窺う 意味。 伺う・窺う・覗うの違い・意味と使い方 様子を「うかがう」はどれを使う?

【伺う】と【窺う】の意味と使い方・由来や例文

窺う 意味

伺うと窺うと覗うの違い 伺うと窺う覗うの違いを分かりやすく言うと、 伺うとは目上の人に尋ねること、窺うと覗うは穴からのぞき見るように様子を見ようとすることを意味しているという違いです。 一つ目の「伺う」は「目上の人に聞く、質問する、目上の人のもとを訪れる」という意味を持つ謙譲語です。 「お噂はかねがね伺っております」では聞くの意味、「お名前を伺ってもよろしいでしょうか」では質問するの意味、「今から伺います」では尋ねるの意味で、それぞれ伺うという言葉が用いられています。 二つ目の「窺う」と三つ目の「覗う」は「穴や隙間などから隠れて見る」ことを意味する言葉で、ニュアンス的な違いはありません。 どちらの字も常用漢字ではないので一般的にはひらがなで「うかがう」と表記されます。 大元の意味は「小さな穴を通じて、相手に見つからないように見る」という意味ですが、壁に耳を当てて隣の部屋の様子を知ろうとすることも「うかがう」と言われます。 壁に耳当てて隣の部屋の様子をうかがうことは、聞こえてきた音から部屋の状況全体を推測することです。 このように「うかがう」には「一部から全体を推測する」「表面的な物事からその奥にある物を推し量る」という意味の「うかがう」もあります。 例えば「熱心な練習からは意気込みのほどがうかがわれる」というような使われ方をします。 また「それとなく探りを入れる」という意味でも「うかがう」という言葉は使われることがあります。 例えば「顔色をうかがう」と言われれば、相手の反応を見ながら探り探り話をするというような状況を思い浮かべることが出来ます。 伺うの意味 伺うとは、 聞く、質問する、訪ねるなどを意味する謙譲語を意味しています。 謙譲語は文法的な役割の一つで、目上の人に対して使い、相手を尊重すると共に自分は謙遜するという意味合いを含む言葉です。 伺うは謙譲語の中で、相手の話を聞く、相手に質問をする、相手の場所を訪れるなどの意味を持つ言葉です。 例えば「お話を伺いたく存じます」では聞くという意味、「お伺いを立てる」では質問するという意味、「今からお伺いすることは出来ますでしょうか」では訪問するという意味で「伺う」という言葉が使われています。 伺うは、「聞く」や「尋ねる」や「訪ねる」の謙譲語です。 知らない人に道を尋ねる時に、「ちょっとお尋ねします」と言うことがありますが、謙譲語を使って表現すると「お伺いしたいのですが」などとなります。 ちなみに、聞くの対義語・反対語の言うには、謙譲語として「申す」がありますが、質問に答えることや、客人を迎えることには特別な謙譲語の表現はありません。 「ご返答する」や「お迎えする」などを使います。 時々、「お」「ご」を付けると全て尊敬語になると考えて、「ご返答いたします」や「お電話差し上げます」は自分を敬っているようでおかしいと思う人がいますが、それは間違った考え方です。 「お」や「ご」は丁寧さを表す接頭辞なので、謙譲語にもなります。 伺うの伺の字を使った別の言葉としては、貴人のそば仕えをすること、そこから転じて目上の人の機嫌をうかがうことを意味する「伺候」(読み方:しこう)、目上の人の機嫌を伺いながら何かを申し上げることを意味する「奉伺」(読み方:ほうし)などがあります。 窺うの意味 窺うとは、 のぞき穴から見るように、こっそりとさりげなく見ることを意味しています。 窺うは覗うと全く同じ意味で、さらにどちらも常用外の漢字なので普通はひらがなで「うかがう」と表記されます。 ただし国語辞書では窺うという表記の方が使われ、覗うを載せていないものもあります。 「うかがう」は小さな穴からこっそりと見ることを意味します。 窺うという言葉に使われている窺の部首は「穴」(読み方:あなかんむり)であることからイメージしてみて下さい。 小さい穴から見ることが出来る範囲は狭く、得ることが出来る情報はごく僅かなものです。 のぞき穴からこっそりと見る人は、僅かな情報から全体像を想像しなくてはいけません。 そのため「うかがう」という言葉は「一部から全体を推測する」という意味を持つようになりました。 例えば「様子をうかがう」とは、態度としては控えめに観察することですが、何をしているかと言えば、手がかりを集めて状況全体を想像、推測しているのです。 また「一部から全体を推測する」という意味が独立して、視覚以外の意味を持つようにもなりました。 例えば聞き耳を立てることなども「うかがう」と表現することが出来ます。 窺うの類語・類義語としては、物陰や小さな穴などから見ることや、高所から下を見ることを意味する「のぞく」などがあります。 のぞくは漢字で窺くと書くこともあります。 窺うの窺の字を使った別の言葉としては、視野狭窄なこと、無知なことをを意味する「管窺」(読み方:かんき)、物事の様子をうかがい知ることを意味する「窺知」などがあります。 繰り返しますが、窺という字は常用外漢字なので、仕様する際は注意するようにして下さい。 覗うの意味 覗うとは、 のぞき穴から見るように、こっそりとさりげなく見ることを意味しています。 覗うは窺うと全く同じ意味で、さらにどちらも常用外の漢字なので普通はひらがなで「うかがう」と表記されます。 ただし、国語辞書では「うかがう」を引くと、覗うを載せていないこともあります。 覗うの除の字は、むしろ「のぞく」という言葉を漢字で表記する時に使われます。 やや古い文章では、「覗き穴」や「覗き眼鏡」、「覗きからくり」などの言葉が使われたりしています。 「のぞく」も「うかがう」と同様に、小さな穴から見ることを意味します。 うかがうの場合にはこっそりと見るというニュアンスがありますが、「のぞく」は望遠鏡や双眼鏡を通して物を見ることに使われる傾向があります。 前述した「覗き眼鏡」は、江戸時代から明治初頭あたりまで親しまれた玩具です。 長崎での外国との貿易で凸レンズが輸入されたことをきっかけにして、レンズ越しに拡大された絵をのぞきこんで楽しむ玩具でした。 覗きからくりはそれを祭りの屋台などで楽しめるようにした、大型のもので昭和の40年頃まで一部では使われていたものです。 また「うかがう」にはないものとして、「のぞく」には「高所から下方を見る」という使う方があります。 「例えばテトラポットの上から海面をのぞく」などのように使われます。 伺うの例文.

