山梨コロナ女性特定渡辺。 山梨帰省の20代女性の名前は誰か特定!?コロナ陽性判明後に帰宅理由が判明!濃厚接触の男性感染も。。

山梨帰省の20代女性の名前は誰か特定!?コロナ陽性判明後に帰宅理由が判明!濃厚接触の男性感染も。。

山梨コロナ女性特定渡辺

東京都から山梨県内に帰省した20代女性が新型コロナウイルスに感染していたことが分かりました。 山梨県によりますと、東京都在住の20代会社員の女性は 先月29日に高速バスで山梨県内の実家に帰省しました。 女性は帰省した翌日、東京の会社の同僚から陽性者が出たという連絡を受けて 味覚や嗅覚の変化が26日からあったと山梨県の帰国者・接触者外来に相談したということです。 女性は今月1日に医療機関を受診して検体を取り、 高速バスを使用して東京都内に戻りました。 2日になって陽性が判明したということです。 女性は山梨県内で買い物や友人とバーベキューをするなどして山梨県富士吉田市、山梨県鳴沢村、山梨県富士河口湖町に滞在していました。 山梨県は女性が使用したバスの時間などを公表するとともに再度、 不要不急の帰省や旅行などの自粛を強く求めています。 引用: あれだけ政府や東京都が「」と言っていたのに帰省するとは…開いた口がふさがりません。 更に、不要不急の外出を控えろと言われているにもかかわらず友人とバーベキューって、いまする必要があったのでしょうか?頭悪すぎませんかね? 保健所にも虚偽の説明 東京都に住む20代会社員女性が帰省先の山梨県で新型コロナウイルス感染が確認された問題で、県は3日、帰京に使った高速バスは1日夜ではなく、陽性判明直後の2日朝の便だったと訂正した。 女性が保健所に虚偽の説明をしていたという。 県の新型コロナ対策特別チームによると、女性は1日にPCR検査を受け、結果が出るまで実家待機を求められていた。 (中略) ところが、2日の報道を受けて知人から保健所に「けさ帰った」と情報提供があり、特別チームが本人や家族に事情を聴いたところ、 2日午前10時20分ごろ、富士急ハイランドバス停から京王バスの高速バスに乗ったと認めた。 PCR検査陽性の結果は同日午前9時ごろ、保健所から本人に伝えられており、女性は陽性を知りながらバスに乗ったことになる。 特別チームは「 陽性であることを知りながら公共交通機関を利用したことや、事実と異なる説明をしたことは非常に残念だ」としている。 県は改めて、同じバスの乗客で健康に不安がある人は保健所に相談してほしいと呼び掛けている。 (後略) 引用: PCR検査で陽性が発覚した後に高速バスで帰京とは、もはやテロ同然ですね。 ちなみにこの女性は「 飼っている犬が心配だった」との理由で帰京したようです。 信じられませんね。 高速バスの運転手や乗客の事を考えたら、間違ってもそんなことはできないと思うのですが。 引用: 女性の証言をもとに該当する路線の高速バスの時刻表(詳しくは)を見ていくと、富士ハイランドバス停を10:18に出発する高速バスがありました。 運行会社が京王バスですから、これで決まりでしょう。 さらに家族ぐるみで嘘をついていたことも発覚し、身元を特定される事態になっています。 渡辺真由の兄貴 — 阿倍新蔵 Z6OL2S6wTKzdSuI• 名前:渡辺真由• 東京都新宿区在住• 誕生日は1996年5月16日• 実家の住所: 山梨県南都留郡鳴沢村大田和まで判明(詳しくは、電凸したい方は)• バーベキューを行った友人宅は 山梨県南都留郡富士河口湖町船津まで判明• 寄ったスーパーはTAC、河口湖オギノ• 他にゴルフ場、整骨院も行った模様• を卒業(メールアドレスは、電凸したい方は)。 も見てみましたが、あまり評判は宜しくないようでした。 学力もかなり低い模様。 を卒業した模様。 (メールアドレスは、電凸したい方は)• 勤務先は不明(パティシエ?看護師?職種も情報が錯綜しております…)• 友人男性1名も新型コロナ陽性。 セフレだった可能性も?• インスタのアカウントはと• Twitterアカウントはと• 過去に未成年飲酒もしていた模様• 彼氏は石井ひろしで確定か。 整備工の模様。 (詳しくは)• 彼氏とは不倫関係だった?.

次の

山梨県高速バスコロナ感染の20代女性は誰で実名(名前)は渡辺で爆サイ特定完了?京王バス(富士吉田)とTwitter+SNS

山梨コロナ女性特定渡辺

女性は県内の実家に帰省中にPCR検査を受け、結果が出る前に帰京。 行き帰りとも高速バスを使った。 県の新型コロナ対策特別チームによると、女性は4月26日に味覚や嗅覚の異常を覚えたが、28日まで都内の勤務先に出勤。 29日午後3時15分新宿発の京王バスの高速バスに乗り、富士急ハイランドバス停(富士吉田市)で下車、親族の車で帰省した。 30日には県内の友人宅で4人とバーベキューをしたが、この日、東京の同僚の感染が判明した。 5月1日に県内でPCR検査を受け、結果が出るまで実家での待機を求められたが、同日午後8時25分ごろ、富士急ハイランドバス停から京王バスの高速バスに乗って帰京。 2日に陽性が判明した。 症状はなく、都内の自宅に待機しているという。 緊急事態宣言を受け、東京都が外出自粛、山梨県が来県自粛などを要請している中での帰省だった。 県は同じバスの乗客で健康に不安がある人は保健所に相談してほしいと呼び掛けている。 県内で届け出があったため山梨県の感染者にカウントされ、55人目となった。

次の

【山梨コロナ】市川やすかは渡辺真由のバーベーキュー仲間?顔画像やTwitterなどまとめ

山梨コロナ女性特定渡辺

帰省先の山梨県内で新型コロナウイルス感染が確認された後、東京都内の自宅に帰った女性への非難や中傷がインターネット上で広がり、名前や勤務先を特定しようとする真偽不明の情報も飛び交っている。 県は重大な人権侵害ととらえ、保護対策に着手した。 県によると、5日の会議で長崎幸太郎知事が、感染者の権利保護を強化する必要性を指摘し、対応を指示した。 県はネット上にプライバシーを脅かす情報が流れていないかなどを調べる態勢づくりに着手。 犯罪性があれば警察に情報提供することや、弁護士などと協力して人権救済を支援することを検討している。 県の担当者は「感染者がことさら非難されると、早期発見と治療、感染拡大防止に必要な情報も表に出てこなくなるおそれがある」と危惧する。 県内55人目の感染者となった女性は、4月29日に実家に帰省。 5月1日にPCR検査を受け、2日に陽性と判明した後、高速バスで東京に戻った。 当初は結果判明前に帰宅したと県に説明していたが、実際は判明後だった。 県は2日に女性の感染確認を発表。 翌3日に帰宅日を訂正した。 新聞やテレビで報道されると、SNSには女性を特定したかのような情報や、「すべてをさらし上げて見せしめにした方がいい」といった言葉が書き込まれた。 勤務先と名指しされたある企業は「事実無根の情報が流されている」とホームページに掲載した。 県が4日の記者会見で、「感染したこと自体は本人の責任ではない。 そのことは配慮してほしい」と呼びかけると、県庁には「配慮してほしいとはなにごとか」と批判する電話も数多くかかってきたという。 (田中正一、吉沢龍彦).

次の