ライオン キング ナラ。 ライオンキングのアニメ吹き替え声優一覧!シンバやナラ&スカーにティモンのキャストは誰?

ライオンキング札幌】辻茜がナラ役か?他のキャストや年齢を予想!

ライオン キング ナラ

公開を待たずに事故死()した社長(当時)で冒険家でもあるに捧げるとするメッセージで(スペシャル・エディションは『』『』と同じオレンジ色のシンデレラ城のロゴで)物語が始まる。 にはも公開された。 ストーリー 動物たちの王国、プライド・ランド。 その王として尊敬を集めるのムファサとサラビの間に次期王となる息子シンバが誕生した。 シンバ誕生の儀式に大勢の動物たちが集まりシンバを称える。 一方、シンバの叔父かつムファサの弟 敵 で次期王に選ばれなかったスカーは儀式を欠席し、王になる事ができない自分の立場を呪っていた。 その後、ムファサはシンバに自然界を支配するバランス、サークル・オブ・ライフ the Circle of Life, 生命の環 について、また王としての心構えについて教えた。 シンバは叔父のスカーに自分が王になれることを話すとスカーは思わず口を滑らせてシンバに「ゾウの墓場」のことを話してしまい、「あそこへは行くな」と忠告するが、シンバはその忠告を無視しガールフレンドで幼馴染のナラを誘い、の執事・ザズーの目を盗んでゾウの墓場へ遊びに行ってしまう。 しかしそこはなんと、ハイエナ達の住処だったのだ。 シンバとナラはハイエナ達に襲われるが、助けに来た父のムファサに命を救われる。 帰りにムファサはシンバを厳しく叱り、約束を破ってしまったことを反省したシンバは「父さんみたいな勇敢で怖いもの知らずなライオンになりたかった」と打ち明ける。 ムファサはそれに対して「勇気と無謀は別だ。 王にだって怖いものはある」とシンバを失う不安があったことと王としての誇りを教え、更に星空を見上げて「歴代の王が見守っている」と諭した。 その頃、火山の噴火口のハイエナ達の住処で傷だらけになったハイエナ達の前にスカーが現れた。 実はスカーは自分が王の座に就くためにムファサとシンバを亡き者にしようと、ハイエナ達と手を組んで暗躍していたのだった。 今回の作戦が失敗したスカーはハイエナ達に自分の餌を与え、再び作戦を練り直す。 ある日、スカーはシンバに「お前を驚かすものがあるから待っていろ、それから吠え方も練習した方が良い」と嘘をつき、荒野に取り残す。 シンバは言われた通りに吠える練習をすると、突然地面が揺れ出した。 シンバがふと見上げると崖の上のの群れが暴走しだしたのだ。 必死にヌーから逃げるシンバだが、とうとう追い詰められてしまった。 ムファサは何とかシンバを救いあげるが、今にも崖から滑り落ちそうだった。 崖をあがくムファサはスカーに助けを求めるがスカーに裏切られ、そのまま突き落とされてしまった。 シンバが崖から降りるとムファサは既に死んでいた。 父の死に途方に暮れるシンバの前にスカーが現れ、シンバはスカーに濡れ衣を着せられ追放されてしまった。 ムファサの死とシンバの追放によってプライド・ランドは完全にスカーに支配されてしまった。 父親を失い、故郷を追われ、絶望に打ちのめされていたシンバは砂漠で行き倒れになり、ハゲワシに食べられかけた。 そこにのティモンとのプンバァが現れ、偶然にも助けられた。 当初は肉食のシンバを敵視していたティモンだったが、シンバを味方にすれば敵に襲われなくても済むと考えたプンバァの提案を受け入れ、彼を仲間にすることにした。 しかし、過去のことで元気のないシンバは2匹と一緒に「ハクナ・マタタ(Hakuna Matata, スワヒリ語で『くよくよするな』の意味)」をモットーとした暮らしを続け、立派なオスライオンへと成長する。 しかし、シンバは未だに過去を引きずっていたため、星空について話あった時に2匹にからかわれたため落ち込んでしまう。 すると、偶然にもフケが飛び散り、遠くプライド・ランドまで届いたその臭いを嗅いだのラフィキはシンバがまだ生きていることを確信した。 一方プライド・ランドは、スカーによって荒廃していた。 もう食料も残っておらずみんな飢え死に寸前だったが、スカーは王位に就いたことに満足し現状を変えようとしなかった。 シンバは、助けを求めて故郷を出てきたナラと偶然にも再会し、王国の現状を知らされる。 過去と向き合うことに躊躇し、葛藤するシンバはナラの説得に応じずにその場を出て行ってしまう。 落ち込む彼にラフィキと父の幻に導かれ、スカーと対決して王国の平和を取り戻すことを決意する。 自由な暮らしが奪われる不安を抱いていたティモンとプンバァもナラからシンバが王国へ戻りに向かってることを聞き、彼の後を追った。 帰還したシンバはスカーと対決しようとした。 しかし、スカーは「お前のせいで父親が死んだ。 その父親をお前が殺した!」とシンバをなじって崖に突き飛ばし、燃え上がる炎に落とそうとした。 その光景を見たスカーは冥途の土産に「俺がムファサを殺した」と耳元で暴露する。 それを聞いて激怒したシンバは崖から脱出してスカーに襲いかかる。 みんなの前で真実を言わざるを得なくなったスカーはハイエナ達に後詰をさせて逃げ惑うものの、とうとうシンバに追い詰められてしまった。 弱気になったスカーは「真実の敵はハイエナだ」と命乞いをして見逃してもらうとするが、シンバにはそんな見え透いた嘘は通じなかった。 「無力な叔父を殺す気か?」と弱音を吐くスカーにシンバは「お前とは違う」と言い放つ。 それを聞いて命拾いしたスカーは何でもすると言うが、シンバが言い渡したのは永久追放だった。 スカーは出ていくフリをしてシンバを油断させ襲いかかるが、一瞬の隙を突かれそのまま崖から突き落とされた。 スカーが起き上がるとそこにはハイエナ達が待ち伏せしていた。 ホッとしたスカーは「真実の友よ」とつぶやくが、前述の命乞いを全てハイエナ達に聞かれており、ハイエナ達からも愛想を尽かされ、食い殺されてしまった。 スカーが倒されたことでプライド・ランドに平和が戻り、シンバは勝利の雄たけびを上げた。 そして、シンバはプライド・ランドの新たな王となり、ナラと結婚して、その間に子供が産まれた。 主要キャラクター シンバ Simba 本作のである、子供のオスライオン。 プライド・ランドの王であるムファサと女王サラビの息子。 アハディとウルの孫。 茶色と黄色の中間的な体色と赤い鬣(たてがみ)と目を持つ。 一人称は幼少期の頃は「僕」と統一していたが、成長してから「俺」・「僕」と使い分けていた。 ムファサとサラビの愛情を一心に受けて育つ。 幼少期はやんちゃで、スカーにそそのかされた事にも気づかず、勇気を示そうとムファサの命に背いて危険なゾウの墓場へ行ってしまい、「勇気と無謀は違う」と叱られたこともあった。 ある時に叔父のスカーに乗せられ何も知らないまま遠吠えの練習をしていた際にの大暴走に巻き込まれ、その事でシンバを助けたムファサが死亡してしまい、スカーの発言もあり故郷であるプライド・ランドから追放されてしまう。 その後はティモンとプンバァに出会い、二匹に助けられながら共に育っていき、立派なオスライオンへと成長していく。 その後、再会したナラにプライド・ランドがスカーとハイエナに乗っ取られたことを聞き戻るよう誘われるも、自暴自棄で自分の過去を忘れたいと思ったがために彼女の説得に応じなくなってしまう。 しかし、ラフィキや父の幻に励まされ、ナラや自分を案じて合流したティモン達と共に帰還。 