ルパン の 娘 視聴 率。 『ルパンの娘』“本当の視聴率”は2倍で大ヒット?視聴率、もはや評価指標となり得ず

ルパンの娘視聴率と評判評価!最終回まで随時更新

ルパン の 娘 視聴 率

木曜劇場『ルパンの娘』で主演を務める深田恭子。 その中でも一際目を引くのが、真っ赤な泥棒スーツに身を包むヒロインの深田恭子。 今年1月スタートのドラマ『初めて恋をした日に読む話』 TBS系 に出演。 「どこからツッこんでいいのかわからない」といったコメントが、SNS上でも躍るほど振り切ったこのドラマ。 「このドラマを手掛けているのは、今年映画『翔んで埼玉』を当てた徳永友一脚本・武内英樹監督のヒットメーカーコンビ。 武内監督は、あの映画『テルマエ・ロマエ』シリーズも手掛けたコメディの手練れでもあります。 「奇抜な設定、コメディタッチな演出もさることながら、要所要所に散りばめられた小ネタもこのドラマの見どころ。 第5話ではドロンジョ 田中 が、セクシーなファッションに身を包み何度も足を組み替える場面は、エロティック・サスペンスムービー『氷の微笑』のシャロン・ストーンへのオマージュ。 世界を股にかける大泥棒・円乗寺輝 大貫勇輔 がレーザーセンサーを華麗なダンスでクリアする姿は映画『オーシャンズ12』のレザーダンスへのオマージュといった具合に、武内監督のこだわりが随所に見られます」 同・制作会社プロデューサー 残念ながら番組の平均視聴率は一桁台に低迷しているものの、動画配信サービス「FOD」の見逃し配信視聴数では第一話が最高記録を更新。 録画で観たタイムシフト視聴率も高く、突き抜けたエンタテインメント性が若者を中心に評価されていると見るべきではないか。 今年も『年間視聴率三冠王』を狙う日本テレビは、去年から賀来賢人主演の『今日から俺は!! 』、菅田将暉主演『3年A組』といったドラマで若年層の個人視聴率を順調に伸ばしています。 実はこのドラマを手掛けていたのが、何を隠そう武内監督だ。 このドラマで深田は金城武とW主演。 援助交際の末にHIVに感染する女子高生役を演じ、回を追うごとに視聴率を上げ最終回の平均視聴率は28. 「中でも二人の1分を超えるキスシーンは、名場面として語り継がれています。 しかも映画『ヤッターマン』、そして現在放送されている東京ガスのCMでは、往年の名作『うる星やつら』のラムちゃんにも扮するなど、コスプレに関しては向かう所敵なしの深キョン。 今回の振り切った役どころでティーン層の新しいファンもゲットして欲しいですね」 テレビ誌ライター しかし、そんな深田だが、先月情報バラエティ番組「直撃! シンソウ坂上」 フジテレビ系 に出演した際には、「毎日明日が不安」と本音を漏らす一幕もあった。 「ホリプロには深田を筆頭に綾瀬はるか、石原さとみの三羽ガラスに加えて高畑充希もゴールデンタイムの主演女優に名乗りを上げています。 文:島右近(放送作家・映像プロデューサー) 神奈川県出身。 バラエティ、報道、スポーツ番組など幅広いジャンルで番組制作に携わる。 女子アナ、アイドル、テレビ業界系の書籍も企画出版、多数。 ドキュメンタリー番組に携わるうちに歴史に興味を抱き、近年『家康は関ヶ原で死んでいた』 竹書房新書 を上梓• 撮影:原一平.

