無職でお金を借りる方法。 日本政策金融公庫は無職でも大丈夫!?無職がお金を借りる2つの方法

無職でもお金を借りることは可能なのか?

無職でお金を借りる方法

クリックできる目次• 無職・失業中でもお金を借りる方法はある? 銀行カードローン・消費者金融は審査落ち 銀行カードローンや消費者金融では、無職・失業中だと審査に通ることはできません。 無職・失業者の人は借入審査で無収入と見なされ、返済能力がないと判断されるからです。 申し込みの際は、必ずあなたの年収や勤務先などを申告することになります。 基本的に勤務先への電話連絡で在籍確認が行われるので、ウソは通用しません。 借入の条件は安定収入があること 銀行・消費者金融でお金を借りるには、必ず「安定収入がある」という条件が必要です。 たとえ、どんなに審査が甘いとされる中小消費者金融でも、安定収入という条件を満たさなければ、審査に通ることはありません。 無職(失業中)の人は例外なく、銀行・消費者金融からは借りれないので、質屋の利用や持ち物を売るなど、「審査なし」でお金を作る方法を探しましょう。 年金受給者が銀行でお金を借りる方法 年金受給者はカードローンの商品によって、借りれる場合と借りれない場合があります。 カードローンごとに利用できる年齢の条件が異なるからです。 ここでは銀行系カードローンと消費者金融に分けて、解説します。 三井住友銀行カードローンは69歳まで利用できますが、原則安定収入が必要なので、年金以外の収入が必要になると考えられます。 ポイントは年金が安定収入になるかどうかですが、年金受給者でも借りられる銀行は、年金も安定収入として判断しています。 審査結果や利用限度額は、あなたの返済能力に応じた結果になるので、年金受給者の方はそれほど高額な融資は期待できないでしょう。 消費者金融ではほぼ借りれない 消費者金融も業者によりますが、ほとんどの業者では年金受給者の借入はできません。 プロミスやSMBCモビット、アコムなどの大手消費者金融は69歳まで借りれますが、収入が年金のみの場合は借りれなくなっています。 年金の他にアルバイトなどの収入が必要ということです。 大手消費者金融の中では「」のみ、収入が年金だけの方でも申し込みが可能となっています。 中小消費者金融も業者によってケースバイケースです。 筆者が調べたところ、ベルーナノーティスのカードローンは75歳まで利用が可能となっており、年金受給者でも審査に通る可能性があります。 アルバイトの学生は借りられる 学生やフリーターでもアルバイトによる安定収入があれば、銀行・消費者金融からお金を借りれます。 学生は状況によって無職に分類されることもあり、アルバイトによる収入がない学生は借入の審査に通りません。 アルバイトの場合は、アルバイト先に在籍確認の電話連絡があります。 基本的に未成年は法律でお金を借りることができませんが、18歳以上の学生であれば、専用の学生ローンで借りれる場合もあります(高校生は不可)。 パートの主婦も借りられる パートで働いている主婦は、銀行や消費者金融から即日でお金を借りることができます。 アルバイト・パートは無職ではない 無職の人はお金を借りれないと言っても、アルバイト・パートは無職ではなく、お金を借りるのに定職に就いている必要はありません。 安定収入とはつまり、毎月もらっているお給料のことなので、アルバイト・パートでも十分に借入の条件を満たしています。 専業主婦(主夫)は収入が0円なので、通常なら総量規制の決まりで、法的に借入の審査には通りません。 しかし、次の2つの方法を利用すれば、専業主婦でもお金を借りることが可能になります。 銀行系カードローンで借りる• 中小消費者金融の配偶者貸付システムを利用する 銀行系カードローンは、婚姻関係を証明する書類の提出などで、専業主婦でも借りれるカードローンがあります。 また、中小消費者金融には、配偶者の収入と合算して、二人分の年収の合計の3分の1まで借入ができる配偶者貸付というシステムがあります。 配偶者貸付の場合は、配偶者との婚姻関係を証明する書類(住民票や戸籍抄本)と、配偶者の同意書、収入証明書を提出する必要があります。 