アマゾン ギフト 設定。 Amazonギフトラッピングおよびギフトメッセージの設定方法

Amazonのギフト設定でラッピングなしの届き方

アマゾン ギフト 設定

Amazonギフトオプションとは? Amazonギフトオプションは、 ギフトラッピングと ギフトメッセージから成ります。 ギフトラッピングは、プレゼント用などの商品に、特別な包装をするというサービスです。 これを設定しておくことで、購入者はギフト梱包のサービスを受けることができます。 記念日などにギフトラッピングのサービスを利用する人は多く、私も利用したことがあります。 ギフトメッセージは、購入者が任意でメッセージを入れたギフトカードを商品と一緒にお届けする、というサービスです。 「お誕生日おめでとう」などのメッセージを入れたギフトカードを貰うと嬉しいので、このサービスを使用したいと考えている人も一定数います。 これらを設定しておくことで購入者はギフトオプションを選ぶことができ、 多少売り上げを底上げすることができます。 Amazonギフトオプションのデメリット FBA出品の場合は、全くデメリットはありません。 FBA出品の商品の場合、出品者は余分な料金や作業が必要ではなく、Amazonが代行してくれるので、設定しておいて損はありません。 自社出品の場合は、自分でラッピングの種類などを設定する必要があり、発送の際にもひと手間かかるというデメリットはあります。 しかしむしろ小さな手間で売上を底上げすることができますし、商品ごとに設定でき、ギフトラッピングしないという選択をとることもできるので、大したデメリットではありません。 FBA出品の場合は必ず、自社出品の場合もラッピングサービスを提供できる場合には設定しておくといいでしょう。 右上の「詳細表示」をアクティブにし、「出品情報」から「ギフトメッセージ」、「ギフト包装」にチェックを入れ、「保存して終了」ボタンを押します。 以上がFBA出品の場合のギフトオプション設定方法です。 「ギフトメッセージの設定」と「ギフトラップの設定」を「使用可能」に変更します。 「ギフトメッセージの設定」の「設定の変更」より、「ギフトメッセージ最大文字数」と「ギフトメッセージ最大行数」を設定し、「保存」ボタンを押します。 「ギフトラップの設定」の「ギフトラップを追加する」より、「ギフトラップ名」、「ギフトラップ型番」、「ギフトラップ価格」、「画像」などを設定し、「保存」ボタンを押します。 「ギフトメッセージオプションの内容」と「ギフト梱包オプションの内容」を入力し、「保存」ボタンを押します。 右上の「詳細表示」をアクティブにし、「出品情報」から「ギフトメッセージ」、「ギフト包装」にチェックを入れ、「保存して終了」ボタンを押します。 以上が自社出品の場合のギフトオプション設定方法です。 まとめ 以上、ギフトオプションの設定方法について説明しました。 劇的な効果がある類の情報ではありませんが、このようなことの積み重ねが大事です。 少なくともFBA出品の場合は全くデメリットがないので、必ず設定しておきましょう。

