ネコエクスプレス 入手方法。 古王妃飛来 I'll Bee Bug 超極ムズ 攻略動画集

地獄門 修羅の道の攻略方法を解説!ネコアップル大活躍の巻

ネコエクスプレス 入手方法

ユーザーランク達成など、さまざまな条件を満たすことで一定の上限値まで解放できる。 レベル上限値 〜20 〜25 〜30 〜40 〜50 基本 日本編2章クリア 上限解放なし EX 特定キャラ以外 制限なし ランク1600 キャッツアイ【EX】使用 真・伝説の始まり-古代の呪いクリア キャッツアイ【EX】使用 EX 特定キャラ 真・伝説の始まり-古代の呪いクリア キャッツアイ【EX】使用 現Ver. 下の表は、Lv30時の体力を100%として、敵1体の初撃が当たってから耐えられる攻撃回数と生存時間の関係を、敵の火力別に整理したもの。 実際には、混戦状態で複数の敵から攻撃されたり、KBしたりして、この計算通りにはいかないため参考程度に。 ユーザーランク1600以上で手に入るキャッツアイだが、実はその時点での投入候補は少ない。 最初はあまり派手に使わず、大人しく溜めこんでおくのも一つの手。 しかし、 真レジェンドステージ「真・伝説の始まり」の「」クリアまで解放不可なので要注意。 道のりが相当長いので、ある程度温存しておくと良い。 解放可能になったらまずネコムートのレベルを上げよう。 ネコムートはLv30以降のステータスの伸びがそれまでの半分になるが、それでも攻撃力と体力が共に重要なので十分に恩恵が大きい。 ウルルンとミーニャも扱いやすいので、上記と合わせて自分に合ったキャラにキャッツアイを投入しよう。 どちらも体力が2万に到達しないものの、強化することで前線を維持しやすくなる。 制限無しステージでも、ネコにぎりはふっとばし無効かつ俊足、ちびゴムネコは停止無効を持つため、長射程や遠方範囲で妨害が飛んでくるステージで活躍できる。 ネコにぎりに関しては、レベルを上げ過ぎると「」が成功しづらくなるため、注意が必要。 課金無しで手に入る、ゾンビにめっぽう強いゾンビキラー。 天空のネコ準拠の強さを持ちながら、この特性も合わせ持っているため、対ゾンビユニットとして優秀。 出撃制限ステージでは貴重な遠距離攻撃キャラ。 同レベルのネコキングドラゴンと全く同じステータスなので、ちびの方が活躍の場が広い。 ネコ缶購入組では数少ない戦力にできるキャラ。 攻撃発生・速度が非常に速く、などは壁打ち状態となりノーダメージで処理してしまう。 対赤・黒DPSは、Lv40で13073、Lv50で16043になる。 破格の対黒妨害能力をもつEXキャラ。 しかし、レベルを上げ過ぎると攻撃力も上がり、溜めづらくなるので注意。 Lv36で強化倍率100%のを一撃で倒せる。 優先して育成したいところだが、必要XPが多いため、キャッツアイ投入はXPに余裕が出来てからでも良い。 貴重な対ゾンビ能力を持つ量産壁。 ゴムネコと同じ価格・再生産で、 Lv50で対ゾンビ体力47250となり優秀。 浮いている敵にめっぽう強いを持つが、その真価は 多くの妨害を無効にすることにある。 Lv50で体力は30780になり、いざという時の壁になる。 妨害が厳しいステージで役に立つので、制限ステージ以外でも腐らない。 のスケールダウン版。 移動速度が40もあり攻撃発生も速く、ネコエクスプレスと同じく一撃を入れやすい。 Lv50で攻撃力は21600になるので意外と侮れない。 キャッツアイの入手量が多いが、使用したいキャラも多い。 ガチャ産のレアキャラは+値と合わさると非常に頼もしい強さになる。 量産可能な高性能キャラ。 様々なキャラが追加された現在では以前ほどの威光はないが、それでも強力なキャラクター。 コストの割に火力がやや抑えめなので、キャッツアイで少しでも火力を上げていきたい。 このキャラも量産可能なアタッカー。 ネコパーフェクトと比較するとコストが安く、実は射程250未満であればこちらのほうが性能が高い。 や生き残り能力があるため、また違った強さがある。 天使に打たれ強い量産可能な壁キャラとしては全キャラでも最高峰で、ユーザーからの評価は極めて良好なキャラ。 こちらもを得て更に好評になった。 対天使体力は、Lv40で115500、Lv50で141750という高耐久性を誇る。 壁役だけでなく汎用アタッカーとしても優秀で、攻撃頻度のお陰で弱いメタルな敵も裁くことが可能。 超難関ステージ「断罪天使クオリネル降臨」などの、天使が猛威を振るうステージでは非常に頼もしいキャラとなる。 ワープを使う敵(主にスターエイリアン)に対して有効。 スター・ペンなど、高頻度で確定ワープをしかけてくる敵が多く出現する 宇宙編の難易度をかなり下げてくれる。 出撃制限で編成枠上段しか使えないステージの場合、壁キャラを複数組み込む事が困難なため、サテライトを編成すると非常に安定する。 また、合計レベルをLv59まで上げることで風雲にゃんこ塔40階のウララーの攻撃を一発耐えられるため、攻略が安定しない人は編成を検討する価値がある。 高い体力と赤い敵にめっぽう強い特性を持つ。 攻撃力は低いが範囲攻撃。 赤ステージではこれを量産しているだけでカタがついてしまうことも。 「地獄門」でもかなり有効。 クリティカルキャラが揃ってきても活躍できる。 ゾンビ版ねこラーメン道。 防御のみのと違い攻撃力も持ち合わせ、難敵の体力を削れる壁兼量産ゾンビキラー。 初めのうちは強くないが、 レベル、+値、本能を強化していくごとに使い勝手が向上していく大器晩成型アタッカー。 範囲攻撃に加え、本能を開放することで、最終的に撃破時お金アップ・ゾンビキラー・体力減少で攻撃アップと、アタッカー向きの能力を備えるようになる。 ステータスが伸びればそれだけ敵にトドメを刺す機会が増えるので、Lv上昇の恩恵は大きい。 ゾンビキラー持ち。 攻撃頻度がラーメン道以上で、常時ダメージを与え続けられる。 攻撃力を上げれば他のキャラが倒し損ねたゾンビにトドメを刺す機会も多くなる。 