まずはアルバイトで収入を得ることを考えましょう。 事情があって働けない場合は後述の通り、 ・審査なしでお金を作る ・身内から借りる ・自治体、市役所に相談する などの方法があります。 無職・無収入でも就職が決まっている人 就職が決まっている人でも、現在は収入が0円であれば借入は難しいです。 就職先が決まっていて、初めてのお給料が入るまでの生活維持のために借りたいという人もいるでしょう。 就職が決まっているのだから、何とか相談に乗ってもらえないか期待してしまうかもしれません。 しかし、現在無収入の人にお金を貸すのは法的に反していますし、就職が取り消しになるというリスクもあるのです。 「審査なし」なら無職でもお金を作れる ここまで見てきたとおり、無職の人がお金を借りれないのは審査落ちとなるからです。 つまり「審査なし」の方法なら、無職の人でもお金を借りたり、作ったりできるということです。 例えば審査なしでお金を借りたり、作ったりする方法には次のようなものがあります。 クレジットカードのキャッシング• クレジットカード現金化• 不要品を売る• 質屋で借りる 上記4つの方法は、あなたの現在の収入に関する審査はありませんので、無職でもお金を借りたり、作ったりできます。 それぞれの方法については以下の記事で詳しく解説しています。 どこからも借りれない時に最初にとるべき現実的な方法は、親にお願いをすることです。 言い辛いことではありますが、明日の生活費の方が最優先ではないでしょうか。 これまでの親子関係などで難しい場合は、すぐに日雇いのアルバイトを探すことで、給料の日払いOKなアルバイトを見つけることも可能です。 生活福祉資金の一つ「総合支援資金(生活支援費)」 生活福祉資金の一つである、総合支援資金(生活支援費)を利用すれば、失業をしてから生活が再建されるまでの間に必要な生活費を借りることができます。 総合支援資金(生活支援費)は、失業などにより生活が困窮している人を貸付の対象としており、原則3ヶ月の間、月20万円までの貸付をしてもらえるという制度です。 連帯保証人なしでも借りれますが、連帯保証人がいる場合は無利子、連帯保証人なしの場合は年1. 参照: 総合支援資金でお金を借りる2つの条件 総合支援資金でお金を借りるには、次の2つの条件が必要です。 求職中であること• 失業保険(失業手当)の受給資格がないこと 失業保険(失業手当)がもらえる場合は、手当を生活費に充てられるとされ、総合支援資金でお金を借りることはできません。 求職中でないと借りれないことから、総合支援資金でも、ちゃんと返済の見込みがある人に貸付をしていることが分かります。 総合支援資金に申し込むには、まずはハローワークで求職登録をして、あなたがお住まいの自治体の社会福祉協議会に相談をしましょう。 ちなみに諸事情で働けない場合や、生活費が足りない場合など、あなたの状況によっては、総合支援資金よりも生活保護を優先的に勧められる場合もあります。 つまり失業保険(手当)を安定収入として、銀行や消費者金融のカードローンでは借りれないということです。 カードローンでは、あなたの返済能力がどれほどあるかを審査されます。 失業保険(手当)は必要最低限のお金ということなので、返済能力が十分にあると判断されることは難しいでしょう。 コメントありがとうございます。 求職中ということであれば、まずはお住まいの地域の社会福祉協議会に、お金を借りれないか、問い合わせてみてはいかがでしょうか? どうしてもお金が足りないということであれば、理由や資金の用途によっては、社会福祉資金で借りれるかもしれません。 ただ、失業保険と障害年金がネックとなり、借りれない可能性もありますし、今日中という条件は厳しいと思われます。 その他には、可能であればクレジットカードのキャッシング枠や、質屋で借りる、不要品を売るという手段もあります。 お金を借りること以外で、お金を作る方法についてはこちらの記事でも解説していますので、参考にしてみてください。 コメントする.

