ポリッシャー。 ポリッシャー・ワックス・洗剤・清掃用品通販【ビルメンステーション】

ポリッシャーおすすめ13選 人気1位の電動ポリッシャーのレビューも

ポリッシャー

新車のときはピカピカでも、経年劣化や外的要因で傷やくすみが発生してしまいます。 車が輝きを失うと、所有することの満足感も薄れてしまいますよね。 そんなとき車を輝かせてくれるのが、 研磨やワックスの塗布に使う「車用電動ポリッシャー」です。 円盤状のバフが高速回転してボディを研磨し、微細な傷を滑らかにしてくれる優れもの。 微細な傷を見えなくするので、まるで新車に戻ったかのような深いツヤが復活します。 さらに、 ワックスを均等に塗り広げられるので、塗りムラが少なく全体的に輝くボディになるのもうれしいところ。 また バフが自動で高速回転するので、手作業と比較して各段に短時間で効率よく作業が可能です。 初心者でも、コツさえ掴めばピカピカのボディを実現できますよ。 ダブルアクションタイプは、回転運動と上下運動を組み合わせた動き方をするのが特徴。 ランダムアクションタイプとも呼ばれます。 3タイプの中で研磨力が最も弱いので、 研磨しすぎても塗装面を傷つけにくいところが魅力。 初心者でも扱いやすいですよ。 また、研磨力の弱さと繊細な動きにより、バフ目やオーロラマークと呼ばれる磨き傷ができにくいのもポイント。 適切な力加減や動かし方など、磨きの技術をもたない方でもキレイに仕上げられます。 最終工程のワックスやコーティング塗布にも使える便利さにも注目。 深い傷を磨くのにはコンパウンドには適しませんが、初めて電動ポリッシャーを導入するなら、ダブルアクションタイプからスタートするのがおすすめです。 より完成度の高い仕上がりを目指すためにも、作業工程によってバフの種類を変えることが重要です。 ウールバフは切削能力が高く、傷や固着した汚れを除去する初期工程での使用がおすすめ。 研磨傷が残りやすいので、仕上げのバフとしては適していません。 スポンジバフは、おだやかな研磨力で面を滑らかにできるので最終仕上げで使うのがベター。 「細目」や「中目」など粗さの種類があるので、段階的に使用するとより滑らかに仕上がり深いツヤを演出できます。 比較的浅い傷や軽い汚れであれば最初に使用するのもありですよ。 また、バフは機種ごとに取り付けられるサイズが異なります。 取り付け可能なバフのサイズは、機種のスペックとして表示してありますので、間違いのないようしっかり確認しておきましょう。 「自分で研磨したいけど、失敗が怖い」という方は、こちらの商品を選びましょう。 バフ目やオーロラマークができにくいダブルアクションで、ワックスがけや拭き取り、ツヤ出しにも使えます。 低出力の60Wで、 研磨しすぎる恐れが少ないのがポイントです。 また、 お試し感覚で購入できる価格なのもうれしいところ。 グリップも握りやすく使い勝手がいいので、とりあえず試してみたいという初心者にもぴったりです! タイプ ダブルアクション 形状 縦長 重量 1. 軽量・コンパクト・回転運動+偏心運動のダブルアクションで扱いやすさ抜群。 長時間の作業でも使用しやすいところが魅力です。 出力も300Wとちょうど良く、バランスの取れた使いやすさも魅力のひとつ。 お手頃価格な上に、安心と信頼のRYOBI製なのでお得感が強いのもうれしいですね。 初心者はもちろん、上級者にもおすすめできる商品です。 タイプ ダブルアクション 形状 縦長 重量 1. 4V 充電式ポリッシャー 18Vコードレス 充電式ポリッシャー 電子ポリッシャ 変速電動ポリッシャー G12シリーズ 2-Speedミニポリッシャー 特徴 扱いやすさとちょうどよいパワー。 リーズナブルな価格も魅力 ワックス塗布専用タイプ。 効率よい作業が可能 ダイヤル式で回転速度が無段階に調整できる ソフトスタート&定回転制御で使いやすい コードレスだから場所を選ばず。 充電式ポリッシャー スイッチひとつで簡単始動のダブルアクションタイプ 1010Wのハイパワータイプだから強力に磨ける 付属品が充実の家庭用ポリッシャー サッと使える!軽量・コンパクトなハンディタイプ 最安値 タイプ ダブルアクション ダブルアクション ダブルアクション シングルアクション シングルアクション シングルアクション ダブルアクション シングルアクション シングルアクション - 形状 縦長 縦長 縦長 縦長 縦長 縦型 縦長 縦長 縦長 グリップ型 重量 1. 5kg 1. 6kg 2. 1kg 2. 3kg 2. 0kg 約1. 7kg(バッテリー含む) 約1. 65kg(バッテリー含む) 2. 2kg 約2. 4kg 0. 2mm 商品リンク• より完成度の高いツヤを出すには、バフとコンパウンドをシーンに合わせて変えることが重要。 選び方で解説したように、 切削能力のある「ウールバフ」はキズ取りや水垢などの汚れ除去、研磨力が緩やかな「スポンジバフ」は仕上げのシーンで利用しましょう。 コンパウンドは、微粒子~中目があり、傷の状況や目的に応じて使い分けが必要です。 深い傷や固着した汚れは「細目」、微細な傷を滑らかにするのであれば「極細目」、仕上げ用なら「微粒子」などと使い分けましょう。 浅い傷に細目や中目を使うと、ボディが傷だらけになるので注意してくださいね。 コンパウンドは傷がある部分だけでなく、その周辺も一緒に磨くときれいな仕上がりになりますよ。 磨き方は縦横を交互に磨くのがおすすめです。 円を描くようにかけると、ムラや研磨傷ができやすいので気を付けましょう。

