インフルエンザ ワクチン 接種 後。 インフルエンザの予防接種で副作用で大人はだるい・しびれ・めまいがある!?

インフルエンザ予防接種の副作用の症状|いつ?子どもと大人は違う?

インフルエンザ ワクチン 接種 後

インフルエンザの予防接種は毎年うけるようにしましょう 人間は、何らかのウイルスに感染すると、そのウイルスを体から排除するはたらきをもった物質である「抗体」を作りだします。 これにより、次に同じウイルスが体の中に入ってきても、感染症にかかりにくくなるわけです。 このはたらきを「免疫」といいます。 ワクチン接種は、こうした抗体や免疫のはたらきを利用して、無害化したウイルスであるワクチンを体内に入れて免疫をつくるのが目的。 感染する前にワクチンを接種すれば、感染症の予防や症状が重くならないようにすることができます。 しかし、インフルエンザウイルスは遺伝子が変化しやすいので、一度感染して免疫ができていても安心はできません。 新たに変異した遺伝子をもつウイルスには、過去のインフルエンザでつくられた免疫は効かないからです。 このため、WHO(世界保健機関)は毎年、流行する可能性のあるインフルエンザ株を発表し、それを元に国内の専門家がその年の流行を予測してワクチンの基となるウイルス株を決定。 これに基づいてワクチンを製造しているのです。 以上の点から、インフルエンザの予防に充分な免疫を保つためには、毎年インフルエンザワクチンの接種を受けることが推奨されています。 インフルエンザウイルスは、抗体をつくらせる性質(抗原性)の違いから、大きくA型、B型、C型に分類されます。 このうち大流行の原因となるのがA型とB型です。 近年、国内で流行しているインフルエンザウイルスは、上記の2つのA亜型とB型の3種類です。 この3種類は、毎年世界中で流行を繰り返していますが、流行するウイルス型や亜型の割合は、国や地域で、その年ごとに異なっています。 ワクチンで感染自体を防止することはできない 現在、日本で使われているインフルエンザのワクチンは、「不活化ワクチン」といわれる安全性の高いものです。 以前は、A型の2種類、B型の1種類と計3種類のインフルエンザウイルスに対して効果がありましたが、2015~16年以降は、A型が2種類、B型が2種類と、合計4種類のインフルエンザウイルスに対応するようになりました。 ところで、「ワクチンを打ったのにインフルエンザにかかった」という話を聞くと、ワクチン接種の効果に疑問をもつ人がいます。 そこで覚えておいてほしいのが、インフルエンザワクチンは感染を防ぐものではなく、「抗体による免疫のはたらきで、症状の発症を防ぐ、あるいは軽くする」ために接種するのだということです。 またインフルエンザは発症後、その多くは1週間ほどで症状は回復しますが、場合によっては肺炎や脳症といった重い合併症を引き起こすことがあります。 そうなると入院が必要になったり、最悪の場合死亡したりするケースもあります。 ワクチン接種により、こうした重症化を予防することもできるのです。 インフルエンザ脳症については「」をぜひご覧ください。 インフルエンザワクチンの効果に関する研究では、65歳以上の健常な高齢者について約45%の発病を防ぎ、さらに約80%の死亡を阻止する効果があったとされています。 乳幼児に対するインフエルエンザワクチンの有効性に関する研究でも、報告によって多少幅がありますが、概ね20~50%の発病防止効果があったと報告されています。 インフルエンザワクチンは、接種による効果が出現するまでに2週間程度かかり、それから5カ月間ほどは効果が持続するとされています。 インフルエンザは例年12~3月に流行するので、12月までにはワクチンを接種することをおすすめします。 なお、ワクチンの接種は病気に対する治療ではないため、健康保険は適用されません。 原則的に全額自己負担で、費用は医療機関によって異なります。 ただし自治体によっては助成制度もあるので、調べてみるとよいでしょう。 65歳以上と一部の60歳以上の高齢者では定期接種となっていて、費用が異なります。 インフルエンザワクチンの副作用や水銀が含まれているのではないかといった予防接種のリスクが不安な方は、「」「」もぜひあわせてご覧ください。