常設レアキャラでは三番目に体力が高く、場持ちの良さは妨害の効果にも影響する。 レジェンドクエストでは緊急メタル対策にもなるので、Lv40ぐらいまでは上げたい。 妨害要員ながら体力が比較的高く、攻撃頻度も高い範囲攻撃なのでアタッカーの素質も持つ。 本能に恵まれており、本能解放と+値が付いてきたらキャッツアイを投入してもいいかもしれない。 コスト、再生産も悪くなく、攻撃力を上げれば数の暴力で強力な援護射撃ができる。 特殊な壁キャラ。 元々体力が高いので伸び幅が大きい。 Lv50で体力162000となり、かなり強固な置き石となる。 戦闘序盤のお財布レベル上げやゾンビの地下誘導、敵の足止め等、使い道は多い。 メタル・古代種に打たれ強い特性を持つ安価壁。 キャッツアイを投入すれば 素でLv80並みの体力になり、メタル・古代種相手には頼もしい壁となる。 生産速度の遅さはでカバー。 Lv5波動 射程1132. 5 を放つ使い捨てキャラ。 Lv50で攻撃力40500になる。 本体は短射程のため攻撃を当てるにはタイミングや運要素が影響するが、攻撃が決まれば超射程で大ダメージを与えられる。 レアでは貴重な を超える超射程。 溜めればそれなりの攻撃頻度と火力になり、同ステージでやに苦戦する場合はこのキャラの力が欲しくなるだろう。 またの要因としても優秀である。 上記のにゃんこ囚人と同等以上に 優秀ながあり、編成される機会は意外と多い。 レベルを上げておけばコンボ要員の置物にならず、巨神ネコ並の体力を発揮できる。 また、「動きを止める」を持っている敵キャラに対しても微力ながら戦力になるだろう。 一通り優秀なキャラのレベルを上げ終わったらキャッツアイの投入も視野に入れてほしい。 月イベントドロップキャラの1体。 の優秀さとしてはピカイチとも言えるラインナップ。 単純にコンボの数が多いだけでなく用途が多いものも複数あり、中でも初期所持金を一番多く上げるにゃんコンボは普段のステージ周回でも頼りにしているユーザーも多いだろう。 更に 再生産に対しての攻撃性能も破格であり、短射程の敵や敵城のトドメとしての攻撃で発揮する他、お金2倍の能力を持つのでコンボと合わせて資金調達としての役目に秀でている。 それらが多く出現する 「ゲリラ経験値」ステージの難易度を下げてくれる。 両キャラともコラボキャラしか排出しないガチャなので+値を付けやすく、Lv50以上にしておけば更に心強い。 チビガウとノノを比較すると、ステータスや移動速度、リーチ等は異なるが、ほとんど誤差の範囲内。 勿論併用もあり。 両者とも Lv40で対浮き体力が66000、Lv50で81000となる。 タクユキの方がやや生産性が良い分コストが高めなので、どちらの使い勝手が良いかはステージ次第。 勿論併用もあり。 赤い敵に打たれ強い特性を持つ。 元の体力が高いのでキャッツアイの効果も高く、 Lv50で対赤体力は108000になる。 ワープ無効は持っておらず再生産も遅いが、育てておけば制限ステージでのサポート要員になる。 Lv50だと対エイリアン体力は両キャラとも121500になりバカにできない。 シンジはゾンビにも対応しているので、未来編ゾンビ襲来にも適性がある。 狂乱シリーズは優先的にキャッツアイを投入したいが、キャッツアイが解放されるユーザーランク1600から、狂乱シリーズの上限レベルが解放される3650までが中々遠い。 ある程度狂乱キャラに使うキャッツアイを残しながら、他の激レアキャラに使っていくのが良いだろう。 激レア用のキャッツアイは、まず狂乱シリーズに優先的に使用するべき。 基本キャラの成長具合などにもよるが、最低でもとは上げておきたい。 次に使用頻度が高い、、はXPと相談しながら上げていこう。 貴重な波動ストッパーで、浮いてる敵にも打たれ強い。 後続を守るためにも体力を強化したい。 キャッツアイ投入と同時に本能の基本体力だけでも解放してあげよう。 波動ステージ以外でも活躍の場があり、狂乱シリーズと並ぶ最優先候補。 コストに対して破格の攻撃力・体力を持つキャラクター。 ただし単体攻撃。 基本性能が高く、キャッツアイ投入の効果は大きいが、癖が強いため素の状態では優先度は低い。 本能の 撃破時お金アップを解放してからが本番となる。 独自の強みを持つようになるため、特に攻撃力が上がる意味は大きい。 浮いてる敵に対する超ダメージの有効性は当然ながら、移動が速いため速攻ステージでも活躍できる。 カオル系・ブンブン系は無論のこと、大型敵キャラの攻撃の隙間に一撃を入れられるので、レベルアップの価値はある。 レアキャラよりも基本性能が高いので、キャッツアイの恩恵もまた大きい。 キャッツアイの数次第ではレベル上げも視野に入ってくる。 当面は居なくても困らないキャラクター。 真価を発揮するのは真レジェンドステージから。 第3形態に進化することで 古代種にめっぽう強い特性を身につける。 古代種に手こずるようなら迷わずキャッツアイを使おう。 ゾンビ妨害要員としても優秀だが、 量産可能で遠方範囲も持ち合わせているため、レベルを上げれば本職のゾンビ狩りでも仕事をしてくれる。 また通常ステージや「ランキングの間」のサブアタッカー等、活躍できる幅が広い。 無課金で入手可能なクリティカル要員としてはかなりの良性能を誇る。 レジェンド終盤のメタルな敵は倍率が高く、体力も上がっているので、や等、クリティカル超激レアを持っていない場合は特に投入価値が高い。 攻撃モーションは長いが、当たりさえすれば確定クリティカル。 第2形態Lv36で強化倍率200%のを一撃、また、第3形態Lv40で100%を一撃で倒せる。 安価な速攻要員として唯一無二の性能。 撃破時お金アップを持っており、火力上昇の恩恵は大きい。 エクスプレスで敵撃破からのはもはや定番の一手。 早めに育ててあげると周回ステージや速攻攻略が楽になる。 単体攻撃ながら全属性に様々な妨害効果を持つ。 