次の

敬語「伺う」の意味と使い方!「窺う」「参る」との違い、類語、英語も紹介

窺う 意味

「伺う」の読み方・意味 「伺う」の読み方は「うかがう」 「伺う」は「 うかがう」と読みます。 「伺」は、音読みで「し」と読み、訓読みで「うかがう」と読みます。 「伺」という漢字には「うかがう・たずねる」という意味があります。 「伺う」の意味は「聞く・訪ねるの謙譲語」 「伺う」は、 「聞く」「伝え聞く」「尋ねる」「訪問する」「行く」の謙譲語です。 「お伺いします」とすると、「聞く・質問する」「訪問する・行く」の謙譲語になります。 謙譲語は、自分の動作をへりくだって表現するので目上の相手に敬意を示します。 「行く」の謙譲語として「伺う」を使うときは、自分から目上の相手に出向くことを表しています。 なぜこの場面で「伺う」を使うのかというと、 自分の都合で相手が時間を割いてくれていることに対して敬意を示す必要があるからです。 「聞く」という意味で使用する場合は、「お話を伺う」というように使用します。 「伺う」と使用することで、相手への敬意を示すことができます。 「尋ねる」という意味で使用する場合は、「~について伺ってもよろしいですか?」というような使い方で、「~について質問してもいいですか?」といった意味合いになります。 「伺う」を使用することで、 質問に答えくれる相手への敬意を示しすことができます。 「伺う」の使い方・例文 「伺う」は口頭でもビジネスメールでも同じように使う 「伺う」は、 口頭でもビジネスメールでも同じように使用します。 しかし、上記で説明したように、 「聞く・訪問する・尋ねる」という複数の意味をもつ言葉なので、文章の内容によっては、解釈の違いでスムーズにやりとりがいかないという可能性もあります。 例えば、「聞く」という意味で「伺う」という言葉を使用するのであれば、同じく「聞く」の謙譲語である「お聞きする」を使用したほうが、確実に伝わります。 メールなど顔の見えないやりとりでは、わかりやすく簡潔な文章を心がけましょう。 「伺います」は自分が行くときに使う 「伺う」は、謙譲語で、謙譲語とは自分がへりくだることで相手を立てるときに使う敬語のことをいいます。 なので、「伺います」という言葉は、 自分が行くときに使う言葉ということになります。 自分が、相手の元へ訪れるといった場合に「伺います」と使用することができます。 しかし、「伺います」は 行く先に敬意を払う相手がいない場合には使うことができません。 「休みを利用して、沖縄に伺います」といったような使い方は、行く先に敬意を払うべき相手がいないので誤用になります。 例文 「明日10時にお店へ直接伺います」 「今そちらへ伺いますので、少々お待ちくださいませ」 「月末に回収に伺いたいのですがよろしいでしょうか」 「伺っています」は「すでに聞いている」という意味で使う 「伺っています」は、「 すでに聞いている」という意味で使用します。 「お伺い」は、相手に敬意を示した言葉なので、「〇〇様よりお話を伺っています」というような使い方をします。 なので例えば、 「自分の会社の人から話を聞いている」というような場合には、使用することができません。 つまり、「弊社社員から伺っております」のような使い方は、自分の会社の人間に敬意を払っていることになってしまう為、誤用ということになります。 例文 「御社の商品の良さは日頃からお客様より伺っております」 「はい、日時を変更してたいというお話を伺っています」 「こちらに変更なさると伺っていましたが、お間違いありませんでしょうか」 「伺いたく存じます」は「行きたい」という意味で使う 「伺いたく存じます」は、 「行きたい」という意味で使用されます。 