一度は追い詰められるがスカーが父の仇であると知ると激怒し態勢を立て直す。 スカーを撃破後、プライド・ランドの新たな王となった。 『』及び『』では召喚獣として登場する。 『』ではプライド・ランドでの仲間キャラクターとして登場する。 名前はスワヒリ語で「ライオン」を意味する。 ナラ Nala サラフィナの娘で、シンバとは幼馴染で一番の親友。 本作のヒロイン。 真っ白の体毛で青い目をしている。 一人称は「あたし」または「わたし」。 プライド・ランドの危機の際には、群れを離れ、単身で助けを求めにきた。 子供の頃はお転婆で活発な女の子であった。 勝ち気なメスライオンであり、シンバとの取っ組み合いで圧倒することがあるなど、体力もある。 ひょんなことから成長したシンバと再会し故郷に戻るよう誘うも、シンバが自暴自棄になってたため彼の消極的な態度に腹を立ててしまうが、シンバがプライド・ランドへ戻る決意をしたと知り、和解した。 スカーとの決戦時にはハイエナの群れに立ち向かった。 平和が戻ってからシンバと結ばれ、プライド・ランドの王妃となる。 『キングダム ハーツII』にも登場する。 名前はスワヒリ語で「贈り物」を意味する。 ムファサ Mufasa プライド・ランドの王で、シンバの父親であり、アハディとウルの長男でスカーの兄であるオスライオン。 息子同様の体色と鬣をしている。 一人称は「私」(シンバの前では「父さん」)。 シンバの良心的な父親であり、誰からも信頼されている誠実で誇り高い王であった。 王である責任から厳格にふるまっており、ゾウの墓場へ立ち入ったシンバに事の重大さや、勇気と無謀の違いを厳しく説いたり、弟のスカーが取った不敬行為も贔屓せずに冷徹に対応した。 しかし、最期はスカーの策略により、ヌーの大暴走に巻き込まれたシンバを助け、崖をあがくが、スカーに崖から落とされて殺害された。 その後、シンバを天から見守り自分を見失いかけた彼を励ます。 『キングダム ハーツII』にも登場する。 仲間 ラフィキ Rafiki 年老いた(見た目は)。 であり、王の最初の子供の誕生の儀式では欠かせない存在となっている。 ムファサの死とシンバの追放によってプライド・ランドがスカーによって支配された時は落ち込んでいたが、偶然にも風に飛ばされたシンバのフケの臭いを嗅いでシンバが生きていることを確信する。 自分を見失って悩んでいたシンバを導いた。 また、プンバァとティモンにハクナ・マタタを教えた人物でもある。 年は取っているものの格闘技術は相当なもので集団で襲ってきたハイエナを仕留めたほどである。 一人称は「ワシ」。 なお、3でティモンは最初に彼に会っているが、当時その設定がなかったため、ラフィキがナラやティモン達に「王(シンバ)は戻られた」と言う場面で初対面という設定になった。 『キングダムハーツII』にも登場する。 名前はスワヒリ語で「友」を意味する。 ザズー Zazu プライド・ランドの王に仕えるの。 幼少期のシンバ、ナラの面倒をみることもあり、そのやんちゃぶりには手を焼いていた。 王に忠実である故かムファサの命令には逆らえず、彼にシンバの狩りの練習相手になるよう押し付けられている。 シンバ誕生の儀式を欠席したスカーに対して「出来損ない」「家族の恥さらし」「敷物にしてひっぱたいてやります」などと陰口を叩いていた。 ムファサの死によってスカーが王となってからもプライド・ランドへ残ったが、スカーによって骨で作った檻に幽閉され、彼の傍若無人な振る舞いに辟易していた。 しかし、ティモンとプンバァによって解放された。 礼儀正しく、ツッコミ役を担うことも多い。 一人称は「わたくし」。 ティモン Timon 砂漠のに住む。 陽気な性格でお調子者。 一人称は「オレ」。 プンバァと共にシンバを助けたことが縁で親友になった。 当初は肉食のシンバを怖がっていたが、シンバを味方にすれば外敵に襲われずに済むと考え仲間として歓迎した。 シンバの子育ての時にはザズー同様、やんちゃぶりに手を焼き、その苦労を「子育て地獄」と称した。 口は悪い上気が小さく、危機に陥ると保身に走ることもある一方、プライド・ランドへ戻ることを決めたシンバを放っておけずに協力するなど面倒見が良い。 頭の回転が非常に速く、様々な作戦を思いつく。 以前は穴掘りの仕事が嫌になったのが災いして、ハイエナに故郷を襲われた折に仲間から除け者にされてしまい、自ら故郷を出た。 放浪中にラフィキにハクナ・マタタの精神を学び、プンバァと出逢う。 『キングダム ハーツII』にも登場する。 プンバァ Pumbaa ティモンの相棒の。 大変な大食いで虫が大好物。 一人称は「オレ」。 砂漠で倒れていたシンバを見つけ、助けたことが縁で親友になった。 ティモンと違い、シンバを恐れずにペットとして飼おうとした。 気が優しく力持ちで、成長したシンバがナラと再会したことでオアシスでの生活が終わることを危惧するティモンの妨害に協力するが、彼らに感動して共にプライド・ランドへ渡る。 のんきでおっとりしてはいるもののと呼ばれるのが嫌いで、ハイエナたちに「ブタ」と呼び捨てにされ激怒した勢いでハイエナの群れを蹴散らした。 ティモンと出会う前は、体臭やおならの臭いが酷く群れから追い出され、そのせいで友達がいなかった。 『キングダム ハーツII』にも登場する。 名前はスワヒリ語で「にぶい」を意味する。 敵 スカー Scar アハディの次男で、ムファサの弟 敵 であるオスライオン。 シンバの叔父。 黒く長い鬣と痩躯、左目の傷が特徴。 本作の。 一人称は「俺」。 モデルは。 王位継承順位はムファサに次いで第二位であったが、王子であるシンバの誕生によって第三位になってしまった。 その事を不快に感じムファサとシンバを殺害しようと画策する。 影で、ライオンの敵であると組んでおり、言葉巧みに自分の計画に加担させるなど陰険かつ狡猾な性格であり、目的のためなら血の繋がった兄であるムファサを殺害するなど冷酷な心の持ち主である。 「力比べではひとかけらの自信もない」と発言しているが、シンバと互角の戦いを繰り広げるなど戦闘力は高い。 しかしながら、追い詰められた際には「真実の敵はハイエナだ」と命乞いをし、王位についてからは自分の保身しか考えずムファサの名前を耳にするだけで癇癪を起こし、更に反乱を起こしたシンバ達からの戦いのさなかに逃げ出そうとするなど小心者な面もある。 ゾウの墓場に立ち入ったシンバを襲うようハイエナ達に指示するもムファサの妨害で失敗。 その後シンバをヌーの大暴走に巻き込ませ、助けに来たムファサを崖から突き落として殺害した。 そしてシンバに責任を負わせ、プライド・ランドから逃げ出すように仕向けた(この際にハイエナたちにシンバの殺害を命じているが、ハイエナ達はシンバが茨の森に落ちたことで深追いが厳しいと悟り、またシンバが生きているわけがないと高をくくったことで彼を逃がしてしまった)。 その後はプライド・ランドの王になり、ハイエナとメスライオン達を支配下に置いて傍若無人な生活をしていた。 だがハイエナ達が食い物を食べ荒らすそのやり方は早々にプライド・ランドの生態系を壊し 、次第にそのしわ寄せはメスライオン達を含めた他の動物はおろかハイエナ達にも影響し、ジェンシらからも「ムファサの頃の暮らしが良かった」と愚痴を言われる程だった。 その後、プライド・ランドに帰還したシンバをムファサと見間違えていたが、正体がわかると一進一退の闘いを繰り広げるも一瞬の隙を突かれ崖から突き落とされてしまう。 