次の

無職の人がお金を借りる方法

無職でお金を借りる方法

楽天銀行スーパーローンだと 、新規で楽天銀行の口座を開設する必要がなく、いつも利用している銀行口座をそのままカードローンに利用することもできるため便利です! 申し込み条件は、 日本国内に居住の20歳〜62歳までの方で、 専業主婦の方でも60歳以下の方なら申し込むことができます! 公式サイトでまずは申込可能か確認してみましょう! まずは簡易審査から! どちらも安定した収入がある事が条件にはなりますが、お急ぎの場合には一度審査申し込みを検討してみてください。 ではここからは、無職はカードローンで借入が難しい理由、無職でもカードローンでお金を借りれる場合の条件について解説していきます。 無職だとカードローン利用が難しい理由 無職やニートの人がカードローン利用が難しい理由は、貸金業法で決められている 総量規制が一番の理由になります。 総量規制は「年収の3分の1以上にあたる金額を貸付てはならない」という法律で、これを守らなかった場合、貸付をおこなった金融機関が罰則をうける事になるため、収入がない無職の人に対しての貸付ができません。 無職でもカードローンでお金を借りれる条件とは? 自分が無職でも 同居している配偶者に収入があったり、 年金などの不労所得があれば カードローンでお金を借りられる可能性はあります。 ただカードローン会社によって、専業主婦は受け付けていない、年金だけの収入だと申し込みができないケースがあるので注意が必要です。 次にさらに詳しく解説します! 以下の条件のうちいずれかに当てはまっていれば、 カードローンの審査に通り、お金を借り入れできる可能性が高いです。 最短で即日融資も可能となっています! 配偶者に安定収入がある専業主婦 無職でも、 結婚している専業主婦の方で配偶者の収入が安定している場合には、 一部の銀行カードローンを利用することができます。 本人の収入が全く無くても、配偶者の収入があることによって安定した収入があると見なされるからです。 無職だけど配偶者に収入がある人におすすめはみずほ銀行カードローン! 専業主婦で無職&収入がないけどカードローンでお金を借りたい人にみずほ銀行カードローンがおすすめです。 配偶者の同意が取れればWEB完結申込みを利用すれば、スマホから審査を受けることができるので、ご近所にバレる心配もなく、借入まで女性スタッフが対応していくれるので安心です!• 年金受給者 働いて給料をもらっていない年金受給者の方も 一部のカードローンでは年金が安定した収入とみなしてくれるためカードローンを利用できます。 しかし、カードローンの多くは 収入が年金のみという人にはお金を貸していません。 年齢制限も含め、どのカードローンに申し込めばよいかをよく検討しましょう。 無職だけど年金収入がある人はレイクALSA! レイクALSAは大手消費者金融の中で、 唯一、年金受給を収入として認めているため 年金受給者でもお金を借入できる可能性があります。 現在パートや定職についてないけど、年金だけでは生活費が厳しいという方はレイクALSAを検討してください。 不労所得がある 不労所得とは「労働しないで得る所得」のことで、具体的には 家賃収入や駐車場収入、株式投資、FXなどで得る収入のことを指します。 現在では、 アフィリエイト、YouTuber、仮想通貨の取引、せどりや転売などでお金を稼いでいる人もいます。 このような不労所得のみで収入を得て暮らしている人は、一般的には無職であると見なされます。 カードローンを申し込む際には、審査のポイントである 定期的に収入があって返済能力があるかが大事なので、不労所得が安定収入として認められた場合カードローンの審査に通るケースもあります。 つまり、不動産などの家賃収入の場合は、安定して収入を得られるので、カードローンの審査に通りやすいと考えられます。 不労所得があるけど無職の人はアコム! アコムは消費者金融の中でも 会員数No1を誇る業界最大手でカードローンです。 対応が柔軟との口コミもあるアコムでは最短30分で審査が完了。 簡単3項目を入力すれば借入の可否がわかる3秒診断も用意されているので、投資やフリーランスで借りれるカードローンを探している人におすすめです。 公式サイトに簡易審査はないので、さっそく申し込みを検討してみてください! 金利を抑えて借りたいなら銀行カードローン カードローンを利用できる条件を満たしている無職の人で、即日融資できるスピードより金利低さを重視する人は、銀行カードローンを検討してみてはいかがでしょうか? 金利が低い分、借入審査は消費者金融と比較して厳しい設定にはなっていますが、 配偶者、または本人に安定した収入がある人は収入ありと判断される場合があります。 専業主婦の方、年金受給者の方、少額でも収入がある人に検討いただきたい銀行カードローンをご紹介します。 大手メガバンクで圧倒的な安心感のみずほ銀行! みずほ銀行では、自身の収入が全く無い専業主婦の方は申し込めませんが、少しでもパートなどで毎月安定した収入を得ているなら、低金利で借りられるみずほ銀行もおすすめです。 申し込み条件は 、ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方で安定かつ継続した収入の見込める方となっています。 そして、みずほ銀行カードローンの利用には、 必ずみずほ銀行の口座を開設する必要があります。 みずほ銀行の口座をすでに持っている方は申し込みから借入まで簡単にできることができておすすめです。 