次の

深田恭子『ルパンの娘』“本当の視聴率”が20%超え?勢い収まらずブーム増殖中

ルパン の 娘 視聴 率

2019年夏ドラマ 『ルパンの娘 』 の前評判と放送後の評判との違いや、視聴率から視える評判・評価 を最終回まで随時更新していきます。 ドラマ『ルパンの娘』の主演を務めるのは深田恭子さんです。 放送された後に、ここが面白い・又は面白くないといった視聴者からの評判などの反応を毎話取り上げていきます。 それと、この ドラマ枠の過去の視聴率と比較して、今作 『ルパンの娘』 の評判がどうのように評価されていくのか、1話~最終回までの視聴率の変化もまとめています。 この記事では、前評判と放送後の評判の違いなどを見ると面白いかもしれません。 ルパンの娘の評判・評価は?視聴率の推移を見る! 1話~最終回まで放送された視聴者の評判を毎話取り上げていき視聴率を公開していきます。 1話 視聴率8. とくに良かったのは華の恋人の和馬が自分の家族に警察として働いている人以外との結婚は認めないと言われても、まったく諦めていなかったところです。 とても真っ直ぐで誠実で、一生懸命華のことを想っている和馬を観ていると、つい2人の結婚を応援したくなります。 華は泥棒一家に生まれたことを後悔していて、普段は図書館司書として働いていますが、1話では愛する和馬を助けるために再び泥棒として活躍してしまいました。 確かに盗みは許されることではありませんが、このLの一族がやっていることはすべてが悪いことだとは言い切れないなと思いました。 泥棒として生まれたことを恥ずかしく思っていて、泥棒になることをあれだけ嫌がっていたのに、いくら和馬を助けるためだといっても、すんなり泥棒の衣装に着替えすぎだと思いました。 悦子と尊に泥棒になって助けに行くことをすすめられても、最初はもっともっと嫌がって、断った方がいいと思います。 その方が本当に泥棒として生きることを嫌だと思っているのだということが視聴者に伝わったと思います。 悩んで、迷って、でも和馬を助けるために仕方なく泥棒になるのだというところがもっと伝わってこればよかったのになぁと少し残念に思いました。 2話 視聴率7. 第2話の面白かった点については、警察官の親と、泥棒の親との親同士の対面のシーンはコミカルであり非常に楽しく見る事ができ、面白かったです。 実際の泥棒のシーンになると、深田恭子がリーダー的な動きをする点や、秘密兵器といわれるハイテク機器が登場する点は面白く見る事ができました 今回の泥棒のシーンで使用された、トリック(秘密兵器)を使用するシーンでは有名なミッションインポッシブルのトリックが使われており、それを堂々と認めているので問題はなかったですがやはり、発覚する落ちを知っているので、その点はもう、ひとひねりが欲しかったと感じました。 又、落ちの犯人のUSBメモリを渡す方法なども、コメディーなので仕方ないのですがあまりにも非現実的な渡し方をしたので、少し物足りなさを感じました。 3話 視聴率8. いつもながら悦子はド迫力の演技で、最後に子供が生れた設定で感激しながら秘宝を奪った尊も、人を巻き込むハイテンションの演技が上手すぎました。 良かったシーンは、華が来るのに備えて、和馬が素振りをしてシャワーを浴びていたシーンです。 見事な上半身の筋肉に釘付けになりました。 華が家に来るというだけで、ここまで準備するなんて、いじらしくて可愛いと思いました。 他にも、和馬の犯人との格闘シーンがあり、素早い動きがとても素敵でした。 第3話であまり面白くなかったシーンは、尊と悦子が見つからないように、華が和馬に一芝居打ったシーンです。 華に迫られた和馬はついその気になってしまい、何だか気の毒でした。 良くなかったシーンは、美佐子が証拠を掴むために認めると嘘をついて華を家に招いたシーンです。 純粋な華を喜ばせて、指紋や血液を入手していた美佐子が怖すぎました。 旅行に行ったと見せかけて戻ってきた美佐子のシーンも、家に来ていただけで泥棒猫は言い過ぎだと思いました。 4話 視聴率5. コメディ展開が楽しいこのドラマですが、序盤から正体がバレるかもという展開に最終回までごまかすことができるのか、気になります。 