最後はシェンジらハイエナたちに助けを乞うが、前述の命乞いを聞かれていたせいで彼らの怒りを買い食い殺されるという、自業自得の最期を遂げた。 シンバらの人生に大きな影響を及ぼし、物語において最大の敵として描かれた。 暗い歌よりも明るい歌の方が好きだが、『』だけは聞きたくないらしい。 なお、本名は「タカ」であり、父のアハディが次期王をムファサに選んだため彼を見下すようになり、その時に自ら「スカー」と命名したらしい。 「スカー Scar 」とは英語で「傷」を意味する。 「タカ」とはスワヒリ語で「汚れ」「欲望」という意味がある。 続編となるテレビアニメの『』では、ライオン・ガードのリーダーとして仕切っていたが、力を持ったことで、プライド・ランドの覇権を得るためにムファサを倒そうと当時のライオン・ガードの仲間たちに計画を持ち掛けたが悉く断られたため、雄たけびの力で当時のライオン・ガード達全員を倒してしまったことが明らかになった。 『キングダム ハーツII』にも登場している。 ハイエナトリオ スカーの協力者であるのトリオ。 サイドストーリー『』では、ティモンの故郷を襲ったのも彼らであり、ティモンにとって彼らはトラウマにあたることが明らかになった。 スカーの命令には忠実で王に就いた彼に意見できる数少ない存在だった。 しかし終盤でシンバに追い詰められた彼が自分たちに罪をなすりつけたことを許せずにスカーを食い殺した後、プライド・ランドから逃走した。 『キングダム ハーツII』ではボスキャラクターとして登場する。 シェンジ(Shenzi) メスのハイエナでリーダー。 鬣が前に少し垂れていて、顔つきは彼女の声を担当する女優本人。 一人称は「アタシ」。 姉御肌でしっかり者、頭の回転が速い。 実質的にバンザイとエドを従えていて、色気が少し目立つ為、ティモンに告白されたこともある。 冷静さを欠くこともなく、スカーの治世でプライドランドが食料不足に陥った際は、感情的になるバンザイを抑え、落ち着いてスカーに現状報告をしていた。 「シェンジ」とはスワヒリ語で「獰猛」。 バンザイ(Banzai) オスのハイエナ。 一人称は「俺」。 気が荒っぽくぶっきらぼうだが、冷静なため仲介役。 感情は抑えられなくて口が悪くなっていくが、よくシェンジに口止めにされる。 ドジが多く喧嘩早いトラブルメーカー。 「バンザイ」とはスワヒリ語で「こそこそする」。 エド(Ed) オスのハイエナ。 いつも笑っていて何を考えているのかわからない無口で、犬みたいに鳴いている(一人称は、もしも喋っていたら「僕」)。 かなり子供っぽい行動もあるが、意外と頭の回転が早い。 その他 サラビ Sarabi ムファサの妻で、シンバの母親である心優しいメスライオン。 ムファサの死(シンバが死んだと思い込み、ショックを受けた)により未亡人になった後、王位に就き独裁政治を振るった義弟スカーに諫言するなど気丈な性格だったが、悉く撥ねつけられた。 大人になった息子のシンバと再会した時は、一瞬ムファサと見間違えたが、最愛の息子だとわかると喜んだ。 ムファサが死んだのは「自分のせいだ」と聞いた時に青ざめたが、スカーから「俺がムファサを殺した」との一言でシンバと共にハイエナ達と戦った。 名前はスワヒリ語で「蜃気楼」を意味する。 サラフィナ Sarafina ナラの母親であるメスライオン。 彼女の夫(ナラの父親)と思われるオスライオンも登場しているが、出番は少なかった。 なお、彼は自身がサラフィナの枕になって眠っていた。 コパ Kopa シンバとナラの息子(ムファサとサラビとサラフィナの孫息子)で、新しい次期王。 スカーを倒した後やエンディング前で登場するが、『』は登場せずに妹のキアラが登場する。 家系図通り、最初に生まれた子はコパという名前だが、映画版では名前が出て来ない。 名前はスワヒリ語で「心」を意味する。 モグラ ザズーにハイエナがプライド・ランドに現れたことを伝えた。 ヌーの群れ スカーの計画でシンバを襲ったヌーの大群。 一頭だけ転倒した。 絵本オリジナルキャラクター テレビではなく、絵本のみで登場している。 アハディ Ahadi ムファサとスカーの実父で、シンバとは父方の祖父にあたる。 体の色はムファサと同色、鬣はスカーと同色である。 ウル Uru ムファサとスカーの実母で、シンバとは父方の祖母にあたる。 体の色はスカーと同色である。 モハツ Mohatu ムファサとスカーの母方の祖父で、シンバとは父方の曽祖父にあたる。 Mheetu ナラの実弟で、シンバとは義弟にあたる。 挿入歌• "Circle of Life" サークル・オブ・ライフ 冒頭の歌詞は。 1994年度にノミネートされた。 "I Just Can't Wait to Be King" (王様になるのが待ちきれない)• "Be Prepared" 準備をしておけ• "Hakuna Matata" ハクナ・マタタ 1994年度アカデミー歌曲賞にノミネートされた。 "The Lion Sleeps Tonight" この歌は映画オリジナルの歌ではない。 "Can You Feel the Love Tonight" 愛を感じて 1994年度アカデミー歌曲賞を受賞した。 以下は日本語版クレジットのない挿入歌である。 I've Got a Bunch of Coconuts• It's a Small World• Hawaiian War Chant ハワイの戦争の歌 この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2013年2月)• ムファサの声を担当しているは、『』のの声を担当しているが、本作の中でシンバに語りかけるセリフのひとつに「お前は私の息子だ」というのがある。 これは『』の中でベイダーが息子であるに語りかけたセリフと同じである。 挿入歌"I Just Can't Wait to Be King"(早く王様になりたい)は当初、ムファサも参加する予定だったが、ジェームズ・アール・ジョーンズの声質に合わなかったため実現には至らなかった。 挿入歌"Be Prepared"(準備をしておけ)は、スカーの歌であるが、の声帯に異常が見られたため、後半部分のみが代役を担当している。 挿入歌"Hakuna Matata"(ハクナ・マタタ)では、プンバァがハクナ・マタタ精神に目覚めるまでの経緯が語られているが、制作段階ではティモンのミーアキャットの群れでの生活や、群れを離れるまでの経緯を描いた"ティモン・バージョン"が用意されていた。 ピクサー映画『トイ・ストーリー』の中で1フレーズだけ引越しの時に車の中で"Hakuna Matata"(ハクナ・マタタ)の曲が流れるシーンがある。 音楽を担当したは、作曲をする際にを使用している。 Mac内で録音されたパーツを融合させて作っていた。 終盤のシンバとスカーの対決シーンは、始めは「スカーがシンバをプライド・ロックの下へと投げ飛ばし、シンバは運よく下に在った木に捕まり、スカーはシンバが死んだと思い込んで高笑いし、その間に火がプライド・ロックの上へと燃え移りスカーが焼け死ぬ」というシナリオだった。 しかし、スタッフは「キャラクターが生きたまま焼かれるのはディズニー映画にしては怖すぎる」と反対意見が一致し、シーンの内容が変更された。 吹替版では、ムファサが死んだ事に関しスカーがシンバを「悪党め! 