モスキート 音 周波数。 モスキート音の周波数の範囲は?壁越しの聞こえ方や人体への影響は?

モスキート音(もすきーとおん)とは

モスキート 音 周波数

17キロヘルツ前後の高周波音のこと。 の羽音のようなキーンという不快な音なのでこう呼ばれる。 人間は年を取るに従い高い周波数の音を聞き取りにくくなる。 そのため、音は、個人差はあるものの、20代前半までの若者にはよく聞こえるが、それ以上の年代の人には聞こえにくいとされる。 モスキート音を出す音響機器「モスキート」は、深夜に店の前などにたむろする若者たちに不快音を聞かせて退散させるために、2005年にイギリス・ウェールズのハワード・ステープルトンによって開発された。 この発明により、ステープルトンは06年にイグノーベル賞を受賞している。 「モスキート」を販売する日本の代理店株式会社メルクによれば、現在「モスキート」は全世界で9000台以上が使用されており、日本でも深夜営業の商業施設等で導入が進んでいる。 東京都足立区は自治体として初めて、深夜の公園での若者たちの非行および施設の破壊行為を防止するため、09年5月21日から同区内北鹿浜公園に試験的に設置した。 他の自治体からの同区への問い合わせなどは非常に多いという。 「モスキート」発売開始後、米英ではモスキート音が大人に聞こえないことを逆手に取り、授業中に教師に気づかれずに携帯電話やメールのやりとりをするため、着信音として利用する若者たちが出てきた。 現在では日本でもウェブ上の複数のサイトからモスキート音の着信音をダウンロードできる。 また、ゲーム機器メーカーの株式会社ハドソンでは、着信音の配信に続き、09年7月29日、「モスキート MOSQUITO~大人には聞こえない音~」のタイトルで、モスキート音を使用した全18曲を収録するCDを発売している。 椎崎亮子 フリーライター / 2009年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について の解説.

次の

モスキート音とヒトと周波数、無料でチェックする方法、アプリの活用

モスキート 音 周波数

高周波音(超音波)モスキート音の測定調査 近年電子機器や装置、あるいは嫌がらせなどによって高周波音、モスキート音に関する問題を抱えている方からの測定調査の相談が少なくありません。 このページでは高周波音に関する情報を説明しています。 超音波・高周波音とは何か 一般的に人間の可聴範囲は~20kHzと言われています。 超音波とは20kHzを超える音の事を言い、つまり人間の可聴範囲をこえる周波数の音の事を超音波と言います。 可聴範囲を超えているからといって絶対に聞こえないわけではありません。 人によっては聞こえる人もいますし、また十分に音圧レベルが高ければ(音量が大きければ)超音波であっても多くの人が聞くことが可能です。 一方で高周波音とはあまり明確な定義はありませんが、可聴域の中でも周波数が高いおおむね15kHzから20kHz程度の音の事を言います。 聞こえ方としては「キーン」という音として聞こえます。 高周波域における音は「人(年齢)によって聞こえ方が異なる」という特徴があります。 下記のグラフは年齢と周波数ごとの音の聞こえ方を表しているものです。 30代では周波数が上がってもほとんど聞こえにくくはなりませんが、年齢を追うごとに聞こえにくくなっていきます。 一般的に40代では15kHz、50代では12kHz以上の高周波音はほとんど聞こえないと言われています。 ただし、すべての人で聞こえないわけではありません。 モスキート音とその発生装置 上記の様な高周波音の人による音の聞こえ方の違いを利用した音に「モスキート音」があります。 モスキートとは蚊という意味で、蚊が飛ぶ時の様な高い音というのが名前の由縁です。 モスキート音発生装置はおおむね15kHzの高周波を発生させる装置であり、若者にしか聞こえにくいという特徴を活かして若者が公園やビルなどに「たまる」ことを防ぐために開発されました。 ちなみに「ねずみ避け」にもモスキート音発生装置は利用されています。 数は一般的なモスキート音発生装置です。 ビルなどの入り口でご覧になられたことがある方もいらっしゃるかもしれません。 高周波音・モスキート音による健康被害 高周波音やモスキート音は人によって感じ方が異なり、一部の人にとっては非常に不快な音として検知されます。 その結果イライラや不安、頭痛や不眠、その他不定愁訴など様々な症状を訴える方々が少なくありません。 高周波音・モスキート音の人体に与える悪影響に関する研究はまだ十分になされているとは言えませんが、このような症状が一定期間以上続くことによって、さらなる二次的な疾病につながる恐れもあるようです。 多くの人は高周波音やモスキート音を調査・測定し、定量的に明らかにする手段を持っていないため、周りの人が高周波音やモスキート音を感じない体質の場合、相談してもわかってもらえず、自分ひとりで悩んでいる人も少なくありません。 高周波音やモスキート音が嫌がらせに使われることも 高周波音の上記の様な特徴により、モスキート音発生装置が「いやがらせ」に使われる事例もあるようです。 近隣の住民から一日中、あるいは夜間に高周波音を照射され、不眠や不定愁訴に悩まれている方が少なくありません。 計測によって事実を明らかにする 高周波音の問題を解決するためには初めに調査を行い事実を明らかにすることが必要不可欠です。 高周波音は人によって感じ方の異なる音であり、「自分には聞こえる(感じる)」と口で訴えても、解決の糸口はつかめません。 音の発生を定量的に測定することが出来る計測機器によって「どの程度の周波数の高周波音が、どの程度の大きさで発生しているのか」を調査し明らかにすることが解決への近道です。 高周波音の調査測定なら日本騒音調査にお任せください 当社では普通騒音や低周波音だけでなく、高周波音の計測サービスにも対応しております。 どうぞお気軽にご相談ください。

次の

モスキート音が聞こえない年齢は?測定で耳年齢をチェック!

モスキート 音 周波数

モスキート音は字のごとく蚊の音をいいます。 音の周波数は17000Hz前後です。 人が聞こえる音の周波数は20~20000Hzと習いましたが、この範囲が聞こえるのは高校生位まで。 私は50才頃、気が付くと蚊の音が聞こえていませんでした。 理由はわかりませんが刺されることも殆どなくなりました。 聴力は年齢と共に衰えます。 小さな音や高い音が聞こえなくなります。 私自身どこまで聞こえるか確認したところ12000Hzまででした。 ピアノの一番高い音は4186Hzですからまだまだ音楽はできます。 年齢と可聴音域の関係は、40代が13000Hz、50代が11000Hz、60代が9000Hz、70代が7000Hzと言いますから適正範囲でした。 音楽CDはDC~22000Hzの再生ができますが、深みのある全音域を聴くことができるのは若者の特権ということですね。

次の