次の

Amazonギフトラッピングおよびギフトメッセージの設定方法

アマゾン ギフト 設定

【友人・知人・家族向け】送り主が自分だと分かるように送る方法• 【SNS・ネット内での知人向け】匿名 個人情報記載なし で送る方法 それぞれの方法を分かりやすく、解説していきます。 【友人・知人・家族向け】送り主が自分だと分かるように送る方法 送り主が自分だと知らせたい 1つめの「【友人・知人・家族向け】送り主が自分だと分かるように送る方法」ですが、「購入するのは自分なのに誰が買ったかわからないことなんてあるの?」と疑問に思うかと思います。 Amazonで商品が届いたときの送り状 配送ラベル が、どんな表記だったか覚えてますか? こんな感じです。 お届け先: 商品購入の際に指定した住所と名前• 送り元: amazon. jp Amazonから発送される商品の場合 例えばプレゼントを送りたい方の住所を入力したとしても、送り主であるあなたの名前はラベルに印刷されません。 送り元は、「amazon. jp」です。 あらかじめ送り主 あなた が、Amazonでプレゼントを送ったことを伝えていれば、問題はありません。 でも、もし伝え忘れてしまったら 「送り主不明」の荷物が届くことになります。 「アマゾンから心当たりのない品物が届いた」「気味が悪い」 せっかくの厚意の品も、恐怖の異物になっちゃいます。 近年では「送りつけ商法」「押しつけ販売」といった詐欺事件もあります。 箱を開けて中身を確認する前に不審がって受取拒否されてしまうこともあり得ます。 解決方法は、購入時に「ギフトの設定をする」です 配送ラベルの「送り元」を自分の名前にするには、下記2つのことをします。 ギフト設定をする 商品購入時に、「ギフト設定」にチェックを入れます• クレジットカード払いにする コンビニ・ネットバンキング・アマゾンギフト券などの支払い方法はNG 商品カートに入っている商品の付近に「ギフト設定 送り主名の表示に必要です 」というチェックボックスがあります。 これにチェックを入れると、送り主名を自分の名前に変更することができます。 下記のように指定してください。 送り先:届けたい方の住所・氏名• 請求先:自分 請求先に指定した名前が「贈り主」として印字されます) 有料の「ギフトラッピング」や「のしシール」などのオプションをつけると、プレゼント感が一気に増します。 ギフトラッピング のしシール 支払いは必ず「クレジットカード」 支払い方法は「クレジットカード払い」を選んでください。 コンビニ払い・ATM・ネットバンキング・電子マネー・Amazonギフト券 全額払い で支払うと、配送ラベルや納品書には、届け先の人の名前しか記載されません。 贈り主であるあなたの名前は一切でてきません。 これは「 ギフト設定をちゃんとしても」名前が表示されなくなります。 また「代金引換 代引き 」は商品を受け取る方が、配送ドライバーさんに代金を支払う方法です。 プレゼントには不向きですので、選択しないようご注意を。 納品書は「金額を表示しない」設定ができる プレゼントに、金額が分かる納品書って入れて欲しくないですよね。 Amazonでは「納品書を入れない」設定は出来ませんが、納品書の「金額を表示しない」設定はできます。 ちなみに「商品によっては値札が取り外せない場合があります」とあり、 ギフト券の場合金額を表示しない設定にすることができませんでした。 通常商品の場合、金額は見えないので送り先に直接送っても安心です。 Amazonでギフト品 贈答品 をお探しなら、「ギフトストア」が便利 Amazonでお中元やお歳暮などの贈答品をお探しなら、「 ギフトストア」が便利です。 季節ごとのギフトから、お誕生日や出産祝いなどイベントに合わせたギフトまで。 贈りたいシーン別・商品のジャンル別に検索できて、話題の商品が簡単に見つかります。 PR 【SNS・ネット内での知人向け】匿名 個人情報記載なし で送る方法 今度は逆に、こちらの住所や氏名などを受け取る人には知らせず、匿名でプレゼントを送る方法を詳しく紹介します。 (私が送ったということは、SNSやメールで伝えればOKですよね。 ) Amazonには欲しい商品を登録できる「 ほしい物リスト」という機能を使います。 ここで紹介するのは「 送りたい相手の ほしい物リストからギフトを送る(プレゼントする)方法」です。 【ほしい物リストから送る側の心配】自分の住所氏名がバレない? ほしい物リストで送る側が、自分の住所氏名が送り状などに記載されないかという心配です。 送り先に自分の住所氏名がバレる・閲覧されることはありません。 実際に私が公開したほしい物リストから、贈り物をもらった際の商品の送り状です。 明細や送り状に 送り主の本名 住所記載はなし 送り主様の個人情報は一切表記されていません。 下記の2つのことをすれば大丈夫です• 「ギフト設定 なし」で送る• 支払いは「Amazonギフト券」を使う 具体的な方法を紹介していきます。 送りたい相手の「ほしい物リスト」から商品を購入する手順 特に難しいことはありません。 送りたい相手の「ほしい物リスト」から商品を購入するだけです。 前提として相手の「ほしい物リストのURL」を送ってもらう。 知っておく必要があります まず相手のほしい物リスト内から、贈りたい品をカートに入れ、注文画面に進みます。 この時に「ギフト設定なし」を選択 チェック します。 贈り物なのでラッピングしたくなる気持ちも分かりますが、ギフトラッピングすると自身の個人情報が印字される可能性大です。 ガマンしましょう。 次にお届け先は「ギフト用に登録された住所」を選択します。 下記は実際に妻のほしい物リストの商品を購入した際のお届け先設定画面です。 後は支払い方法を選択して、注文を確定させるだけです。 支払い方法は「アマゾンギフト券」推奨 支払いは「 アマゾンギフト券」をおすすめします。 クレジットカード支払いで商品を送ると、商品に同封される明細書に、住所・氏名・支払い方法が記載されてしまうことがあります。 先方に個人情報を知られたくない場合は、Amazonギフト券で支払いましょう。 Amazonギフト券は、コンビニ等で売っているアマゾンのカードのことです。 コンビニに行くのが面倒な場合は、「Amazon ネット 」でも購入が可能です。 Amazonギフト券で支払っても、支払い手数料などはかかりません。 自分で使うようにギフト券を購入するなら、「チャージタイプ Amazonチャージ 」のAmazonギフト券がお得です。 最大で購入額の2. 5%が、Amazonポイントでキャッシュバックされます。

