アマゾンプライム 家族登録。 アマゾン家族会員は設定しないと損!特典をフル活用してお得なアマゾンライフ

Amazonプライム会員の登録方法と確認・変更・解約の手順を紹介|共働き家族MEMO

アマゾンプライム 家族登録

amazonプライムに登録しているor登録を検討しているみなさん。 amazonプライムに登録すると、家族も一緒に特典を利用できることはご存知ですか? amazonプライムでは登録している会員本人の他に、家族会員として二人まで家族を登録することができます。 家族会員はお急ぎ便やお届け日時指定便の使い放題など、いくつかのプライム特典を利用できて便利です。 ちょっとした裏ワザを使えば、プライム・ビデオやPrime Musicなどの特典も利用することができます。 すべての特典を利用できるわけではありませんが、それでも家族会員を登録することには十分メリットがあります。 プライム会員になったら、ぜひ家族も一緒に特典を満喫してください。 今回はamazonプライムの家族会員について詳しくお伝えしていきます。 コンテンツ• amazonプライムの家族会員とは? 便利な配送特典や、動画見放題・音楽聴き放題などの嬉しい特典をさまざま受けられるamazonプライム。 とてもおトクなサービスなので登録している人も多いでしょうが、実はamazonプライムは、登録している本人以外にも家族を登録し、一緒に特典を利用することができるんです。 家族会員は二人まで amazonプライムの家族会員には、同居の家族を二人まで登録することができます。 amazonプライムに登録していて、なおかつamazonを利用する家族がいる場合には、家族会員として登録することをおすすめします。 すべての特典を利用できるわけではない 家族会員は、プライム会員本人と違ってすべての特典を利用できるわけではありません。 家族会員が利用できるのは、amazonでの買い物に関する6つの特典です。 人気の特典である動画見放題のプライム・ビデオなどは、残念ながら家族会員は利用することができません。 とはいっても、家族会員が利用できる6つの特典も、amazonユーザーにとっては十分便利な特典です。 せっかく特典を利用できるのですから、同居の家族がいるならば家族会員に登録しない手はありません。 家族会員の登録方法 家族会員の登録はたったの4ステップ。 簡単なその手順をお伝えします。 次の章では、家族会員が受けられる6つの特典について詳しくお伝えしていきます。 家族会員の6つ特典 家族会員が利用できるのは、amazonで買い物をする人にはとても便利な特典です。 使い勝手のいい特典もありますので、家族会員になっても使える特典がひとつもないということは、amazonユーザーならばないはずです。 それでは、家族会員が利用できる6つの特典をひとつずつ見ていきましょう。 お急ぎ便が使い放題 家族会員はお急ぎ便が無料で使い放題です。 お急ぎ便は、注文確定日から3日以内に商品を届けてくれるサービスです。 一般会員の場合は配送料が360円、当日指定ならば514円かかりますが、これがプライム会員と家族会員は無料です。 商品ができるだけ早く欲しいとき、配送料を気にせずにお急ぎ便を気軽に使えるのは嬉しいと思います。 お届け日時指定便が使い放題 お急ぎ便だけでなく、お届け日時指定便も無料で使い放題です。 お届け日時指定便は、商品が家に届く日時を指定することができるサービスです。 一般会員の場合の配送料はお急ぎ便と同じく360円、当日指定で514円ですが、無料になります。 注文時にお届け日時を指定できれば、荷物を受け取れずに再配達を申請したり、いつ届くのかわからない荷物を家で待つ手間が省けます。 特別取扱商品の取扱手数料が無料 家族会員は、特別取扱商品の取扱手数料が無料です。 特別取扱商品とは、大きかったり重かったりと、配送が大変な商品のことです。 こうした 特別取扱商品には、特別取扱手数料がかかる場合がありますが、家族会員は無料になります。 大きくて重い商品を、手数料なしで家まで届けてくれるのは嬉しいですよね。 プライム会員限定先行タイムセール 家族会員は、プライム会員限定の先行タイムセールに参加できます。 先行タイムセールは、一般会員より30分早く始まります。 