「伺う」という言葉に、「思います」の謙譲語である「存じます」を使用したことばvです。 自分の都合で相手が時間を割いてくれていることに対して敬意を示すことができます。 つまり、「伺いたく存じます」は、「行きたいと思います」という意味です。 「窺」は、音読みで「き」と読み、訓読みで「うかがう・のぞく」と読みます。 「窺」のもつ意味は「 うかがう・のぞく・ねらう」です。 「扉の隙間からそっとのぞく」というような状況を「窺う」といいます。 また、「窺う」は 「あたりの様子をうかがう」というような、「様子を見る」という意味もあります。 謙譲語は、自分の動作をへりくだって表現するので目上の相手に敬意を示します。 また、「参る」は自分の行動だけでなく、 社内の身内の行動に対しても使うことができます。 例えば取引先に「上司の田中が御社へ参ります」と使えます。 例文 「只今そちらへ参りますで、少々お待ちください」 「来月、12日に大阪へ参ります」 「明日の午前10時に御社へまいります」 「伺う」の類語 拝聴する 「拝聴」は、「 はいちょう」と読みます。 「拝聴」の意味は、「 謹んで聞く事・聞くことの意の謙譲語」です。 「拝」は音読みだと「ハイ」、訓読みだと「おがむ」と読みます。 「拝」には「頭を下げて礼をする」「あがめる」「ありがたく受ける」という意味があります。 「聴」は音読みだと「チョウ」、訓読みだと「きく」と読みます。 「聴」には「耳をすまして聞く」「聞き入れる」という意味があります。 また「拝」は「拝む(おがむ)」ことを表す言葉なので、謙遜の気持ちを表すときによく使います。 つまり「拝聴する」は、「 ありがたく聞くこと」を表しています。 「拝聴」を用いた例文 「お陰様で素敵な音楽を拝聴することができ、有意義な時間を過ごすことができました」 「憧れの先輩の話を拝聴し、仕事への意欲が増した」 「会場にいた人たちは真剣に拝聴していた」 お聞きする 「お聞きする」は、「 聞くの謙譲語」です。 「聞く」という言葉に、敬意を表す接頭語の「お」を付けた言葉です。 上記で紹介している「拝聴」とい言葉も、「聞く」の謙譲語ですが、「拝聴」はかなり丁寧な敬語で堅苦しい言葉です。 一般的に目上の人に対してやビジネスシーンで使用するのは「お聞きする」や「伺う」であるという事を覚えておきましょう。 「お聞きする」は、「相手に何か聞きたいことがある」といった場面で「~についてお聞きしてもよろしいですか?」といったように使用することができます。 「お聞きする」を用いた例文 「娘さんが志望校に合格したとお聞きしました。 誠におめでとうございます」 「先日の事件についてお話をお聞きしたいのですがよろしいでしょうか」 「ここは桜が綺麗だとお聞きしました。 いつ頃が見ごろなのでしょうか」 承る 「承る」は、「 うけたまわる」と読みます。 「承る」は 「受ける」「聞く」「伝え聞く」「引き受ける」の謙譲語で、「謹んで聞く」「謹んで受ける」という意味になります。 「承」漢字一字には、「前のものを引き継ぐ」「相手の意向・意図を受け入れる」といった意味があります。 つまり「承る」は、相手の話を ・しっかり聞いた ・引き受けた ・対応した という意味になります。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。 入社1年目ビジネスマナーの教科書 ビジネスシーンでの正しい敬語の使い方から身だしなみ、電話対応などビジネスマナーについて幅広く書かれている書籍です。 新入社員からベテラン社員まで使える大変便利な一冊です。 イラスト付きで分かりやすくまとめられているので、スキマ時間でスラスラと読むことができます。