無職がカードローンでお金を借りる際に注意すべきこと 無職でカードローンを探しいる人にもっとも注意して欲しいのが 「ヤミ金」「ソフトヤミ金」と言われる無登録の違法業者からお金を借りてはいけないという事です。 ヤミ金はゼッタイに利用しないこと! ヤミ金は、確かに 短期的に見ればすぐにお金を借りられて魅力的に見えるかもしれません。 しかし、長期的な目でしっかりと考えてみてください。 闇金を借りて一時的に問題は解決したものの、借りたお金(+高い利子)が返せなくなって、ひどい仕打ちを受けている自分が想像できますよね。 もし本当に困った状態に陥った場合は、ヤミ金に頼らず、 適切な機関や専門家に相談してみましょう。 Q ソフトヤミ金っていうのはまだ安心? ヤミ金のなかには ソフトヤミ金と呼ばれるものもあります。 ソフトヤミ金とは、普通のヤミ金のような脅迫してでも貸したお金を取り立てに来ることはなく親身に接してくる業者ですが、行政への登録を行っておらず、 違法な金利で貸付を行っている賃金業者のことを指します。 違法な金利とは、年率20%を超える金利を設定しているもので、普通のヤミ金と変わりません。 注意してください。 さらに詳しくは、ソフトヤミ金に関する記事で確認してみてください。 無職がカードローン以外でお金を借りる方法 無職の人がお金を借りる方法はカードローンだけではありません。 「 無職だからカードローンの審査は通らないだろう」「 お金を借りても返す当てがないからカードローンでは借りたくない」という人は、ここからご紹介するカードローン以外の方法でお金を借りる方法を検討しましょう。 市役所で借りる 各市区町村では「 生活福祉資金貸付制度」という 厚生労働省がおこなっている貸付制度があり、カードローンでお金を借りる事ができない人であっても、条件を満たす事ができればお金を借りる事ができます。 その条件とは、支援を受けることにより独立した生活ができると認められる、かつ、必要な資金を他から借り受けることが困難であることです。 資金の種類 概要 貸付限度額 生活支援費 生活再建までの間に必要な生活費用 (二人以上)月20万円以内 (単身) 月15万円以内 住宅入居費 敷金、礼金等住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用 40万円以内 一時生活再建費 生活を再建するために一時的に必要かつ日常生活費で賄うことが困難である費用 60万円以内 以上が「総合支援資金」と呼ばれるもので、他にも「教育支援費」や「福祉資金」、「不動産担保型生活資金」と呼ばれるものもあります。 利子は、連帯保証人を立てることができる場合は無利子、連帯保証人を立てない場合は年1. 5%と大変低くなっています。 詳しい貸付条件など詳細は、でチェックしましょう! また、実際に申し込みたい場合は、 お住まいの地域の市区町村社会福祉協議会にて受け付けているようなので、そこに連絡する必要があります。 「市区町村社会福祉協議会の連絡先ってどこ!?」 「協議会なんて聞いたこともないよ!」 という人もいると思います。 その場合は、まず 都道府県社会福祉協議会に問い合わせてみましょう。 以下のリンクから問い合わせ先を確認することが出来ます。 質屋で借りる! 質屋に行って自分が持っているものを担保として預けることで、お金を借りることもできます。 期限までに元金と利息を返済できれば、預けたものは返却されます。 もし返済ができなかったら、質屋に預けたものが没収され、そのまま売られてしまいます。 質屋では質に入れる品物によって値段が変わるので注意が必要です。 大手の質屋「 」によると、質屋に預けられるものの代表としては以下のようなものが挙げられています。 審査でもし嘘をついたらどうなる? カードローンの審査申し込みの際に、会社に勤めているように嘘をついても、在籍確認・信用情報を確認する段階でバレるので止めましょう。 まとめ 以上、無職の人がお金を借入する方法のうち カードローンを中心に詳しく解説しました。 無職の人でもカードローンを利用できる人はいますし、利用できない人でも 様々な公的な制度に頼ることが可能です。 もちろん、家族や友人に頼むことも必要になってくる人もいると思います。 また、無職であったとしても、アルバイト・パートで少しでもいいので 毎月安定した収入を得ることで、カードローンを利用できる可能性が高くなります。 どんなに焦っていたとしてもヤミ金を利用することなく、適切な機関や専門家に相談し、お金で人生を台無しにしないようにしましょう! この記事の監修FPのコメント 氏名 中村真里子(なかむら・まりこ) 所属 社会保険労務士・FP 中村真里子事務所 無職でお金に困った場合、まずは「公的機関」を利用することを考えましょう。 厚生労働省のホームページでご自分に当てはまる制度はないかをチェックしてみましょう。 家に眠っている不用品などは質屋に預けるのではなく、フリマサイトで売ることも考えてみましょう。 カードローンは最後の手段です。 カードローンを利用する際は金利のチェックが必須です。 できるだけ金利の低い金融機関で借りることが肝心です。 そして借入期間を短くしてムダな利息を支払わないことです。 度々、カードローンを利用するということであれば、家計の管理に問題がないかも考えてみましょう。 くれぐれも数社から借りることがないようにします。 もしも返済が不可能だと思ったら早めに周囲に相談することをおススメします。 健康状態が悪く就職が難しい方は生活保護や障害年金の受給などの検討もしてみて下さい。