その分、 人気商品をより確実に安く購入できるのです。 タイムセールの対象商品は数に限りがありますが、30分早く参加できればかなり有利ですよね。 amazonパントリー 家族会員はamazonパントリーという特典も利用できます。 amazonパントリーは、 こまごまとした食用品や日用品を手数料290円で一つの箱にまとめて配送してくれるサービスです。 お水やカップ麺などケース売りが多い商品でも、1つから購入することができます。 無駄にならない分だけ購入できるので節約にも役立ちます。 amazonフレッシュ 最後にご紹介する家族会員特典は、amazonフレッシュです。 amazonフレッシュは、新鮮な生鮮食品や専門店の料理、日用品など、必要なものをまとめて家に届けてくれます。 ネットスーパーのような感覚で利用できるサービスです。 以上がamazonプライムの家族会員が利用できる特典です。 amazonで買い物をする人なら、きっと便利に思う特典だと思います。 プライム特典のなかでも人気のプライム・ビデオなどは家族会員は利用できませんが、それでも家族会員に登録する価値はあるはずです。 しかし、どうしてもプライム・ビデオを利用したいという方に、とっておきの裏ワザをお伝えします。 家族会員もプライム・ビデオを楽しむ裏ワザ amazonでの買い物に関する6つの特典しか利用できない家族会員ですが、実は ある簡単な裏ワザを使えば、動画見放題のプライム・ビデオや、音楽聴き放題のPrime Music、写真保存し放題のプライム・フォトも利用できるんです。 アプリをダウンロードしよう 裏ワザはとっても簡単。 「プライム・ビデオ」「Prime Music」「プライム・フォト」のアプリを家族会員所有のスマホなどの端末にインストールするだけです。 アプリを開いたらサインイン画面が表示されるので、プライム会員に登録している家族に頼んでサインインしてもらいましょう。 そうすれば、 家族会員の端末でもアプリを通してプライム・ビデオなどのサービスを利用できるようになります。 この裏ワザは、家族会員として登録していなくても使うことができます。 要は、プライム会員のアカウントを借りているのです。 プライム会員本人が、自分のアカウントでサービスを利用していいとさえ言ってくれれば、家族でなくてもプライム・ビデオなどのデジタルコンテンツを利用できることになります。 とはいえ、プライム会員本人は会費を払ってサービスを利用しているわけですから、身近な友人などにプライム会員がいるからといってアカウントを借りようとする人は常識的に少ないかと思います。 それこそ、信頼できて、財布も共有できる家族くらいじゃないでしょうか。 利用履歴は共有されるので注意 どの端末からでもサービスを利用できる、というのがプライム特典のデジタルコンテンツの売りです。 そのため、 同じアカウントでサインインしている場合、端末が違ってもサービスの利用履歴は共有されます。 たとえば、プライム・ビデオで視聴したい動画をウォッチリストに追加すると、他の端末からリストを見てもその動画が追加されています。 また、おすすめに表示される動画なども視聴履歴に基づいたものなので、他の端末で見た動画の傾向がわかってしまう場合があります。 数人でプライム会員のアカウントを共有する場合、自分以外の人に自分が見た動画や聴いた音楽は知られるものと思っておきましょう。 こっそり見たいドラマがあるという場合や、家族に隠れて応援しているアーティストの歌が聴きたいなんて場合には、プライム会員のアカウントを共有してサービスを利用するのはおすすめしません。 まとめ amazonプライムの家族会員について詳しくお伝えしてきました。 amazonプライムでは、会員本人の他に二人まで、同居している家族を家族会員として登録することができます。 家族会員は配送特典の使い放題など、amazonで買い物する際に役立つ特典を利用することができるので便利です。 プライム・ビデオなどのデジタルコンテンツは家族会員は利用できませんが、アプリをインストールし、プライム会員本人にサインインしてもらえば誰でも使えるようになります。 amazonプライムの家族会員に登録して、家族と一緒におトクにamazonを利用しましょう。

