愛知県高校野球秋季大会。 愛知県 高校野球代替大会2020の優勝予想!注目選手・展望も!|まるっとスポーツ

秋季東海大会 高校野球速報

愛知県高校野球秋季大会

秋季県大会2試合を逆転で、3位決定戦を延長の末にサヨナラで勝利し、接戦をものにする粘り強さがある。 今井陽一監督は3位決定戦前に「14年センバツ時のチームと似ている」と選手を鼓舞、セーフティーバントなど小技を駆使し、東海大会進出を決めた。 何事にも本気で取り組む「本気集団」をスローガンに掲げるチームは、左腕・米庄寛成投手(2年)と白井梨竣投手(同)、杉浦大斗捕手(同)のバッテリーを中心に守備を重視。 3番・梶野圭二郎選手(同)は打率が4割を超え、本塁打も放った。 3位決定戦でサヨナラ打の杉浦選手は「チーム一丸で粘りの野球をし、甲子園に出る」と力強い。 鍵を握るのはエースで181センチの長身を生かす大石泰誠投手(2年)ら投手陣だ。 大石投手は準決勝の県岐阜商戦に先発。 130キロ台中盤の直球とカーブの緩急差を使い、六回まで一人の走者も出さない完璧な投球を見せた。 秋季県大会では大石投手の降板後に、長岡慶太投手(2年)、日比野巧海投手(同)と継投して勝利をもぎ取ってきた。 小牧監督は「投手を回してなんとか勝ちたい」と話す一方で、「大石が長く投げられれば安定する」と期待する。 大石投手も準決勝で降板後に逆転されたことを挙げ「課題はスタミナ。 最後まで投げたい」と誓う。 試合を重ねるごとに調子を上げ、3位で東海大会出場を果たした。 ベンチ入りするメンバーの約半数が1年生。 注目は1番・品川侑生選手(1年)だ。 小島紳監督は「大事な場面で打ってくれるスター性がある選手」と評する。 好機を作って、長打力のある4番・市原匠悟選手(2年)ら主軸につなげるかが鍵となる。 投手陣ではエースの松山雄斗投手(同)が直球に威力がある。 県大会3位決定戦は力で押す投球で完封した。 小島監督は「まだまだ若く未完成のチーム。 非力な部分を守備や走塁でカバーして一戦一戦成長していきたい」と語る。 県大会は4試合で計39奪三振と好投した。 東海大会に向けて「課題の立ち上がりを克服して、エースとしてチームを引っ張りたい」と意気込む。 攻撃は走塁や小技を絡め、どこからでも点を取れるのが特徴。 打線をけん引するのは、左打者の鈴木瞳吾選手(同)。 県大会4試合で1番を務め、打率は3割7分を記録した。 高田晋松監督は「技術、精神面で引っ張るリードオフマン」と信頼を寄せる。 高田監督は「つなぐ野球を徹底してきた。 東海大会でも精度を上げていきたい」と話す。 春夏合わせて15回の甲子園出場を誇る伝統校は、13年ぶりの甲子園出場を目指す。

次の

秋季東海大会 高校野球速報

愛知県高校野球秋季大会

秋季県大会2試合を逆転で、3位決定戦を延長の末にサヨナラで勝利し、接戦をものにする粘り強さがある。 今井陽一監督は3位決定戦前に「14年センバツ時のチームと似ている」と選手を鼓舞、セーフティーバントなど小技を駆使し、東海大会進出を決めた。 何事にも本気で取り組む「本気集団」をスローガンに掲げるチームは、左腕・米庄寛成投手(2年)と白井梨竣投手(同)、杉浦大斗捕手(同)のバッテリーを中心に守備を重視。 3番・梶野圭二郎選手(同)は打率が4割を超え、本塁打も放った。 3位決定戦でサヨナラ打の杉浦選手は「チーム一丸で粘りの野球をし、甲子園に出る」と力強い。 鍵を握るのはエースで181センチの長身を生かす大石泰誠投手(2年)ら投手陣だ。 大石投手は準決勝の県岐阜商戦に先発。 130キロ台中盤の直球とカーブの緩急差を使い、六回まで一人の走者も出さない完璧な投球を見せた。 秋季県大会では大石投手の降板後に、長岡慶太投手(2年)、日比野巧海投手(同)と継投して勝利をもぎ取ってきた。 小牧監督は「投手を回してなんとか勝ちたい」と話す一方で、「大石が長く投げられれば安定する」と期待する。 大石投手も準決勝で降板後に逆転されたことを挙げ「課題はスタミナ。 最後まで投げたい」と誓う。 試合を重ねるごとに調子を上げ、3位で東海大会出場を果たした。 ベンチ入りするメンバーの約半数が1年生。 注目は1番・品川侑生選手(1年)だ。 小島紳監督は「大事な場面で打ってくれるスター性がある選手」と評する。 好機を作って、長打力のある4番・市原匠悟選手(2年)ら主軸につなげるかが鍵となる。 投手陣ではエースの松山雄斗投手(同)が直球に威力がある。 県大会3位決定戦は力で押す投球で完封した。 小島監督は「まだまだ若く未完成のチーム。 非力な部分を守備や走塁でカバーして一戦一戦成長していきたい」と語る。 県大会は4試合で計39奪三振と好投した。 東海大会に向けて「課題の立ち上がりを克服して、エースとしてチームを引っ張りたい」と意気込む。 攻撃は走塁や小技を絡め、どこからでも点を取れるのが特徴。 打線をけん引するのは、左打者の鈴木瞳吾選手(同)。 県大会4試合で1番を務め、打率は3割7分を記録した。 高田晋松監督は「技術、精神面で引っ張るリードオフマン」と信頼を寄せる。 高田監督は「つなぐ野球を徹底してきた。 東海大会でも精度を上げていきたい」と話す。 春夏合わせて15回の甲子園出場を誇る伝統校は、13年ぶりの甲子園出場を目指す。

次の

秋季高校野球2018 東海地区大会 日程結果速報・組み合わせ [愛知 静岡 岐阜 三重県]

愛知県高校野球秋季大会

1点勝ち越し。 1 日比野 2. 2 長岡-今西 加藤学園は3回、6回に4安打ずつ集中し18年振り勝利。 肥沼は伸びのある直球で被安打7、奪三振5、与死球1 四球0 完投。 次戦は近大高専。 次は中京大中京と対戦します。 9回裏1アウト1、3塁、同点場面で藤枝明誠はスクイズを選択。 加藤学園はウエストで防ぐも、まさかの捕手からの送球が3塁ランナー直撃。 そのままホームに帰り藤枝明誠がサヨナラ優勝。 最後まで見逃せない好ゲームは、呆気ない幕切れに球場がざわつきました。

次の