コロナ禍 まが。 コロナ禍の読み方や意味は?コロナ鍋・渦?…読めない!という声多数

コロナ禍の読み方何と読む?禍が読めないしどういう意味か調べてみた

コロナ禍 まが

コロナ禍の読み方 コロナ鍋?コロナ渦?「読めない!」 コロナ鍋?じゃないし コロナ渦、、、 なんですかあれ? 新語? んーーーーーーー ググろうにもその漢字がわからなーい はい情弱ですみませーん — うーさん通信。 わたしの脳味噌ったら、本当に… みんなで安心して一つの鍋をつつける日が早く来ますように。 — 河本 久和 ikuonomusuko 見間違えやすいですね〜 ずっとコロナ鍋(なべ)だと思ってました。 既に指摘されている方も多いようだが、「コロナ禍」と「コロナの渦中」が混淆したと思われる「コロナ渦」という表記が大量に出現中。 全くの誤りと見るべきか、新語と見るべきか。 ただ、間違いなのか新語なのか…そこは不明ですね。。 まず、辞書を調べると・・・ 禍には、 「か」、「わざわい」、「まが」という読み方があります。 コロナ禍についてどれが正しい読み方なのかは不明です。 では、もう少し詳しく見てみましょう。 禍は、配置によって読み方が変わるようです。 禍は、 「よくないこと、悪いこと、災い、不幸せ」といった意味があります。 コロナ禍にも関わらず昨日もご来店下さり、どうも有り難うございました。 最終日となった本日3月31日も11時より18時まで営業致します。 大変名残惜しいですが、皆さまとお会い出来るのも今日が最後となりました。 状況が状況だけに、決してご無理の無いようご来店頂ければ幸いです。 — 三進堂書店 公式 OUV719TLw3QE6rw このコロナ禍、今後1〜10年くらいの長期間にわたって少子化促進しそう。 現在の社会的活動低下は現在の懐妊機会減少にも繋がるだろうけど、人と人が出会って付き合い始める機会もどう考えても減るじゃないすか。 新歓や歓送迎会も合コンもなくなるし、アプリでの出会いですらデート設定しにくくなるし。 — ystk lawkus 【 撮影裏話】 コロナ禍で大変な状況ですが、現在発売中with5月号カバーストーリーのこぼれ話を本日より5日間に渡りお届けします。 地震だって水害だってあり得る。 いつもと違うのは避難場所には感染のリスクがあり、都市封鎖があればボランティアは来れず、支援物資の流通だって思うに任せないかも。 無用の買い占めは不要なれど「ダブルパンチ」を想定した準備が重要かと。 (ご意見ありがとうございました) 「コロナの渦中」というのもしっくりきますが、これだと字が違いますね。。 どれが正しい意味か、というのも明記されているものがないため個人の見解をお伝えする形になりました。 こちらはコロナ用語関連記事です。 あわせてどうぞ!.

次の

「コロナ禍」の読み方は?意味は?

コロナ禍 まが

比較的感染リスクが低いとされる屋外での利用がメインであるゴルフ場。 各ゴルフ場運営会社では、最大限の感染拡大防止策をとり、安全確保に努めつつ、通常営業は続いている。 実際に訪れてみると意外な様子がわかってきた。 新型コロナウイルスの感染拡大のため、さまざまなことを日本中で「自粛」している。 スポーツ興行や音楽のライブはもとより、多くの文化イベントが中止または延期に追い込まれた。 世の中、どんよりしている。 ゴルフ業界出身で今も執筆活動をしている先輩に誘われ、筆者(以下、筆者A)は先日、ゴルフ場を訪れた。 「こんな時期」ではあるが、今のゴルフ界の状況を知るいちばんの方法でもあるだろう。 ゴルフ場は個人客でにぎわっていた 最寄駅からクラブバスに乗った。 マスク姿のわれわれのグループは、先輩Bのほか、先輩Cと、ゴルフ業界からバー経営に転身した50代の後輩Dの4人。 いつもは満席に近いのに、車内はほかにお客が1人だけだった。 ゴルフ場に人はいないのだろうか……。 そう思ってゴルフ場に着くと、平日というのに駐車場はほぼいっぱい。 マイカーで訪れるゴルファーは数多くいたのだ。 ゴルフをスタート。 カートでの話題も、新型コロナウイルスになる。 先輩B:ゴルフ場はオープンエアだし、クラブを振るから参加者同士が1メートル以内に近づくこともほとんどない。 ここなら大丈夫と思っているんだろうか。

次の

「禍」(しめすへん(ネ)に「過」の右側)の読み方と意味 「新型コロナ禍」などで使用

コロナ禍 まが

「禍」を使う言葉 それでは、「禍」を使う言葉を見ていきましょう。 「禍根」 「かこん」と読みます。 「わざわいが起こる原因」とか「わざわいのもと」といった意味です。 この言葉はよく使われますね。 「将来に禍根を残す」といった形で使われます。 「禍福」 「かふく」と読みます。 「わざわいとしあわせ」という意味です。 「 禍福は糾える縄の如し」という成語で使われる言葉です。 「糾える」は「あざなえる」と読みます。 この成語は、「わざわいと幸福とは縄をより合わせたように表裏一体である」という意味です。 「塞翁が馬」と似たような意味ですね。 「禍災」、「禍難」 それぞれ「かさい」、「かなん」と読みます。 両方とも「災難」とか「災害」といった意味になります。 「禍神」 「まがかみ」と読みます。 「わざわいを起こす神」という意味です。 「邪神」と同じ意味ですね。 「禍々しい」 「まがまがしい」と読みます。 「縁起が悪い」、「いまわしい」とか、「いまいましい」という意味です。 「禍々しい出来事」といった風に使われます。

次の