このキャラも 撃破時お金アップを持っており、攻撃力はできるだけ上げておきたい。 対ゾンビ量産キャラの中でも高体力で足が速いため、長射程のゾンビに強く、キャッツアイにより更に耐久性を高められる。 アタッカーのガオウ系とダルターニャ系は当然として、妨害役のミタマ系も持ち前のKB数の多さと合わせ、キャッツアイ投入で反則的な耐久力となる。 また新規参入のキャスリィも、唯一無二の烈波と強力な妨害でキャッツアイ投入に足る性能だ。 入手確率は低いが、もし手に入れた場合は最優先でキャッツアイを使おう。 汎用量産アタッカー。 もっとも活躍するのは対黒・天使だが、 基本性能が平均より高いので、ほぼ全ステージで使える。 代用できるキャラや状況次第でこちらより秀でているキャラも多いが、それでも高評価を受けているだけの性能を誇る。 対黒・天使の要塞。 キャッツアイを投入することでボス級の体力がさらに上がり、どんな強敵が出現するステージでも安定した守りを見せてくれる。 対黒・天使体力は、Lv40で1595000、Lv50で約196万になる。 超射程火力。 射程600の遠方範囲ダメージは多くの場面で使え、特に接近に苦労する射程500〜550の難敵に刺さる。 キャッツアイを使うことで、超射程に加え反則級の火力となり、さらに使い勝手が向上する。 超ネコ祭・極ネコ祭限定キャラと比較されるほどに使い勝手が良い妨害キャラ。 動きを止めるのが主な役割ではあるが、キャッツアイを使用することで広範囲にそこそこのダメージを与えられ、生存率も上がり攻略に有利に働く。 おのずと使用機会が多くなるので、早めにレベルアップしても損はない。 全属性に打たれ強いと言っても差し支えない体力モンスター。 Lv50で体力が675000になる。 古代の呪いもなんのその、いついかなる時も壁として機能する。 攻撃頻度が高く雑魚処理係としても優秀。 をカトンボ扱いできる毒撃無効持ち。 速めの移動速度、超激レア有数の攻撃頻度、遠方範囲、対浮きに超ダメージ、と色々兼ね備えすぎており、超ダメージ抜きにしても強力。 位置ずれを気にせず大量の雑魚処理ができるとあって、活躍するステージは非常に多い。 対黒・エイリアン・ゾンビの高耐久壁。 ガメレオンと比較すると、体力では劣るが再生産で勝る。 特にゾンビに対しては鉄壁の守りを誇り、後続と分断されても崩れない。 難敵、に対する最適解の一つ。 また、エヴァ初号機共々、未来編ゾンビ襲来の難易度を下げてくれる。 射程が長く攻撃回転が速いため、汎用性が高い。 かつ、体力減少で攻撃力2倍という恵まれた能力を持つ。 Lv50で体力124000、体力減少でDPS10900。 これに加え、エイリアン・ゾンビにめっぽう強い+ゾンビキラー+バリアブレイカーという破格の能力となる。 超ダメージ+遠方範囲+高DPSと基本性能が属性トップレベルなので、腐りにくい。 また、前者は数少ない教授キラーの一角。 もともと高かった火力・体力がさらに上昇し、他に替えの効かない唯一無二の殴り合いユニットとなる。 本能解放により、そして伝説へ…。 最大で 一撃36万ダメージの一振りは、もはや鬼を超えて悪魔である。 近距離殴り合い+波動キャラ。 このキャラも前線で殴り合いをするキャラなので、キャッツアイの投入で化ける。 Lv50で放つ、威力94500、射程532. 5の波動は圧巻の一言。 「ランキングの間」でも活躍が期待できる。 や等、こちらの壁を削りつつじわじわ押してくる敵を一人で抱え込み、その一発で戦況をひっくり返す火力も持っている。 前者は対浮きキャラ。 後者は対黒・ゾンビだが、特にゾンビ戦で活躍する。 耐久型に見せかけた高DPSの殴り合いキャラ。 近づく敵を高い火力・体力で叩き潰す。 黒い敵に打たれ強く、再生産の速さと攻撃力アップによる爆発力、加えて波動無効も魅力。 にゃんまやベビーより射程があり、出撃する機会も多いので、キャッツアイ投入と共に本能も解放したい。 赤・黒・エイリアンをふっとばす能力を持つ。 単体攻撃だがマシンガンのように連続攻撃を繰り出す。 Lv50で体力が121500、DPSが40500になり、対応属性以外とも 蹴り殴り合える。 一秒でも長く前線にとどまり、より多くの敵に必殺の一撃を叩き込むことが使命となるユニット。 難所攻略の他、特に周回ステージや「ランキングの間」で大活躍する。 単発攻撃ながら、射程720で圧倒的な攻撃力を繰り出すキャラ。 Lv50で攻撃力197100、DPS約24200、クリティカルが出ればさらに倍。 風雲にゃんこ塔などでも存分に活躍できる。 圧倒的なKB数と特殊な火力の高さを持つキャラ。 KB数が多いため、体力の高さが生存力に直結しやすい。 対ダチョウや風雲にゃんこ塔で活躍可能なため、対白の限定超激がいない場合、キャッツアイの投入が視野に入る。 役割は波動を防ぎつづけること、そのためには耐久力が最重要。 ただし現状では、激レアので事足りる場面も多く、他に優先させたいキャラがいるなら後回しでも平気。 攻撃モーションが長すぎる、敵陣に突っ込みやすい、と難題も抱えているが、 感知射程850は優位に立てるステージが多い。 Lv30でも運用可能だが、致命的な攻撃頻度だけに、攻撃力を上げて少しでもカバーしたいところ。 感知射程500以上の遠方範囲の中で一番高いDPSを誇る。 キャッツアイ投入で、汎用遠方範囲アタッカーとして活躍してもらおう。 めっぽう強い特性も持っているので、キャッツアイ使用の恩恵は大きい。 その効果は混成ステージで大いに発揮される。 独自の強みがないのが強みの偉大なる汎用アタッカー。 射程480からに勝る攻撃頻度で敵に確実にダメージを与える。 攻撃力を上げる事で渾身の一撃が更に強力になる。 攻撃頻度が高くゾンビに超ダメージを持つ。 攻撃力の上昇をゾンビキラーに活かせるのは無論、攻撃頻度が高いので、潜伏前のゾンビをKBさせて潜伏を阻止しやすくなる。 さるかに合戦は第1形態での使用も多いので、レベルを上げておかないとステージ後半には辛くなる。 