次の

ポリッシャー使い方のコツは?バフ選びにも役立つタイプ別の特徴の違いも解説

ポリッシャー

洗車・ポリッシング作業を行う時は、ボタンやファスナーなど硬いものが露出している服は着用せず、作業用のつなぎやスウェットなどを着用します。 硬いものがついているとボディに当たった時にキズがつく原因になります。 ポリッシング作業をする車を洗車し、塗膜に付いている砂・ホコリなどを洗い流します。 その後、洗車では落ちなかった鉄粉などの異物を「ねんどクリーナー」を用いて除去します。 ポリッシャー使用時に磨き傷をつけないためにも、粘土でしっかり鉄粉を除去してください。 水分が残っていると車磨き作業時に作業しづらくなります。 車磨きに使用するポリッシャー、バフ、コンパウンド、電源ケーブルを用意します。 <ポリッシャー> プレミアムグロスではギアアクションポリッシャーをお勧めしています。 ギアアクションポリッシャーの特長は、十分な研削力(シングルアクションポリッシャーのメリット)と、仕上げ磨き性能(ダブルアクションポリッシャーのメリット)の両方を兼ね備えており、初めての方でも扱いやすいポリッシャーです。 塗装面の状態に合わせて使い分けることが可能です。 洗車キズを除去する粗めの磨きには『小キズ取り』、光沢感をだすための磨きは『鏡面仕上げ』、『超鏡面仕上げ』が適しています。 【コンパウンドの研削力】 > > <バフ> プレミアムグロスでは、3段階のポリッシングを推奨しております。 未塗装の樹脂パーツ・メッキパーツ・ゴムパーツ・ガラス面など、ポリッシャーで磨くと問題のある部分でバフが触れる可能性がある部分は、あらかじめマスキングテープにて保護します。 様々な幅のマスキングテープがありますので、部位、形状にあわせて使い分けてください。 車磨き作業では塗膜を均一にムラなく磨くことが基本で、バフにかかる圧力を一定にコントロールする必要があります。 ポリッシャーの自重が基本的な圧力の大きさであり、必要以上に押さえつけるような力は加えません。 ドア・フェンダーなどの垂直面を磨く際もボンネットなどの水平面と同程度の圧力をかけることが重要です。 バフに局部的な圧力がかからないように、パネルの形状に合わせバフ面を広く均一に当てるようにすることででより均一な圧力をかけられます。 必要以上にバフ面を立てる(傾ける)と「磨きムラ」「バフ目」「磨きキズ」の発生や、局部的な発熱による「焼きつき」などのトラブルの原因になります。 丸みを帯びたパネルの場合、可能な限りバフの接触面積を最大に確保できる角度を意識し、一定の圧力で押さえられるようポリッシャーをコントロールします。 バフは磨きムラが起こらないよう縦・横の順に動かしますが、一定の圧力を維持するためにゆったりとしたスピードで動かします。 バフを動かしながら磨けている幅を確認し、折り返すときにはバフの半分が重なるように動かしてゆきます。 上記手順は一般的なものですが、まず最初にキズが一番ついているところから磨くのもひとつの方法です。 ドアノブ周りなどポリッシャーをかけにくい場所はバフを手に持ち直接手で磨いていきます。 ルーフなど高い場所は脚立を使用すれば作業が行ないやすくなります。 バフは素材により適する用途が異なるため、バフに合わせコンパウンドの種類と量をコントロールし作業する必要があります。 