」と糾弾し、それがスカーの策略だったことがわかった際にシンバは「卑怯者! 」と糾弾し、逃げるスカーを追い詰めた際もシンバは「卑怯者め! 」と言っているが、いずれのシーンも原語版では「Murderer! 」と言っており本来は「人殺し、殺人者」という意味で、ディズニー映画としては過激な言葉である。 版ミュージカルでは原語版同様「人殺し」と言っている。 字幕スーパーではキャラクターに人間がいないこともあり、「父殺し」「卑怯者」「汚い奴」と訳されている。 盗作騒動 本作発表の前後、による1960年代のテレビアニメ『』とプロットやキャラクター、またいくつかのシーンが酷似しているという指摘がアメリカのファンやマスコミから提示された。 日本からはディズニー側の態度に疑念を抱いた漫画家のが、配給を行うブエナ・ビスタ・インターナショナルへ国際宅配便で質問状を送り、漫画家82人を含む計488人が質問の趣旨に賛同して署名を添えた。 これに対しディズニーは当初、製作者は『ジャングル大帝』を知らず、『ジャングル大帝』に似ているのは偶然の一致に過ぎないと反論した。 しかし、が主要スタッフにインタビューを行ったところ、8名中3名が『ジャングル大帝』を知っていると答えた。 また、で銀獅子賞を受賞している『ジャングル大帝』を、アニメ映画に携わる者が知らない方が不自然とも指摘された。 ディズニーは反論として、ライオン・キングは『』やの『』から着想を得たと説明した。 また、アフリカを舞台にすれば登場する動物の種類は限られることや、逆に相違点なども多く提示された。 この騒動は、が「もし手塚本人が生きていたら、『自分の作品がディズニーに影響を与えたというのなら光栄だ』と語っただろう」という声明を出したことにより沈静化した。 1994年7月13日の『』は、企画時の『ライオン・キング』のタイトルが「King of the Jungle」だったと報道した。 ライオンの生息地はサバンナであり、ジャングルに生きるライオンという設定は特殊なもので、『ジャングル大帝』では冒頭部で「たったひとつの例外」 と書かれている。 しかし、これによって騒動が再燃することはなく、当事者同士が主張を戦わせなかったために騒動は収束した。 なお、手塚治虫のディズニー作品『バンビ』への影響については、この映画が日本で公開されたのは1950年、漫画『ジャングル大帝』の連載はこの1年前であり、弁護士のは両作品間の影響については懐疑的である。 しかし、『ジャングル大帝』は連載期間が3年であり、当初構想していたものと内容が変化したのは、連載中に見た『バンビ』に非常に感銘したからだと、手塚自身が影響を認める回想を書き残している。 なお、による手塚治虫パロディ漫画集『』単行本の帯において、は(表紙絵の吹き出し「お願いです訴えないでください!! 」に応える形で)「訴えます!! (怒」「ライオンキングは許せても田中圭一は許せません!! 」という文を寄稿している。 田中と手塚るみ子は旧知の仲であり、これは『ライオン・キング』が『ジャングル大帝』に似ていることを前提としたジョークである。 『神罰』の増補版である『神罰1. 1』には、手塚プロ公認のパロディ作品として「ジャングル小帝」が新たに収録されている。 ディズニーによる盗作問題は『』 、『』でも発生している。 詳細は「」を参照 ディズニーが舞台として制作、11月13日、ニューヨークので初演された。 演出を担当した芸術家のは、アフリカン・アートとやといったアジアの伝統芸能を融合し、やマスクを駆使した舞台美術を生み出した。 のでは、最優秀演出賞、最優秀衣裳デザイン賞を受賞。 ニューアムステルダム劇場での公演は2006年6月4日まで続き、同月13日からはに舞台を変えて引き続き中。 2012年4月8日にライオンキングの興行収入は8億5,384万6,062ドルとなり、それまでトップであった『』の8億5,312万2,847ドルを抜き、史上最高記録となった。 また2014年9月22日には興行収入6700億円を超え、史上最も成功を収めた娯楽作品となった。 なおこれは、ミュージカルのチケットのみの売上で、映画やグッズ販売の売上を含まない。 10ヶ国、8カ国語の公演での観客動員数は計7千万人を突破した。 日本でもがからの劇団四季専用劇場「」などで上演を続けており、連続19年目という前人未到のを樹立している。 に、第10回のミュージカル大賞を受賞した。 また2013年3月24日に『ライオンキング』の公演回数は8450回となり、それまで日本国内公演最高記録であった『』の記録を塗り替え 、2015年7月15日には公演回数10000回を突破した。 他にも上演地は、ドイツやオランダ、韓国など8カ国12都市(閉幕した公演地も含む)に広がっている。 ミュージカルにおける逸話 ミュージカル版『ライオンキング』は大掛かりな舞台装置を使うことでも有名で、その最たるものに高さ4メートルを誇る「プライドロック」がある。 王国を象徴する巨大な岩であり、王位や王の権力を示す目的でも使われ、映画でもミュージカルでも観る者の目に非常に強い印象を残す。 奈落から迫り出して使うため、当然、奈落収納時は深さ4メートルの奈落が必要になるが、ニューヨーク初演で使用されたニューアムステルダム劇場の奈落には、プライドロックを収納するに足るだけの十分な深さがなかった。 そのため、プライドロックを3段に畳んで収納することにした。 しかし、たたみ目が段になっているのが外見で分かってしまうため、美術面の点で制作スタッフには不満が残った。 世界で2番目の公演地となった東京、での公演では、奈落にプライドロックを収納できる十分な高さを確保できたため、本来考えられていた姿形そのままのプライドロックが製作された。 それを見たディズニーの制作スタッフは「これが我々の求めたプライドロックだ」と喜んだという。 こういった舞台装置を使うために、『ライオンキング』を公演する際には劇場の舞台の床の構造や骨組みを一度取り払わねばならない。 しかし、このような贅沢な工事が行える劇場は限られており、また費用の面でもツアー公演を行うには大きな課題があった。 ツアー公演の需要が高いアメリカでこれを実現させるため、劇場がビルの中にある福岡公演()では、盆やせりを使わず、プライドロックを小さくして舞台袖から出し入れするなど、大掛かりな工事を伴わない「リニューアル版(ツアー版)」での上演が試みられた。 このツアー版公演の成功によって、アメリカでは2002年に「ガゼルツアー」、翌2003年には「チーターツアー」という二つのツアーカンパニーが結成され、全米ツアー公演が実現した。 基本的に、劇場が本来の演出で上演を行えない構造の場合にのみツアー版で上演されるようで、福岡公演閉幕後の名古屋公演(、本来の舞台装置を設置できるだけの舞台機構を有していた)では、オリジナル版での上演が行われた。 アメリカでのオリジナルでニューヨークの訛りで話される台詞の部分(主にティモンとプンバァ)は、日本版では各上演地の方言(、、、、)にそれぞれ「翻訳」された。 とある番組内で、ミュージカル版『ライオン・キング』でスカーを演じていた劇団四季(当時)の俳優が「スカーの左目の傷は幼い頃ムファサにつけられたもの」と語ったことがある。 この設定がディズニーによる公式なものなのかは定かではないが、俳優という立場の人間による公の場での発言という点を考慮すれば、信憑性は高いといえる。 