レベルを上げておくとならとガチンコ勝負も可能。 射程が長くない代わりに高DPSなど、何かしらの強みや爆発力を持つキャラが多い。 射程の関係上殴られやすいため、キャッツアイ投入量=耐久性=キャラの場持ちに直結する。 場持ちが良くなれば次の再生産までの隙を減らせる。 妨害も強力だが、総合性能の高さで対応ステージ以外でも幅広く活躍が可能。 同属性の超ダメージ遠方範囲キャラを入手すると、そちらのほうが攻撃を外しにくく、速攻にも活用できるため、こちらの出番が減ってしまうことも。 対属性特化キャラが揃うまでは、出撃回数が多くキャッツアイ投入の価値を感じやすいが、プレイ期間が長くなるにつれて徐々に優先順位が下がりがち。 : 基本キャラとは除く。 : キャッツアイ【伝説】は、伝説以外のレアリティにも使うことができる。 そのレアリティ専用のキャッツアイの所持数が0個の場合に使用でき、「キャッツアイ【伝説】を本当に使用しますか?」という確認が入る。 : ちびキャラの活躍には高難度のクリアがほぼ必須で、大型のドロップキャラはクリアが上限解放条件なのでさらに遠い。 : 、は最初から解放可能。 : Lv40で通常キャラのLv35相当のステータス• : 「剣士」と名の付くキャラクターは複数いるので、くれぐれも間違えないように。 : ゾンビキラーが無いキャラがゾンビを倒したと同時に草刈りネコが攻撃していればゾンビキラーが働く。 : Lv30だと3秒の間に3399、Lv50だと5400のダメージを与えられる。 この3つのにゃんコンボのうち「トナカイのプレゼント」と「和定食」の発動にはこのトナカイフィッシュが必要。 : 実際の一番はだが2属性しか攻撃できない 今回編集した者です。 私は少し手を加えただけなので、良い記事は前回からの引き継いだモノだと思います。 自分で編集して前任者の苦労が分かりました。 多数のキャラを評価すると表現が単調になるので、言葉の選定には苦労しました。 コスモに関しては、アフロやルガ族がいないと出動機会が多いと思います。 押されている場合はコスモの射程内の敵全てにダメージを与えれます。 条件次第で遠方範囲より多くの敵にダメージを与えれます。 コスモのDPSは低いですが攻撃力は高いです。 Lv50で攻撃力は90450になり、押し込まれてピンチな時のコスモの一撃で展開が変わる場合もありました。 コスモに猫目を投資するのは、起死回生の一発に備えての保険って感じでしょうか。 あと最近のコスモの欄には好意的なコメントが多かったのでオススメに追加した次第です。 再び長文申し訳ないです。 空いた時間を少しずつ使い、数日がかりで『おすすめキャラ』を編集しました。 毎回IDが変わるので履歴のIDはバラバラですが、今週の編集はほぼ私です。 新たにハデスや師範が加わったので追加したり、集団評価から単独評価に格上げしたりしました。 その他、自分で使った印象や概要や過去コメを見直して色々付け加えてます。 単に猫目コスパが良いキャラだけでなく、キャッツアイを使って一人前なキャラ サホリ、囚人 や、コスパが良くなくても一定の効果があるキャラ 草刈り、ゼリー も入れました。 コスモは入れるか迷いましたが手持ちにより使用度が変わりそうなので、含みを持たせて評価しています。 過去のコメントだとヘラクライストもと意見がありましたが、使用度貢献度の観点から除外しました。 2属性が同時に発動すれば違ったかもしれません。 伝説は2体しか持ってないのと、猫目入手が困難なので加えてません。 他の候補に紺野美崎、ちびシンジ、激レアキュゥべえ、ネコセイバー、ビックリマンEXの面々、ミイラ姫レイカ、子連れにゃんこ、スーパーにゃん、ネコックマがありましたが、意見が割れそうなので外しました。 試行錯誤を重ねて自分なりに絞ったつもりですが、色んな見識があると思うので随所加筆修正してもらえたら有り難いです。 あと冗長にならない程度に脚色したりおふざけ要素も入れましたが、気に障るようなら削除して下さい。

次の

【マルチテトラポッドの攻略】にゃんこ大戦争の無課金キャラ中心の編成

ネコエクスプレス 入手方法

ユーザーランク達成など、さまざまな条件を満たすことで一定の上限値まで解放できる。 レベル上限値 〜20 〜25 〜30 〜40 〜50 基本 日本編2章クリア 上限解放なし EX 特定キャラ以外 制限なし ランク1600 キャッツアイ【EX】使用 真・伝説の始まり-古代の呪いクリア キャッツアイ【EX】使用 EX 特定キャラ 真・伝説の始まり-古代の呪いクリア キャッツアイ【EX】使用 現Ver. 下の表は、Lv30時の体力を100%として、敵1体の初撃が当たってから耐えられる攻撃回数と生存時間の関係を、敵の火力別に整理したもの。 実際には、混戦状態で複数の敵から攻撃されたり、KBしたりして、この計算通りにはいかないため参考程度に。 ユーザーランク1600以上で手に入るキャッツアイだが、実はその時点での投入候補は少ない。 最初はあまり派手に使わず、大人しく溜めこんでおくのも一つの手。 しかし、 真レジェンドステージ「真・伝説の始まり」の「」クリアまで解放不可なので要注意。 道のりが相当長いので、ある程度温存しておくと良い。 解放可能になったらまずネコムートのレベルを上げよう。 ネコムートはLv30以降のステータスの伸びがそれまでの半分になるが、それでも攻撃力と体力が共に重要なので十分に恩恵が大きい。 ウルルンとミーニャも扱いやすいので、上記と合わせて自分に合ったキャラにキャッツアイを投入しよう。 どちらも体力が2万に到達しないものの、強化することで前線を維持しやすくなる。 制限無しステージでも、ネコにぎりはふっとばし無効かつ俊足、ちびゴムネコは停止無効を持つため、長射程や遠方範囲で妨害が飛んでくるステージで活躍できる。 ネコにぎりに関しては、レベルを上げ過ぎると「」が成功しづらくなるため、注意が必要。 