次の

新型インフルエンザ予防接種後の症状について|厚生労働省

インフルエンザ ワクチン 接種 後

もくじ• 予防接種はいつから予約できる? 予約の開始はいつから? 季節性インフルエンザは、12月ごろから流行り始める場合が多いので、2回の接種が必要な乳児〜13歳未満の場合、10月〜11月には1回目の接種をする必要があります。 そのため一般的には、大人も含め9月ごろから受付を始める病院が多いようです。 いつ受けるのがおすすめ? <予防接種を受けるのにベストなタイミングを教えてください!> 個人差はありますが、インフルエンザワクチンは、接種後に抗体ができるまで、通常約2週間程度かかります。 その後、抗体の働きは約5カ月間ほど持続するといわれています。 日本では季節性インフルエンザが流行るのは12月下旬〜3月ごろですので、遅くても11月下旬〜12月上旬には予防接種を受けておくのが望ましいでしょう。 <13歳未満で2回接種受ける場合のおすすめ時期> また、乳児〜13歳未満の方は、1回では、抗体がつかない場合があるので2回の接種が必要です。 1回目の後は、2〜4週間あけて2回目の予防接種が受けられます。 インフルエンザが流行る前に余裕を持って、接種を受けるようにしましょう。 予防接種を受けていないのに新年明けてもまだインフルエンザにかかっていないという人は、1月中もしくは2月中旬までに予防接種を受けて、インフルエンザ感染に備えておくといいのではないでしょうか。 また、インフルエンザワクチンは抗体ができてから5ヶ月間程度、その働きが期待できます。 次の年の冬には、抗体は働きません。 流行するインフルエンザは毎年変化するためワクチンを受け予防する必要があります。 摂取時期が遅いとワクチンが足りなくなってしまうこともあるのでしょうか? ワクチンが足りなくなることもあります。 そのため、厚生労働省からも医療機関によるワクチンの早期・大量確保については慎むようにと通達がきます。 妊娠中のインフルエンザワクチン接種は? 妊婦はインフルエンザの予防接種を受けてもいいですか? インフルエンザワクチンは、不活化ワクチン(ウイルスや細菌の感染する能力を失わせたものが原材料)といい妊娠中に接種しても胎児には影響がないとされているワクチンです。 そのため、妊娠初期から後期までいつでも接種可能です。 また、妊娠していると免疫機能が低下しているので、インフルエンザに感染すると重症化する危険が高くなります。 さらにインフルエンザによる高熱の影響で、流産や早産となるケースもあります。 赤ちゃんを守るためにもインフルエンザの流行る期間に妊娠している方は、ぜひともインフルエンザの予防接種を受けておきましょう。 妊娠中にインフルエンザの予防接種を受けても、お腹の赤ちゃんには影響ないでしょうか? 妊娠初期〜後期まで、インフルエンザの予防接種を受け、胎児の流産や先天異常の発生リスクが上がったという報告は現在のところありません。 それよりも妊娠中にインフルエンザにかかると、流産や早産のリスクが上がります。 予防接種の有益性、妊婦の方の持病(インフルエンザの重症化につながりやすい喘息・心疾患などがある)、出産予定時期を念頭に入れ、よく主治医と相談し、予防接種を受けるようにしましょう。 最後に インフルエンザの予防接種は、抗体ができてから抗体が働くまでに一定の期間があります。 体調と流行る時期を合わせて、早めに接種日を検討してくださいね。

次の

新型インフルエンザワクチン接種後に死亡

インフルエンザ ワクチン 接種 後

海外では13歳ではなく、9歳以上であれば1回接種です。 しかも、6ヶ月から8歳未満でも過去に2回の接種歴があれば 1回接種です。 この方式をそのまま日本でも採用し、接種の有効性が認められれば、 接種率も上がり、重症化が防げる可能性があるかもしれません。 将来日本でも不活化ワクチンの接種経路が筋肉内注射になると、 この方法が採用される期待が高まります。 実は、 皮下注射で1回接種の効果を検討した小児科の先生がいるのです。 下2つの報告の結果から、 3歳未満はワクチンの 皮下注射 2回接種 により新型、季節型Aの抗体価が十分量に達していることがわかりました。 3歳以上の2回接種では明らかな抗体上昇はないようです。 ワクチンの予防効果は2週間後から5ヶ月程度までとされています。 菅谷らの報告では、 3歳以上の6割で接種前の抗体価が新型、季節型ともに80倍以上でしたが、 3歳未満では3割しかいませんでした。 流行によっては、3歳以上であれば接種前から高い抗体価をもっている人も多いようです。 問題は乳幼児の抗体価がどのくらいの期間で減衰するかです。 札幌の流行は例年2月ですが、昨年は12月でした。 また逆に流行がゴールデンウ ィークまで続くこともあります。 2回接種では十分量までの抗体価の上昇、抗体減衰期間の延長を期待できるかもしれません。 重症化予防を期待するには、3歳未満では2回接種が望ましいと考えます。 3歳から8歳では接種歴や感染歴によって個人差が出ると思われます。 以上より、当院では今シーズンの1回接種法も導入します。 これまでの接種回数に関わらず、 6ヶ月から3歳未満 2回接種 1回 0. 25 ml 3歳から8歳 2回接種 1回 0. 5 ml 9歳以上 1回接種 1回 0. 5 ml もちろん基本は日本方式です 6ヶ月~3歳未満 2回接種 1回 0. 25ml 3歳~13歳未満 2回接種 1回 0. 5ml 13歳以上 1回接種 1回 0. 5ml.

次の