しかし、アニメ映画でも同様の設定なのかどうかは不明である。 歴史の長いミュージカルであるため、ヤングシンバ役を務めていた子役が成長を経て、ムファサや成長した後のシンバの役を演じることが少なくない。 グラミー賞 最優秀キャストアルバム賞• 1998年 グラミー賞 最優秀ミュージカル賞• 1998年 NY演劇批評家賞 最優秀ミュージカル賞 歴史 劇団四季• 5月15日 「ライオンキング」日本版製作発表• 12月20日 東京公演開幕( こけら落し公演、無期限ロングラン上演、東京初演)• 4月18日 大阪公演開幕( こけら落し公演、大阪初演)• 4月14日 総入場者数100万人突破• 9月20日 ()が『』の企画で東京公演に出演• 1月14日 大阪公演千秋楽(公演期間21カ月、公演回数673回、入場者数約67万人)• 4月1日 東京公演入場者数100万人突破(日本最短記録)• 4月17日 福岡公演開幕(、福岡初演)• 8月18日 東京公演通算公演回数1000回達成(日本最短記録)• 3月23日 福岡公演千秋楽(公演期間24カ月、公演回数700回、入場者数約70万人)• 5月10日 通算公演回数3000回達成(日本最短記録)• 6月8日 名古屋公演開幕(、名古屋初演)• 8月21日 東京公演入場者数200万人突破(日本最短記録)• 10月23日 通算公演回数4000回達成(日本最短記録)• 1月9日 名古屋公演千秋楽(公演期間31カ月、公演回数930回、入場者数約85万人)• 6月7日 ・公演製作発表• 7月30日 通算公演回数5000回達成(日本最短記録)• 10月28日 ソウル公演開幕(シャルロッテ劇場、韓国・ソウル初演)• 7月20日 東京公演通算公演回数3000回達成• 1月6日 福岡公演(第2期)開幕(、福岡凱旋)• 10月30日 国内通算公演回数6000回達成(日本最短記録)• 12月20日 東京公演10周年達成• 8月30日 福岡公演(第2期)千秋楽(公演期間約20カ月)• 9月26日 国内通算公演回数7000回達成(日本最短記録)• 3月27日 札幌公演開幕(、札幌初演)• 6月26日 国内通算公演回数8000回達成(日本最短記録)• 9月8日 札幌公演千秋楽(公演期間約18カ月)• 10月28日 大阪公演(第2期)開幕(、大阪凱旋)• 3月24日 国内通算公演回数8450回達成(『』を抜き日本最多)• 1月10日 国内通算公演回数9000回達成• 4月24日 日本公演総入場者数1000万人突破(大阪公演昼の部にて、日本最多記録)• 7月15日 国内通算公演回数10000回達成• 5月15日 大阪公演(第2期)千秋楽(公演期間約43カ月)• 6月5日 東京公演通算6000回を達成• 3月5日 札幌公演(第2期)開幕(北海道四季劇場、札幌凱旋)• 5月28日 四季劇場[春]の所在する竹芝エリア再開発に伴う同劇場の一時閉館により、東京公演が一旦千秋楽• 7月16日 場所を移し東京公演(第2期)開幕()• 5月27日 札幌公演(第2期)千秋楽(公演期間約15か月)• 3月24日 福岡公演(第3期)開幕()• 1月13日 福岡公演(第3期)千秋楽予定• 3月26日 名古屋公演(第2期)開幕予定(、名古屋凱旋)• 1月3日 四季劇場[夏]の所在する大井町エリア再開発に伴う同劇場の閉館(夏頃予定)により、東京公演(第2期)が千秋楽予定• 4月 再度場所を移し東京公演(第3期)開幕予定(、こけら落し公演) 日本公演でのオリジナルキャスト• ラフィキ -• ムファサ -• ザズ -• スカー -• ヤング・シンバ -• シェンジ -• バンザイ -• エド -• ティモン -• プンバァ -• シンバ -• ナラ - その他• ストーリーについて製作者達は、の『』、のとの物語、のディズニーアニメ『』から影響を受けた(もしくは、題材とした)と語っているが、の『』にキャラクター設定が酷似していると批判を受けた。 を参照のこと。 どちらもディズニーらしく、悲劇に終わらないようストーリーを変更している。 アニメでプンバァの吹き替えを担当した小林アトムは、劇団四季のミュージカルでもプンバァの日本オリジナルキャストとして出演した。 脚注 [] 注釈 出典• 2010年5月1日閲覧。 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)534頁• 2012年5月15日閲覧。 Impress Watch Corporation. 2009年5月5日閲覧。 SoundtrackNet:• ライオン・キング3において、二匹でハイエナ達をシンバから引き離して、母親と叔父がトンネルを何本も掘った落とし穴へ誘い込んだのが一例。 小説版ではプライド・ランドが折からの旱魃に見舞われたことも重なっている。 「『ライオン・キング』の独自性 漫画家ら疑問呈す 映画配給会社にメッセージ送付」『朝日新聞』1994年8月20日付夕刊• 「里中満智子さんら488人、ディズニー側へ抗議文」『読売新聞』1994年8月21日付• 『ジャングル大帝』、1977年• 手塚治虫「手塚漫画の主人公たち 第4話 ジャングル大帝」『赤旗』1974年1月12日付• 手塚治虫『手塚治虫 ぼくのマンガ道』新日本出版社、2008年、pp. 18-19。 『赤旗』連載の「手塚漫画の主人公たち」を収録• 渡辺泰「アニメーションに魅せられたマンガの神様」『誕生! 手塚治虫 マンガの神様を育てたバックグラウンド』霜月たかなか編朝日ソノラマ、1998年、pp. 119-122• 『観たり撮ったり映したり 増補・改訂愛蔵版』( )• シネマトゥディ2012年4月10日• AFP BB NEWS ミュージカル「ライオンキング」、史上最高の興行収入]2014年9月23日• com2014年6月16日• 朝日新聞デジタル 2013年3月24日• - 劇団四季最新ニュース・2015年4月27日• 2015年7月15日アクセス• スポニチアネックス 2015年10月28日. 2015年10月29日閲覧。 スポニチアネックス. 2016年5月16日. 2016年5月16日閲覧。 ステージナタリー. 2016年6月6日. 2016年6月6日閲覧。 - 劇団四季最新ニュース、2016年7月29日• - 劇団四季最新ニュース、2016年7月5日• 映画ナタリー 2016年3月7日. 2016年3月7日閲覧。 映画ナタリー. 2016年9月30日. 2016年9月30日閲覧。

次の

【ネタバレあり】実写版ライオンキングはシェンジとナラに注目【女性の活躍】│セカイキ

ライオン キング ナラ