課金無しで手に入る、ゾンビにめっぽう強いゾンビキラー。 天空のネコ準拠の強さを持ちながら、この特性も合わせ持っているため、対ゾンビユニットとして優秀。 出撃制限ステージでは貴重な遠距離攻撃キャラ。 同レベルのネコキングドラゴンと全く同じステータスなので、ちびの方が活躍の場が広い。 ネコ缶購入組では数少ない戦力にできるキャラ。 攻撃発生・速度が非常に速く、などは壁打ち状態となりノーダメージで処理してしまう。 対赤・黒DPSは、Lv40で13073、Lv50で16043になる。 破格の対黒妨害能力をもつEXキャラ。 しかし、レベルを上げ過ぎると攻撃力も上がり、溜めづらくなるので注意。 Lv36で強化倍率100%のを一撃で倒せる。 優先して育成したいところだが、必要XPが多いため、キャッツアイ投入はXPに余裕が出来てからでも良い。 貴重な対ゾンビ能力を持つ量産壁。 ゴムネコと同じ価格・再生産で、 Lv50で対ゾンビ体力47250となり優秀。 浮いている敵にめっぽう強いを持つが、その真価は 多くの妨害を無効にすることにある。 Lv50で体力は30780になり、いざという時の壁になる。 妨害が厳しいステージで役に立つので、制限ステージ以外でも腐らない。 のスケールダウン版。 移動速度が40もあり攻撃発生も速く、ネコエクスプレスと同じく一撃を入れやすい。 Lv50で攻撃力は21600になるので意外と侮れない。 キャッツアイの入手量が多いが、使用したいキャラも多い。 ガチャ産のレアキャラは+値と合わさると非常に頼もしい強さになる。 量産可能な高性能キャラ。 様々なキャラが追加された現在では以前ほどの威光はないが、それでも強力なキャラクター。 コストの割に火力がやや抑えめなので、キャッツアイで少しでも火力を上げていきたい。 このキャラも量産可能なアタッカー。 ネコパーフェクトと比較するとコストが安く、実は射程250未満であればこちらのほうが性能が高い。 や生き残り能力があるため、また違った強さがある。 天使に打たれ強い量産可能な壁キャラとしては全キャラでも最高峰で、ユーザーからの評価は極めて良好なキャラ。 こちらもを得て更に好評になった。 対天使体力は、Lv40で115500、Lv50で141750という高耐久性を誇る。 壁役だけでなく汎用アタッカーとしても優秀で、攻撃頻度のお陰で弱いメタルな敵も裁くことが可能。 超難関ステージ「断罪天使クオリネル降臨」などの、天使が猛威を振るうステージでは非常に頼もしいキャラとなる。 ワープを使う敵(主にスターエイリアン)に対して有効。 スター・ペンなど、高頻度で確定ワープをしかけてくる敵が多く出現する 宇宙編の難易度をかなり下げてくれる。 出撃制限で編成枠上段しか使えないステージの場合、壁キャラを複数組み込む事が困難なため、サテライトを編成すると非常に安定する。 また、合計レベルをLv59まで上げることで風雲にゃんこ塔40階のウララーの攻撃を一発耐えられるため、攻略が安定しない人は編成を検討する価値がある。 高い体力と赤い敵にめっぽう強い特性を持つ。 攻撃力は低いが範囲攻撃。 赤ステージではこれを量産しているだけでカタがついてしまうことも。 「地獄門」でもかなり有効。 クリティカルキャラが揃ってきても活躍できる。 ゾンビ版ねこラーメン道。 防御のみのと違い攻撃力も持ち合わせ、難敵の体力を削れる壁兼量産ゾンビキラー。 初めのうちは強くないが、 レベル、+値、本能を強化していくごとに使い勝手が向上していく大器晩成型アタッカー。 範囲攻撃に加え、本能を開放することで、最終的に撃破時お金アップ・ゾンビキラー・体力減少で攻撃アップと、アタッカー向きの能力を備えるようになる。 ステータスが伸びればそれだけ敵にトドメを刺す機会が増えるので、Lv上昇の恩恵は大きい。 ゾンビキラー持ち。 攻撃頻度がラーメン道以上で、常時ダメージを与え続けられる。 攻撃力を上げれば他のキャラが倒し損ねたゾンビにトドメを刺す機会も多くなる。 常設レアキャラでは三番目に体力が高く、場持ちの良さは妨害の効果にも影響する。 レジェンドクエストでは緊急メタル対策にもなるので、Lv40ぐらいまでは上げたい。 妨害要員ながら体力が比較的高く、攻撃頻度も高い範囲攻撃なのでアタッカーの素質も持つ。 本能に恵まれており、本能解放と+値が付いてきたらキャッツアイを投入してもいいかもしれない。 コスト、再生産も悪くなく、攻撃力を上げれば数の暴力で強力な援護射撃ができる。 特殊な壁キャラ。 元々体力が高いので伸び幅が大きい。 Lv50で体力162000となり、かなり強固な置き石となる。 戦闘序盤のお財布レベル上げやゾンビの地下誘導、敵の足止め等、使い道は多い。 メタル・古代種に打たれ強い特性を持つ安価壁。 キャッツアイを投入すれば 素でLv80並みの体力になり、メタル・古代種相手には頼もしい壁となる。 生産速度の遅さはでカバー。 Lv5波動 射程1132. 5 を放つ使い捨てキャラ。 Lv50で攻撃力40500になる。 本体は短射程のため攻撃を当てるにはタイミングや運要素が影響するが、攻撃が決まれば超射程で大ダメージを与えられる。 レアでは貴重な を超える超射程。 溜めればそれなりの攻撃頻度と火力になり、同ステージでやに苦戦する場合はこのキャラの力が欲しくなるだろう。 またの要因としても優秀である。 上記のにゃんこ囚人と同等以上に 優秀ながあり、編成される機会は意外と多い。 レベルを上げておけばコンボ要員の置物にならず、巨神ネコ並の体力を発揮できる。 また、「動きを止める」を持っている敵キャラに対しても微力ながら戦力になるだろう。 一通り優秀なキャラのレベルを上げ終わったらキャッツアイの投入も視野に入れてほしい。 月イベントドロップキャラの1体。 の優秀さとしてはピカイチとも言えるラインナップ。 単純にコンボの数が多いだけでなく用途が多いものも複数あり、中でも初期所持金を一番多く上げるにゃんコンボは普段のステージ周回でも頼りにしているユーザーも多いだろう。 