基礎代謝量とは 1日に生きるために必要なカロリーの量のことを基礎代謝量と言います。 1日何もしなくても勝手に消費されるカロリーってことです。 なので1日の消費カロリーは基礎代謝量+運動・仕事などで使ったカロリー量 ってことになります。 つまり相当基礎代謝量が低い人じゃないかぎり1日に12本カロリーメイトダイエットをすれば、緩やかにですが効果は出ます。 ただし!! 3日で3kg痩せたからと言って、6日続ければ6kg痩せるってことではありませんよ。 3日で3kg体重が減るのは、排泄されるから カロリーメイトオンリーダイエットで3日で3kg痩せるのは、体内の排泄物が無くなるからです。 人が食べ物を食べると、胃と腸で消化・九州され、いらない部分が排泄されます。 実はこの食事~排泄までのプロセスに36時間~72時間ほどかかると言われています。 つまり 最大72時間食べた分体の中にあるってことです。 まぁ水分はすぐに吸収されてしまいますので全て体内にいる訳じゃないですが・・・ だから体重というのは、体以外に消化中の食べ物の重さも含まれるってことです。 1日にだいたい1500gくらいは食べ物を食べますので、毎日3食食べてるとして、4500gくらいは体内に常に消化中の食べ物・排泄物があるってことになります。 で! もし3日間、 何も食べなかったら4500gそのまま痩せる まぁ吸収される栄養と水分は体の中に残るし、3日間水分摂らないとか無理だから減る体重は大体3kgくらいになるってこと~ カロリーメイトダイエットのデメリット効果!!健康診断でまさかの・・・ カロリーメイトダイエットのデメリット効果は・・・ 体に悪いことです!!! 「カロリーメイトはバランス栄養食って言ってるじゃん」 ってゆう意見もネット上にはありましたが・・・ LDLが異常増大しましたーーーーー LDLっていうのは 悪玉コレステロールってやつです。 なんで分かったかというと、 カロリーメイトダイエットをする前と後で血液検査を行っていたんですね カロリーメイトダイエット1か月前にした血液検査では何も問題無しだったんですが・・・ カロリーメイトダイエット直後にした血液検査でLDLが172まで上がってしまっていたんです!!! LDLの正常値は130なので・・・ 大幅オーバーですね。 もちろん1か月あったので他に原因があるのかもしれませんが・・・ 多分原因はカロリーメイトの食用油脂ってやつのせい この食用油脂っていうのはトランス脂肪酸っていう善玉コレステロールを減らし悪玉コレステロールを増やす効果があるのが含まれているんです。 いくら痩せても体調崩しちゃったら意味無いですよね・・・ なのでカロリーメイトダイエットは基本オススメしませんw カロリーメイトの置き換えダイエットは?? カロリーメイトは置き換えダイエットには向いていると思います。 さっき上で書いた通りトランス脂肪酸が気になりますので、1日に2本~4本くらいに留めたほうがいいですがねw カロリーメイト置き換えダイエットをするなら朝?夜? オススメするのは ズバリ朝です!! なんでかというと・・・ 炭水化物の消化吸収は8時間ほどかかると言われています。 消化吸収されないとエネルギーとして消費されないんですね。 なので夜に食べてしまうと、一番太りやすいと言われる夜~深夜にかけてエネルギーとして吸収されることになり・・・結果として体脂肪になりますw だから朝なら食べた分のカロリーを昼間の活動時間にエネルギーとして使えるので体脂肪になりにくいっていうことです。 カロリーメイトダイエット効果のまとめ• カロリーメイトは軽いので短期的に体重は減りやすい• 高カロリーなので食べすぎると確実に太る• トランス脂肪酸が多く含まれる可能性が高いので健康には悪い• カロリーメイトオンリーダイエットは体重減る効果高いがマジでオススメしない• カロリーメイト食べるなら朝か夜 カロリーメイトを食べる利点は• 手軽に食べられる• 重さが軽いから次の日体重測定とかで急に痩せたい時に向いてる カロリーメイトを食べるデメリット効果は• 重さに対し高カロリーなので、お腹一杯食べるとマジで太る• 使われている食用油脂にLDL(悪玉コレステロール)を増やす可能性高い• バランス栄養食かもしれないが、健康にはあまりよくないようだ.

次の