次の

アマゾン家族会員は設定しないと損!特典をフル活用してお得なアマゾンライフ

アマゾンプライム 家族登録

お急ぎ便は500円• 当日お急ぎ便は600円 の料金が発生します。 しかし、プライム会員であればどちらも無料で利用することができ、プライム会員の家族の方も家族会員になれば無料で利用できます。 お届け日時指定便が無料 お届け日指定便もお急ぎ便と同様で、一般会員だと500円の料金を支払わなければなりませんが、プライム会員や家族会員であれば無料で利用できます。 特別取扱商品の取扱手数料が無料 特別取扱商品の手数料もプライム会員や家族会員であれば無料になります。 とはいえ、特別取扱商品ってなに?と思っている方も多いと思います。 (私も思いました) 特別取扱商品とは、簡単に言うとサイズが大きかったり重量が重い商品のことで、商品詳細ページに「取扱手数料」の表示があります。 プライム会員限定先行タイムセール Amazonでは毎日時間限定のタイムセールが行われています。 プライム会員であればこのタイムセールに通常会員よりも30分早く参加可能で、家族会員も同様です。 対象商品は「プライム会員先行セール」と書いてある商品で、書いていない商品に関しては対象ではありません。 Amazonパントリー 食品、飲料、日用品などをちょっとずつまとめて買えるのがAmazonパントリーです。 自分はプライム会員ではないけど旦那さんがプライム会員、という主婦の方におすすめの特典だと思います。 Amazonフレッシュ 東京都・神奈川県・千葉県の対象エリア限定で、新鮮な野菜や名店のスイーツなどをまとめて届けてくれるのがAmazonフレッシュです。 ただし、Amazonプライム会員にプラスして月会費500円 税込 かかるうえに、6,000円 税込 未満の注文だと500円 税込 の配送料もかかってしまいます。 Amazonプライム家族会員の登録方法 Amazonプライム家族会員は、Amazonプライムの会員になっている人と同居している2人までが登録することができ、とても簡単に登録することができます。 Amazonを家族で利用しているという方々は、ぜひ家族会員になってみてはいかがでしょうか。