更に 再生産に対しての攻撃性能も破格であり、短射程の敵や敵城のトドメとしての攻撃で発揮する他、お金2倍の能力を持つのでコンボと合わせて資金調達としての役目に秀でている。 それらが多く出現する 「ゲリラ経験値」ステージの難易度を下げてくれる。 両キャラともコラボキャラしか排出しないガチャなので+値を付けやすく、Lv50以上にしておけば更に心強い。 チビガウとノノを比較すると、ステータスや移動速度、リーチ等は異なるが、ほとんど誤差の範囲内。 勿論併用もあり。 両者とも Lv40で対浮き体力が66000、Lv50で81000となる。 タクユキの方がやや生産性が良い分コストが高めなので、どちらの使い勝手が良いかはステージ次第。 勿論併用もあり。 赤い敵に打たれ強い特性を持つ。 元の体力が高いのでキャッツアイの効果も高く、 Lv50で対赤体力は108000になる。 ワープ無効は持っておらず再生産も遅いが、育てておけば制限ステージでのサポート要員になる。 Lv50だと対エイリアン体力は両キャラとも121500になりバカにできない。 シンジはゾンビにも対応しているので、未来編ゾンビ襲来にも適性がある。 狂乱シリーズは優先的にキャッツアイを投入したいが、キャッツアイが解放されるユーザーランク1600から、狂乱シリーズの上限レベルが解放される3650までが中々遠い。 ある程度狂乱キャラに使うキャッツアイを残しながら、他の激レアキャラに使っていくのが良いだろう。 激レア用のキャッツアイは、まず狂乱シリーズに優先的に使用するべき。 基本キャラの成長具合などにもよるが、最低でもとは上げておきたい。 次に使用頻度が高い、、はXPと相談しながら上げていこう。 貴重な波動ストッパーで、浮いてる敵にも打たれ強い。 後続を守るためにも体力を強化したい。 キャッツアイ投入と同時に本能の基本体力だけでも解放してあげよう。 波動ステージ以外でも活躍の場があり、狂乱シリーズと並ぶ最優先候補。 コストに対して破格の攻撃力・体力を持つキャラクター。 ただし単体攻撃。 基本性能が高く、キャッツアイ投入の効果は大きいが、癖が強いため素の状態では優先度は低い。 本能の 撃破時お金アップを解放してからが本番となる。 独自の強みを持つようになるため、特に攻撃力が上がる意味は大きい。 浮いてる敵に対する超ダメージの有効性は当然ながら、移動が速いため速攻ステージでも活躍できる。 カオル系・ブンブン系は無論のこと、大型敵キャラの攻撃の隙間に一撃を入れられるので、レベルアップの価値はある。 レアキャラよりも基本性能が高いので、キャッツアイの恩恵もまた大きい。 キャッツアイの数次第ではレベル上げも視野に入ってくる。 当面は居なくても困らないキャラクター。 真価を発揮するのは真レジェンドステージから。 第3形態に進化することで 古代種にめっぽう強い特性を身につける。 古代種に手こずるようなら迷わずキャッツアイを使おう。 ゾンビ妨害要員としても優秀だが、 量産可能で遠方範囲も持ち合わせているため、レベルを上げれば本職のゾンビ狩りでも仕事をしてくれる。 また通常ステージや「ランキングの間」のサブアタッカー等、活躍できる幅が広い。 無課金で入手可能なクリティカル要員としてはかなりの良性能を誇る。 レジェンド終盤のメタルな敵は倍率が高く、体力も上がっているので、や等、クリティカル超激レアを持っていない場合は特に投入価値が高い。 攻撃モーションは長いが、当たりさえすれば確定クリティカル。 第2形態Lv36で強化倍率200%のを一撃、また、第3形態Lv40で100%を一撃で倒せる。 安価な速攻要員として唯一無二の性能。 撃破時お金アップを持っており、火力上昇の恩恵は大きい。 エクスプレスで敵撃破からのはもはや定番の一手。 早めに育ててあげると周回ステージや速攻攻略が楽になる。 単体攻撃ながら全属性に様々な妨害効果を持つ。 このキャラも 撃破時お金アップを持っており、攻撃力はできるだけ上げておきたい。 対ゾンビ量産キャラの中でも高体力で足が速いため、長射程のゾンビに強く、キャッツアイにより更に耐久性を高められる。 アタッカーのガオウ系とダルターニャ系は当然として、妨害役のミタマ系も持ち前のKB数の多さと合わせ、キャッツアイ投入で反則的な耐久力となる。 また新規参入のキャスリィも、唯一無二の烈波と強力な妨害でキャッツアイ投入に足る性能だ。 入手確率は低いが、もし手に入れた場合は最優先でキャッツアイを使おう。 汎用量産アタッカー。 もっとも活躍するのは対黒・天使だが、 基本性能が平均より高いので、ほぼ全ステージで使える。 代用できるキャラや状況次第でこちらより秀でているキャラも多いが、それでも高評価を受けているだけの性能を誇る。 対黒・天使の要塞。 キャッツアイを投入することでボス級の体力がさらに上がり、どんな強敵が出現するステージでも安定した守りを見せてくれる。 対黒・天使体力は、Lv40で1595000、Lv50で約196万になる。 超射程火力。 射程600の遠方範囲ダメージは多くの場面で使え、特に接近に苦労する射程500〜550の難敵に刺さる。 キャッツアイを使うことで、超射程に加え反則級の火力となり、さらに使い勝手が向上する。 超ネコ祭・極ネコ祭限定キャラと比較されるほどに使い勝手が良い妨害キャラ。 動きを止めるのが主な役割ではあるが、キャッツアイを使用することで広範囲にそこそこのダメージを与えられ、生存率も上がり攻略に有利に働く。 おのずと使用機会が多くなるので、早めにレベルアップしても損はない。 全属性に打たれ強いと言っても差し支えない体力モンスター。 Lv50で体力が675000になる。 古代の呪いもなんのその、いついかなる時も壁として機能する。 攻撃頻度が高く雑魚処理係としても優秀。 をカトンボ扱いできる毒撃無効持ち。 速めの移動速度、超激レア有数の攻撃頻度、遠方範囲、対浮きに超ダメージ、と色々兼ね備えすぎており、超ダメージ抜きにしても強力。 