次の

日本政策金融公庫は無職でも大丈夫!?無職がお金を借りる2つの方法

無職でお金を借りる方法

現在、無職やニートの状態だけどお金を借りたい!という人も少なくありません。 ただ、お金を借りたいけど貸してくれるところなんてあるの?と疑問に思っている人も多く、そもそもお金を借りることが出来ないと考えている人も多いです。 結論から言うと 無職やニートでもお金を借りることが出来ます。 これからお話することは一般的にはあまり知られていませんが、 失業中で無職の状態やニートで無職の状態でもお金を借りることが出来ます。 とはいえ、とっておきの情報があるように見せかけて、親とか友達から借りたら?と言う下らない落ちはないのでご心配なく。 借りる方法と貸してくれるところを紹介します。 ただ一つ気をつけてもらいたいところは、お金を借りるわけですから当然、返済の義務が発生します。 親族や友人にお金を借りるのとわけが違い、借り入れの基準を満たすことや審査に通過する必要があります。 基本、無職と言うのは、返済能力がゼロという事でお金を借りることはとても難しい状況です。 その状況で借りるわけなのでちょっとしたテクニックや知識も必要となります。 ただし借りすぎや返済の目処も経ってないのに闇雲に借りるという事は後で必ず後悔する事になるのでこういった人は以下の方法を利用しないようにしてください。 生活福祉資金を利用できる条件• 1年以上無職の状態が続く失業者• 数年以上ニートの状態の人• 現時点で既に自立出来ないほどお金に困っている人 生活福祉資金は無職の人だけに絞って言うと、生活を経済的に支えるための資金の貸付を行い、自立し社会への復帰や参加を図ることを目的とした貸付の制度を言います。 こちらに関しての利用自体は誰でも出来るのですが、条件に該当するのかという部分がネックとなります。 私もフリーランス1年目で失業保険を受ける事を前提に生活費用のプランを立ててはいたものの個人事業主の届出を出していた事でもらうことができませんでした。 更に失業中という事で、この生活福祉金で低所得者だからお金を貸してほしいと相談に行ったのですが、現在は自立できているし前年度の年収が800万円の状況で、貸付をするのは難しいと言われ、結局融資を受ける事はできませんでした。 前年度の年収が非課税対象となる金額を上回っている人は融資を受けることは難しいのが現状です。 では、この生活福祉金でどういった人が利用できるのか?どういった用途で利用できるのかという事を個別に説明していきます。 この非課税対象者と言うのは、住んでいる市区町村によって異なりますので、例として大阪市の非課税対象者を引用するとこういった記載となっています。 ) 引用元: 市県民税や健康保険は前年度の年収に掛かるので、当年に収入がなくても前年度にあった人は利用できないので少なくとも1年以上は無収入の状態が続いていないと利用することは出来ません。 該当する人は以下の4つの用途でお金を借りることが出来ます。 総合支援金• 福祉資金• 教育支援金• 不動産担保型生活資金 この中で自身にあったものを利用する事になります。 こちらに関しては、融資を担当する窓口となる市区町村が判断しますが、担当者によっては融資の種類を知らない人も意外と多いのでこういった制度もあるのでこちらは利用できますか?という風に聞いてみるものありです。 