大 戸屋 お家 騒動。 大戸屋のお家騒動が終結、コロワイドが筆頭株主に

大株主の妻子vs従弟経営陣 定食「大戸屋」でお家騒動勃発|日刊ゲンダイDIGITAL

大 戸屋 お家 騒動

大戸屋ホールディングスの14年3月期の売上高は前年比13.9%増、経常利益は同76.9%増で、過去最高を記録。 その後も、前年同月比の売上高で約5〜14%増の成長をキープしている。 店舗数は今年3月末時点で414店舗(国内328店舗、海外86店舗)。 今期中に450店舗ほどまで増やす計画だという。 業界誌編集長のA氏が話す。 「大戸屋の客層は大学生からサラリーマン、OL、ファミリー、シニア世代と実に幅広い。 なかでもほかの外食チェーンと一線を画すのは女性のひとり客が多いところ。 「単純に、メシがうまいからです。 ほかの大手外食チェーンはコスト削減を優先し、セントラルキッチンで大量加工した食品を店舗で温めて提供する。 一方、大戸屋は料理の品質を重視し、セントラルキッチンを持たずに店内調理にこだわる。 豆腐も北海道産の大豆、トヨマサリを100%使用した豆乳とオホーツク海の天然にがりを使用し、厨房で作るくらいですから」 また、大戸屋はタイ(47店)や台湾(22店)などアジアを中心に86店舗を展開し、海外事業も成功させている。 その手法について、企業の海外進出支援の専門家であるエッグフォワード株式会社の徳谷智史代表がこう語る。 「大戸屋の海外展開は非常にユニーク。 まず、進出先のパートナー企業と合弁会社をつくるんですね。 例えばタイでは、食品供給会社と手を組んで食材を供給してもらい、出店力の強い大手不動産会社とも提携して店舗開発を進める。 こうして役割分担を明確にした上で、大戸屋は店舗運営に専念します。 ここまではよくある話ですが、大戸屋の場合、事業を軌道に乗せると、株式をすべて不動産会社に売却し、完全フランチャイズ(FC)に切り替えるんです。 儲かっている直営事業を手放すなんて、そう簡単にできる決断ではありません。 大戸屋はこれで投資額を大きく上回る売却益を得ているので、プロの投資ファンドも顔負けです」 大戸屋はそれを原資にほかのアジア諸国に進出。 和食ブームも後押しし、海外でも繁盛店を増やしているという。 おいしさにこだわった店作りと、投資ファンド並みの事業展開のうまさ。 このふたつを併せ持った大戸屋の好調ぶりは、まだまだ続きそうだ。

次の

南北朝の戦い 5天皇家の丘

大 戸屋 お家 騒動

久実氏亡き後の経営は社長だった窪田氏に委ねられた。 だが、窪田氏はまるで久実氏の路線を否定するかのように、中国で直営店事業を展開する上海の子会社を清算。 野菜の内製化を狙った、山梨県の植物工場の撤退も進めた。 今年2月には智仁氏が一身上の都合で取締役を辞任している。 会社側は5月に2016年3月期の本決算を発表した後、同18日に株主総会の役員人事案を公表。 窪田氏など3人の取締役の残留と、8人を新たな取締役に選任する案を提示した。 亡くなった久実氏を含め、この1年で実に、10人中7人の役員が交代する計算になる。 こうした人事案に創業家の智仁氏が「何故、この人事にするのか納得のいく説明がない。 社外取締役で医者の三森教雄氏は、久実氏の兄で経営に携わった経験がなく心配だ。 (河合直忠氏など)元取締役2人が再登板することについても疑問がある」と反対を表明したことで、対立が表面化した。 食い違う双方の説明内容 参加した株主からは、会社の先行きに懸念を感じる声が多かった。 一方で創業家側への期待はさほどなかったようだ(写真:記者撮影) 6月23日の株主総会では窪田氏から10分ほど経緯の説明があった。 昨年の11月に智仁氏が常務からヒラの取締役に降格となったという報道について「三森前会長が逝去した後、意思決定のスピードアップ、組織のフラット化を図るために、専務・常務などの肩書きを廃止したものだ」と述べた。 同時に智仁氏は海外事業本部長の任も解かれたが、「将来、当社のリーダーに育ってもらうため、まずは経営が安定している香港子会社の社長として経験を積んでもらいたいというのが私の思い」と説明し、「本人もいったんはこれを受け入れた」(同)。 その後の退任の経緯については、2月の早朝に智仁氏から「一身上の都合で、取締役を辞任したい」と申し出があった。 慰留したが、本人の意思が堅かったので辞任届を受理したと説明した。 人事案については、智仁氏をはじめとする創業家側とは、何度も話し合いを重ねた上で、5月初旬に「今後は三森家と会社が、大戸屋の発展のために一致団結していく」旨の合意に至ったという。 さらに、取締役候補に河合直忠氏を、社外取締役候補に三森教雄氏を推薦したのは智仁氏らだと発言する。 ところが数日後に、「智仁氏から『先の合意を破棄する』とメッセージがあった。 今日まで、三森家から当社に対して『株主提案権の行使』はもちろんのこと、役員人事に対する申し出は一切ない」(窪田氏)。

次の

大戸屋があらゆる世代から支持される理由「単純に、メシがうまいから」

大 戸屋 お家 騒動

株主からも、この点に関して説明を求める質問が相次いだ。 ある女性株主からは「前会長が急逝し、残された取締役が遺志を継いで会社を発展させるのが普通ではないか。 5人も取締役が退任するのは、一致団結からは ほど遠い」と心配する声があがった。 また、別の男性株主は「取締役がこれほど多く入れ替わるのは通常ではない。 ガバナンスが不足している」と指摘すると、 会場からは大きな拍手がわき上がった。 これに対し、窪田社長は「社外取締役に関しては任期満了ということもあり、交代する。 決して一致団結していないわけではない」などと、釈明に追われた。 創業家は、かつて取締役だった3人が復帰することに疑問を抱いている。 なかでも河合氏はかつて会長を務め、平成22年まで取締役だった。 株主からも「河 合氏が取締役で戻ってくるのは、相当会社が危ないということか」との声が上がった。 河合氏は三菱UFJ信託銀行出身。 窪田社長は河合氏の復帰について「大 戸屋との関係は非常に長く、ビジネスの経験と人脈が事業発展にプラスになると考え復帰してもらう」と理解を求めた。

次の