金山 七五三。 【写真あり】ハピリィ名古屋金山店で七五三の前撮り!感想と口コミ

『姪っ子初の七五三!』金山・熱田(愛知県)の旅行記・ブログ by みちさん【フォートラベル】

金山 七五三

この記事の目次• 子育て呑龍とは 山号は義重山。 詳名は義重山大光院新田寺。 東上州三十三観音特別札所、 群馬七福神の弁財天だそうです。 無論、通称は「子育て呑龍」 若しくは「呑龍さま」。 県民であれば大光院…ってよりは 呑龍って方が馴染み深く。 敷地内の駐車場に車を停め・・・ その傾きで平気なの?って言う 公衆電話を横目に境内を目指します。 2月下旬、この日は曇天模様で 冷たい空気が身体に纏わり付き・・・ そのせいあってか、 日曜日なれど参拝客は少なく。 すんなりと境内へ。 初詣や七五三などの時季は 混雑するんだろうなぁ。 手水舎 まずは手水舎で手を清め。 水桶を担ぐこの方が、 辛そうな面持ちでほっとけない感。 笑 大光院吉祥門 自分らは傍らの駐車場から来ましたが、 正面玄関的な所はココのよう。 大光院本堂 吉祥門から真っ直ぐの所にある この建物が本堂。 目前には立派な松が佇みます。 大光院開山堂 で、呑龍と言えば的なこの建物は 開山堂と言うそうな。 (今の今まで知らなかったのは内緒デス。 笑) とても大きく迫力あります。 なんだろう、やっぱりこっちの方が本堂感。 「子育て呑龍」と言うことで、 子育て世帯の我が家もしっかり御祈願。 本堂と開山堂を結ぶ渡り廊下。 歩いてみたかったのですが、 一般は立ち入り禁止でした。 涙 渡り廊下走り隊・・・。 その渡り廊下を潜り、 奥へ向かうと弁天堂。 注:良い子は真似をしないでねの図 弁天堂 武州太田七福神の弁財天はココ。 その奥には呑龍上人御廟や 新田義重公のお墓があるようですが・・・ 時間の都合上、割愛です。 苦笑 呑龍公園 敷地内の傍らには呑龍公園。 コンビネーション遊具やスプリング遊具があり、 お子様はお寺よりこっちの方が興味大。 その公園内には梅の木があり、 ポツポツと開花が始まっていました。 うーん、我が家もこども達を 預かってもらわないよう頑張らねば。 笑 ともあれ、太田散策の際は是非 上毛かるたでも詠まれる有名な呑龍さまへ。

次の

家族で祝う七五三: 佐野家の休日

金山 七五三

この記事の目次• 子育て呑龍とは 山号は義重山。 詳名は義重山大光院新田寺。 東上州三十三観音特別札所、 群馬七福神の弁財天だそうです。 無論、通称は「子育て呑龍」 若しくは「呑龍さま」。 県民であれば大光院…ってよりは 呑龍って方が馴染み深く。 敷地内の駐車場に車を停め・・・ その傾きで平気なの?って言う 公衆電話を横目に境内を目指します。 2月下旬、この日は曇天模様で 冷たい空気が身体に纏わり付き・・・ そのせいあってか、 日曜日なれど参拝客は少なく。 すんなりと境内へ。 初詣や七五三などの時季は 混雑するんだろうなぁ。 手水舎 まずは手水舎で手を清め。 水桶を担ぐこの方が、 辛そうな面持ちでほっとけない感。 笑 大光院吉祥門 自分らは傍らの駐車場から来ましたが、 正面玄関的な所はココのよう。 大光院本堂 吉祥門から真っ直ぐの所にある この建物が本堂。 目前には立派な松が佇みます。 大光院開山堂 で、呑龍と言えば的なこの建物は 開山堂と言うそうな。 (今の今まで知らなかったのは内緒デス。 笑) とても大きく迫力あります。 なんだろう、やっぱりこっちの方が本堂感。 「子育て呑龍」と言うことで、 子育て世帯の我が家もしっかり御祈願。 本堂と開山堂を結ぶ渡り廊下。 歩いてみたかったのですが、 一般は立ち入り禁止でした。 涙 渡り廊下走り隊・・・。 その渡り廊下を潜り、 奥へ向かうと弁天堂。 注:良い子は真似をしないでねの図 弁天堂 武州太田七福神の弁財天はココ。 その奥には呑龍上人御廟や 新田義重公のお墓があるようですが・・・ 時間の都合上、割愛です。 苦笑 呑龍公園 敷地内の傍らには呑龍公園。 コンビネーション遊具やスプリング遊具があり、 お子様はお寺よりこっちの方が興味大。 その公園内には梅の木があり、 ポツポツと開花が始まっていました。 うーん、我が家もこども達を 預かってもらわないよう頑張らねば。 笑 ともあれ、太田散策の際は是非 上毛かるたでも詠まれる有名な呑龍さまへ。

次の

名古屋駅でお祝い!お食い初めとお宮参り後のお食事におすすめのお店

金山 七五三

この記事の目次• 子育て呑龍とは 山号は義重山。 詳名は義重山大光院新田寺。 東上州三十三観音特別札所、 群馬七福神の弁財天だそうです。 無論、通称は「子育て呑龍」 若しくは「呑龍さま」。 県民であれば大光院…ってよりは 呑龍って方が馴染み深く。 敷地内の駐車場に車を停め・・・ その傾きで平気なの?って言う 公衆電話を横目に境内を目指します。 2月下旬、この日は曇天模様で 冷たい空気が身体に纏わり付き・・・ そのせいあってか、 日曜日なれど参拝客は少なく。 すんなりと境内へ。 初詣や七五三などの時季は 混雑するんだろうなぁ。 手水舎 まずは手水舎で手を清め。 水桶を担ぐこの方が、 辛そうな面持ちでほっとけない感。 笑 大光院吉祥門 自分らは傍らの駐車場から来ましたが、 正面玄関的な所はココのよう。 大光院本堂 吉祥門から真っ直ぐの所にある この建物が本堂。 目前には立派な松が佇みます。 大光院開山堂 で、呑龍と言えば的なこの建物は 開山堂と言うそうな。 (今の今まで知らなかったのは内緒デス。 笑) とても大きく迫力あります。 なんだろう、やっぱりこっちの方が本堂感。 「子育て呑龍」と言うことで、 子育て世帯の我が家もしっかり御祈願。 本堂と開山堂を結ぶ渡り廊下。 歩いてみたかったのですが、 一般は立ち入り禁止でした。 涙 渡り廊下走り隊・・・。 その渡り廊下を潜り、 奥へ向かうと弁天堂。 注:良い子は真似をしないでねの図 弁天堂 武州太田七福神の弁財天はココ。 その奥には呑龍上人御廟や 新田義重公のお墓があるようですが・・・ 時間の都合上、割愛です。 苦笑 呑龍公園 敷地内の傍らには呑龍公園。 コンビネーション遊具やスプリング遊具があり、 お子様はお寺よりこっちの方が興味大。 その公園内には梅の木があり、 ポツポツと開花が始まっていました。 うーん、我が家もこども達を 預かってもらわないよう頑張らねば。 笑 ともあれ、太田散策の際は是非 上毛かるたでも詠まれる有名な呑龍さまへ。

次の