ウールバフは小キズ取りやウォータースポットの除去など粗めの磨きに適しています。 コンパウンドは『小キズ取り』を用い、コンパウンドの量も少し多めに使用します。 ウレタンバフは艶出しや光沢感をだす仕上げ磨きに適しており、コンパウンドは『鏡面仕上げ』『超鏡面仕上げ』を使用します。 磨き作業が初めての場合や研磨し過ぎを心配される場合は、一番研磨力の低いコンパウンド『超鏡面仕上げ』から使用をオススメします。 深いキズの磨き方 塗装面に入っているキズにはいろいろな深さがあるため、磨きを行っても取り除けないキズもあります。 その場合は、キズの角を削ることで光の乱反射を緩和し、キズ自体を目立ちにくいように処理します。 ウインドウオッシャーが出る部分のマスキングを行いバフが当たらないように保護しておきます。 ボンネットは平面部を4〜8分割にして足を動かさずに磨ける範囲(40〜50cm四方毎)で磨いてゆきます。 ポリッシャーの中心部(パッド)にバフを装着します。 パッドとバフはマジックテープのオス・メスになっているので簡単に脱着することが出来ます。 コンパウンドのボトルをよく振ります。 バフを上にしてバフの2〜3箇所にパチンコ玉程度の大きさのコンパウンドを垂らします。 まず塗布したコンパウンドを磨く面全体(40〜50cm四方)に均一に伸ばします。 全体に伸ばしたら縦・横の順にポリッシャーを動かしてゆきます。 エンブレム、モールやリアワイパーなどの部分はマスキングを行いバフが当たらないように保護しておきます。 トランクは平面部を2〜3分割にして足を動かさずに磨ける範囲(40〜50cm四方毎)に磨いてゆきます。 プレスライン上は塗膜が薄いので磨かないでください。 ルーフレールやモールなどの樹脂部分はマスキングを行いバフが当たらないように保護しておきます。 ルーフは平面部を4〜8分割にして足を動かさずに磨ける範囲(40〜50cm四方毎)に磨いてゆきます。 脚立を使用すれば作業が行ないやすくなります。 ランプやモールなどの樹脂部分はマスキングを行いバフが当たらないように保護しておきます。 パネルが丸みを帯びている場合は、パネル半径を意識し一定の圧力で押さえられるようバフの角度・圧力をコントロールします。 プレスライン上は塗膜が薄いので磨かないでください。 窓枠のメッキ部分やゴムパーツにはマスキングを行いバフが当たらないように保護しておきます。 幅の狭い部分はポリッシャーからバフを外して手で直接磨きます。 ドアノブ・キーホール・モール部分はマスキングを行いバフが当たらないように保護しておきます。 ボンネットやルーフの水平面と違いポリッシャーの自重がかかりませんので、自重相当の力がかかる程度に押し当てます。 バフが入らないような場所は柔らかいネルクロスにコンパウンドを付けて直接手で磨きます。 ほとんどの車がポリオレフィン系の樹脂バンパーを採用しており、柔軟性があるため優しく磨きます。 ナンバープレートなどの外せるパーツは事前に外しておきます。 凹凸が激しく入り組んでいる部分はポリッシャーからバフを外して手で直接磨きます。 バフが入らないような場所は柔らかいネルクロスにコンパウンドを付けて直接手で磨きます。 以上が磨く手順です。 車の大きさや形状などにより手順や分割数を適当に変更させて作業を行ってください。 ・シミ、ムラの原因となるので炎天下、塗装面の熱い時は使用しないでください。

