郵便局 あて所に尋ねあたりません。 戻ってきた郵便物の再郵送料について

ちゃっぱさんの研究室

郵便局 あて所に尋ねあたりません

送った郵便物が自分のところへ戻ってきてしまいました。 再度送りたいのですがどうしたらいいですか? 郵便物等が差出人さまに返還される 戻ってしまう 場合、返還理由が郵便物等に記載されています。 主な返還理由• あて所に尋ねあたりません:あて先の住所に受取人が居住していない。 あて名不完全で配達できません:あて先が不完全のため、配達できない。 保管期間経過のため返還:受取人が不在のために郵便局でお預かりしていた郵便物等の保管期間 配達の翌日より7日間 に受取人が受け取らない。 再度お送りになる場合は、下記の手順で手続を進めてください。 はがきの場合• 「お返しした理由」の欄を二重線で消去し、必要に応じて正しいあて先・住所・氏名を記載してください。 表面の見やすい所に赤い文字で『再差出し』と記入してください。 再度切手を貼付して最寄りの郵便局に差し出してください。 はがき以外の場合• 新しい封筒に必要に応じて正しいあて先・住所・氏名を記載してください。 再度切手を貼付して最寄りの郵便局に差し出してください。 下記のリンクより、該当郵便局をお探しの上ご連絡ください。 例:記載している住所、あて名に誤りがないのに返還された場合等.

次の

住民票上の住所に送っても「あて所に尋ねあたりません」で返送され...

郵便局 あて所に尋ねあたりません

以前は返却の理由のスタンプが何個か有りました。 「転送期限切れ」 転送の届けが出ていて1年の期限が切れた。 「宛名不完全」 記入された住所が不正確。 町名や番地等が書いてない。 記入された住所に世帯は異なるが同じ氏名の人がいて、どちらに配達するべきか不明。 「棟、部屋番号不明」 マンションやアパートで部屋番号が記入されていない。 しかし、現在では「あて所に尋ねあたりません」の1個で済まされています。 届く日と届かない日は配達員の違いだと思います。 大きな局では郵便物を配達順に並べる人と配達する人が別な場合が有ります。 宛名が好い加減、間違っている、不正確な郵便物は正しい住所を調べるのにかなりの労力を必要とします。 しかも。 そんな郵便物を1度でも届けてしまうと、送り主はその変な宛名で届く物と思い込み、以降正しい住所は絶対に書いてくれません。 そして再度同じような労力を必要とします。 住所が正確でない郵便物は返却が基本です。 変な宛名の郵便物でもサービスで配達をするように心がけているようですが、たった50円や80円の郵便物にそこまでの労力をかけてはいられないのが事実です。 変な宛名の郵便物の場合の配達はあくまでもサービスですので、配達員によって質が違うのは当たり前です。 再送する場合、郵便番号、住所(番地やマンションの棟、部屋番号)氏名は合ってますか?有名なマンションだから番地は不要だとか勝手に思っていませんか? 間違っていなければ、配達員か最寄の郵便局に「住所氏名は絶対に合っているのに返ってきた」と言って渡してください。 その場合は新しい切手は不要です。 ただし、何か間違っていたとか書き忘れていたとかの理由があるなら、新しく切手を貼る必要があります。 この場合も直接手渡すのを勧めます。 「あて所に尋ねあたりません」のスタンプが押してあるのだけをみて、差出人に返ってくる事があります。 ナイス: 13.

次の

戻ってきた郵便物の再郵送料について

郵便局 あて所に尋ねあたりません

このたび、今年度に受講期限を迎える方に、10月から開催する講習の案内を郵送しましたが、氏名と住所がずれたデータを元に発送したため、講習案内が不達となる事案が発生しました。 1 概要 講習案内は、県が受講対象者データを作成したうえで、一般財団法人神奈川県消防設備安全協会に委託して郵送しています。 このたび、県から同協会に提供したデータに基づき郵送した同協会に、「あて所に尋ねあたりません」として講習案内が郵便局から大量に返送されたことから、誤送付が判明しました。 なお、郵便物の中に個人情報は記載されていません。 2 判明している内容 講習案内の郵送数 2,825通 うち、氏名と住所が正しいデータでの郵送数557通 氏名と住所がずれたデータでの郵送数 2,268通 (7月15日15時現在の不達による返送数 2,064通) 3 原因 県が受講対象者データを作成する際、全ての免状所持者を掲載している名簿データから受講対象者を抽出する過程で、氏名と住所のずれが生じましたが、ずれが生じたことに気づかず、データを県から同協会に提供しました。 同協会では、提供を受けたデータを元に郵便物を発送したことで、不達が生じたものです。 4 対応 講習案内を郵送する方の氏名と住所のデータを確認し、誤っている箇所を特定して修正するとともに、不達となった方には、早急に県から講習案内を送付します。 また、不達による返送が確認できない方には、お詫び文もお送りします。 5 再発防止策 今後、郵送のためのデータ提供に当たっては、複数の職員でチェックすることを徹底するとともに、職員研修等により再発防止を図ります。 1 免状の交付を受けた日以後における最初の4月1日から2年以内 2 1 の消防設備士講習を受けた日以後における最初の4月1日から5年以内.

次の