ドラマの登場人物たちのキャラクターがとにかく濃くて面白く、1時間が毎回あっという間です。 また泥棒への変身シーンのオープニングはイントロがかかるたびに来た来た!とちょっとダサい感じがヤケにクセになります。 木曜の週半ばの夜に気楽に楽しく見るのにぴったりのドラマです。 岸井ゆきのさん演じる和馬のお見合い相手のエミリのキャラクターが575調の俳句でしか会話のできないキャラクターだとあらすじで見ていたので、よっぽど濃いのだろうなと楽しみにしていました。 個人的には朝ドラまんぷくも見ており、ドラマ内で夫婦だった2人の共演が気になりました けれどもっと話を引っ掻き回すかと思いきや物分かりの良いキャラクターだったので、もう少しぶっ飛んでいてもこのドラマでは浮かないのかなと思いました。 視聴率は翌日の朝10時頃になります。 スポンサーリンク ルパンの娘の前評判は?主演:深田恭子 果たして視聴する人は『ルパンの娘』主演を務める深田恭子さんの、放送前の評判は?どのようなコメントをしているでしょうか。 最終回は刑事の彼と泥棒の彼女とのバトルアクションもあるかもしれませんね、深田恭子さんの戦う姿も見てみたいです、アクション女優の仲間入りになったら嬉しいかもです。 意外に恋愛要素があるんじゃないかと思ってます。 美術館や博物館にいって、仲間と共にお宝を盗んでいく展開になるんじゃないかと思います、見どころは何と言っても、深キョンのボディースーツを着ての演技する姿。 もう35歳ぐらいなのにスタイルが良い。 最終回はどうなるかの予想は、おそらく相手役の警官に捕まるんだけど見逃して一緒になって駆け落ちするんじゃないかと思います。 とにかくこの「ルパンの娘」の放送を楽しみに待ちたいと思います。 恋人役が瀬戸康史さんなのも良いです。 泥棒一家に生まれ育った女性と、警察官一家に生まれ育った恋人の取り合わせがユニークです。 恋人のためにも泥棒をやめたいと葛藤しながらも、家族との間で揺れ動く主人公をコミカルに描くようなので、気楽に観られそうで楽しみです。 最後は恋人に泥棒だと気付かれてしまうと予想します。 そして警察官の彼のために「泥棒をやめる」と誓い結婚しますが、実は彼が仕事で泊まりの時などを狙い、ちゃっかり泥棒を続けるというオチかな?と思っています。 飛んで埼玉やテルマエ・ロマエのスタッフさんが制作するとのことなので、笑ってホロリできるドラマになると期待しています。 嫌なニュースばかりで気が滅入るため、ドラマくらいは明るく楽しくがいいです。 0%ぐらいが当たり前の数値になってきています。 深田恭子さんのこれまでのドラマは、『富豪刑事』『ダメな私に恋してください』のような、一風変わった人物やダメ人間役を演じた時の方が、面白味が出て注目されてきました。 ドラマ『ルパンの娘』はエンターテインメントの粋を集積させた奇想天外なラブ&コメディーとなっているので、これまでの低視聴率の枠から一変しそうな予感がします。 全話平均視聴率9. 0%になると予想しています。 最近の投稿• カテゴリー• アーカイブ•

次の

『ルパンの娘』“本当の視聴率”は2倍で大ヒット?視聴率、もはや評価指標となり得ず

ルパン の 娘 視聴 率

深田恭子の演技がひどい。 ナレーションもしているが、これまたひどい。 すごくかわいいからドラマを続けてみたいと思うが、演技だけでなく内容もあまり惹かれない。 主役以外のわき役は上手い方は多いと思う。 また、主役のおばあちゃん役の方はインパクトがありよいと思う。 【5段階評価-4. くぢら KaijinDebeso ルパンの娘、深キョンと瀬戸康史の顔面力、ダサいオープニング、ダサい変身シーン、深キョンの谷間出血大サービス、引きこもりの兄まで変身、全部最高か。 個人的には突然ミュージカルを始めた彼 名前分からんごめんな に注目。 そんな出番無かったけど私多分このキャラ好き。 所作が美しくて調べたら中の人ミュージカルとかやってる方だった。 【第2話】ドラマ『ルパンの娘』見逃し動画無料フル視聴はコチラ.

次の