最初に電話を行い、主に市役所の窓口へ行き相談することから始まりますがいきなりスムーズに融資をすすめるという事はなく、多くの場合は1週間おきに電話や訪問などで様子を見ながら最終的に決まるという形なので最短でも3週間程度はみておくようにしましょう。 生活困窮者自立支援制度を利用して無職やニートがお金を借りる 生活困窮者自立支援制度を利用できる条件• 誰の援助も受けることができず生活が困窮している人• 家賃を払うことができず住まいを失いそうな人• ニートの生活を数年続けて社会的な自立を目指している人 こちらは平成27年の4月から始まった生活困窮者の支援制度。 窓口は市区町村と各都道府県にあるNPO法人が窓口となりどちらへ相談しても利用できます。 こちらは主に自立できていない人やインターネットカフェで寝泊りをしているが、将来的な自立を目指している人を応援するというのが主なコンセプト。 要件自体は今すぐにでも助けが必要なレベルの人が対象にはなりますが、住居がないような人でも一定期間宿泊場所や衣食を提供してもらえるため自立までの時間を借り入れではなく支援という形で提供してもらえます。 独り身の人でも、お子さんがいる方でも学習の支援と保護者の双方に支援してもらうことが出来ます。 各々にあったプランを検討してもらえるのでとにかく生活自体が成り立たないという人は一度相談されて下さい。 クレジットカードのキャッシングを利用できる条件 以前職場に勤めていた時にクレジットカードを作っていた人です。 こちらは職場に勤めていた人でクレジットカードの契約がある人が限定にはなるのですが、キャッシング枠がある場合はその枠を使ってお金を借りることが出来ます。 注意点としては、この方法はクレジットカードの規約違反に当たります。 クレジットカードのキャッシングでもカードローンであっても職場が変更となる場合は必ずクレジットカード会社やカードローン会社に伝える事を利用規約に記載されています。 つまり仕事をやめて無職になったよ!とクレジットカード会社に伝えると契約枠があっても使用できなくなります。 これはあくまで正直に伝えた場合です。 基本的に仕事を辞めたからといって真面目に伝える人は少ないのが現状です。 起業の本やインターネット情報などを色々と読むと決まって「フリーランスになる前にクレジットカードは作れるだけ作っておこう!」という情報が多いです。 ほとんどの人がクレジットカード会社に伝えていないのがわかるかと思います。 逆にクレジットカード会社側もこちらが退職した情報を知るには会社へ電話する以外は知るすべがありませんし、返済してくれる限り文句は言いません。 このキャッシング枠を利用してお金を借りるという方法がありますが、難点はそもそもクレジットカードのキャッシング枠の契約をしていないと借りる事ができないという事です。 キャッシング枠の契約があれば現金を出金出来ますが、ショッピング枠しかない人は買い物の時に使えるだけであり、現金自体は手にすることが出来ません。 これを現金化といってAmazonギフト券などを購入させ、それを買取する業者もいます。 売値は大体70%程度で、10,000円分ほど購入すると7,000円で買い取ってくれるところが大半です。 中には高換金率を謳い、90%~95%というところもありますが、この業者自体も現金化の換金率は92%程度になっている事が多いので、基本的には初回利用時は70%程度になると考えておきましょう。 この70%という換金率は非常に効率が悪く返済を考えると利息制限法以上の金利に相当してしまうので取引としては圧倒的に損です。 利用は絶対にやめましょう。

次の