次の

cclab.collaborativeconsumption.com ヘルプ: ヘルプ

アマゾン ギフト 設定

伝票には贈られる方の住所・氏名のみが記載され、贈り主の情報はなし メッセージ入り納品書 注文時に入力したメッセージが記載されています。 メッセージに入力したニックネームはそのまま印刷されていますが、一緒に贈り主の氏名も 本名で印字されてきます。 贈り主の氏名の設定は画面中にありませんでしたので、おそらくメッセージがない場合でも氏名だけは記載されるようになっていると思われます。 また納品書は通常のものと違っています。 レシート状の長細い紙で、 金額の表示はないものの、商品名などは細かく記載されていました。 写真は納品書の上半分ほどで、その下半分には注文日、注文番号、商品の名称や品番、商品の保証書についてや返品・返金方法などの案内が細かく記載されていました。 Amazonのギフト設定 Amazonというと自宅へ商品を届けてもらうサービスというイメージがありますが、 プレゼントを相手先へ送るのにも対応しています。 購入時に ギフト設定を行うことで相手先の住所へ配送することが可能ですし、プレゼント用の ラッピングや のしシールを付けての配送も可能となっています。 プライム商品が対象 ギフト設定を行えるのは プライムと記載されているアマゾンの配送センターから配達される商品がメインです。 アマゾンの倉庫からではなくマーケットプレイスから直送される商品の場合、ギフト設定を利用できないことがほとんどですのでご注意下さい。 ギフト設定しないで相手先へ送ってしまうと 配送先を自宅以外に設定した場合、ギフト設定をせずに配送するのはおすすめできません。 ギフト設定せずに注文を確定してしまうと、Amazonは自分への購入だと判断してしまい、 誰が贈った商品なのかわからない状態で届いてしまいます。 相手にあらかじめ連絡しておくことができるならそれでいいかもしれませんが、サプライズでのプレゼントの場合はギフトとして贈った方がいいと思います。 ギフト設定しないとどうなる? ギフト設定の手順 ギフト設定は商品購入時にセットすることができます。 ギフトの設定 注文時のカートで ギフトの設定にチェックを入れてから、レジに進むようにします。 これにより、 贈り主名を相手へ表示することができます。 お届け先住所の選択 お届け先住所の選択では、相手の住所を選択します。 はじめて送る住所の場合には住所を追加しましょう。 金額を表示しないために つづいて、ギフトの詳細を設定していきます。 ギフトですので、 納品書に金額を表示しないにチェックが入っていることを確認します。 デフォルトでチェックされていると思います。 ラッピングの設定 ギフトの設定では、 ギフトラッピングや のしシールを付けるかどうかを選択します。 今回は ラッピングなしでどのように届くのかをご紹介します。 メッセージの設定 ギフトメッセージを含めるかどうかを選択します。 ラッピングなしの場合でも無料でメッセージを含めることができます。 メッセージは付けても付けなくても送ることができます。 ギフトラッピングありに設定した場合は、ラッピングに付いているメッセージカードにもメッセージが記載されると思いますが、ラッピングなしの場合には納品書へ記載されてきます。 チェックするとデフォルトでは「 ギフトをお楽しみください! (苗字)」というメッセージが入っていました。 今回は苗字の部分をニックネームに変更して贈ってみましょう。 以上でギフトの設定は終了です。 以降は通常の商品購入と同じように配送を手配してショッピングは完了です。

次の