次の

「窺える」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

窺う 意味

日本語では「うかがう」一語ですが、漢字には、その意味に近い語が三語あるわけですから、どうしても漢字で書きたい場合は漢和辞典でそれぞれの語の微妙な違いを調べればよいと思います。 でも、日本人で漢字のそれぞれの微妙なニュアンスの違いなどわかる人はいないのですから、基本的には皆「うかがう」ですのでどれを使ってももよいと思います。 「伺」と「覗」は音は同じなので、たぶん意味もほとんど違いはないのではないかと思います。 「窺」は音が「き」で少し違いますが、近い音です。 漢和辞典をひいても皆同じような意味が載っています。 あとは、個人的な趣味で気に入ったものを使えばよいと思います。 私は、「うかがう」はもともとの大和言葉ですし、漢字のどれもなんとなくこの場合は合わないのでひらがなを使いたく思います。 A ベストアンサー はじめまして。 1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。 2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。 3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。 4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。 ご質問2: <経験を"もと"に話す。 > 1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。 2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。 3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。 4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。 以上ご参考までに。 A ベストアンサー 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。 それも「かかわる」でなく「かかる」です。 「人命に係 かか る問題」「係 かか り結び」など。 前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合 常用漢字の基準では 「係わる」でなく「かかわる」です。 結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。 漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。 ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。 漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。 一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的 「関わらない」「係わらない」 にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。 ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。 念のため。 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい... A ベストアンサー 日本語の書き表し方は、『常用漢字表』をはじめいくつかの基準が国によって定められています。 そのうち、送りがなに関しては、「一般の社会生活において現代の国語を書き表すための送り仮名の付け方のよりどころ」として,昭和48年に内閣から発表されています。 【通則 6】 本則は「取り組み」 複合の語(通則7を適用する語を除く。 )の送り仮名は,その複合の語を書き表す漢字の,それぞれの音訓を用いた単独の語の送り仮名の付け方による。 許容は「取組み」 読み間違えるおそれのない場合は,送り仮名を省くことができる 【通則 7】 「取組」 複合の語のうち,次のような名詞は,慣用に従って,送り仮名を付けない。 1 特定の領域の語で,慣用が固定していると認められるもの。 詳しくは、文化庁の『国語施策情報システム』をどうぞ。 bunka. もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php? goo. php? …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php?

次の