気になる実写版ライオンキングのあらすじですが、動物たちはCGで非常にリアルに表現されている、ということぐらいで詳細はまだベールに包まれたままです。 ですが、アニメ版のライオンキングをもとにしているので、内容もとても近いものではないでしょうか。 そこで、どんな内容だっけ?という方のために、アニメ版のライオンキングについて簡単に説明します。 アニメ版「ライオンキング」(The Lion King)は、1994年に公開されたディズニーの長編アニメです。 アニメ版「ライオンキング」のあらすじ 動物たちが住む「プライド・ランド」はライオン王ムファサが治めています。 その王の息子である「シンバ」が「ライオンキング」の主人公。 やがてシンバも王となりプライド・ランドを治めるべく、ムファサから様々なことを学んでいきます。 シンバはスカーからプライド・ランドを追放され、絶望していましたが、放浪先で出会ったミーアキャットのティモンとイボイノシシのプンバァに救われます。 初めは逃げ腰だったシンバも、ティモンとプンバァや、ナラの励ましにより、プライド・ランドへ戻りスカーと決着をつける決意をします。 そして見事スカーに勝利したシンバは立派な王となり、ナラと結婚してプライド・ランドを治めていきます。 「ライオンキング」はシンバの心の成長を描いた、友情や愛情を大切にするとても心温まるストーリーです。 ライオンキングの実写:主な登場キャラクターの紹介 「ライオンキング」では以下の主な登場キャラクターがいます。 ランド・カルリジアンは、スターウォーズシリーズに出てくるキャラクターでハン・ソロのかつての悪友でミレニアム・ファルコン号の先代船長です。 ラッパーやコメディアン、脚本家、映画・ドラマプロデューサー、とマルチな才能があります。 そのほかの代表作では、マーベル映画の「スパイダーマン:ホームカミング」でアーロン・デイヴィスを演じています。 ラッパーとしては、「チャイルディッシュ・ガンビーノ Childish Gambino 」という名で活動、2018年にはBillboard Hot 100 で初登場1位を記録しています。 実写版ライオンキングでは、どんな風にシンバの成長を演じるのか、とても楽しみです! ライオンキングの実写:ヒロイン、ナラ役はビヨンセ 本作のヒロイン、ナラの声を演じるのは、なんとビヨンセ! ビヨンセ・ジゼル・ノウルズ、通称ビヨンセは1981年、アメリカ合衆国生まれのシンガーソングライターです。 芸人の渡辺直美さんがモノマネをする方でも有名ですね! ビヨンセは、ダンサーや音楽プロデューサー、女優としても有名で、「デスチャ」で親しまれているR&B音楽グループ、デスティニーズ・チャイルドのメンバーです。 2004年には5つのグラミー賞を受賞、2010年のグラミー賞では歴代3位タイとなる6部門で受賞しました。 デスティニーズ・チャイルド時代の分も含めると全世界でのCD売上枚数は1億6,000万枚を超えています。 女優としては、2001年のミュージカル映画「カルメン:ヒップ・ホペラ」、2002年の映画「オースティン・パワーズゴールドメンバー」、2006年の映画「ピンクパンサー」などに出演しています。 実写版ライオンキングでも、ナラの歌う場面はきっと出てくるはず! 歌姫と名高いビヨンセ、その美しい声で演じるナラに注目です! ライオンキングの実写:その他のキャラのキャストは? 映画『ライオンキング』のヴィランズ、スカーのTシャツ 実写版ライオンキングに登場する、そのほかの主要キャラクターは誰が演じるのでしょうか? その他のキャストをご紹介していきます。 ティモンの声は、ビリー・エイチュナーが演じ、ティモンの相棒であるプンバァはセス・ローゲンが演じます。 ビリー・エイチュナーは「Billy on the Street」の司会として有名です。 セス・ローゲンは映画「カンフー・パンダ」のマンティス役など声優としても有名なコメディアンです。 ジョン・カニの最近の出演作品としては、2018年「ブラックパンサー」、2016年「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」などがあります。 2016年マーベル映画「ドクター・ストレンジ」ではモルド役を演じています。 メスのシェンジはフローレンス・カサンバが演じます。 オスのアジジ(バンザイ)はエリック・アンドレが演じます。 オスのカマリ(エド)はキーガン=マイケル・キーが演じます。 ライオンキングの実写:注目ポイント ディズニー映画 実写版ライオンキングは、最新のCG技術で作成されるため、動物も自然もとてもリアルに描かれます! 公開された海外版ライオンキングの予告編ムービーを見ると、そのリアルさに圧倒されます。 ムービーはYou Tubeで公開されていますが、公開後24時間で全世界の視聴回数が2億2,460万回、というものすごい回数が再生されました。 それだけ注目度が高いということですね! 見どころはプライド・ランドを含む大自然のCGもそうですが、主役であるライオンのシンバや、その他のキャラクターたちが見事に再現されているところです。 予告編では、冒頭で呪術師であるヒヒのラフィキが、誕生したシンバのあたまに赤い染料をぬり、動物たちにお披露目をするシーンがアニメ版のライオンキングと同じでした。 気になる実写版ライオンキングの予告編ムービーはこちらです! まとめ.

次の

ライオンキング・ナラの父親は誰?原作に登場するのかについても

ライオン キング ナラ

ライオンキングのアニメ吹き替え声優キャスト一覧&歌一覧についてまとめてみました。 ディズニーアニメ映画「ライオン・キング」の吹き替え声優日本語版を早く知りたい人のために、少しだけ先に吹き替えキャストを紹介しますね。 まず、ディズニーアニメ映画「ライオン・キング」の主人公・シンバの吹き替え声優日本語版は宮本充さん。 (子供時代のシンバ吹き替え声優は中崎達也さん) ナラの吹き替え声優日本語版は華村りこ(現在:RICO)さん、(子供時代のナラ吹き替え声優は山本純子さん) シンバの父親ムファサ吹き替え声優日本語版は大和田伸也さん、母親のサラビ吹き替え声優日本語版は北浜晴子さん。 ディズニーアニメ映画「ライオン・キング」の悪役となるスカーの吹き替え声優日本語版は壤晴彦さん。 スカーの手下でバンザイの吹き替え声優日本語版は樋浦勉さん、同じくスカーの手下となるシェンジの吹き替え声優日本語版は片岡富枝さん。 シンバを支えるティモンの吹き替え声優日本語版は三ツ矢雄二さん、プンバァの吹き替え声優日本語版は小林アトムさん。 ザズーの吹き替え声優日本語版は梅津秀行さん、ラフィキの吹き替え声優日本語版は槐柳二さんです。 こちらでは、ディズニーアニメ映画「ライオン・キング」の日本語吹き替え声優のプロフィールを紹介しています。 また、ライオンキング(アニメ)歌一覧は、「ライオンキングのアニメ吹き替え声優日本語一覧!最後に歌一覧について一言」でお伝えしています。 スポンサーリンク ライオンキング(アニメ)について!シンバやナラ&スカー吹き替え声優日本語一覧はこの後で! A side-by-side look at some of the original 1994 Lion King scenes compared to the 2019 Lion King trailer. ディズニーアニメ映画「ライオン・キング」は、1994年にアメリカで公開されたディズニーの長編アニメ映画です。 アニメ映画「ライオン・キング」は、大ヒット映画となった「アナと雪の女王」や「トイストーリー3」でも抜くことができなかった、ディズニーアニメ史上世界動員数NO. 1の長編アニメーションなんですよ。 「ライオン・キング」は劇団四季のミュージカルでも有名で、2019年8月にはディズニー実写版「ライオン・キング」が公開される予定です。 ライオンキングの物語は、国王の息子であるシンバがスカーの罠で国から追放されてしまい、偶然出会った仲間たちに助けられ成長し、平和だった国を取り戻すためにスカーと戦う物語です。 アニメ映画「ライオン・キング」では挿入歌も人気でしたので、「ライオンキングのアニメ吹き替え声優日本語一覧!