位置ずれを気にせず大量の雑魚処理ができるとあって、活躍するステージは非常に多い。 対黒・エイリアン・ゾンビの高耐久壁。 ガメレオンと比較すると、体力では劣るが再生産で勝る。 特にゾンビに対しては鉄壁の守りを誇り、後続と分断されても崩れない。 難敵、に対する最適解の一つ。 また、エヴァ初号機共々、未来編ゾンビ襲来の難易度を下げてくれる。 射程が長く攻撃回転が速いため、汎用性が高い。 かつ、体力減少で攻撃力2倍という恵まれた能力を持つ。 Lv50で体力124000、体力減少でDPS10900。 これに加え、エイリアン・ゾンビにめっぽう強い+ゾンビキラー+バリアブレイカーという破格の能力となる。 超ダメージ+遠方範囲+高DPSと基本性能が属性トップレベルなので、腐りにくい。 また、前者は数少ない教授キラーの一角。 もともと高かった火力・体力がさらに上昇し、他に替えの効かない唯一無二の殴り合いユニットとなる。 本能解放により、そして伝説へ…。 最大で 一撃36万ダメージの一振りは、もはや鬼を超えて悪魔である。 近距離殴り合い+波動キャラ。 このキャラも前線で殴り合いをするキャラなので、キャッツアイの投入で化ける。 Lv50で放つ、威力94500、射程532. 5の波動は圧巻の一言。 「ランキングの間」でも活躍が期待できる。 や等、こちらの壁を削りつつじわじわ押してくる敵を一人で抱え込み、その一発で戦況をひっくり返す火力も持っている。 前者は対浮きキャラ。 後者は対黒・ゾンビだが、特にゾンビ戦で活躍する。 耐久型に見せかけた高DPSの殴り合いキャラ。 近づく敵を高い火力・体力で叩き潰す。 黒い敵に打たれ強く、再生産の速さと攻撃力アップによる爆発力、加えて波動無効も魅力。 にゃんまやベビーより射程があり、出撃する機会も多いので、キャッツアイ投入と共に本能も解放したい。 赤・黒・エイリアンをふっとばす能力を持つ。 単体攻撃だがマシンガンのように連続攻撃を繰り出す。 Lv50で体力が121500、DPSが40500になり、対応属性以外とも 蹴り殴り合える。 一秒でも長く前線にとどまり、より多くの敵に必殺の一撃を叩き込むことが使命となるユニット。 難所攻略の他、特に周回ステージや「ランキングの間」で大活躍する。 単発攻撃ながら、射程720で圧倒的な攻撃力を繰り出すキャラ。 Lv50で攻撃力197100、DPS約24200、クリティカルが出ればさらに倍。 風雲にゃんこ塔などでも存分に活躍できる。 圧倒的なKB数と特殊な火力の高さを持つキャラ。 KB数が多いため、体力の高さが生存力に直結しやすい。 対ダチョウや風雲にゃんこ塔で活躍可能なため、対白の限定超激がいない場合、キャッツアイの投入が視野に入る。 役割は波動を防ぎつづけること、そのためには耐久力が最重要。 ただし現状では、激レアので事足りる場面も多く、他に優先させたいキャラがいるなら後回しでも平気。 攻撃モーションが長すぎる、敵陣に突っ込みやすい、と難題も抱えているが、 感知射程850は優位に立てるステージが多い。 Lv30でも運用可能だが、致命的な攻撃頻度だけに、攻撃力を上げて少しでもカバーしたいところ。 感知射程500以上の遠方範囲の中で一番高いDPSを誇る。 キャッツアイ投入で、汎用遠方範囲アタッカーとして活躍してもらおう。 めっぽう強い特性も持っているので、キャッツアイ使用の恩恵は大きい。 その効果は混成ステージで大いに発揮される。 独自の強みがないのが強みの偉大なる汎用アタッカー。 射程480からに勝る攻撃頻度で敵に確実にダメージを与える。 攻撃力を上げる事で渾身の一撃が更に強力になる。 攻撃頻度が高くゾンビに超ダメージを持つ。 攻撃力の上昇をゾンビキラーに活かせるのは無論、攻撃頻度が高いので、潜伏前のゾンビをKBさせて潜伏を阻止しやすくなる。 さるかに合戦は第1形態での使用も多いので、レベルを上げておかないとステージ後半には辛くなる。 レベルを上げておくとならとガチンコ勝負も可能。 射程が長くない代わりに高DPSなど、何かしらの強みや爆発力を持つキャラが多い。 射程の関係上殴られやすいため、キャッツアイ投入量=耐久性=キャラの場持ちに直結する。 場持ちが良くなれば次の再生産までの隙を減らせる。 妨害も強力だが、総合性能の高さで対応ステージ以外でも幅広く活躍が可能。 同属性の超ダメージ遠方範囲キャラを入手すると、そちらのほうが攻撃を外しにくく、速攻にも活用できるため、こちらの出番が減ってしまうことも。 対属性特化キャラが揃うまでは、出撃回数が多くキャッツアイ投入の価値を感じやすいが、プレイ期間が長くなるにつれて徐々に優先順位が下がりがち。 : 基本キャラとは除く。 : キャッツアイ【伝説】は、伝説以外のレアリティにも使うことができる。 そのレアリティ専用のキャッツアイの所持数が0個の場合に使用でき、「キャッツアイ【伝説】を本当に使用しますか?」という確認が入る。 : ちびキャラの活躍には高難度のクリアがほぼ必須で、大型のドロップキャラはクリアが上限解放条件なのでさらに遠い。 : 、は最初から解放可能。 : Lv40で通常キャラのLv35相当のステータス• : 「剣士」と名の付くキャラクターは複数いるので、くれぐれも間違えないように。 : ゾンビキラーが無いキャラがゾンビを倒したと同時に草刈りネコが攻撃していればゾンビキラーが働く。 : Lv30だと3秒の間に3399、Lv50だと5400のダメージを与えられる。 この3つのにゃんコンボのうち「トナカイのプレゼント」と「和定食」の発動にはこのトナカイフィッシュが必要。 : 実際の一番はだが2属性しか攻撃できない 今回編集した者です。 私は少し手を加えただけなので、良い記事は前回からの引き継いだモノだと思います。 自分で編集して前任者の苦労が分かりました。 多数のキャラを評価すると表現が単調になるので、言葉の選定には苦労しました。 