次の

床用ポリッシャー(ポリシャー)販売/通販【ポリッシャー.JP™】

ポリッシャー

洗車・ポリッシング作業を行う時は、ボタンやファスナーなど硬いものが露出している服は着用せず、作業用のつなぎやスウェットなどを着用します。 硬いものがついているとボディに当たった時にキズがつく原因になります。 ポリッシング作業をする車を洗車し、塗膜に付いている砂・ホコリなどを洗い流します。 その後、洗車では落ちなかった鉄粉などの異物を「ねんどクリーナー」を用いて除去します。 ポリッシャー使用時に磨き傷をつけないためにも、粘土でしっかり鉄粉を除去してください。 水分が残っていると車磨き作業時に作業しづらくなります。 車磨きに使用するポリッシャー、バフ、コンパウンド、電源ケーブルを用意します。 <ポリッシャー> プレミアムグロスではギアアクションポリッシャーをお勧めしています。 ギアアクションポリッシャーの特長は、十分な研削力(シングルアクションポリッシャーのメリット)と、仕上げ磨き性能(ダブルアクションポリッシャーのメリット)の両方を兼ね備えており、初めての方でも扱いやすいポリッシャーです。 塗装面の状態に合わせて使い分けることが可能です。 洗車キズを除去する粗めの磨きには『小キズ取り』、光沢感をだすための磨きは『鏡面仕上げ』、『超鏡面仕上げ』が適しています。 【コンパウンドの研削力】 > > <バフ> プレミアムグロスでは、3段階のポリッシングを推奨しております。 未塗装の樹脂パーツ・メッキパーツ・ゴムパーツ・ガラス面など、ポリッシャーで磨くと問題のある部分でバフが触れる可能性がある部分は、あらかじめマスキングテープにて保護します。 様々な幅のマスキングテープがありますので、部位、形状にあわせて使い分けてください。 車磨き作業では塗膜を均一にムラなく磨くことが基本で、バフにかかる圧力を一定にコントロールする必要があります。 ポリッシャーの自重が基本的な圧力の大きさであり、必要以上に押さえつけるような力は加えません。 ドア・フェンダーなどの垂直面を磨く際もボンネットなどの水平面と同程度の圧力をかけることが重要です。 バフに局部的な圧力がかからないように、パネルの形状に合わせバフ面を広く均一に当てるようにすることででより均一な圧力をかけられます。 必要以上にバフ面を立てる(傾ける)と「磨きムラ」「バフ目」「磨きキズ」の発生や、局部的な発熱による「焼きつき」などのトラブルの原因になります。 丸みを帯びたパネルの場合、可能な限りバフの接触面積を最大に確保できる角度を意識し、一定の圧力で押さえられるようポリッシャーをコントロールします。 バフは磨きムラが起こらないよう縦・横の順に動かしますが、一定の圧力を維持するためにゆったりとしたスピードで動かします。 バフを動かしながら磨けている幅を確認し、折り返すときにはバフの半分が重なるように動かしてゆきます。 上記手順は一般的なものですが、まず最初にキズが一番ついているところから磨くのもひとつの方法です。 ドアノブ周りなどポリッシャーをかけにくい場所はバフを手に持ち直接手で磨いていきます。 ルーフなど高い場所は脚立を使用すれば作業が行ないやすくなります。 バフは素材により適する用途が異なるため、バフに合わせコンパウンドの種類と量をコントロールし作業する必要があります。 