最後に歌一覧について一言」で歌一覧やアメリカ版の歌の動画を紹介します。 ヒロインはシンバの幼馴染で親友のライオンであるナラ。 こちらでは「ライオンキングのアニメ吹き替え声優日本語一覧,主人公編」として、シンバやナラの吹き替え声優日本語版を紹介します。 じつは、シンバやナラには子供時代と大人時代があり、シンバやナラの日本語吹き替え声優は、それぞれ2人います。 しかし、シンバやナラの子供時代の日本語吹き替え声優の情報が殆どありません。 ですので、シンバやナラの子供時代の吹き替え声優の新しい情報が分かりましたら追記しますね。 教室は100名満席で満員御礼!講座はお芝居のワークショップ、宮本さんの生演技と盛り沢山の内容でした。 貴重な機会を頂き、本当にありがとうございました! — NHKカルチャー (NHK文化センター) nhkcul シンバの吹き替え声優日本語版は、宮本充(みやもと・みつる)さんでした。 シンバのアメリカ版吹き替えキャストはマシュー・ブロデリックさん。 歌の吹き替えキャストはジョセフ・ウィリアムさん、鳴き声の吹き替えキャストはフランク・ウェルカーさん。 宮本充さんは1958年9月8日生まれ、大阪府堺市出身(生まれは東京都)。 俳優、声優、ナレーターとして活躍中です。 宮本充さんは大学時代に文学座の芝居を観て役者を目指し、本格的な演技を学んだあとに舞台やテレビドラマなどで活動するようになります。 声優のデビュー作品となったのは、1985年にアメリカで公開された映画「マイ・サイエンス・プロジェクト」のバンダイ版の吹き替えでした。 以降は非常に多くのアニメキャラクターの声や外画の吹き替えを担当しています。 テレビアニメ声優の一例をあげると、「H2」橘英雄 役、「キャプテン翼(平成版)」ロべルト本郷 役、「血界戦線」スティーブン・A・スターフェイズ 役、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」中川圭一 役、「文豪ストレイドッグス」森鴎外 役など。 さて、宮本充さんの結婚情報ですが、宮本充さんは既婚者で子供が2人いるそうです。 シンバの子供時代の吹き替え声優日本語版は中崎達也 シンバの子供時代の吹き替え声優日本語版を務めたのは、中崎達也(なかざき・たつや)さんです。 シンバの子供時代のアメリカ版吹き替えキャストは、ジョナサン・テイラー・トーマスさん。 歌の吹き替えキャストは、ジェイソン・ウィーバーさん。 中崎達也は1982年4月21日生まれ、東京都出身。 中崎達也さんは、1994年頃より俳優や声優として活動していたのですが、近年の情報が全くありません。 ですので、現在は活動を休止または引退しているのかもしれませんね。 中崎達也さんが過去に声優をした一例をあげると、1996年テレビアニメ「こどものおもちゃ」羽山秋人,ブラッド 役、1996年ディズニー映画「ジャングル・ブック」、1998年アニメ映画「とつぜん!ネコの国 バニパルウィット」トオル 役など。 スポンサーリンク ライオンキング(アニメ)ナラ吹き替え声優日本語版は華村りこ!大人のナラ 久し振りに嬉しいメンバーと飲みました。 海津義孝さん、古澤徹さん、私、吉田鋼太郎さん、舵一世さん、華村りこさん、川口泰典さん、森奈みはるさん。 — 松本保典 ryouta3527 下の左から2番目が華村りこさんです。 ナラの吹き替え声優日本語版は、華村りこ(はなむら・りこ)さんでした。 ナラのアメリカ版吹き替えキャストは、モイラ・ケリーさん。 歌の吹き替え声優は、サリー・ドウォルスキーさん。 現在の華村りこさんの芸名はRICO、宝塚歌劇団の頃は桜里湖。 RICOさんは1963年11月11日生まれ、東京都出身。 俳優、声優として活躍しており、過去には宝塚歌劇団に所属していました。 RICOさんの声優としての出演は、アニメのキャラクターの声よりも、外画の吹き替えを多く担当しています。 吹き替え声優の一例をあげると、アメリカ映画「天使にラブ・ソングを2」マーガレット 役、韓国ドラマ「華麗なる遺産」オ・ヨンナン 役など。 さて、RICOさんの結婚情報ですが、RICOさんは既婚者です。 RICOさんは離婚歴があるそうで、現在の夫とは再婚だそうです。 1度目の結婚では娘が1人生まれているそうですが、娘が1歳になる前に娘を連れて離婚し、離婚した4年後に現在の夫と結婚したそうです。 現在の夫との間には息子が1人生まれているそうで、RICOさんのブログを見ると仲の良さそな家族でしたよ。 息子はRICOさんの歌のライブに出演しているそうです。 ナラの子供時代の吹き替え声優日本語版は山本純子! 子供時代のナラの吹き替え声優日本語版は山本純子さんですが、過去の情報を含め全く情報がありません。 個人的に山本純子さんの年齢は、シンバの子供時代の日本語吹き替え声優をした中崎達也さんと同じ1980年頃と憶測しています。 年齢的には山本純子さんに子供がいても不自然ではありませんので、もしかしたら山本純子さんは子供と一緒に「ライオン・キング」を日本語吹き替え版で見ているかもしれませんね。 ナラの子供時代のアメリカ版吹き替えキャストは、ニキータ・カラムさん。 歌の吹き替えキャストはローラ・ウィリアムズさんです。 スポンサーリンク ライオンキングのアニメ吹き替え声優日本語一覧,シンバ家族編でムファサ(父)&サラビ(母)キャスト紹介! またまた実写化が決定! 人気ディズニーアニメ『ライオン・キング』の実写版の制作が正式に発表! — フロントロウ編集部 frontrowjp 主人公・シンバの父親は国王ムファサです。 シンバの母親となるのはムファサの妻であるサラビ。 こちらでは「ライオンキングの吹き替え声優日本語一覧,シンバ家族編」として、シンバの父親であるムファサ、シンバの母親であるサラビの吹き替え声優日本語版を紹介します。 シンバの父親となるムファサの吹き替え声優日本語版は大和田伸也さんです。 大和田伸也さんはディズニー実写版「ライオン・キング」でも、ムファサの日本語吹き替え声優を務めます。 また、シンバの母親の日本語吹き替え声優は、人気海外ドラマ「奥様は魔女」サマンサ役で人気の北浜晴子さんです。 映画 ムファサです。 愛を込めてやらせていただきました。 ぜひご期待ください 本日 新たな日本語版予告も解禁 — 大和田 伸也 oowadashinya ムファサの吹き替え声優日本語版は、大和田信也(おおわだ・しんや)さんでした。 ムファサのアメリカ版吹き替えキャストは、ジェームズ・アール・ジョーンズさん、鳴き声の吹き替えはフランク・ウェルカーさん。 大和田伸也さんは1947年10月25日生まれ、福井県敦賀市出身。 俳優、声優、ナレーターなどで活躍中です。 弟は大和田獏さん、嫁は五大路子さん、長男は大和田悠太さん、次男は大和田健介さん。 大和田伸也さんは1965年から鈴木忠志さんが立ち上げた自由舞台で演劇活動を開始。 1968年からは劇団四季に入団し俳優として活動するようになりましたが、劇団四季は1971年に退団しています。 俳優として大活躍中の大和田伸也さんですが、じつは大和田伸也さんが日本人初となる中国の映画に出演した俳優なんですよ。 俳優として出演した一例をあげると、テレビドラマ「水戸黄門」渥美格之進 役、NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」村上周一 役、「運命の人」愛川輝一 役など。 