コスモに関しては、アフロやルガ族がいないと出動機会が多いと思います。 押されている場合はコスモの射程内の敵全てにダメージを与えれます。 条件次第で遠方範囲より多くの敵にダメージを与えれます。 コスモのDPSは低いですが攻撃力は高いです。 Lv50で攻撃力は90450になり、押し込まれてピンチな時のコスモの一撃で展開が変わる場合もありました。 コスモに猫目を投資するのは、起死回生の一発に備えての保険って感じでしょうか。 あと最近のコスモの欄には好意的なコメントが多かったのでオススメに追加した次第です。 再び長文申し訳ないです。 空いた時間を少しずつ使い、数日がかりで『おすすめキャラ』を編集しました。 毎回IDが変わるので履歴のIDはバラバラですが、今週の編集はほぼ私です。 新たにハデスや師範が加わったので追加したり、集団評価から単独評価に格上げしたりしました。 その他、自分で使った印象や概要や過去コメを見直して色々付け加えてます。 単に猫目コスパが良いキャラだけでなく、キャッツアイを使って一人前なキャラ サホリ、囚人 や、コスパが良くなくても一定の効果があるキャラ 草刈り、ゼリー も入れました。 コスモは入れるか迷いましたが手持ちにより使用度が変わりそうなので、含みを持たせて評価しています。 過去のコメントだとヘラクライストもと意見がありましたが、使用度貢献度の観点から除外しました。 2属性が同時に発動すれば違ったかもしれません。 伝説は2体しか持ってないのと、猫目入手が困難なので加えてません。 他の候補に紺野美崎、ちびシンジ、激レアキュゥべえ、ネコセイバー、ビックリマンEXの面々、ミイラ姫レイカ、子連れにゃんこ、スーパーにゃん、ネコックマがありましたが、意見が割れそうなので外しました。 試行錯誤を重ねて自分なりに絞ったつもりですが、色んな見識があると思うので随所加筆修正してもらえたら有り難いです。 あと冗長にならない程度に脚色したりおふざけ要素も入れましたが、気に障るようなら削除して下さい。

次の

Nzクローラー、NzクローラーJrのウイング(羽)の入手方法

ネコエクスプレス 入手方法

もくじ• 出現する敵 まずは出現する敵のおさらいから。 敵キャラ全体のキャプチャーを撮り忘れてしまいましたが、確かこんな感じです。 例のヤツ (白) スリラーズ (ゾンビ) ハサミーマン (エイリアン) かわわっぱJr. (白い敵) 強化されたハサミーマン、地味に攻撃力が高いスリラーズ、そしてなんと言ってもかわわっぱJr. の烈波(れっぱ)の前に高体力の超激レアですらなすすべなく蒸発。 あらゆる戦法を試した結果、大量のリーダーシップとアイテムを失うことになりました。 参考にさせて頂いたのはです。 キャラ編成(参考) 出撃制限攻略のキャラ編成です。 ムキあしネコ ねこランタン 大狂乱のムキあしネコ キモマロにゃん にゃんこ化癒術士CC 使わない 使わない Lv40 使わない Lv40 大狂乱のゴムネコ ネコゼリーフィッシュ ネコカメカー ネコエクスプレス 覚醒のネコムート Lv50 Lv50 Lv50 Lv40 Lv50 とても良い編成です。 と言うよりこれ全部揃えないと出撃制限狙いでのクリアは難しいですね。 にゃんコンボ この攻略ではにゃんこ化癒術士CCの動きを止める効果とにゃんコンボの「動きを止める」効果アップ小中の重ね技でスリラーズを完全停止させる必要があります。 出撃制限攻略の話し さてここからは攻略話です。 最大12体までしか画面上に敵が出ない制限を利用して攻略します。 つまりゾンビのスリラーズを完全停止させて上の画像のような状態を作りだします。 さて、どのように計算するのか?強化されたハサミーマンをネコカメカーでフィニッシュするための小学生レベルの引き算をするだけです(笑) では早速計算してみましょう!下の表は 私の場合(重要)です。 覚醒のネコムートは2回目の攻撃の前に大狂乱のゴムネコを出してハサミーマンの攻撃を防ぎましょう。 そしてネコムートの2回目の攻撃後に大狂乱のムキあしネコで調整しているのがポイントですね。 因みに火力調整はキャラの進化形態を変えて攻撃力を下げるなんて手もあります。 ネコゼリーフィッシュの波動は「例のヤツ」を処理できるので、非常に優秀です。 何度かやっていれば、下の状態は簡単に作りだせるようになるかと思います。 スリラーズを二匹、三匹、、、と十二匹まで数えながら眺めている期間に突入するのですが、スリラーズが停止する前にネコカメカーにダメージが入る事があります。 これがなかなか危険です。 ネコカメカーが粉砕されたらジ・エンドなので、より安定させるためにネコカメカーはLv50まで上げています。 その体力はなんと162,000にもなります!また癒術士も攻撃頻度的に2体で停止させた方が安定します。 2体目出す時は、1体目と攻撃モーションが重ならないように、数秒ずらしましょう。 スリラーズが12体揃ったら、覚醒のネコムートを出して勝ち確定、、、ではないです。 12体重なったスリラーズの攻撃力が半端ないので、一つ目のネコカメカーだけではすぐに粉砕されてしまいます。 ネコカメカーをぶつけてタイミングよく癒術士を出し、そこでスリラーズをうまく停止させる事ができればようやく勝ちです。 入手できるキャラ レアキャラ「ネコックマ」をゲットしました!1回目の勝利では貰えなかったので、2回目以降、トレジャーレーダーを使ってゲットしました(笑) さて、ゲットしたネコックマを見てみましょう。 スリラーズを12体停止させたら覚醒のネコムートを出撃。 スリラーズ復活に備えて、ネコカメカーとにゃんこ化癒術士は出撃可能状態にしておきましょう。 2020年2月 月 火 水 木 金 土 日 2 3 4 5 6 7 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 24 25 26 27 28 29 最近の投稿• カテゴリー• 17 タグ.

次の