ウールバフは小キズ取りやウォータースポットの除去など粗めの磨きに適しています。 コンパウンドは『小キズ取り』を用い、コンパウンドの量も少し多めに使用します。 ウレタンバフは艶出しや光沢感をだす仕上げ磨きに適しており、コンパウンドは『鏡面仕上げ』『超鏡面仕上げ』を使用します。 磨き作業が初めての場合や研磨し過ぎを心配される場合は、一番研磨力の低いコンパウンド『超鏡面仕上げ』から使用をオススメします。 深いキズの磨き方 塗装面に入っているキズにはいろいろな深さがあるため、磨きを行っても取り除けないキズもあります。 その場合は、キズの角を削ることで光の乱反射を緩和し、キズ自体を目立ちにくいように処理します。 ウインドウオッシャーが出る部分のマスキングを行いバフが当たらないように保護しておきます。 ボンネットは平面部を4〜8分割にして足を動かさずに磨ける範囲(40〜50cm四方毎)で磨いてゆきます。 ポリッシャーの中心部(パッド)にバフを装着します。 パッドとバフはマジックテープのオス・メスになっているので簡単に脱着することが出来ます。 コンパウンドのボトルをよく振ります。 バフを上にしてバフの2〜3箇所にパチンコ玉程度の大きさのコンパウンドを垂らします。 まず塗布したコンパウンドを磨く面全体(40〜50cm四方)に均一に伸ばします。 全体に伸ばしたら縦・横の順にポリッシャーを動かしてゆきます。 エンブレム、モールやリアワイパーなどの部分はマスキングを行いバフが当たらないように保護しておきます。 トランクは平面部を2〜3分割にして足を動かさずに磨ける範囲(40〜50cm四方毎)に磨いてゆきます。 プレスライン上は塗膜が薄いので磨かないでください。 ルーフレールやモールなどの樹脂部分はマスキングを行いバフが当たらないように保護しておきます。 ルーフは平面部を4〜8分割にして足を動かさずに磨ける範囲(40〜50cm四方毎)に磨いてゆきます。 脚立を使用すれば作業が行ないやすくなります。 ランプやモールなどの樹脂部分はマスキングを行いバフが当たらないように保護しておきます。 パネルが丸みを帯びている場合は、パネル半径を意識し一定の圧力で押さえられるようバフの角度・圧力をコントロールします。 プレスライン上は塗膜が薄いので磨かないでください。 窓枠のメッキ部分やゴムパーツにはマスキングを行いバフが当たらないように保護しておきます。 幅の狭い部分はポリッシャーからバフを外して手で直接磨きます。 ドアノブ・キーホール・モール部分はマスキングを行いバフが当たらないように保護しておきます。 ボンネットやルーフの水平面と違いポリッシャーの自重がかかりませんので、自重相当の力がかかる程度に押し当てます。 バフが入らないような場所は柔らかいネルクロスにコンパウンドを付けて直接手で磨きます。 ほとんどの車がポリオレフィン系の樹脂バンパーを採用しており、柔軟性があるため優しく磨きます。 ナンバープレートなどの外せるパーツは事前に外しておきます。 凹凸が激しく入り組んでいる部分はポリッシャーからバフを外して手で直接磨きます。 バフが入らないような場所は柔らかいネルクロスにコンパウンドを付けて直接手で磨きます。 以上が磨く手順です。 車の大きさや形状などにより手順や分割数を適当に変更させて作業を行ってください。 ・シミ、ムラの原因となるので炎天下、塗装面の熱い時は使用しないでください。

次の