声優としての出演は2003年頃からのようですが、俳優が中心のようで声優としての出演は控えめです。 声優の一例をあげると、2014年「BUDDAHA 手塚治虫のブッタ-終わりなき旅-」ビンビサ-ラ王 役、2014年アニメ映画「クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」鉄拳寺堂勝 役など。 さて、大和田伸也さんの結婚情報ですが、大和田伸也さんは既婚者で、結婚相手は女優の五大路子(1952年9月22日生)さんです。 五大路子さんとの馴れ初めは、1979年に五大路子さんがドラマ「水戸黄門」にゲスト出演して大和田伸也さんと共演したことだったのだとか。 2人は1980年に結婚し、1981年9月に俳優・大和田悠太さんが生まれ、1990年11月に俳優・大和田健介さんが生まれています。 五大路子さんの弟は横浜にあるフードテーマパーク「新横浜ラーメン博物館」の創業者だそうですよ。 新横浜ラーメン博物館は神奈川県横浜市港北区にあるのですが、五大路子さんは横浜市港北出身ですので、弟である岩岡洋志さんの地元でもあるようです。 サラビのアメリカ版吹き替えキャストは、マッジ・シンクレアさん。 北浜晴子さんは1938年7月1日生まれ、東京府(現在:東京都)出身。 声優、ナレーターとして活躍中です。 北浜晴子さんは1958年にTBS放送劇団に所属したあとに青二プロダクションに所属し、多くのアニメキャラクターの声や外画の吹き替えを担当します。 テレビアニメ声優の一例をあげると、「おそ松くん」松野一松,松野トド松 役、「昆虫物語 みなしごハッチ」女王様 役など。 また吹き替えでは、テレビドラマ「奥様は魔女」サマンサ役などを担当しています。 近年は声優の出演情報がありませんので、活動を休止または引退している可能性が高いと思います。 スポンサーリンク ライオンキングのアニメ吹き替え声優日本語一覧,仲間編でプンバァ&ティモン&ラフィキ&ザズーのキャスト紹介! ディズニーアニメ映画「ライオン・キング」では主人公のシンバが国から追放されてしまいます。 シンバが国を追放されたあとに支えになってくれたのは、プンバァやティモンなどでした。 こちらでは「ライオンキングの吹き替え声優日本語一覧,仲間編」として、追放されて出会ったプンバァ、ティモン、国で世話をしてくれていたラフィキやザズーの吹き替え声優日本語版を紹介します。 ギターは小林アトム。 プンバァのアメリカ版吹き替えキャストは、アーニー・サベラさん。 小林アトムさんは1954年10月20日生まれ、兵庫県出身。 俳優として活躍されていましたが、2011年2月に肝臓がんで亡くなられています(56歳)。 小林アトムさんは1976年に上京し、俳優として活動を開始しました。 じつは、小林アトムさんは劇団四季に所属していた時期があるのですが、劇団四季の舞台「ライオンキング」でプンバァ役を演じていたんですよ。 小林アトムさんは舞台俳優が中心だったようで、声優としての出演は非常に少ないです。 小林アトムさんが声優として出演した一例をあげると、1993年ミュージカルアニメ映画「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」ウギー・ブキー 役、2010年ディズニーアニメ映画「プリンセスと魔法のキス」ルイス 役など。 スポンサーリンク ライオンキング(アニメ)ティモン吹き替え声優日本語版は三ツ矢雄二! ミーアキャット 「おや。 こいつはクリーミーな味わい。 ティモンのアメリカ版吹き替えキャストは、ネイサン・レインさん。 三ツ矢雄二さんは1954年10月18日生まれ、愛知県豊橋市出身。 声優、ナレーター、音楽監督、ミュージシャン、タレントなど多岐にわたり活躍中です。 三ツ矢雄二さんがテレビ業界に興味を持つようになったのは、10歳のときに中部日本放送の素人ちびっ子のど自慢番組に出場したことでした。 三ツ矢雄二さんは番組の審査員に「オペラに向いている」とアドバイスされ、中学校に進学すると巣山プロダクションに所属し本格的な演技を学びます。 三ツ矢雄二さんが子役としてデビューしたのは、1967年に放送されたNHKドラマ「名探偵カッチン」のエキストラ。 声優として初出演したのはNHKで放送されていた人形劇「ブルルくん」。 「ブルルくん」では声優や俳優などで活躍されていた永井一郎さんと共演していおり、永井一郎さんにテレビアニメ「超電磁ロボ コン・バトラーV」のオーデションを勧められたことがきっかけで本格的に声優として活動するようになります。 以降は非常に多くのアニメキャラクターの声や外画の吹き替えを担当しています。 テレビアニメ声優として出演した一例をあげると、「タッチ」上杉達也 役、「陽あたり良好!」高杉勇作 役、「キテレツ大百科」尖浩二 役、「それいけ!アンパンマン」カッドンマン 役、「スティッチ」プリークリー 役など。 近年のテレビアニメ声優の一例では、2018年「伊藤潤二『コレクション』」双一 役、2019年「聖闘士星矢 セインティア翔」乙女座のシャカ 役など。 また、近年のアニメ映画では2019年「トイ・ストーリー4」レックス役などで出演しています。 吹き替えではマイケル・J・フォックスさんの役を担当することが多いようです。 さて、三ツ矢雄二さんの結婚情報ですが、三ツ矢雄二さんは独身です。 恋愛対象については2017年1月にカミングアウトしており、カミングアウトした理由は会社勤務だった兄が退職したことで社内で居づらくなる心配がなくなったからのようです。 スポンサーリンク ライオンキング(アニメ)ラフィキ吹き替え声優日本語版は槐柳二!ヒヒ・魔術師 [映画ニュース] 「ライオン・キング」続編がテレビアニメ化 — 映画. com eigacom 右:ラフィキ 【ニュース】レレレのおじさん役などで愛された声優・槐柳二さん死去。 同日に出演作『天空の城ラピュタ』が放送 — アニメイトタイムズ公式 animatetimes ラフィキの吹き替え声優日本語版は、槐柳二(さいかち・りゅうじ)さんでした。 ラフィキのアメリカ版吹き替えキャスは、ロバート・ギロームさん。 槐柳二さんは1928年3月27日生まれ、東京府(現在:東京都)出身。 俳優、声優として活躍していましたが、うっ血性心不全で2017年9月に亡くなられています(89歳)。 槐柳二さんが最終的に所属していた劇団テアトル・エコーでは、テアトルエコー付属養成所で所長だった時期があり、ラサール石井さん、渡辺正行さん、野沢直子さん、上島竜平さん、寺門ジモンさんなどに演技を教え、素晴らしい役者に育てていたそうです。 槐柳二さんが声優として出演する役は、しわがれ声の老人役が多かったよう。 しわがれ声になった理由について、槐柳二さんは戦時中に体を悪くしたことや軍事訓練が影響していると考えていたそうです。 槐柳二さんのテレビアニメ声優の一例をあげると、1971年「天才バカボン」レレレのおじさん 役、1979年「赤毛のアン」マシュウ・カスバート 役など。 つぎのページでは、ザズーの吹き替え声優日本語版。 悪役・スカーの吹き替え声優日本語版、スカーの手下となるバンザイやシェンジの吹き替え声優。 そのほか最後に、アニメ映画「ライオン・キング」の歌一覧やアメリカ版の歌の動画を紹介します。

次の