次の

家族会員の登録ができない?Amazonプライムに家族を追加する方法|スーログ

アマゾンプライム 家族登録

家族でも利用可能な方法 家族会員のアカウントではNGですが、家族の方が一緒にプライムビデオを楽しむ方法が無いわけではありません。 プライム会員本人のアカウントを共有する、ということでも良ければ、複数の端末からプライム特典を利用することは可能。 これは規約違反でもなんでもありません。 プライム会員のプライムビデオ再生には以下のような制限があります。 【プライムビデオの再生可能台数】• 端末の登録は10台まで(10台の同時再生は不可)• 同じ動画のストリーミング再生は2台まで• 異なる動画のストリーミング再生は3台まで• ひとつの作品の同時ダウンロードは2台まで• ダウンロード再生は複数同時再生可能• すべての端末にダウンロードできる作品数は基本25本まで。 この制限内であれば、複数の端末での再生が可能なんです。 以下、それぞれの詳細をご紹介します。 プライム会員になると、そのアカウントに10台まで端末を登録することができます。 ただ、同時に全ての端末で動画を視聴できるわけではありません。 Amazon公式サイトのプライムビデオの使用規約より一部抜粋しましたので見てみましょう。 Prime Videoのストリーミング再生で「お客様は、同じタイトルを一度に2台を超える端末でストリーミング再生することはできません。 」 ダウンロードについては、 お客様は、ダウンロード可能なタイトルを、同時に2台の端末に限りダウンロードできます。 お客様がすでに2台の端末にタイトルをダウンロードしている場合、いずれか一方の端末から削除しない限り、そのタイトルを別の端末にダウンロードすることはできません。 地域により異なりますが、お客様のAmazonアカウントに関連するすべての端末に一度にダウンロードできるAmazonおよび第三者のビデオ・サブスクリプションのタイトルの合計数は15本または25本までとします。 実際にPC、スマホ、タブレット、TVなど、複数端末でストリーミング再生してみると、同じ番組は2台まで視聴できて、3台目になるとエラーで再生はできませんでした。 異なる番組を再生する場合なら、3台まで観ることができましたが、4台目はエラーとなりました。 さらにダウンロードしていた作品はこれらの再生数とは関係なく視聴することができました。 このように、ひとつのアカウントでの利用になりますが、一度に複数の同時視聴も可能なので、家族会員かどうかということは関係なく、アカウントが共有できる関係であれば、視聴も可能ということになります。 ただし、どんな動画を見ようと、プライバシーは筒抜け状態となりますし、もし家族が課金の必要な動画を視聴してしまえば、請求されるのはアカウントを持っているご本人です。 念のため。 Amazonのプライムビデオは、ダウンロードも可能なんです。 これはありがたいサービス。 Wi-Fi環境で動画をダウンロードしておけば、オフラインの状態でも好きな時に好きな場所で視聴できますから便利です。 私は新幹線での長距離移動の時にダウンロードした映画を観たりします。 オフラインなので、画像が乱れることもなく、快適に視聴できます。 ただし、このダウンロードしたビデオについては、以下のような縛りがあります。 端末の登録・削除 端末をわざわざ登録する必要はありません。 端末でウェブまたはアプリを使ってアカウントにログイン、制限台数内であれば自動で登録されます。 端末の削除などの場合は、プライム会員のアカウントでAmazonにログイン、アカウントサービス画面の「デジタルコンテンツとデバイス」の「Prime Videoの設定」で行います。 ここから、「アカウントと設定」画面が表示されますので、「デバイス」という文字の部分をクリックします。 すると、現在利用している端末が登録されています。 このキャプチャでは出ていませんが、それぞれの端末の右端に「登録の解除」というボタンが表示されていますので、使っていない端末などを解除します。 一旦解除しても、台数制限内であれば再度の登録が可能(またログインすればOK)です。 プライムミュージック 家族で利用可能となる方法 Primeミュージックも家族会員アカウントでは利用できませんが、これもやはりプライム本会員のアカウントを共有すれば利用可能です。 プライムミュージックの再生での制限は以下の通りです。 【プライムミュージックの再生可能台数】• 端末の登録は10台まで(10台の同時再生は不可)• ストリーミング再生は1台のみ• ダウンロードは最大4台まで• 1台のストリーミング再生と最大4台までのダウンロード再生は同時再生可能 それでは、以下その内容を見ていきましょう。 プライムミュージックでは、同時に複数の端末でストリーミング再生をすることができません。 ストリーミング再生は1台まで。 また、プライムミュージックにもダウンロード機能があって、このダウンロード再生であれば、ストリーミング再生には影響しません。 プライムビデオと同じですね。 1台はストリーミング再生、他の端末ではダウンロード再生とすれば、複数の端末で同時利用が可能です。 ただし、ダウンロード可能なのは、最大4台まで。 デバイスの登録としてはプライムビデオと同じで、1アカウントに10台まで端末を登録できます。 ストリーミング再生とダウンロード再生をうまく利用することで、最大5台の端末で同時に楽しむことができるということですね。 もし最大の端末登録数10台を超えてしまったら、不要な端末を削除しないと新たな端末を登録できません。 ダウンロード可能な台数制限内でも、ひとつ削除すれば、ひとつ新たな端末にダウンロードできるようになります。 プライムミュージック 端末の登録と削除 端末を登録するときは自動。 手持ちの対応端末に「プライムビデオ」や「Amazonミュージック」のアプリをダウンロード、アプリにAmazonのアカウントでログインすることで、自動的に認証済みの端末として登録されます。 この内容はアカウントサービス上で確認できます。 端末の削除方法としては、Prime会員のアカウントでログイン、アカウントサービス画面の「デジタルコンテンツとデバイス」の「Amazon musicの設定」から。 画面を下にスクロールすると「端末を管理」と登録済の端末が以下のように表示されます。 端末名の左に四角いアイコンがあるので、そこをクリックすると、端末の詳細情報(シリアルナンバーなど)を確認できて、端末の削除もできます。 通常であれば、端末からAmazonにログインすれば、自動的に登録されるため、この画面を表示して操作することはありませんが、確認や削除をしたいときはこちらで操作します。 アカウント共有で気になるプライバシー問題 Primeの家族会員アカウントではプライムビデオなどの特典が利用できませんが、Prime会員のアカウントを共有できれば、複数の端末を登録できるので、家族で活用することも可能です。 動画配信サービスとしては、かなりお値段も安くて、このように自由度も高いAmazonプライムビデオ。 コスパ的にも最高ですよね。 ただし、プライバシーの面でいうと、問題がないわけではないですよね。 例えば、へそくりでこっそり買った高級品とか、家族に言えない動画を見たとか。 なにしろ、同じアカウントでログインしているので、ここがなかなかの問題だったりもします。 ログイン情報も共有するとなると、もちろんすべての情報を見ることができます。

次の